カイガラムシを駆除したい!発生した場合の対応方法と予防策を紹介

カイガラムシは果樹やバラ、観葉植物などさまざまな植物に寄生する、体長1〜10mm程の小さな害虫です。樹木の水分や栄養を吸い取って成長を阻害するため、発生したらすぐに駆除する必要があります。カイガラムシは成虫になると、名前のとおりカラダが硬いカラにおおわれます。殺虫剤が効きにくくなるため、駆除が難しくなるという特徴があります。そのためカイガラムシを発見したら、できるだけ幼虫のうちに駆除することが大切です。またカイガラムシは、発生を予防することも重要。こまめに水やりをして、植物の周辺環境を清潔に保つように心がけましょう。

本ページではプロモーションが含まれます
当サイトでは商品やサービス(以下、商品等)の掲載にあたり、 ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

カイガラムシとはどんな虫?

カイガラムシは、体長10mm以下の小さい害虫で、日本全国に生息しています。植物に寄生して樹液を吸い、植物の成長を妨げます。日本で生息が確認されているカイガラムシの種類は数百種類にものぼり、体の色や特徴はさまざまです。また、観葉植物をはじめ柿の木や梅、みかんなど、多様な植物に寄生することが確認されています。カイガラムシは大きく分けて2種類で、成虫になるとほとんど動かない種類と、活発に移動する種類があります。

人気の害虫駆除業者をチェックしてみる

カイガラムシの生態は?

カイガラムシは、細長い口を樹木に刺して、植物の養分を吸って成長します。成虫になると固いカラで体がおおわれる種類のカイガラムシは、 薬剤などで駆除しにくくなるのが特徴です。 カイガラムシはアブラムシの仲間で、繁殖力はそれほど強くはありません。しかし、植物の特定の箇所に群生するため、カイガラムシが発生すると、植物の観賞価値を下げてしまいます。植物に寄生するのはメスのカイガラムシで、オスは交尾後、数時間から数日で死ぬといわれています。

カイガラムシが発生する原因は?

カイガラムシは、衣類について室内に持ち込まれたり、風に乗って飛んできたりして植物に寄生します。ハネがある種類のカイガラムシが飛んで来て寄生することもあるようです。また、 カイガラムシはホコリっぽく湿気のある場所を好みます。 室内にホコリがたまっていたり、湿気が多かったりすると、持ち込まれたカイガラムシが繁殖する原因となります。植物の葉や幹に、白や茶色の点々のような小さな虫が群がっている場合や、ネバネバとした排泄物がついている場合には、カイガラムシが繁殖しているのかもしれません。

カイガラムシが植物に与える被害とは?

カイガラムシは、寄生した花壇の植物や花の幹や葉から樹液を吸って、植物の成長を阻害し、枯らしてしまうことがあります。カイガラムシの排泄物が植物に付着すると、植物の幹にカビが生える「こうやく病」や、葉が黒くすすでおおわれたように変色する「すす病」の原因になります。また、カイガラムシの排泄物に含まれる糖分にアブラムシやアリが群がると、植物の成長をさらに妨げ、植物が枯れてしまうリスクが高まります。

カイガラムシが発生しやすい時期は?

カイガラムシは、室内などの湿度や温度が安定した環境では、年間を通じて生息、繁殖します。屋外でも、カイガラムシの種類によっては通年発生することがあります。5月頃から夏にかけての園芸シーズンはカイガラムシの繁殖時期で、特に活発に活動することが知られています。室内の暖かい場所に置かれた観葉植物などは、カイガラムシが繁殖しやすい環境になることが多いので、時期を問わずカイガラムシの発生に注意したいですね。

カイガラムシの幼虫の駆除方法は?

カイガラムシの幼虫は、繁殖時期の5〜8月頃にかけて発生します。秋から冬の時期にカイガラムシは成虫になり、 除去しにくくなります。 そのため、 幼虫のうちに除去することをおすすめします。 カイガラムシは葉のうらに卵を産みつけることがありますので、幹だけでなく、葉のうらまでしっかりと確認することが大切です。カイガラムシは成虫になっても小さい虫なので、見た目で幼虫か成虫か見分けることは難しいことがあります。 見つけたらできるだけ早く駆除するのがよいでしょう。

人気の害虫駆除業者をチェックしてみる

牛乳を吹き付ける

カイガラムシの幼虫の駆除には、 牛乳をスプレーするという方法があります。 用いるのは、古くなった牛乳で問題ありません。牛乳をスプレー容器に入れ、カイガラムシの繁殖している部分に吹きかけてください。牛乳は乾燥すると膜になり、カイガラムシの呼吸を妨げて駆除する効果があるのです。お子さんやペットが過ごす室内で薬剤を使いたくないという場合には、特におすすめの方法です。 牛乳が植物に残るとイヤな匂いがしますので、駆除した後には水で洗い流しましょう。

木酢液を吹き付ける

カイガラムシの駆除には、木酢液も高い効果を発揮します。木酢液とは炭を作る段階で出た水蒸気を冷やして液化したものです。使用する際には、パッケージをよく見て、規定量に薄めて使いましょう。使い方は、薄めた木酢液をカイガラムシが繁殖している部分にスプレーするだけ。木酢液には殺菌効果があります。ただし、 薄めずに使うと植物にダメージを与えて枯らしてしまうことがあるので、注意が必要です。

殺虫剤や農薬を散布する

カイガラムシの駆除には、専用の殺虫剤を使用するのも効果的です。スプレー方式や、土に散布するタイプの殺虫剤が市販されています。薬剤はホームセンターなどで販売されていますので、必ずカイガラムシに効果があると明記されているものを使用しましょう。殺虫剤を使用する場合には、 メガネやマスク、手袋を装着したうえで、安全面に気を付けて行いましょう。

カイガラムシの成虫の駆除方法は?

カイガラムシは、成虫になると体の表面が固いカラでおおわれる種類があります。カラで守られたカイガラムシの成虫は、薬剤が効果を発揮しにくく、駆除が難しいのが特徴です。そのため、殺虫剤で駆除するのではなく、植物についたカイガラムシを直接かき落としたり、繁殖した枝を選定することが主な駆除方法となります。また、 カイガラムシの被害が出た植物を丸ごと水に沈めると、カイガラムシが窒息して、駆除できる場合もあります。

枝を剪定する

カイガラムシが繁殖している場合、成虫には薬剤での駆除効果が低下します。そのため、枝や葉にカイガラムシが大量に発生した場合は、思い切って繁殖した枝を剪定したほうがよいかもしれません。剪定できない植物もあるので、カイガラムシが繁殖した植物が剪定可能な種類かどうかを確認してから行いたいですね。剪定した枝にはカイガラムシが付着していますので、他の植物に接触しないようにビニール袋などに入れて離して置き、お住まいの自治体の指定に従って適切に処分しましょう。

ブラシやヘラなどでこそぎ落とす

カイガラムシの成虫は、 こすり落として駆除する方法があります。 ヘラや歯ブラシなどで、枝や葉についたカイガラムシを直接こすって落とします。少量の繁殖の場合には、この方法で駆除することが可能です。こすり落とす場合には、植物の葉や幹を傷つけないように気をつけましょう。また、 こすり落としたカイガラムシは庭の地面やベランダに放置せず、紙やビニールに包んで処分することが大切です。

カイガラムシの発生を予防する方法は?

カイガラムシを駆除しても、一度発生した植物には翌年も発生する可能性があります。再度繁殖させないよう、予防することも大切です。予防方法のひとつとして、カイガラムシの天敵のてんとう虫の幼虫を、ホームセンターやネットで購入するのもよいでしょう。また、カイガラムシを駆除した場合、死骸には卵が付着している可能性があります。 そのまま放置せず、確実に処分することが大切です。 その他にカイガラムシを予防する対策方法を見ていきましょう。

こまめに水やりをする

カイガラムシの卵は、葉の裏などに生み付けられることが多いもの。そのため、カイガラムシが産卵する春には、葉の裏にカイガラムシの卵がついていないかどうかを確認したいですね。水やりの際には、葉の表面だけでなく、 裏側にもしっかり葉水することを心がけましょう。 こまめに葉水を行えば、生み付けられたカイガラムシの卵を洗い流せます。

帰宅したら衣類を着替える

カイガラムシは、外出している際に衣類に付着することがあります。帰宅後に衣類を着替えない場合、付着したカイガラムシが室内の植物に付着して繁殖してしまう可能性があります。帰宅時には衣類を着替えるか、粘着ローラーなどで除去すると効果的です。また、カイガラムシを駆除したときには、着ていた衣類にカイガラムシが付着してしまうこともありますので、 すぐに着替えて洗濯しましょう。

ホコリや湿気がない状態を維持する

湿気が多く汚れた環境は、カイガラムシの繁殖にうってつけ。特に1年中湿度や温度が安定している室内は、カイガラムシが繁殖しやすくなります。カイガラムシの繁殖を防ぐには、植物の周りを清潔に保つことが大切です。カイガラムシが繁殖する春先から夏にかけては、 鉢植えの植物は風通しのよい場所に置く といいでしょう。

冬にマシン油乳剤を使い、来年の発生を予防

カイガラムシの予防には、マシン油乳剤が効果を発揮します。マシン油乳剤は、機械油を乳化させた殺虫剤です。ホームセンターなどで購入できますよ。マシン油乳剤を植物にムラなく散布することで、カイガラムシを窒息させて駆除できます。植物が休眠する冬に散布すると、植物にダメージを与えにくいのでおすすめです。使用する際には、パッケージの注意事項をよく読んでから散布しましょう。

カイガラムシの駆除は業者に依頼する方法も

カイガラムシは、完全に駆除することが難しい害虫です。さらに、一度駆除しても繰り返し発生することが多いといわれています。紹介した方法で自分で駆除することが難しい場合には、 害虫駆除の業者に依頼するのもひとつの手。 害虫駆除のプロなら、カイガラムシに関するトラブルをすっきり解決してくれますよ。カイガラムシの被害に困ったら、まずは害虫駆除業者に問い合わせてみるのもいいですね。

人気の害虫駆除業者をチェック!

おすすめの害虫駆除業者はこちら!

1年後の無料点検で安心!街角害虫駆除相談所

おすすめポイント!

最安値保証!現地調査・見積もり0円
施工1年後の「無料点検」サービス
被害が大きい場合は駆除~修復作業まで一貫してお任せ

害虫の徹底駆除・予防はもちろんのこと、 被害があった箇所の修繕・リフォーム全般まで 一貫して対応しています。

現地調査・出張費・見積りは0円 被害状況を写真付きで説明し、最適なプランを掲示してくれるので、害虫が棲みついているか確かめたい人、被害の度合いを把握したいという人にもおすすめです。

料金面では「他社に徹底対抗」を掲げ、 他社の見積もり提示で最安値 に値下げしてもらえるメリットも!

さらにアフターサービスとして、 再発保証は最長5年、施工1年後に無料点検 を実地。
24時間365日対応!関東エリアでは最短30分以内での駆けつけも可能です。

駆除料金 4,500円(税込)〜
無料診断 相談・調査・見積もり無料
支払い方法 現金/クレジットカード/銀行振込
電話受付 6:00-20:00・通話無料
保証期間 最長5年+施工1年後に無料点検

街角害虫駆除相談所の施工事例

シロアリ

街角害虫駆除相談所の駆除の流れ

街角害獣駆除相談所の口コミ・評判を詳しく見る

街角害虫駆除相談所では、 駆除代金が20%OFF となる街角安心キャンペーンを実施中!

駆除代金が割引になるのは 「7月31日までの期間限定」 費用を抑えたい人はこちらのキャンペーンを活用しましょう。

1年後の無料点検で安心!街角害虫駆除相談所

0120-02-6089

関西の害虫駆除なら!グラックス

https://gaichukujo.jp

おすすめポイント!

損害保険も付いた 充実の保障体制!
施工実績 25,000件以上!
戸建て住宅から重要文化財まで 幅広い実績

グラックスは京都を中心とした関西エリアで幅広い害虫の駆除を請け負ってくれる専門業者です。
シロアリ、ハチ、ゴキブリなどあらゆる害虫に 予防から駆除まで幅広く対応 しています。相談があれば 有資格者が徹底調査 を行い、施工プランや見積りを作成。
一般的な戸建て住宅から大規模マンション、寺社や重要文化財まで、 多数の施工実績 を持つ会社なので安心して任せられます。

■関西の害虫駆除ならここ!株式会社グラックス

関西の害虫駆除ならグラックス!

5年後の予防もよろしくお願いします。


見積の際に非常に丁寧な説明をしていただきました。金額も他社より安くグラックスさんに依頼してよかったです。5年後の予防もよろしくお願いします。
出典元:公式サイト

グラックスでは、 クチコミ投稿で駆除代金が30%OFF になるオトクなキャンペーンを実施中!

関西の害虫駆除なら!グラックス

害虫駆除110番

現地無料調査に即日対応してくれるので、悩みをスピーディに解決できる害虫駆除業者。24時間365日全国からの相談を受け付けており、その豊富な経験と知識に基づいた確実な効果が特徴です。ホームページ内でサービス内容を分かりやすく提示していて、安心して利用できるのもメリット。また正式な見積もりの後は余計な費用が一切かからないというのもポイントです。

駆除料金 ゴキブリ:14,300円(税込)〜
無料診断 最短30分〜
支払い方法 現金/クレジットカード/振り込み
受付時間 24時間365日
保証期間 1年間※対応エリア・加盟店による
キャンセル料 無料

害虫駆除110番

0800-805-8158

くらしのマーケット

素人には対応しきれない蜂の巢(スズメバチなど)やシロアリなどの害虫の駆除を依頼したい場合、害虫駆除業者の情報を集めたくらしのマーケットを参照してみましょう。こちらでは、害虫駆除を料金や相場・口コミで比較して、オンラインで予約することができます。

それぞれ地域に密着した業者の情報を顔写真つきでアピールポイントとともに掲載。サイト上で複数のところを比較することができるため、効率的にニーズに合ったところを選定することができます。サイト上に写真添付OKのメッセージ機能があり、予約前に不明点を確認することができます。

くらしのマーケットの口コミ・評判を詳しく見る

くらしのマーケット

発生すると厄介なカイガラムシは、予防を重点的に!

成虫になると、固いカラにおおわれて殺虫剤が効きにくくなるカイガラムシ。しかし、幼虫であれば、薬剤をスプレーすることで駆除できる場合もあります。カイガラムシの産卵の時期には、葉の裏などにカイガラムシの卵がないかをしっかりと確認しましょう。植物の周りを清潔に保ち、カイガラムシが再び繁殖しにくい環境を保ちたいですね。

害虫駆除に関連する記事

コスメ・スキンケア、健康食品・サプリメント、ヘアケア、ダイエット、脱毛など、あらゆる切り口から自分らしい便利な暮らしをサポートします。「めったに起こらない」が起きた時、解決のヒントがここにある。

運営会社