ホウ酸団子でネズミ駆除は可能?殺鼠剤(毒餌)の自作方法・効果・注意点

屋根裏から音がしたり、食料の袋が何かに食い破られていたり……そんな時はネズミが家に潜んでいるかもしれません。ネズミを自分で駆除したい、と思った時にまず思い浮かぶのは、毒で殺すことではないでしょうか?「ホウ酸団子」によるネズミ駆除を思い浮かべる方も多いはずです。
今回はその「ホウ酸団子」について、ネズミ駆除に適しているの?作り方は?といった疑問に答えていきます。

本ページではプロモーションが含まれます
当サイトでは商品やサービス(以下、商品等)の掲載にあたり、 ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

ホウ酸団子の特徴は?ネズミを駆除できる?

ホウ酸団子とは?

ホウ酸団子とは、主に ゴキブリなどの害虫駆除 に使われる毒餌の一種。殺虫剤などによく使われるホウ酸と食材などを混ぜて作る団子のことです。即効性はありませんが、脱水などの症状を起こさせることで害虫を死に至らしめると言われています。

ホウ酸団子はゴキブリ用のものが一般的

ホウ酸が最もよく使われるのはゴキブリの駆除です。その他にはシロアリなどの昆虫やダニ、バクテリアにも作用し、アリの駆除に使われることもあります。

ホウ酸団子を置くとゴキブリが寄って来る?

ホウ酸団子は確かにゴキブリを誘引する毒餌ですが、ゴキブリはさほど餌を感知する能力が高くはなく、50cm先から2mくらいまでと言われています。そのため、家の中にホウ酸団子を置いても、 ゴキブリが外から入って来る心配はまずない と考えられます。

ホウ酸団子の作り方

ホウ酸団子は家にある材料で意外と簡単に作れます。

材料
ホウ酸 20g
小麦粉 70g
砂糖 小さじ2
牛乳 適量
玉ねぎ 60g

※玉ねぎと牛乳がなければ、米ぬかと水適量でもよいでしょう。

ゴム手袋をしてホウ酸、小麦粉、砂糖を混ぜ、混ざったらみじん切りにした玉ねぎも混ぜ込みます。その後牛乳を少しずつ加え、耳たぶの固さに練り込みます。
それを直径2〜3cmに丸め、1週間ほど天日干ししたら完成です。

ホウ酸団子でネズミ駆除は可能?

結論から言うと、多少の効果は期待されるとはいえ、 ホウ酸団子はネズミ駆除には向きません 。ゴキブリのような虫の場合は、ホウ酸を無毒にして排出する器官がないため死に至らしめることができますが、ネズミなどの哺乳類には腎臓があります。それによりホウ酸を尿として排出してしまうのです。ホウ酸でネズミを殺そうとすると大量のホウ酸団子を食べさせなければならないため、現実的とは言えないのです。
ネズミ用に 毒餌(どくえ/どくえさ) を作る時は、市販の殺鼠剤(さっそざい)にネズミの好物を入れて強化するのがおすすめです。

ホウ酸団子を食べてしまった!どうなる?どうする?

人間にも腎臓があるとは言え、毒を口にしてしまったら問題はあります。ホウ酸団子を誤って口にしてしまった場合は嘔吐や下痢が起きたり、皮膚に発疹が出たり、脱水が起こったりする可能性があります。
ホウ酸団子を誤飲してしまった人には、 水か牛乳を飲ませたうえで吐かせ、医療機関を受診 するようにしてください。

単回摂取で重症化することは稀であるとされているが, 嘔吐,下痢,腹痛などの消化器症状や皮疹を起こし,脱水,循環不全,尿細管壊死が死因となりうる

日本小児科学会こどもの生活環境改善委員会『ホウ酸団子の誤食による急性薬物中毒』

ホウ酸団子のような殺鼠剤はある?

毒餌の種類(蓄積タイプ/即効タイプ)

毒餌に入っている殺鼠剤の毒は2種類あり、即効タイプと蓄積タイプに分かれます。

即効タイプ ネズミが一度食べたら数時間で死に至る
他のネズミがそれを見て警戒し、毒餌を食べなくなる
強力な毒のため、子どもやペットが誤飲しないよう要注意
蓄積タイプ ネズミに継続的に食べさせることで効き目を現す
他のネズミも警戒心を持つことなく食べる
耐性のあるスーパーラットには効果が薄い

どちらの場合も毒性のあるものなので、子どもやペットが誤って口にしないよう、重々注意が必要です。

毒餌の作り方

毒餌には色々な作り方があり、上記の動画はその一例です

ネズミ駆除用の毒餌は、自分で作るよりもホームセンターなどで売られている固形タイプの毒餌を使うのが最も効果的です。しかしネズミは警戒心が強く学習能力があるため、そうした固形タイプの餌をそのまま置いてもあまり食いつかないかもしれません。そこで、それぞれの ネズミが好む食べ物を固形タイプの毒餌に混ぜる ことで、ネズミが興味を持つように仕向けるのが基本的な毒餌の作り方です。毒餌とネズミの好物を混ぜるときは、割り箸を使って混ぜるといいでしょう。
ハツカネズミ には植物の種子、 クマネズミ には穀物由来の油、ドブネズミにはソーセージやハムを混ぜるのが効果的です。

自作したい場合は、 粉末タイプの毒餌を餌となる食材の上に振りかける 形で作ります。
まず、トウモロコシやソーセージ、ハム、パンなどを細かくし、殺鼠剤10〜30gとともにビニールに入れます。袋の口を握ってよく振り、食品と殺鼠剤を混ぜ合わせます。先に挙げた食用の油を少し振りかけると、粉もよく付きやすくなり、匂いでネズミが近寄って来やすくもなります。

毒餌の仕掛け方

毒餌の効果的な仕掛け方は以下のとおりです。やみくもに部屋に撒くことはせず、下記を参考にネズミが食べる可能性の高い場所に設置しましょう。

1.ネズミの 好物が入っている毒餌 を選ぶ
2. ラットサイン (ネズミの生活痕)を参考に 設置場所 を考える
3.毒餌以外の食料を片付け、毒餌しか 食べ物がない環境 を作る

毒餌を食べさせるコツは「置く場所」と「エサの大きさ」です。ネズミは警戒心が高い生き物のため、急に現れた好物を食べることはまずありません。そのため、一度食害が起きた場所に仕掛けて置くのがおすすめです。まだ食害に遭っていない場合は、毒餌を置いてから数週間は触らずに放置することが大切です。
「エサを食べているのか」と気にはなりますが、 確認する際に動かしたり触れたりすると人間の気配を察知してネズミが近寄らなくなる ので注意が必要です。
また、ネズミの足跡や フン などのラットサインがあった場所に設置しておくと、巣に持ち帰って食べる場合があります。

毒餌の効かないスーパーラットとは?

「スーパーラット」とは、クマネズミが進化した殺鼠剤に耐性を持つ個体のことです。 スーパーラットは通常の毒餌では駆除できず、運動能力が高くて寿命も長いという特徴を持ちます。 クマネズミのスーパーラットの駆除は、通常のクマネズミの駆除よりも困難です。クマネズミのスーパーラットを駆除するには、専用の強力な殺鼠剤を使用し、さらに他の駆除グッズも併用する必要があります。

毒餌を仕掛ける際の注意点

毒餌を仕掛ける際に最も注意するべきことは、子どもやペットの誤飲です。もし子どもやペットが飲み込んでしまった場合、とにかく 早く病院にかかることが重要 。ネズミ駆除に使う薬剤には、どれも毒性の高い成分が含まれています。毒餌の成分のなかには、厚生労働省が「特定毒物」として認定されているものも。当然人体やペットの体にも悪影響が出るため、万が一のときはすぐに受診が必要です。口に入れたときは何も症状がなくて、後から追って症状が出ることも多々あるので注意します。

その他のネズミの駆除方法

粘着シート

ネズミのトラップと言えばパチンコと呼ばれるネズミをバネにかけて挟む形状のものを連想するかもしれませんが、粘着シート(粘着トラップ)という糊で捕まえるトラップが主流です。
市場価格としては1枚100円~200円ほどで購入でき、ホームセンターや薬局に置いてある事もあります。粘着トラップは2つ折りにできるタイプのものが多く、L字型にして部屋の隅の壁際に設置できるようになっています。ネズミは部屋の壁際を歩く習性がありますので2つ折りタイプのものを購入するようにしましょう。

超音波

※上記YouTubeの動画は超音波の一例です。

超音波 は人には聞こえないけれどネズミには聞こえるもので、置くだけで忌避効果があるため小さな子供がいても安心して使えます。しかしネズミは環境への適応力が高いので超音波に慣れてしまうと忌避効果が減少。また、スマホやPCから音を出そうとすると、ずっと一箇所に置いておく必要があったり、複数箇所に仕掛けられないことも難点です。飼っているペットが影響を受けてしまう場合や、遮断物が多いとネズミが生息している所まで到達しない場合もあるため、適切に使用することが大切です。

燻煙剤(くんえんざい)

燻煙剤 には、ネズミが嫌がるような成分(忌避成分)が含まれています。家の中で燻煙剤を焚くことで、天井裏や床下を含む広範囲に薬剤が回るのが特徴。目に見えない場所に潜んでいるネズミにも効果を発揮し、ネズミを追い出すことができます。ネズミ駆除に燻煙剤を使うときは、必ずネズミ用のものを使ってください。

自力で駆除できなければ、業者に相談してみよう

ネズミを自分で駆除すればその分費用が掛からずにすむため、極力自分で駆除したいものです。
しかし、ネズミの駆除はプロの駆除業者でも難しいのが現実です。ネズミも日々学習して、免疫力を強めたりと進化し続けています。専門家ですら難しいので、一般の方が自分で駆除を試して失敗に終わってしまうことも多々あります。そうこうしているうちに、ネズミが繁殖を繰り返して数を数倍に増やしてしまうといった事態にもなりかねません。その後業者に依頼しても、深刻化したネズミ被害を止めるために大きな駆除工事が必要となり、多額の駆除費用が掛かってくるでしょう。 ネズミは早期対処が重要なので、早めに専門家に頼むことをおすすめします。

全国のネズミ駆除業者を探す

北海道・東北

関東

北陸・中部

東海

近畿

中国

四国

九州・沖縄

全国のネズミ駆除業者を探す

北海道・東北

関東

北陸・中部

東海

近畿

中国

四国

九州・沖縄

自分でネズミを駆除する

気になる害獣をチェック

自分で・DIY(ネズミ駆除)に関連する記事

コスメ・スキンケア、健康食品・サプリメント、ヘアケア、ダイエット、脱毛など、あらゆる切り口から自分らしい便利な暮らしをサポートします。「めったに起こらない」が起きた時、解決のヒントがここにある。

運営会社