借金返済のコツ|負担を減らす方法とは?

クレジットカードやローンは上手に利用すれば便利なものですが、返済計画はしっかりと立てておく必要があります。それでもさまざまな事情から、返済に困るような事態にならないとも限りません。もしそうなったら、どうしていいかわからず、悩んでしまうのではないでしょうか。そんな時は、債務整理という方法を検討してみるのもひとつ方法。債務整理とは、借金返済に困った人を救済する手続きで、現在4種類あります。それぞれにメリット・デメリット、手続きや費用に違いがあります。
そこで今回は、4種類の債務整理を、それぞれの特徴をまじえて紹介していきます。

本ページではプロモーションが含まれます
当サイトでは商品やサービス(以下、商品等)の掲載にあたり、 ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。
今すぐ見る!人気のおすすめ弁護士・司法書士事務所はこちら▼

借金返済を減らす方法は債務整理

借金をしたら返済するのが当たり前ですが、病気や家gあ、社会情勢の変化など、、予期せぬ事情で、返済ができなくなることは誰にでも起こり得ることでhないでしょうか。もしうそうなった時に使用したいのが債務整理。自己破産、個人再生、任意整理、特定調停の4種類があり、裁判所などで手続きをすることで、借金返済を手助けしてくれる制度です。

どの方法にも共通のメリットは、借金を免除もしくは減額できること。借金の返済に困った時に、苦しさのあまりとりあえず借り換えなどで急場をしのぐことしてしまいがちですが、それでは借金は減りません。債務整理を活用すれば、免除・減額することで、根本から借金問題を解決することができます。また弁護士などに依頼をすれば、督促がストップするのも利点といえます。

債務整理に共通のデメリット

一方債務整理にはデメリットもあり、4種類すべてに共通しているのは、個人信用情報に登録されてしまうことです。いわゆるブラックリストのことでで、登録されてしまうと、今後はクレジットカードやローンの利用ができなくなります。期間は債務整理の種類により異なりますが、5年~10年と短くはありません。また債務整理には費用がかかるのもデメリットといえます。

自己破産とは

自己破産は、裁判所に申し立てて行う債務整理の一種で、認められれば借金額の全額が免除になります。ほかの債務整理で全額免除になる方法はなく、自己破産だけが可能です。これだけの大きな恩恵があるということは、それだけデメリットもそれ相当なものを覚悟しなければなりません。そのため先にほかの債務整理を検討して、自己破産は最後の手段としておきましょう。

メリット:巨額の借金でもゼロになる

自己破産のメリットは、借金がすべて免除になることですが、それだけではありません。借金額の上限がないのも見逃せないポイント。借金が億単位となるような巨額であっても、裁判所に認められさえすれば、借金はゼロになります。そして借金の残額がゼロということは返済しなくてもいいということで、無収入であっても手続きが可能なのも利点。

デメリット:財産はすべて清算されることに

最大のデメリットは、財産を全部失うこと。例外として、99万円以下の現金、最小限の家財道具などは持つことが許されます。それでも家、車、貯金などこれまで築いてきた財産がすべて処分されるのはやはり大きな痛手。また免責不許可事由があるのもデメリット。借金を作った原因がギャンブルだった場合など、規定にある免責不許可事由に該当すれば手続きはできません。

手続き:免責不許可事由の有無が重要

自己破産には手続きのための要件が2つあります。借金返済ができない「返済不能」状態であること、免責不許可事由がないことです。この条件を満たした上で、所在地の地方裁判所に申し立てます。その後審尋と呼ばれる裁判官の直接面接を受けて、認められれば自己破産が決定。また資産がある場合は、破産管財人の選定、債権者集会の開催も手続きの中に組み込まれます。

費用:40万円~80万円程度が相場

自己破産をすることになった場合には、相応の費用負担が発生します。2つあり、ひとつは裁判所にかかる費用、もうひとつは弁護士に依頼する費用です。申立人に資産がある場合とない場合によって費用が変わるのもポイント。裁判所の費用としては、入印紙代、郵便切手代、予納金があります。そこに弁護士費用を加算すると、全体では40万円〜80万程度になります。

自己破産に向いているケース

自己破産に向いているケースは、借金額が多い場合。手続き上の要件に借金額の規定はないので、千万単位、億単位のような巨額の借金は、自己破産が現実的な選択肢となります。また法人の借金も自己破産向き。法人が借金を背負っている場合は、代表者である個人も借金で行き詰まっている場合が多く、こうした場合は、法人も対象となっている自己破産が適しています。

個人再生とは

個人再生は、借金を減額してもらう手続きで、裁判所に申し立てを行います。減額幅は借金の金額によって変わってきますが、返済期間は通常3年となっており、特別の事情がある場合は5年まで認められています。すでに発している利息だけでなく、元本も減額できるのも特徴。ただし手続きには条件があり、住宅ローンを以外の借金総額が5000万円未満である必要があります。

メリット:借金額を5分の1~10分の1に減額可能

個人再生のメリットは、その減額幅の大きさといえます。借金額によって段階的に規定されており、1500万円までなら5分の1まで、3000万円~5000万円までなら10分の1まで減額することができます。そのほか住宅ローン特則もメリットのひとつ。この特則を利用すれば、マイホームを手放すことなく、借金の返済をしていくことができます。

デメリット:一定額の収入が必要条件

デメリットは、ある程度の収入がないと手続きできないことです。個人再生は借金が減額はされますが、自己破産と違い免除されるわけではないので、返済を続けていく必要があります。そのため安定的に収入がないと返済が難しくなります。また手続きした後に支払うことになる金額と同等の積立金が必要となるのもデメリット。

手続き:重要な履行可能性テスト

個人再生の手続きは、一般の人が自分で行うには難しいため、弁護士や司法書士に依頼することになります。依頼をしたら債権調査を実施して、その結果を元に裁判所に申し立てをします。その後は助言・監督をする個人再生委員が選任され、履行可能性テストを実施。このテストで返済が計画通りに行われると判断されれば、再生計画が許可され、手続きが開始となります。

費用:50万円~70万円程度が目安

個人再生に必要な費用は、裁判所関連のものと、弁護士関連のものになります。裁判所の費用としては、申立て手数料、個人再生委員に対する報酬などです。そこに弁護士関連の費用がプラスされた、50万円~70万円程度が目安。また司法書士に依頼した場合は40万円~60万円程度で、費用を多少抑えられます。また状況によっては、さらに費用が上積みされることもあります。

個人再生に向いているケース

個人再生に向いているケースは、住宅ローンを抱えている場合。個人再生には住宅資金特別条項という特則があるのが特徴で、この特則を活用すれば、借金を返済しながらでもローン返済が認められます。そのためマイホームを維持することが可能となります。またj個人再生の手続きをしても財産は処分されないので、財産を守りたい場合にも適しています。

任意整理とは

任意整理とは、債務整理のなかで唯一裁判所が関与しない手続き。そのため申立人が弁護士を介して直接債権者と交渉して、利息のカットや返済期間の延長を、双方の和解の上で成立させることができます。裁判所がかかわらないため手続きが簡単なのも特徴のひとつ。そのためほかの債務整理のように、煩雑な書類をいくつも作成する必要がありません。

メリット:秘密のうちに債務整理を進められる

メリットは、債務整理が誰にも知られないこと。弁護士には依頼しますが、守秘義務があるので外に漏れる心配はありません。そしてほかの債務整理のように、官報に氏名や住所が記載されないので、家族や職場に秘密にしたまま手続きを進めることが可能。また整理できる債務を選択でき、保証人がいる債務を外して、保証人に請求がいかなようにすることもできます。

デメリット:返済額が大きく減らない

任意整理はそのほかの債務整理より、デメリットは少ないといえます。ただ自己破産や個人再生のように、借金の減額幅があまり大きくありません。利息カットは可能ですが、元本が減額される可能性は低いと考えておいたほうがいいでしょう。それでも利息制限法により、過払い金があるとわかった場合は、元本が減ったり、借金が完済できる可能性もあります。

手続き:完済の期間は3年~5年にするのがポイント

任意整理は債権者と申立人が直接交渉するため、整理案の作成などは弁護士に依頼することになります。手始めに債務の全容を確定して返済計画を立案。返済は3年~5年程度で完済できるようにするのが一般的です。というのも期間が長くなると債権者の同意が得られない可能性があるためです。整理案が債権者の同意を得れば返済が開始されます。

費用:必要なのは弁護士費用だけ

任意整理は裁判所が関わらないため、必要なのは弁護士費用のみとなります。弁護士費用は相談料、着手金、報酬金の3つからなり、相談料は1時間5000円~10000円が目安。着手金は債権者1社ごとに2万円〜5万円程度かかります。報酬金は債権者1社ごとに、やはり2万円~5万円程度必要。そのほか減額報酬金、過払金報酬金の請求が発生することもあります。

任意整理に向いているケース

任意整理に向いているケースは、借金額が少ない場合。任意整理は借金の減額幅があまり大きくないので、借金額が多額になると、返済していくのが困難になる場合があるのです。おおむね300万円を目安として、それよりも多い場合は、ほかの債務整理を検討したほうがいいでしょう。また債務の選択ができるので、車のローンが残っている場合も適しています。

特定調停とは

特定調停とは、簡易裁判所が交渉の仲立ちをしてくれる手続き。簡易裁判所が調停委員を選任して、債権者と話しをしてくれるので、申立人本人が債権者と交渉せずに済みます。また調停委員がいるため、別途弁護士や司法書士に依頼する必要がありません。調停委員がお互いの話しをまとめて、申立人と債権者の間で調停に合意すれば、調停調書従って返済がスタートします。

メリット:費用を抑えることが可能

特定調停のメリットは、手続きにかかる費用を抑えることができること。特定調停は自分で申し立てを行うことができるため、ほかの債務整理のように弁護士に依頼する必要がありません。そのため弁護士費用がかからず、大幅に費用を節約することが可能。不明な点があれば、裁判所の書記官にアドバイスを受けることもできるので、問題なく手続きを進めることもできます。

デメリット:平日の裁判所出頭がネック

特定調停のデメリットとして挙げられるのは、裁判所への出頭が平日となっていること。債権者がひとつだけなら、数回の調停で終わらせることも可能ですが、数社の債権者があればそうもいきません。出頭する回数が多くならざるを得ず、仕事をしている場合は続けるのが厳しくなります。また調停調書の通りに返済ができなくなると、強制執行になる場合もあります。

手続き:裁判官、調停員をまじえ調停案を検討

特定調停を利用する場合は、まず必要な書類を揃える必要があります。主な書類は特定調停申立書、資格証明書など4点あり、必要があれば追加になることもあります。そして書類を簡易裁判所に提出して申し立てをすると調停期日が決定。当日は裁判官、調停委員をまじえ、返済計画を検討します。完成した調停案を債権者が了承すれば、調停調書を作成し返済がスタートします。

費用:印紙代・切手代だけで手続きできる

特定調停は、ほかの債務整理と比べて、費用を低く抑えることができるのが大きな特徴。自分で手続きが可能で、弁護士や司法書士に依頼する必要がなく、その分の費用がかかりません。必要な費用は裁判所に関係するものだけとなり、申立手数料が債権者1社ごとに500円、裁判所から申立人への書類送付用の切手代が、債権者1社にごとに420円となります。

特定調停に向いているケース

特定調停は、借金を作った原因を問われないのが特徴のひとつ。そのため、ほかの債務整理では利用できない場合もある、ギャンブルや浪費でできた借金を返済するために向いているといえます。まマイホームなどのローンがある場合にも適しています。調停の対象となる債務を選ぶことが可能なので、ローンを対象から外せば、ローンを返済しながら借金の返済も可能。

あなたの借金はいくら減額できる?おすすめの法務事務所はこちら!

こがわ法務事務所

「司法書士」という枠を超えて、関わる人を幸福にしたいという理念をもっている「こがわ法務事務所」。知識がなくても理解できる説明で悩んでいる人と同じ目線に立って対応してくれるため、気軽に相談しやすい事務所です。 こがわ法務事務所は実績も多く、多数の事例を紹介しているため自分と照らし合わせて相談するか決めることも可能。 対応方法次第で周りにバレずに借金問題を解決することができるのも魅力的なポイントです。

特徴・おすすめポイント

特長その1: 誰にも知られず 借金問題を解決
特長その2:対応後の支払いは 分割払いが可能
特長その3:電話やメールの相談は 何度でも無料

\\1分で完了!減額診断スタート!//

こがわ法務事務所

全国対応のおすすめ弁護士事務所

ベリーベスト法律事務所

24時間365日、全国どこからでも無料で電話相談が可能 です。
様々な依頼を受ける弁護士事務所ではありますが、債務整理については、債務整理専門チームが組まれていてスピーディーに解決に当たってくれます。
秘密厳守 で相談や手続きを行うので、家族や勤務先に知られる心配がありません。
借金問題は何度でもご相談無料 です。弁護士費用はご契約前に丁寧な説明があり、分割や後払いにも対応してもらえるので現在お金に困っている人も安心です。(※後払いは過払い金請求に限ります。)

全国の拠点で対応

東京を含む全国74拠点で債務整理の相談に応じてくれます。拠点が近くない方や遠方に住んでいる方でも、電話やオンラインで自宅で相談することが可能です。

無料相談が何度でも可能

相談を無料で行っており、借金問題の具体的な解決策や今後の流れについて質問したりアドバイスを受けることができます。相談は何度でも無料なので、納得いくまで何回でも相談してみましょう。

登録なし60秒。無料の減額診断シミュレーター

3つの質問に回答するだけで減額診断してくれるシミュレーターを用意しています。
いくら減額できるか知りたい方はまずはこちらで診断してみましょう。

【登録なし60秒】ベリーベストの減額診断はこちら

ベリーベスト法律事務所の口コミ

ここからは、ベリーベスト法律事務所を利用した方の口コミを紹介します。


懇切丁寧なヒヤリングにより心情を汲み取り、相談を重ねる毎に不安を安心に変えていただきました。また、弁護士の先生とスタッフさんの良好なチームワークにより、様々な局面において対応がスムーズだったことも安心のひとつでした。名前の通り、依頼人にベストな結果をもたらしてくれる法律事務所であることを実感できました。
出典元:Google


電話で相談したら、女性の対応が丁寧でした。今後もなにかあれば頼ると思います。ありがとうございました。その後、担当の弁護士から電話があり相談に乗ってもらいました。非常に丁寧な対応でプロフェッショナルを感じました。最終的にまだ依頼には至っていませんが、誠実で信頼できる事務所です。
出典元:Google

相談料金 何度でも無料
過払金請求 調査料:無料
成功報酬:取り戻した過払い金の22%〜
任意整理 手数料(1社あたり) :0円〜
解決報酬:2万2,000円(税込)
成功報酬 :減額できた金額の11%
個人再生 基本報酬
住宅ローン条項なし:55万円(税込)
住宅ローン条項あり:66万円(税込)
自己破産 同時廃止:49万5,000円(税込)
管財事件:55万円(税込)
管財事件(個人事業主):55万(税込)〜77万円(税込)
法人破産:110万円(税込)〜

*上記に加えて事務手数料・諸経費が発生します

ベリーベスト法律事務所

青山北町法律事務所

https://aokita-law.com

メディアでも活躍している弁護士が代表を務める法律事務所。『親しみやすさ』と『説明のわかりやすさ』を大切に考えてくれています。
代表弁護士が大手金融機関に勤務した経験があることから、借金問題といったお金にまつわるトラブルにも精通していることが特徴。債務整理、過払いについては(何度でも)相談無料となっておりオンラインでの相談も可能です。
青山北町法律事務所では話し合いにより任意整理のケースで和解が成立しなかった際、事務所側に原因がある場合は着手金を全額返金しています。

青山北町法律事務所

東京都港区北青山3丁目12-77 秋月ビル502
03-6427-4550
営業時間:9:00~20:00
土・日・祝
アクセス:表参道駅徒歩1分
https://aokita-law.com/

【おすすめ】匿名OK・無料相談できる司法書士事務所!

アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所は、債務整理を専門に行っている全国対応の司法書士事務所。相談件数は2007年の創立以来23万件以上を誇っています。債務整理の進捗状況はパソコンやスマホでいつでも閲覧可能。和解ではなく完済をゴールとしており、 手続き完了後は債権者への支払いを代行・管理する「アヴァンス・アシスト」を用意 しています。 女性専用窓口 があるのもうれしいところ。

相談料金 無料
任意整理 着手金(1社あたり):1万1000円〜(税込)
解決報奨金(1社あたり):1万1000円〜(税込)
減額報酬金:減額または免除できた金額の11%(税込)
個人再生 住宅資金特別条項なし:41万8000円(税込)
住宅資金特別条項あり:47万3000円(税込)
自己破産 着手金:35万2000円(税込)

*上記に加えて事務手数料・諸経費が発生する場合があります

アヴァンス法務事務所

大阪市中央区北浜2丁目2-22 北浜中央ビル3F

司法書士法人赤瀬事務所

司法書士法人赤瀬事務所は大阪府を中心に債務整理・相続・成年後見などを専門に行っています。債務整理にあたっては依頼者の債務状況を綿密に調査し、法律相談から交渉、訴訟などをサポート。個人事務所ならではの スピーディーで丁寧な対応と豊富な専門知識 を生かしながら、スタッフ間で連携・相談を行い、相談者ひとりひとりの問題を根本的解決につなげてくれます。
費用についても無理のないプランを提案してくれるため安心して相談できます。また、一部大手業者との間で和解を拒否されている事務所もありますが、 赤瀬事務所では和解ができない業者はありません。

司法書士法人赤瀬事務所の特徴・おすすめポイント

特長その1: 相談者への迅速な対応には自信あり
特長その2: 大阪府吹田市を中心に、大阪府全域、日本全国で多数の実績
特長その3: 和解できない業者なし

司法書士法人赤瀬事務所

大阪府大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング416号室
06-6315-0204
営業時間:平日9:00~18:00 / 定休日:土・日・祝(事前予約で休日も対応可能)

グリーン司法書士法人・グリーン行政書士法人

グリーン司法書士事務所は、東京・大阪債務整理・自己破産相談センターを運営する司法書士事務所。相談は無料で着手金もなく、秘密厳守でプライバシーにもしっかり配慮しています。取り立ての即日ストップも可能で、債務整理にかかった費用は分割払いが可能です。各種メディアにも紹介される信頼と実績がある事務所で、借金を今すぐどうにかしたい方におすすめ。任意整理、自己破産、個人再生、時効援用の無料相談で安心できる日常を取り戻してください。

相談料金 無料
過払金請求 基本料金(1社):2万1780(税込)〜
取り返した額の20%
※裁判での回収の場合25%(税込27.5%)
任意整理 着手金:無料
基本料金(1社):2万1780(税込)〜
個人再生 33万円(税込)
住宅資金特別条項あり:+5万5000円(税込)
自己破産 同時廃止:26万4000円(税込)〜
管財事件:42万9000円(税込)〜

*上記に加えて事務手数料・諸経費が発生する場合があります

グリーン司法書士法人・グリーン行政書士法人

営業時間:平日9:00〜20:00 土日祝10:00〜17:00

司法書士法人リーガルリリーフ

依頼者の方が心配なく任せられるよう、迅速・親切・丁寧な法務サービスを提供することを信条としている司法書士法人です。相談の際には、難しい言葉を使わず、わかりやすい説明で対応を行ってくれます。
また、必要に応じて他の専門家と連携し、質の高いワンストップサービスを提供しており、債権者との交渉により借金を減らす「任意整理」、法的手続きにより借金の支払いを免除される「自己破産」、借金を5分の1程度に減らす「個人再生」など、様々な手続きで依頼者を支援してくれます。
匿名OKの無料診断のシミュレータがついており、気軽に借金の減額相談を行うことができます。

司法書士法人リーガルリリーフ

東京都港区浜松町2丁目6番2号浜松町262ビル503号

全国対応の弁護士事務所で匿名診断!

ライズ綜合法律事務所

東京、横浜、大阪に事務所を構える綜合法律事務所です。個人、法人問わずさまざまな相談に対応。費用に関しては、無理のない分割支払いも可能になっているので、安心して相談することができます。借金に関する相談も多く、全国対応の借金減額シュミレーターでの無料診断を受付中。無料・著名でシュミレーターを利用することができ、結果とあわせてメール相談が可能です。個人情報の取り扱いも徹底しており、情報は無料診断・相談以外には使用されないので、信頼度も抜群。気軽に無料診断・相談することができ、人気となっています。

ライズ綜合法律事務所の特徴・おすすめポイント

特長その1:全国対応の 借金減額シミュレーター 無料診断
特長その2:無理のない 分割払いが可能
特長その3:個人・法人問わず さまざまな相談に対応

相談料金 無料
過払金請求 着手金:5万5000円~
過払い返還報酬:22%(任意の場合/訴訟の場合は27.5%)
任意整理 着手金:5万5000円~
減額報酬金:減額または免除できた金額の11%(税込)
※和解成立時、解決報酬として1社につき2万2000円
個人再生 ・着手金
住宅資金特別条項なし:41万8000円
住宅資金特別条項あり:52万8000円
自己破産 ・同時廃止着手金
10社まで、かつ
借入総額500万円未満:36万3000円
11社以上、または
借入総額500万円以上:41万8000円

・少額管財着手金
10社まで、かつ
借入総額500万円未満:41万8000円
11社以上、または
借入総額500万円以上:47万3000円

*上記に加えて事務手数料・諸経費が発生する場合があります

ライズ綜合法律事務所

大阪府大阪市淀川区宮原4-1-45 新大阪八千代ビル 5階
事務所:東京本店事務所、横浜事務所、大阪事務所

FAST法律事務所

24時間365日受付の借金問題専門無料相談窓口もある法律事務所です。相談無料、初期費用0円、分割払いOKで、多くの相談実績を持つ信頼の事務所になっています。経験豊富なスタッフによる丁寧な対応で、安心して相談することができると評判。借金の督促をストップさせることも可能なのもポイントです。一人一人の状況をしっかりと聞き、最適な解決方法を提案。どのような手続きが行われるのかなども細かくしっかり理解できるまで説明してくれるのも信頼が持てる大きな理由です。

FAST法律事務所

東京都港区白金台3丁目19−6 白金台ビル 3階

藤森法律事務所

一人一人に合わせて借金問題を解決してくれる法律事務所です。初回相談料は無料になっており、まずは24時間365日いつでも受付可能なメール無料相談を利用することができます。どんな小さなことでも、借金問題について不安なことやわからないことなど何でも親身になって丁寧に答えてくれると評判。相談内容と一人一人の状況などをしっかりと見極めて、「借金問題は必ず解決できる方法がある!」をモットーに、現時点だけの解決法でなく、将来的により良い解決法を提案してくれます。

相談料金 何度でも無料
任意整理 着手金:55,000円~(税込)
解決報酬金:22,000円(税込)/1社あたり
個人再生 400,000円~500,000円(税込) ※実費含む
再生委員案件:上記+50,000円(税込)~ ※再生委員引継金を除く
自己破産 同時:350,000円~450,000円(税込) ※実費含む
管財:上記+50,000円(税込)~ ※管財人引継金を除く

*上記に加えて事務手数料・諸経費が発生する場合があります

藤森法律事務所

大阪府大阪市天王寺区上汐3-2-17 コモド上汐ビル602

弁護士法人ガイア総合法律事務所

「依頼者のベストパートナー」を目指して全身全霊をかけた対応をしてくれる法律事務所です。中小企業の法律相談から個人の債務整理、男女・離婚問題、交通事故の解決まで幅広い相談に対応しています。どのような案件でも依頼者の話をよく聞き、最適な解決策を分かりやすく説明してくれるので知識がなくても安心。相談は完全予約制で、 いつでも無料 で相談できるのもポイントです。オンラインでの面談も可能なので、外出が難しい人にもおすすめ。 メールでの問い合わせは24時間いつでも 受け付けています。料金体系が明瞭なのも魅力のひとつ。さらに依頼が必要な場合、 事前に無料で見積りを作成してもらえるため、不安なとき気軽に相談できます。

債務整理に特化している

弁護士法人ガイア総合法律事務所は、債務整理を主軸に置いた事務所です。この事務所は、債務者が直面するさまざまな問題に対応でき、個々の事例に応じたアプローチを行っています。

債務整理の過程で必要となる書類の準備や債権者との交渉など、煩雑な手続きを専門の弁護士がサポートします。債務の種類を問わず、着実に前に進めるでしょう。

初回30分の無料法律相談を実施

弁護士法人ガイア総合法律事務所では、初回30分の無料法律相談を提供しています。この無料相談を利用することで、債務整理に関する一般的な質問や自身の状況を弁護士に相談することで、今後の方向性を決定する手助けになるでしょう。

事前に予約が必要であり、相談時には具体的な質問や必要な資料を準備しておくことをおすすめします。

弁護士法人ガイア総合法律事務所の口コミ

ラジオによく出ているとても真面目そうな先生の事務所なので、安心して任せることができました。対応してくれた担当者も優しくて、しっかり相談を聞いてくれました。(40歳男性)

借金を減らす方法を、私の場合はどうするのが得策なのかわかりやすく丁寧に説明してくれました。おかげさまでずっと悩んできた返済について解決できる見通しがたちました。ガイアさんに心から感謝しています。(35歳女性)

ずっと悩んできましたがガイアさんは債務整理の方法と過払い金の調査について精通していると思いネット診断から依頼しました。想像していた以上に過払い金が見つかりました。相談して本当に良かったです。(62歳男性)

相談料金 初回30分無料
過払金請求 調査料:無料
話し合いの過払金回収:回収額の22%
裁判の過払金回収:回収額の27.5%
任意整理 着手金(1社あたり):4万4000円(税込)
解決報酬金:2万円(税込2万2000円)(1社あたり)
減額報酬金:減額できた金額の11%
個人再生 ・着手金
住宅資金特別条項なし:44万円(税込)
住宅資金特別条項あり:55万円(税込)
自己破産 ・着手金(個人)
同時廃止:33万円(税込)
管財事件:44万円(税込)

*上記に加えて事務手数料・諸経費が発生する場合があります

弁護士法人ガイア総合法律事務所

東京都港区新橋3丁目2番3 千代川ビル6階

匿名OK!簡単な借金減額無料シミュレーション!

■Hana法務事務所

債務整理・借金問題は安心の再スタートを切れるよう親切・丁寧に対応してくれます。相談すると借金問題が家族など周囲にバレるかもしれないと心配する方も多いと思いますが、Hana法律事務所では誰にも知られずに借金問題を解決することが可能です。また、対応後の支払いは分割払いができるところも安心できます。紹介不要で誰でも相談可能できる上に電話やメールの相談なら何度でも無料相談できるので、何か一つでも不安なことがあれば相談してみるのをおすすめします。相談はまだ勇気がない方は匿名でできる借金の減額診断もあるので試してみましょう。

Hana法務事務所

大阪府大阪市中央区大手前1丁目7番31号 OMMビル
10:00~18:00(土日祝休)
事務所:大阪オフィス、名古屋オフィス、横浜オフィス

4種類の債務整理から自分に合った方法を選択しよう

借金の返済ができなくなったら、債務整理を利用するのも選択肢のひとつ。現在は4種類あり、それぞれに特徴があります。借金額や収入の状況、マイホームや車のローンの有無などによって、どの債務整理を選択すればいいかが決まってくるので、弁護士や司法書士などと相談して、ベストな方法で返済できるようにしましょう。

借金に関連する記事

コスメ・スキンケア、健康食品・サプリメント、ヘアケア、ダイエット、脱毛など、あらゆる切り口から自分らしい便利な暮らしをサポートします。「めったに起こらない」が起きた時、解決のヒントがここにある。

運営会社