徳島で債務整理に強い事務所 12選!費用や特徴ポイントを徹底解説

徳島での債務整理は、弁護士・司法書士事務所に相談するのがおすすめです。
債務整理とは、借金問題を法的に解決する方法です。国が認めている合法的な借金救済制度となり、現在抱えている借金の負担の減額や、場合によりゼロにできる可能性があります。
任意整理、個人再生、自己破産と大きく3つの方法があり、払いすぎた利息分を返還してもらう過払い金返還請求という手続きもあります。債務整理の専門家が一人ひとりに合った方法を提案し、借金問題をスムーズに解決へと導いてくれます。自治体が実施する無料の相談室もあるので利用しましょう。

当記事では、徳島で債務整理を相談する弁護士・司法書士を選ぶ際に重視すべきポイント、無料相談や債務整理に強いおすすめ事務所を厳選して紹介します。
また、債務整理を行う際の費用相場や流れ、事務所に依頼するメリットやよくある疑問とその答えをまとめていますので、検討の参考にしてみてください。

本ページではプロモーションが含まれます
当サイトでは商品やサービス(以下、商品等)の掲載にあたり、 ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

徳島で債務整理に強い 弁護士・司法書士事務所を厳選。選ぶポイントや相場、メリットなどをご紹介!

債務整理に強い弁護士・司法書士を選ぶ8つのポイント

債務整理に強い弁護士や司法書士を選ぶ際のポイントは以下のとおりです。

  1. 債務整理の実績が豊富か
  2. 無料相談ができるか
  3. 費用が明瞭で支払い方法にも柔軟に対応してくれるか
  4. 債務整理のスケジュールを提示してくれるか
  5. 全国対応または自分の居住地に対応しているか
  6. 弁護士・司法書士の人柄が信頼できるかどうか
  7. デメリットも説明してくれるかどうか
  8. 口コミの評価が高いかそうか

ポイント1 債務整理の実績が豊富か

弁護士にはそれぞれ得意分野、不得意分野があります。

そのため、債務整理を得意としない弁護士に依頼してしまうと、手続きがスムーズに進まず、期待するような結果が得られない可能性が高くなります。

債務整理に精通しているかどうかは、弁護士事務所のホームページを確認するのがおすすめ。
ホームページ上に、債務整理の実績数や過去の解決事例が記載されている弁護士事務所や、相談分野や得意分野に債務整理が記載されている弁護士事務所は、債務整理を得意としているケースが多いようです。
ホームページだけで判断できない場合は、ネットの口コミなどを参考にするのもおすすめです。

ポイント2 無料相談ができるか

無料相談を行っている弁護士事務所を選ぶようにしましょう。
無料相談は債務整理を依頼する弁護士を見極めるため、費用相場を知るため、自分にあった解決策を知るために重要なものです。
初回相談は時間制限なく無料で対応してくれる事務所や、 何度でも無料相談に応じてくれる事務所 を選択すると、疑問点や不安な点を納得のいくまで相談できるのでおすすめです。

ポイント3 費用が明瞭で支払い方法にも柔軟に対応してくれるか

弁護士に債務整理を依頼すると、着手金、報酬金、減額報酬などさまざまな費用がかかります。
数十万円単位で費用が発生するケースもあるので、初回の相談時に料金体系についてきちんと説明し、 詳細な見積もりを出してくれる弁護士事務所を選ぶ ようにしましょう。
また、分割支払いや後払いなど、費用の支払い方法の希望に柔軟に対応してくれるかもポイントです。
費用面に不安がある場合は、法テラスの民事法律扶助制度が利用できるかもあわせて確認しておくとよいでしょう。

ポイント4 債務整理のスケジュールを提示してくれるか

受任通知の送付、借金の状況調査、貸金業者との交渉、資料の作成、裁判所とのやりとりなど、債務整理には 多くの手続きや工程が発生します。
弁護士事務所を決める際は、手続きのスケジュールをはっきりと提示してくれるところを選びましょう。タイムスケジュールがはっきりしていれば、手続きが滞った際にもすぐに弁護士へ確認ができるので安心です。

ポイント5 全国対応または自分の居住地に対応しているか

弁護士事務所にはそれぞれ対応可能なエリアがあります。
エリア外の依頼は受けない、別途出張費などの追加費用が請求される という場合もあるので、まずは自分の居住するエリアが対応可能かどうかを確認するようにしましょう。
居住エリア内に債務整理に強い弁護士や信頼できる弁護士が見つからない場合は、無理に選択せず、全国対応可能な弁護士事務所へ相談するのがおすすめです。

ポイント6 弁護士・司法書士の人柄が信頼できるかどうか

債務整理手続きでは、自分の借金事情やプライベートを包み隠さず弁護士に話す必要があります。
また、自己破産や個人再生などの手続きは解決までに長い期間を要する場合もあります。
そのため、弁護士の 人柄が信頼できるか 、自分と相性が合うかなども相談時に確認しておくとよいでしょう。

ポイント7 デメリットも説明してくれるかどうか

債務整理を検討する際、弁護士や司法書士がデメリットを包み隠さず説明してくれるかが重要です。
適切なアドバイスを提供してくれる専門家は、手続きの利点だけでなく、 信用情報の悪化や今後の影響 など、潜在的なデメリットについても正直に説明します。
このような透明性は、信頼できる弁護士や司法書士事務所を選択する上での鍵です。

債務整理の選択肢には任意整理、個人再生、自己破産などがありますが、これらの手続きが持つ潜在的なリスクについても説明してくれる弁護士や司法書士の事務所を選びましょう。

ポイント8 口コミの評価が高いかそうか

弁護士や司法書士を選ぶ際には、口コミや評判も重要な選択基準です。
特に債務整理は専門性が高く、実績や経験が豊富な専門家に依頼することで、手続きの成功率が高まります。
実際に弁護士や司法書士に依頼した人たちの体験談や解決に至った事例の評価が高いかを確認することは、信頼できる専門家を選ぶために役立つでしょう。

Googleの口コミや、XなどのSNSで弁護士や司法書士事務所の名前で検索すると、利用した方の口コミが見られます。
それらを参考にし、評判が悪いところは避けるようにしてください。

債務整理をするための費用相場

債務整理は主に3種類あり、裁判所の介在や弁護士・司法書士の介在度合い等により費用が変わります。

任意整理 個人再生 自己破産
減額範囲 金利のカット
過払い金があれば充当/返還
負債額を最大1/5程度まで減額 全額免除
弁護士依頼
の場合の費用
1社あたり3万円〜5万円+減額報酬10% 30~60万円程度 30万〜60万程度
司法書士依頼
の場合の費用
1社あたり2万円〜5万円+減額報酬10% 20~30万円程度
※書類作成など限定業務のみ(代理不可)
20万~30万円程度
※書類作成など限定業務のみ(代理不可)
裁判所に
払う費用
なし 20万円程度 通常管財事件:50万円〜
少額管財事件:20万円〜
同時廃止事件:2万円〜
※少額管財事件は弁護士のみ
こういった方に
おすすめ
絶対に周り(会社/家族)に知られたくない
手続きなどに手間をかけたくない
返済する債務を選びたい
返済の意思あり
ある程度の安定した収入がある
債務の総額を圧縮したい
自宅を処分されたくない
ギャンブルや浪費による借金である
返済の意思あり
ある程度の安定した収入がある
返済能力が全くない(支払不能の状態)
資産がない(不動産など)
ギャンブルや浪費による借金でない
借金を消したい

※費用相場はあくまでも相場となり、事務所や案件・裁判所などにより変わります。

あなたの借金はいくら減額できる?おすすめの法務事務所はこちら!

こがわ法務事務所

「司法書士」という枠を超えて、関わる人を幸福にしたいという理念をもっている「こがわ法務事務所」。知識がなくても理解できる説明で悩んでいる人と同じ目線に立って対応してくれるため、気軽に相談しやすい事務所です。 こがわ法務事務所は実績も多く、多数の事例を紹介しているため自分と照らし合わせて相談するか決めることも可能。 対応方法次第で周りにバレずに借金問題を解決することができるのも魅力的なポイントです。

特徴・おすすめポイント

特長その1: 誰にも知られず 借金問題を解決
特長その2:対応後の支払いは 分割払いが可能
特長その3:電話やメールの相談は 何度でも無料

\\1分で完了!減額診断スタート!//

こがわ法務事務所

徳島で債務整理に強い弁護士・司法書士事務所

徳島のおすすめ弁護士事務所

■ベリーベスト法律事務所

徳島の債務整理でおすすめの弁護士・司法書士事務所22選、1番目は「ベリーベスト法律事務所」です。
24時間365日、全国どこからでも無料で電話相談が可能 です。
様々な依頼を受ける弁護士事務所ではありますが、債務整理については、債務整理専門チームが組まれていてスピーディーに解決に当たってくれます。
秘密厳守 で相談や手続きを行うので、家族や勤務先に知られる心配がありません。
借金問題は何度でもご相談無料 です。弁護士費用はご契約前に丁寧な説明があり、分割や後払いにも対応してもらえるので現在お金に困っている人も安心です。(※後払いは過払い金請求に限ります。)

全国の拠点で対応

東京を含む全国74拠点で債務整理の相談に応じてくれます。拠点が近くない方や遠方に住んでいる方でも、電話やオンラインで自宅で相談することが可能です。

無料相談が何度でも可能

相談を無料で行っており、借金問題の具体的な解決策や今後の流れについて質問したりアドバイスを受けることができます。相談は何度でも無料なので、納得いくまで何回でも相談してみましょう。

登録なし60秒。無料の減額診断シミュレーター

3つの質問に回答するだけで減額診断してくれるシミュレーターを用意しています。
いくら減額できるか知りたい方はまずはこちらで診断してみましょう。

【登録なし60秒】ベリーベストの減額診断はこちら

ベリーベスト法律事務所の口コミ

ここからは、ベリーベスト法律事務所を利用した方の口コミを紹介します。


懇切丁寧なヒヤリングにより心情を汲み取り、相談を重ねる毎に不安を安心に変えていただきました。また、弁護士の先生とスタッフさんの良好なチームワークにより、様々な局面において対応がスムーズだったことも安心のひとつでした。名前の通り、依頼人にベストな結果をもたらしてくれる法律事務所であることを実感できました。
出典元:Google


電話で相談したら、女性の対応が丁寧でした。今後もなにかあれば頼ると思います。ありがとうございました。その後、担当の弁護士から電話があり相談に乗ってもらいました。非常に丁寧な対応でプロフェッショナルを感じました。最終的にまだ依頼には至っていませんが、誠実で信頼できる事務所です。
出典元:Google

相談料金 何度でも無料
過払金請求 調査料:無料
成功報酬:取り戻した過払い金の22%〜
任意整理 手数料(1社あたり) :0円〜
解決報酬:2万2,000円(税込)
成功報酬 :減額できた金額の11%
個人再生 基本報酬
住宅ローン条項なし:55万円(税込)
住宅ローン条項あり:66万円(税込)
自己破産 同時廃止:49万5,000円(税込)
管財事件:55万円(税込)
管財事件(個人事業主):55万(税込)〜77万円(税込)
法人破産:110万円(税込)〜

*上記に加えて事務手数料・諸経費が発生します

ベリーベスト法律事務所

■青山北町法律事務所

https://aokita-law.com

徳島の債務整理でおすすめの弁護士・司法書士事務所22選、2番目は「青山北町法律事務所」です。
メディアでも活躍している弁護士が代表を務める法律事務所。『親しみやすさ』と『説明のわかりやすさ』を大切に考えてくれています。
代表弁護士が大手金融機関に勤務した経験があることから、借金問題といったお金にまつわるトラブルにも精通していることが特徴。債務整理、過払いについては(何度でも)相談無料となっておりオンラインでの相談も可能です。
青山北町法律事務所では話し合いにより任意整理のケースで和解が成立しなかった際、事務所側に原因がある場合は着手金を全額返金しています。

青山北町法律事務所

東京都港区北青山3丁目12-77 秋月ビル502
03-6427-4550
営業時間:9:00~20:00
土・日・祝
アクセス:表参道駅徒歩1分
https://aokita-law.com/

【徳島おすすめ】匿名OK・無料相談できる司法書士事務所!

■アヴァンス法務事務所

徳島の債務整理でおすすめの弁護士・司法書士事務所22選、3番目は「アヴァンス法務事務所」です。
アヴァンス法務事務所は、債務整理を専門に行っている全国対応の司法書士事務所。相談件数は2007年の創立以来23万件以上を誇っています。債務整理の進捗状況はパソコンやスマホでいつでも閲覧可能。和解ではなく完済をゴールとしており、 手続き完了後は債権者への支払いを代行・管理する「アヴァンス・アシスト」を用意 しています。 女性専用窓口 があるのもうれしいところ。

相談料金 無料
任意整理 着手金(1社あたり):1万1000円〜(税込)
解決報奨金(1社あたり):1万1000円〜(税込)
減額報酬金:減額または免除できた金額の11%(税込)
個人再生 住宅資金特別条項なし:41万8000円(税込)
住宅資金特別条項あり:47万3000円(税込)
自己破産 着手金:35万2000円(税込)

*上記に加えて事務手数料・諸経費が発生する場合があります

アヴァンス法務事務所

大阪市中央区北浜2丁目2-22 北浜中央ビル3F

■司法書士法人赤瀬事務所

徳島の債務整理でおすすめの弁護士・司法書士事務所22選、4番目は「司法書士法人赤瀬事務所」です。
司法書士法人赤瀬事務所は大阪府を中心に債務整理・相続・成年後見などを専門に行っています。債務整理にあたっては依頼者の債務状況を綿密に調査し、法律相談から交渉、訴訟などをサポート。個人事務所ならではの スピーディーで丁寧な対応と豊富な専門知識 を生かしながら、スタッフ間で連携・相談を行い、相談者ひとりひとりの問題を根本的解決につなげてくれます。
費用についても無理のないプランを提案してくれるため安心して相談できます。また、一部大手業者との間で和解を拒否されている事務所もありますが、 赤瀬事務所では和解ができない業者はありません。

司法書士法人赤瀬事務所の特徴・おすすめポイント

特長その1: 相談者への迅速な対応には自信あり
特長その2: 大阪府吹田市を中心に、大阪府全域、日本全国で多数の実績
特長その3: 和解できない業者なし

司法書士法人赤瀬事務所

大阪府大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング416号室
06-6315-0204
営業時間:平日9:00~18:00 / 定休日:土・日・祝(事前予約で休日も対応可能)

■グリーン司法書士法人・グリーン行政書士法人

徳島の債務整理でおすすめの弁護士・司法書士事務所22選、5番目は「グリーン司法書士法人・グリーン行政書士法人」です。
グリーン司法書士事務所は、東京・大阪債務整理・自己破産相談センターを運営する司法書士事務所。相談は無料で着手金もなく、秘密厳守でプライバシーにもしっかり配慮しています。取り立ての即日ストップも可能で、債務整理にかかった費用は分割払いが可能です。各種メディアにも紹介される信頼と実績がある事務所で、借金を今すぐどうにかしたい方におすすめ。任意整理、自己破産、個人再生、時効援用の無料相談で安心できる日常を取り戻してください。

相談料金 無料
過払金請求 基本料金(1社):2万1780(税込)〜
取り返した額の20%
※裁判での回収の場合25%(税込27.5%)
任意整理 着手金:無料
基本料金(1社):2万1780(税込)〜
個人再生 33万円(税込)
住宅資金特別条項あり:+5万5000円(税込)
自己破産 同時廃止:26万4000円(税込)〜
管財事件:42万9000円(税込)〜

*上記に加えて事務手数料・諸経費が発生する場合があります

グリーン司法書士法人・グリーン行政書士法人

営業時間:平日9:00〜20:00 土日祝10:00〜17:00

■司法書士法人リーガルリリーフ

徳島の債務整理でおすすめの弁護士・司法書士事務所22選、6番目は「司法書士法人リーガルリリーフ」です。
依頼者の方が心配なく任せられるよう、迅速・親切・丁寧な法務サービスを提供することを信条としている司法書士法人です。相談の際には、難しい言葉を使わず、わかりやすい説明で対応を行ってくれます。
また、必要に応じて他の専門家と連携し、質の高いワンストップサービスを提供しており、債権者との交渉により借金を減らす「任意整理」、法的手続きにより借金の支払いを免除される「自己破産」、借金を5分の1程度に減らす「個人再生」など、様々な手続きで依頼者を支援してくれます。
匿名OKの無料診断のシミュレータがついており、気軽に借金の減額相談を行うことができます。

司法書士法人リーガルリリーフ

東京都港区浜松町2丁目6番2号浜松町262ビル503号

全国対応のおすすめ弁護士事務所はこちら!

■ライズ綜合法律事務所

徳島の債務整理でおすすめの弁護士・司法書士事務所22選、7番目は「ライズ綜合法律事務所」です。
東京、横浜、大阪に事務所を構える綜合法律事務所です。個人、法人問わずさまざまな相談に対応。費用に関しては、無理のない分割支払いも可能になっているので、安心して相談することができます。借金に関する相談も多く、全国対応の借金減額シュミレーターでの無料診断を受付中。無料・著名でシュミレーターを利用することができ、結果とあわせてメール相談が可能です。個人情報の取り扱いも徹底しており、情報は無料診断・相談以外には使用されないので、信頼度も抜群。気軽に無料診断・相談することができ、人気となっています。

ライズ綜合法律事務所の特徴・おすすめポイント

特長その1:全国対応の 借金減額シミュレーター 無料診断
特長その2:無理のない 分割払いが可能
特長その3:個人・法人問わず さまざまな相談に対応

相談料金 無料
過払金請求 着手金:5万5000円~
過払い返還報酬:22%(任意の場合/訴訟の場合は27.5%)
任意整理 着手金:5万5000円~
減額報酬金:減額または免除できた金額の11%(税込)
※和解成立時、解決報酬として1社につき2万2000円
個人再生 ・着手金
住宅資金特別条項なし:41万8000円
住宅資金特別条項あり:52万8000円
自己破産 ・同時廃止着手金
10社まで、かつ
借入総額500万円未満:36万3000円
11社以上、または
借入総額500万円以上:41万8000円

・少額管財着手金
10社まで、かつ
借入総額500万円未満:41万8000円
11社以上、または
借入総額500万円以上:47万3000円

*上記に加えて事務手数料・諸経費が発生する場合があります

ライズ綜合法律事務所

大阪府大阪市淀川区宮原4-1-45 新大阪八千代ビル 5階
事務所:東京本店事務所、横浜事務所、大阪事務所

■FAST法律事務所

徳島の債務整理でおすすめの弁護士・司法書士事務所22選、8番目は「FAST法律事務所」です。
24時間365日受付の借金問題専門無料相談窓口もある法律事務所です。相談無料、初期費用0円、分割払いOKで、多くの相談実績を持つ信頼の事務所になっています。経験豊富なスタッフによる丁寧な対応で、安心して相談することができると評判。借金の督促をストップさせることも可能なのもポイントです。一人一人の状況をしっかりと聞き、最適な解決方法を提案。どのような手続きが行われるのかなども細かくしっかり理解できるまで説明してくれるのも信頼が持てる大きな理由です。

FAST法律事務所

東京都港区白金台3丁目19−6 白金台ビル 3階

■藤森法律事務所

徳島の債務整理でおすすめの弁護士・司法書士事務所22選、9番目は「藤森法律事務所」です。
一人一人に合わせて借金問題を解決してくれる法律事務所です。初回相談料は無料になっており、まずは24時間365日いつでも受付可能なメール無料相談を利用することができます。どんな小さなことでも、借金問題について不安なことやわからないことなど何でも親身になって丁寧に答えてくれると評判。相談内容と一人一人の状況などをしっかりと見極めて、「借金問題は必ず解決できる方法がある!」をモットーに、現時点だけの解決法でなく、将来的により良い解決法を提案してくれます。

相談料金 何度でも無料
任意整理 着手金:55,000円~(税込)
解決報酬金:22,000円(税込)/1社あたり
個人再生 400,000円~500,000円(税込) ※実費含む
再生委員案件:上記+50,000円(税込)~ ※再生委員引継金を除く
自己破産 同時:350,000円~450,000円(税込) ※実費含む
管財:上記+50,000円(税込)~ ※管財人引継金を除く

*上記に加えて事務手数料・諸経費が発生する場合があります

藤森法律事務所

大阪府大阪市天王寺区上汐3-2-17 コモド上汐ビル602

■弁護士法人ガイア総合法律事務所

徳島の債務整理でおすすめの弁護士・司法書士事務所22選、10番目は「弁護士法人ガイア総合法律事務所」です。
「依頼者のベストパートナー」を目指して全身全霊をかけた対応をしてくれる法律事務所です。中小企業の法律相談から個人の債務整理、男女・離婚問題、交通事故の解決まで幅広い相談に対応しています。どのような案件でも依頼者の話をよく聞き、最適な解決策を分かりやすく説明してくれるので知識がなくても安心。相談は完全予約制で、 いつでも無料 で相談できるのもポイントです。オンラインでの面談も可能なので、外出が難しい人にもおすすめ。 メールでの問い合わせは24時間いつでも 受け付けています。料金体系が明瞭なのも魅力のひとつ。さらに依頼が必要な場合、 事前に無料で見積りを作成してもらえるため、不安なとき気軽に相談できます。

債務整理に特化している

弁護士法人ガイア総合法律事務所は、債務整理を主軸に置いた事務所です。この事務所は、債務者が直面するさまざまな問題に対応でき、個々の事例に応じたアプローチを行っています。

債務整理の過程で必要となる書類の準備や債権者との交渉など、煩雑な手続きを専門の弁護士がサポートします。債務の種類を問わず、着実に前に進めるでしょう。

初回30分の無料法律相談を実施

弁護士法人ガイア総合法律事務所では、初回30分の無料法律相談を提供しています。この無料相談を利用することで、債務整理に関する一般的な質問や自身の状況を弁護士に相談することで、今後の方向性を決定する手助けになるでしょう。

事前に予約が必要であり、相談時には具体的な質問や必要な資料を準備しておくことをおすすめします。

弁護士法人ガイア総合法律事務所の口コミ

ラジオによく出ているとても真面目そうな先生の事務所なので、安心して任せることができました。対応してくれた担当者も優しくて、しっかり相談を聞いてくれました。(40歳男性)

借金を減らす方法を、私の場合はどうするのが得策なのかわかりやすく丁寧に説明してくれました。おかげさまでずっと悩んできた返済について解決できる見通しがたちました。ガイアさんに心から感謝しています。(35歳女性)

ずっと悩んできましたがガイアさんは債務整理の方法と過払い金の調査について精通していると思いネット診断から依頼しました。想像していた以上に過払い金が見つかりました。相談して本当に良かったです。(62歳男性)

相談料金 初回30分無料
過払金請求 調査料:無料
話し合いの過払金回収:回収額の22%
裁判の過払金回収:回収額の27.5%
任意整理 着手金(1社あたり):4万4000円(税込)
解決報酬金:2万円(税込2万2000円)(1社あたり)
減額報酬金:減額できた金額の11%
個人再生 ・着手金
住宅資金特別条項なし:44万円(税込)
住宅資金特別条項あり:55万円(税込)
自己破産 ・着手金(個人)
同時廃止:33万円(税込)
管財事件:44万円(税込)

*上記に加えて事務手数料・諸経費が発生する場合があります

弁護士法人ガイア総合法律事務所

東京都港区新橋3丁目2番3 千代川ビル6階

■弁護士法人アディーレ法律事務所 徳島

徳島の債務整理でおすすめの弁護士・司法書士事務所22選、11番目は「弁護士法人アディーレ法律事務所 徳島」です。
弁護士法人アディーレ法律事務所は、全国に支店をもつ大手の法律事務所です。弁護士法人アディーレ法律事務所は、全国に60か所の拠点をもち、150名近くの弁護士が在籍する、大手弁護士事務所です。さまざまな法律相談を請け負っていますが、とくに債務整理や過払い金請求では多くの実績があり、知識や経験豊富な弁護士が揃っています。相談は何度でも無料です。さらに、依頼後でも90日以内に契約解除を希望した場合、基本費用は全額返金されます。土日祝日なども相談可能で、全国対応可能なので、お困りの方は気軽に相談してみるとよいでしょう。

弁護士法人アディーレ法律事務所 徳島

富山県富山市牛島町18-7 アーバンプレイスビル6F
0120-316-742
営業時間:9:00〜22:00 / 対応エリア:徳島市,鳴門市,小松島市,阿南市,吉野川市,阿波市,美馬市,三好市,その他の市町村
https://www.adire.jp/map/tokushima.html

■坂村法律事務所

徳島の債務整理でおすすめの弁護士・司法書士事務所22選、12番目は「坂村法律事務所」です。
借金問題を専門に取り扱っている法律事務所で、自己破産・個人再生・任意整理といった一般的な債務整理について豊富な実績を有しているのが強み。無料相談を実施しており予約があれば夜間や休日の相談も可能です。弁護士の費用の分割払いも受け付けているなど、借金問題に困っている人に寄り添う体制が徹底的に整っています。

坂村法律事務所

徳島県鳴門市撫養町南浜字東浜34-30-2F
088-679-9966
営業時間:平日10:00~17:00
アクセス:JR鳴門駅から徒歩7分、鳴門市役所前バス停から徒歩2分
http://sakamura-office.com/

■泉法律事務所

徳島の債務整理でおすすめの弁護士・司法書士事務所22選、13番目は「泉法律事務所」です。
東京で弁護士として研鑽を積んだ後、代表弁護士の故郷である徳島県に事務所を設けた経緯があり、地域密着型の温かみのある雰囲気が特徴。気軽に相談できる弁護士事務所を目指しており、依頼主の気持ちに寄り添って解決策を提案してくれます。債務整理のほか、離婚や相続といった様々な事案を解決に導いてきた実績があります。

泉法律事務所

徳島県鳴門市撫養町林崎字北殿町91番地1
088-685-8120
営業時間:9:30〜18:00
https://izumi-lo.com/

■あわ共同法律事務所

徳島の債務整理でおすすめの弁護士・司法書士事務所22選、14番目は「あわ共同法律事務所」です。
開設30年以上の歴史ある法律事務所で、経験豊富な弁護士たちが所属しています。債務整理だけでなく、交通事故や相続など、多彩な問題を解決に導いてきた実績を有しています。弁護士以外にも、税理士や社会保険労務士といった士業のネットワークを独自に構築しており困りごとに柔軟に対応できるのが強みです。

あわ共同法律事務所

徳島県徳島市中洲町1丁目62番地2
088-652-8030
営業時間:平日9:00〜18:00 土曜9:00〜14:00 / 定休日:第2,4土曜、日曜、祝日
https://www.awakyodo.com/

■おいさき法律事務所

徳島の債務整理でおすすめの弁護士・司法書士事務所22選、15番目は「おいさき法律事務所」です。
相談者にわかりやすい説明を心がけている法律事務所で、専門用語を極力使用せず、噛み砕いて丁寧に話してくれると評判です。借金・破産にまつわる200件以上の相談実績を有しており、10年の実務から情報にも精通しているのが強み。迅速な対応力があるので、早い段階で相談することでより良い選択肢を提示してくれます。

おいさき法律事務所

徳島県徳島市中通町1丁目19 島田ビル2階201号
088-678-9003
営業時間:平日9:00〜17:00
アクセス:JR徳島駅から徒歩5分
https://oisaki-law.com/

■弁護士法人 徳島合同法律事務所

徳島の債務整理でおすすめの弁護士・司法書士事務所22選、16番目は「弁護士法人 徳島合同法律事務所」です。
市民生活に関わる事件から、社会的事件まで幅広い事案を取り扱ってきた法律事務所です。どんな事件でも社会的弱者である市民の立場から真摯に取り組んでおり、開設50年以上の豊富な実績を有しています。債務整理についても注力分野のひとつとして挙げられており、依頼人の状況に合わせた適切な解決策を提示してもらえます。

弁護士法人 徳島合同法律事務所

徳島県徳島市徳島本町二丁目7番地 浜口ビル1階
088-622-7575
営業時間:平日(月曜~金曜)9:00~正午、13:00~18:00
http://www.toku-gou.com/

■弁護士法人 藤澤法律事務所 徳島事務所

徳島の債務整理でおすすめの弁護士・司法書士事務所22選、17番目は「弁護士法人 藤澤法律事務所 徳島事務所」です。
徳島弁護士会の会員が開設している法律事務所で、誰でも相談しやすい親しみやすさと、専門家ならではの的確な知識を有しているのが特徴。高齢者問題にも力を入れており、社会的弱者に寄り添う姿勢を大切にしています。法テラス援助制度を使った無料相談会も開催しており、依頼主の条件次第では費用をかけずに相談が可能です。

弁護士法人 藤澤法律事務所 徳島事務所

徳島県徳島市中徳島町2-19
088-624-0620
営業時間:平日9:00~17:00(予約がございましたら上記以外でも対応致します)
https://www.tokushima-fujisawa.com/publics/index/21/

弁護士法人 藤澤法律事務所 池田事務所

徳島県三好市池田町マチ2201-8
0883-87-8776
営業時間:平日9:00~17:00、土曜日 09:00~12:00(予約がございましたら上記以外でも対応致します)
https://www.tokushima-fujisawa.com/publics/index/22/

■白川剛法律事務所

徳島の債務整理でおすすめの弁護士・司法書士事務所22選、18番目は「白川剛法律事務所」です。
高齢者、女性、障がいを持っている人などの、社会的弱者に優しい法律事務所を目指しているのが特徴。債務整理や交通事故といった多彩な事案を取り扱っています。親しみやすい雰囲気作りに努めており、相談しやすい環境が整っているのが嬉しいポイント。法テラスの無料相談も利用できるので、費用面で不安のある人にもおすすめです。

白川剛法律事務所

徳島県徳島市徳島本町1丁目9番地
088-679-7705
http://shirakawago-law.com/

■美馬法律事務所

徳島の債務整理でおすすめの弁護士・司法書士事務所22選、19番目は「美馬法律事務所」です。
脇町インターより車で10分ほどの場所にある事務所で、地域の身近な法律相談所を目指して活動しています。相談は個人・法人を問わずに受け付けており、債務整理のほか離婚や財産管理といった多彩な実務経験を有しているのが強み。依頼人や借金問題の内容に合わせて法律の専門家として知見をもとに助言してくれる頼れる存在です。

美馬法律事務所

徳島県美馬市脇町大字脇町337-8 田辺ビル2階
0883-53-7700
営業時間:平日(月~金)9:30~17:30※土・日・祝日はお休みです
https://www.mima-law.jp/

徳島で借金・債務整理におすすめの司法書士事務所をご紹介

■かわはら司法書士事務所

徳島の債務整理でおすすめの弁護士・司法書士事務所22選、20番目は「かわはら司法書士事務所」です。
借金問題を中心に取り扱っている司法書士事務所で、サラ金やクレジット支払いなどの情報にも精通しているのが強み。相談は無料で、状況に合わせて任意整理や自己破産といった選択肢を提案してくれます。過去には東京で事務所を設けていた実績もあり、徳島県内外における豊富な経験をもとにしたアドバイスをしているのが特徴です。

かわはら司法書士事務所

徳島県徳島市助任本町2丁目25-3 第二蔵屋ビル250号
088-679-6400
営業時間:8:00〜22:00 / 対応エリア:徳島市、阿南市、鳴門市、小松島市、吉野川市、阿波市、美馬市、板野郡ほか
http://www.kawahara41.jp/

■司法書士 土地家屋調査士法人 小笠原合同事務所

徳島の債務整理でおすすめの弁護士・司法書士事務所22選、21番目は「司法書士 土地家屋調査士法人 小笠原合同事務所」です。
司法書士・行政書士・土地家屋調査士が所属している事務所で、窓口ひとつで多彩なトータルサポートを受けられるのが強み。事務所をまたぐ必要がないので、時間やコストの短縮につながります。立地もよく、徳島駅から車で3分でアクセスできるのも魅力のひとつ。土曜日も営業しているので、平日は相談しにくいという人にもおすすめです。

司法書士 土地家屋調査士法人 小笠原合同事務所

徳島県徳島市東大工町1丁目19番地
0120-130-993
営業時間:平日9:00~18:00 土曜9:00~17:00
https://ogasawara-jsoffice.com/

■岡敬治司法書士事務所

徳島の債務整理でおすすめの弁護士・司法書士事務所22選、22番目は「岡敬治司法書士事務所」です。
1995年の開業以来、相続・遺言、借金問題に注力して活動してきた司法書士事務所です。地域密着型の誠実かつ丁寧な姿勢が評判で、身近なリーガルアドバイザーとして気軽に相談できる環境を整えています。債務整理についても解決方法ごとに明確な料金が設定されており、事前に公式サイトでチェックできるようになっています。

岡敬治司法書士事務所

徳島県徳島市南前川町4-17
088-652-3830
営業時間:9:00~18:00 / 定休日:土・日(但し予約対応可)
http://www.okakeiji-shihoshoshi.com/

消費者センターへの借金相談は増加している

PIO-NET(全国消費生活情報ネットワークシステム)に登録された相談件数の推移

年度 2020 2021 2022 2023
相談件数 20,777 20,381 21,288 2,356(前年同期 2,100)

※2023年5月31日現在(消費生活センター等からの経由相談は含まない)
参考: 「相談事例 多重債務」 :国民生活センター金融庁公式サイト

PIO-NETに登録された多重債務の相談件数の推移を見ると、2020年から2023年までの間に相談数が増加しており、2020年には20,777件から2022年には21,288件となっています。また2023年(5月31日時点)には2,356件の相談が寄せられており、前年同期の2,100件から比べると直近も増加傾向にあります。

また実際の事例を見てみるみると、消費者金融からの複数の借入れやクレジットカードのリボ払いなど、返済が困難になるケースが増えているうようです。
特に若年層がターゲットにされがちで、インターネットを通じた借金の勧誘や高額な手数料が問題となっています。

債務整理とは?

債務整理は主に3つの方法があります。どの手段がもっとも適しているかは依頼者の資産状況、収入と借金の金額などにより異なります。借金返済で貯金ができない、利息しか返せないなどと一人で思い悩むよりは、弁護士や司法書士に相談して債務整理を行いましょう。

任意整理

任意整理とは、裁判所を介さず、債権者と直接交渉し、和解することで、借金返済の負担を軽くする方法です。裁判所を通さず手続きができ、必要な書類等も少なく済むことから、債務整理の中では最も頻繁に利用されている方法です。

任意整理とは、裁判所を介さず、債権者と直接交渉し、和解することで、借金返済の負担を軽くする方法です。裁判所を通さず手続きができ、必要な書類等も少なく済むことから、債務整理の中では最も頻繁に利用されている方法です。

個人再生

個人再生とは、借金をおおむね1/5程度まで減額し、減額した借金を3年から5年で分割返済する手続きです。裁判所に再生計画案を提出し、認可を受けることが必要で、手続きの利用には継続的な収入を得る見込みがある、借金の総額が5,000万円以下であるなどの条件があります。

個人再生とは、借金をおおむね1/5程度まで減額し、減額した借金を3年から5年で分割返済する手続きです。裁判所に再生計画案を提出し、認可を受けることが必要で、手続きの利用には継続的な収入を得る見込みがある、借金の総額が5,000万円以下であるなどの条件があります。

自己破産

自己破産とは、財産を清算して債権者に配当し、残りの借金をゼロにする方法です。弁護士に依頼し、裁判所に申し立てを行う手続きをします。ギャンブルや浪費による借金は免責不可事由となるなど条件があります。

自己破産とは、財産を清算して債権者に配当し、残りの借金をゼロにする方法です。弁護士に依頼し、裁判所に申し立てを行う手続きをします。ギャンブルや浪費による借金は免責不可事由となるなど条件があります。

債務整理を依頼する前に把握しておくべき4つの内容

ここでは、債務整理を依頼する前に把握しておくべき4つの内容について解説します。

自己破産の申し立てができるところを確認しておく

自己破産の申立手続きは、住所を管轄する地方裁判所で行います。各地方裁判所にはそれぞれ管轄区域があり、例えば以下のような地域が割り振られています。

  • 東京地方裁判所:東京都の一部
  • 横浜地方裁判所:神奈川県の一部

申立手続きをする際、住所が管轄区域内にあるかをよく確認してください。管轄区域外の裁判所に申し立てた場合、手続きが受理されない可能性があります。事前にインターネットで住所地を管轄する地方裁判所を調べるか、弁護士や司法書士に確認することが大切です。

即日面接制度が利用できる弁護士を利用する

債務整理手続きを検討する際は、即日面接制度が利用できる弁護士事務所を選ぶことが重要です。即日面接制度とは、事前の予約なしに弁護士と直接面接できる制度のことです。即日で弁護士と面談できるため、早期に手続きを開始できます。

ただし、弁護士の待ち時間が長くなる可能性や、面接時間に制限があるなどの欠点も考慮する必要があります。自身の状況に応じて、即日面接制度の利用を検討してください。

個人再生は手続きは手続きに時間がかかる

個人再生は債務整理の方法の一つで、裁判所の監督の下で借金の一部を免除してもらえる制度です。しかし、手続きに半年から1年程度の時間を要します。

手続きの大まかな流れは以下の通りです。

  1. 弁護士に依頼する
  2. 裁判所に再生手続き開始の申立てをする
  3. 裁判所による審査
  4. 債権者への調査
  5. 再生計画案の作成
  6. 再生計画の認可決定

このように、裁判所の審査や債権者への調査など、いくつかの段階を経る必要があるため、時間がかかります。したがって、できるだけ早期に弁護士に相談し、手続きを進めていくことが重要です。借金の返済が滞っている方は、一刻も早く対応を検討してください。

入念に弁護士や司法書士事務所を調査しておく

債務整理における弁護士や司法書士の選定は重要です。できるだけ多くの事務所の情報を収集し、比較検討することをおすすめします。例えば次のような点に注目してください。

  • 債務整理の実績(件数や成功率など)
  • 報酬の水準(費用の高低)
  • 対応の丁寧さ(事前面談の有無など)
  • 所在地(自宅や会社から通いやすい場所か)
  • 時間外対応の可否

実際に複数の事務所で面談し、手続きの流れや費用を確認することも大切です。債務整理手続きは長期にわたるため、信頼できる事務所を選ぶことが何より大切です。十分に検討を重ね、自分に合った事務所を見つけましょう。

▼さらに詳細を知りたい方はこちら

詳しく

債務整理とは?4種類の債務整理の違い!各方法のメリットやデメリットを比較、わかりやすく解説

債務整理(さいむせいり)の種類やメリット、デメリットを徹底解決!債務整理に強い、おすすめ法務事務所情報が満載!借金問題の解決手段である債務整理の種類は、任意整理・特定調停・個人再生・自己破産の4種類があり、法的に借金の減額や免除、毎月の返済負担の軽減や返済期間に猶予を持たせてもらえます。 当記事では、債務整理の方法やメリット・デメリット、手続きの流れや完了までの期間・費用相場について、弁護士事務所の紹介と共にわかりやすく解説します。

債務整理3種のメリット、デメリット比較表

任意整理 個人再生 自己破産
こういった方に
おすすめ
絶対に周り(会社/家族)に知られたくない
手続きなどに手間をかけたくない
返済する債務を選びたい
返済の意思あり
ある程度の安定した収入がある
債務の総額を圧縮したい
自宅を処分されたくない
ギャンブルや浪費による借金である
返済の意思あり
ある程度の安定した収入がある
破産すると職業に支障がある
返済能力が全くない(支払不能の状態)
資産がない(不動産など)
ギャンブルや浪費による借金でない
借金を消したい
減額範囲 金利のカット
過払い金があれば充当/返還
負債額を最大1/5程度まで減額 全額免除
返済期間 3~5年 3~5年 -
手続き期間 約1~4ヶ月 約6ヶ月~1年 約3ヶ月~1年
手続きの煩雑さ 小:弁護士・司法書士にほぼお任せできる 中:一部自身で書類を準備 大:一部自身で書類を準備
裁判所の介在
対象の債務 選べる 選べない 選べない
債権者取り立て 受任通知でストップ 受任通知でストップ 受任通知でストップ
弁護士費用 1社あたり3万円〜5万円+減額報酬10% 30~60万円程度 30万〜60万程度
司法書士費用 1社あたり2万円〜5万円+減額報酬10% 20~30万円程度
※書類作成など限定業務のみ(代理不可)
20万~30万円程度
※書類作成など限定業務のみ(代理不可)
裁判所に払う
費用
なし 20万円程度 通常管財事件:50万円〜
少額管財事件:20万円〜
同時廃止事件:2万円〜
※少額管財事件は弁護士のみ
財産の強制処分 なし なし
※ローン返済中の自動車(所有権留保担保付)などは別
される
現金、金融商品
(現金99万円までは自由財産)
換価20万円を超える資産、財産等
保証人への影響 ・任意整理対象にした債務のみ、保証人に請求がいく
・保証人含めた任意整理をするパターン有
保証人に請求がいく 保証人に請求がいく
周りに知られる
可能性
ほぼ無し
(家族にも内緒にできる可能性が高い)
ほぼ無し
官報には掲載
手続きの過程で家庭内で知られる可能性有
ほぼ無し
官報には掲載
手続きの過程で家庭内で知られる可能性有
債務原因による
制限
制限なし 制限なし ギャンブルや浪費は原則NG(免責不可事由)
職業の資格制限 なし なし あり
ブラックリスト
入り
あり:5年
クレジットカードやローンなど審査が難しくなる
あり:5~10年
クレジットカードやローンなど審査が難しくなる
あり:5~10年
クレジットカードやローンなど審査が難しくなる
注意点 元本返済は変わらない為、返済能力があること前提 最低弁済額、清算価値などによって減額金額が変わる
借金総額5000万円以下が条件
免責不可事由あり
資産/財産が換価処分される

※費用相場はあくまでも相場となり、事務所や案件・裁判所などにより変わります。

個人再生・自己破産は減額幅は大きいが、注意点もある

一見、減額メリットの大きい個人再生や自己破産ですが、任意整理との大きな違いは裁判所を通す点です。裁判所を介す公的な手段の為、 任意整理と比較して手続きが煩雑であり、裁判所に払う費用も発生します。
また、弁護士に代理依頼したとしても一部の書類などは自身で用意しなくてはなりません。
任意整理は私的な交渉であるため、手続きにかかる期間も比較的短く、書類作成や交渉などはほぼ弁護士にお任せして依頼することができます。
債務金額や支払い能力、現在の資産、債務者の重視するポイント(自宅を残したい等)によって適切な選択が変わる為、まずは弁護士に相談するのが良いでしょう。

債務整理を弁護士に依頼するメリット6つ

その1 相談者の借入状況に応じた適切な解決策を提示してくれる

債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産などさまざまな手続きがあります。それぞれの手続きにはメリット、デメリットがあり、借金額や借金の状況などにより最善の策が異なります。債務整理の経験が豊富な弁護士に現在の状況や要望を伝えることで、自分にあった適切な解決策を提案してくれることは大きな魅力です。

その2 消費者金融などの債権者からの督促がストップする

弁護士が債務整理を開始すると、消費者金融などの債権者へ「受任通知」が送られます。受任通知は、債務者が債務整理の手続きを弁護士に依頼したことを債権者へ知らせる文書です。この受任通知を受け取ると債権者は電話や手紙、訪問などによる督促や取り立てができなくなります。また、手続きが終了するまでは月々の返済もストップするので、借金の不安やストレスから解放され、生活を再建のための貯蓄などもできるようになります。

その3 手間のかかる手続きや交渉を任せられる

利息の引き直し計算書や、再生計画案、裁判所への申立書や陳述書など、債務整理の際は、行う手続きによってさまざまな書類の作成が必要となります。また、貸金業者との交渉や、裁判所とのやりとりなども必要です。書類作成や交渉などは自分で行うことも可能ですが、専門的な知識や経験がないと、思うような結果を得られなかったり、手続きに余計な時間や費用がかかったりするのでおすすめはできません。債務整理に慣れた弁護士に依頼すれば、これらの面倒な書類作成の一部や交渉を一任でき、スムーズに手続きが進められます。

その4 家族や会社に内緒で手続きができることも

債務整理の中でも、財産の処分や家族の協力を必要とする自己破産や個人再生の場合、家族にばれずに債務整理を行うことは難しいとされています。しかし、任意整理であれば、弁護士に依頼することで周囲にばれずに手続きを行うことも可能です。弁護士に依頼すると、貸金業者から連絡が入る、任意整理に関する郵便物が自宅に届くなど、家族にばれるリスクを回避できます。事務所名を伏せて書類を郵送する、電話をする際に事務所名を名乗らないなどの対応をしてくれる弁護士事務所もあるので、まずは相談してみることがおすすめです。

その5 司法書士と異なり、交渉権、訴訟代理権の制限がない

債務整理手続きは、弁護士以外に司法書士に依頼することも可能です。しかし、司法書士には債務整理で取り扱うことのできる金額や交渉権、訴訟代理権に下記のような制限があるので注意が必要です。

・個別の債権額が140万円を超える場合、過払い金請求の返還額が140万円以上の場合は担当できない
・訴訟代理権を行使できるのは簡易裁判所のみ(貸金業者からの控訴により管轄が地方裁判所等に移った場合は担当できない)
・個人再生や自己破産の申立人になれない

弁護士には上記のような制限がありません。そのため、個別の借金額が140万円を超える場合、過払い金の返還額140万円を超えることが見込まれる場合、個人再生や自己破産を検討している場合は、弁護士への相談がおすすめです。

その6 自己破産の場合は裁判所に払う費用が少なくできる

財産の処分などを行う管財事件では裁判所に支払う予納金が発生しますが、予納金の少ない少額(簡易)管財事件を行う場合、弁護士の代理が必要になります。

種類 予納金などの諸費用 ケース
管財事件 50万円〜 破産者に一定(20万円程度以上)の財産がある
少額管財事件 20万円〜 破産者に一定(20万円程度以上)の財産があり、少額管財事件の要件を満たす
※弁護士が申立代理人前提

一般利用できる法テラスも検討

経済的にかなり余裕がない場合は、法テラスの利用も検討してみましょう。
電話などで、法制度紹介や相談窓口紹介などの情報提供を無料で行ってくれます。
また、一定の条件はありますが、「民事法律扶助制度」を利用した専門家への無料相談をすることができます。(30分、3回まで)
同様に条件付きですが、弁護士・司法書士の費用を立替えしてくれる制度もあります。分割することができるので、月の負担を少なくして費用を返済することができます。

債務整理を依頼するデメリット

債務整理を依頼するのは、メリットだけではありません。ここでは、債務整理を依頼するデメリットを2つ紹介します。

  • 費用がかかる
  • 信用情報に事故情報が登録される

これらのデメリットを事前に把握しておくことで、安心して債務整理を依頼できるでしょう。それぞれの内容について詳しく解説します。

費用がかかる

債務整理を進めるには、弁護士や司法書士に支払う費用が発生します。具体的には、債務整理の種類により異なる手数料や成功報酬が必要で、場合によっては裁判所に予納金も支払う必要があります。これらの費用は個々の事案や依頼する法律事務所によって変動するため、事前にしっかりと相談しておくことが大切です。

信用情報に事故情報が登録される

債務整理を行うと、その事実が信用情報機関に登録されます。これは一般に「ブラックリスト」と呼ばれます。正確には信用情報に「事故情報」として記録されるのです。この情報は、任意整理の場合であれば通常5年間、自己破産や個人再生の場合には10年間記録されることが一般的です。

この期間中は、新たなクレジットカードの取得やローンの申し込みが困難になることがあります。しかし、記録が消去されれば金融商品の利用が再び可能になるため、永久的な影響ではありません。

債務整理の基礎知識とFAQ(よくある質問)

  • クレジットカードは解約される?組めなくなる?

    債務整理をすると、保有しているクレジットカードを利用できなくなったり、解約されたりする可能性が高いです。また、債務整理後は、クレジットカードに新規申し込みをしても審査通過が難しくなるでしょう。任意整理をした場合、一定期間はクレジットカードを残せる可能性があります。しかし、任意整理を行った事実は信用情報機関に事故情報として登録され、加盟業者間で共有されるのです。そして、カード会社が途上与信を行ったり、カード更新時の審査を行ったりした結果、契約が解除されたり、利用限度額が大幅に減額されたりします。

  • 口座の開設ができなくなる?

    債務整理後も債務整理手続き中も、新たに金融機関の口座を開設できます。これは、大手メガバンクやネット銀行関係なく、すべての金融機関において同じです。

  • ローンは組めなくなる?借金をすることができなくなる?

    債務整理をすると、一定期間はクレジットカードやローンなどといった信用取引の審査に通過できなくなります。信用情報機関に債務整理を行った事実が事故情報として登録されているからです。
    なお、事故情報は債務整理の方法によって、信用情報機関への登録機関が異なります。

    ・任意整理:5年程度
    ・個人再生:5~10年程度
    ・自己破産:5~10年程度

    信用情報機関から事故情報が削除された後であれば、ローンや借金ができる可能性があります。

  • 賃貸物件から追い出される?賃貸できなくなる?

    債務整理の手続き前に賃貸契約し、現在も居住中のアパートやマンションを追い出されることはありません。賃貸契約する方が債務整理をしたのを理由に、不動産会社や大家が退去を求める法律はないからです。
    しかし、賃貸物件を新規契約する際に、信販系の賃貸保証会社が付いている場合は注意しましょう。債務整理をすると信用情報機関に事故情報が登録され、加盟する賃貸保証会社に確認されるからです。
    そして「家賃の支払い能力はない」と判断され、家賃保証の審査に通らない可能性を高めてしまいます。

  • 車や預金などの財産は処分される?

    車のローン返済中に債務整理を行うと、返済中の車は没収対象となるケースがほとんどです。なぜなら「所有権留保」によって、ローン会社が車を処分できるように車の所有権をローン会社に留めているからです。
    債務整理をする前に車のローンを完済していたり、ローンそのものがなかったりすれば、車は債務者のものです。ローン会社に車を処分されることはありません。しかし、自己破産をした場合、車や住宅の時価が20万円以上の場合は処分対象です。
    預金は金融機関から銀行カードローンや住宅ローン、自動車ローン、目的ローン、フリーローン、多目的ローンなどを利用していなければ、口座凍結とならずに済みます。また、債務整理対象外の金融機関なら、口座凍結の心配は一切不要です。

  • 家族や会社、周囲の人にバレる?内緒にすることはできる?

    債務整理の手続きはいくつか種類があり、そのなかでも任意整理や特定調停ならば周囲にバレるリスクは低いでしょう。任意整理は裁判所を介さずに債権者と交渉、特定調停は裁判所の仲介によって債権者と交渉するからです。
    その一方で、個人再生や自己破産は家族に気付かれるリスクが高く、内緒にするのが難しいです。債務者の配偶者や家族に給与所得者がいる場合、収入を証明できる書類提出を必ず求められます。

  • 会社を解雇される?

    会社は債務整理をしたことを理由に従業員を解雇できません。債務整理が解雇の理由に該当しないからです。
    解雇されるのではないかと心配する方もいると思いますが、債務整理後も引き続き勤務できます。また、自分から退職を申し出る必要もありません。

  • 年金などがもらえなくなる?

    国民年金や厚生年金、共済年金といった公的年金には、法律で制度が決まっています。債務整理をしたからといって、年金がもらえなくなったり減額されたりする規定はありません。
    注意点として、年金が金融機関に振り込まれて他の貯金と混ざってしまうと、年金と貯金の区別がつかない状態です。そうなった場合、通常の貯金と同様に差し押さえを受ける可能性があります。

  • 戸籍や住民票に記録が残る?

    債務整理をして信用情報機関に登録されても、戸籍や住民票に記録が残りません。債務整理後に戸籍謄本や住民票の提出機会があっても、債務整理をした事実は記載されることはありません。

  • 選挙権がなくなる?

    債務整理後も債務整理の手続き中も、選挙権が剥奪されることはありません。選挙権や被選挙権は、日本国憲法で認められた国民の大切な権利だからです。
    衆議院や参議院といった国政選挙はもちろん、都道府県知事や市区町村長、都道府県議員や市区町村議員選挙などでも同じです。

  • 税金が減額される?

    債務整理をしても、税金の減額はできません。どんなに借金問題を抱えていたとしても、在勤の支払い義務は免除されることはありません。

全国の債務整理おすすめ弁護士・司法書士

北海道・東北

関東

北陸・中部

東海

近畿

中国

四国

九州・沖縄

国の債務に関する注意喚起

徳島 債務整理に関連する記事

債務整理に関連する記事

コスメ・スキンケア、健康食品・サプリメント、ヘアケア、ダイエット、脱毛など、あらゆる切り口から自分らしい便利な暮らしをサポートします。「めったに起こらない」が起きた時、解決のヒントがここにある。

運営会社