トラブルブック

鳩駆除 習性・生態の記事一覧

「鳩駆除 習性・生態」に関するまとめ記事一覧です。「鳩駆除 習性・生態」に関するおすすめ情報をお届けします。

ハトによる被害は健康に悪影響を与えるおそれも!被害が増える時期や駆除方法を解説

平和の象徴と呼ばれ愛らしい姿を見せてくれるハトですが、ベランダや屋根に来ると鳴き声や糞により生活に悪影響を与える存在となります。 ハトは場所への執着心が強く、放っておくと長く滞在するようになり、被害の深刻さが増していくため、住み着く前に対処することが大切です。 被害が増える時期や駆除方法、糞の掃除の仕方について解説するので参考にしてみてください。

ベランダで鳩の赤ちゃんが生まれたらどうすればいい?|鳩の子供の成長速度や育児方法・生まれた時の対処法を解説

見かける機会の多い鳩ですが、意外と鳩について知らないことの方が多いのではないでしょうか。たとえば鳩の赤ちゃんについて。鳩の赤ちゃんを街中で見かけること、ほとんどありませんよね。その理由は、鳩の子供の成長過程や育児方法について知ることで見えてきます。そこで今回の記事は、意外と知らない鳩の赤ちゃんについてです。また、もしも家の敷地内で鳩の赤ちゃんを見かけたらどのように対処すればよいのかについても紹介していきます。ベランダで鳩の赤ちゃんが生まれてしまった!なんて状況になっても、慌てずに対処していきましょう。

鳩は何を食べている?餌や好きな物を知って鳩対策に活かそう!

街中や公園でよく見かける鳩ですが、鳩が好んで食べるものとはどんなものがあるのでしょうか。公園などで餌を与えている人をよく見かけますが、実際には思いもよらない食べ物まで好んで食べることもあるのです。ゴミが荒らされたり、ベランダを汚されたりといった深刻な鳩被害にお悩みの方は、鳩が好む食べ物を知ることで、今後の鳩対策に活かせるかもしれません。そこで今回の記事では、鳩が好んで食べるものについて解説します。さらに食べるもの以外にも、鳩が好むものをご紹介しますので、それらを知って効率的に鳩対策を進めていきましょう。

鳩はペットにできる?病気や法律面での注意点など基本知識まとめ

結論からいえば、ペットとして鳩を飼育することは可能です。幼鳥から育てていけば人になつくともいわれていますが、鳩をペットとして飼育する際は、いくつかの注意点を守る必要あります。場合によっては、法に抵触したり重篤な健康被害を受けたりする恐れがあるため、ペットとして迎え入れる前に、鳩に関する知識を身に付けておくとよいです。 この記事では、病気や法律面での注意点と、鳩を飼育するために必要な基礎知識を紹介します。鳩の飼育方法を知りたい人だけでなく、街中で見かける鳩に対する注意点を把握したい場合にも参考にしてください。

【キジバト】庭に来る鳩対策は?巣があったらどうする?駆除の基本知識まとめ

公園や街中で多く見かける身近な存在の鳩。「キジバト」はそんな鳩の種類の一つです。鳩はカラスのように人間に危害を与える鳥ではないですが、街中での鳩被害は多く耳にします。たとえば、ゴミ捨て場が荒らされたり、ベランダが糞で汚されたり、庭に巣が作られたりといったことです。そこで今回は、庭に来る鳩対策についてご紹介します。鳩の中でもキジバトについての基本的な生態や、巣が作られてしまった場合の正しい対処法などを詳しく解説しますので、キジバトが庭に来ることに頭を抱えている人はぜひこの記事を参考にしてくださいね!

鳩の天敵は?被害対策に有効活用できる?鳩の生態を知って対策しよう

「鳩にエサを与えないで」と貼り紙がされ、エサをもらえる機会が減っても駅や公園に棲みついている鳩。人と近い距離で悠々と暮らしているように見えますが、鳩に天敵はいないのでしょうか。気になったので、今回は鳩の天敵について調べてみました。天敵を活用した鳩被害対策はできるのか、鳩が増え続ける理由も紹介します。

鳥のフンがよく落とされる車の色がある?その理由と予防策をご紹介

「洗車後の車に鳥のフンを落とされた」という経験がある方もいらっしゃるでしょう。ドライバーにとって鳥のフンは悩みの種の1つです。イギリスのハルフォード社の調査によると、鳥のフンが良く落とされる車の色があることが分かっています。色以外にも、マーキングなどの理由から鳥は車にフンを落とします。サイドミラーを隠す、車カバーをかけるなどの工夫で、鳥のフン被害を予防してください。鳥のフンは強力な酸性です。放っておくと、車のボディを腐食してしまいます。日ごろの予防と落とされた時の迅速な対応で、愛車を守りましょう。

鳩が嫌いなもの4選|鳩が嫌いな匂いや音・モノで効果的な鳩対策を

鳩による被害は早めの対策が重要です。「最近鳩をよく見かける気がする」と感じたら、早速鳩対策を始めましょう。鳩が嫌いなものを活用することで、確実に鳩を追い払うことができます。本記事では鳩が嫌いなものを匂い、天敵、着地のしにくい手すり、強い光の4つに絞って紹介していきます。具体的には、植物を植えたり、天敵のおもちゃを設置したりといった鳩対策の方法が効果的です。ただ、これらの方法は鳩が住み着く前に始めなければ意味がありません。ぜひ本記事と一緒に鳩が嫌いなものを学んで、早めの鳩対策を始めてみてください。

【鳩被害】ドバトってどんなハト?鳴き声や習性・生態など詳しく解説

「ドバト」とは、日本の各地で見られる鳩の一種です。駅や公園、神社の境内などで群れをなしている鳩で、一度は目にしたことのある身近な生き物。首を前後に振りながら歩く様子はかわいらしく見えますが、自宅近くに住み着いてしまうとさまざまな被害を受けるリスクがあります。今回は、ドバトの鳴き声や習性、生態などについてくわしく解説します。

【鳩対策】鳩の寿命はどのくらい?|ハト被害にあう前に知っておきたい種類毎の習性や生態まとめ

鳩は平和の象徴とされている鳥ですが、街中の鳩による被害は後を絶ちません。ゴミ置き場やベランダが荒らされるなどのケースです。被害が酷くなる前に、何かしらの対策はしたいところですよね。対策を打つ前に知っておきたいのが鳩の寿命や生態。公園や街中でよく見かける身近な鳥といったイメージですが、寿命や生態といったことまではなかなか知らない人が多いのではないでしょうか。鳩は意外にも寿命がとても長く、そのことからも今後も鳩の被害は続くと考えられます。そこで、今回の記事では鳩被害の対策を考えるために、鳩の寿命や生態といった情報をわかりやすくまとめました!鳩被害にお悩みの方は、ぜひ参考にしてくださいね。

【鳩被害】山鳩ってどんなハト?鳴き声や習性・生態など詳しく解説

「山鳩」と聞いて、鳩の姿を具体的にイメージできる人は少ないでしょう。なぜなら山鳩は とても警戒心が強く、公園にいるドバトのように人に近づくことはありません。そこで今回は、気になる山鳩の鳴き声や習性、山鳩とドバトの違いについても詳しく紹介します。

【鳩駆除】日本に生息する主な鳩は7種類!それぞれの特徴をご紹介

野鳥であり街中でも気軽に見ることができる鳩ですが、この鳩についてどれだけのことを知っているでしょうか。日本国内でみられる鳩には7種類ほど存在しますが、一般的に街中でも見られる鳩はそのうちの2種類、「ドバト(カワラバト)」と「キジバト(ヤマバト)」がいます。ドバトとキジバトの2種類をとっても生態や習性には大きな違いがありますが、どちらも人家に住み着くと害をなす点では変わりません。それぞれの種類に応じた習性や生態を理解することで、より適切な鳩被害対策を見出しましょう。今回は、キジバトとドバトの見分け方や習性の違いを解説します。

【鳩駆除】キジバトってどんな鳩?鳴き声や習性についてのまとめ

鳩と聞くと、駅や公園などに群れでいる灰色や青みがかった鳩を思い浮かべる方も多いでしょう。一般にイメージされる鳩は「ドバト」という種類です。今回取り上げる「キジバト」は「ドバト」とは違う種類の鳩。決して珍しい種類ではなく、住宅街や都市部でもよく見かけるポピュラーな鳩です。キジバトは見た目もさることながら、独特の鳴き声や習性をもつことでも知られています。その習性から「おしどり夫婦」や「夫婦円満」の象徴とされることもあり、ドバトとは違う一面をもつ鳩です。今回は、キジバトの特徴や鳴き声、習性などについてまとめました。

【鳩駆除】鳥のフンをよく落とされる車の特徴は?色・形など落とされやすい理由はあるのか徹底調査

自家用車を持っている方で「車に鳥のフンをよく落とされる」という声をよく聞きます。周りにも別の車があるのに、なぜか自分の車だけが集中的に鳥のフンを落とされていて、疑問に思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。街中で見かける野鳥が、車などの人工物に対してフンを落とすのには、いくつかの理由があります。そうした理由を知れば、今後の被害を少しでも食い止められるかもしれません。また、車の色によってフンを落とされる確率の違いを検証した興味深いデータもあります。今回は、鳥のフンをよく落とされる車の特徴やその理由を徹底調査しました。

キジバトとドバトの違いって何?対処法に違いはある?鳴き声や習性など見分け方を解説

野鳥であり街中でも気軽に見ることができる鳩ですが、この鳩についてどれだけのことを知っているでしょうか。日本国内でみられる鳩には7種類ほど存在しますが、一般的に街中でも見られる鳩はそのうちの2種類、「ドバト(カワラバト)」と「キジバト(ヤマバト)」がいます。ドバトとキジバトの2種類をとっても生態や習性には大きな違いがありますが、どちらも人家に住み着くと害をなす点では変わりません。それぞれの種類に応じた習性や生態を理解することで、より適切な鳩被害対策を見出しましょう。今回は、キジバトとドバトの見分け方や習性の違いを解説します。

鳥が嫌がる音で鳩被害対策を!音の種類やおすすめグッズを紹介

鳩は、街中でも気軽に見ることができる野鳥であり、平和の象徴でもあります。しかし、人家のベランダや庭などにねぐらを作り、人間の生活空間に鳩が住み着いてしまうと、フンによる衛生被害や悪臭に加え、羽音や足音などの騒音被害など、色々な被害をこうむることになります。そのため、鳩は「害鳥」としても有名です。そうした鳩による被害を防ぐ対策として、鳥の嫌がる音を出して鳩を近寄らせないという方法は比較的よくとられますが、本当に効果はあるのでしょうか。今回は、鳥がどんな音を嫌がるのか、鳩被害に対し音を使う効果はあるのかにフォーカスを当て、音の種類やおすすめのグッズを紹介します。

【鳩駆除】色んな種類や色がある鳥のフン|見分け方やフン被害対策方法を徹底解説

街でもよく見かける、愛くるしいフォルムで人々の癒しともなっている鳩。遠くから見ている分には何も害がありませんが、もし自宅など生活空間に鳩がねぐらを作って住み着いてしまったら、様々な被害に悩まされ続けることになります。その代表例が鳩のフンによる衛生被害です。鳩以外にも、ムクドリやスズメやカラスといったように街中では様々な野鳥をみることができますが、鳩も鳩以外の野鳥も生き物ですからフンをします。野鳥のフンにはそれぞれ特徴があり、色々な種類や色があります。今回は、鳩をはじめとする街で見かける野鳥のフンにフォーカスを当て、それぞれの野鳥のフンの見分け方やフン被害への対策方法を徹底解説します。

平和の象徴でかわいい姿の鳩…でも迂闊に近寄らないで!フン被害や病気など危険性を紹介

平和の象徴として知られ、市民の憩いの存在として愛されている鳩は、人に仇なす「害鳥」としても知られていることをご存知でしょうか。市中にいる鳩は飼育下の鳥ではなく、あくまでも野生の鳥です。野生である以上、衛生的にしっかりとしたものを食べている保証はありませんし、屋外ダニなど人も吸血する害虫が羽毛に潜んでいる可能性も高いため、うかつに触ってはいけません。また、ひとたび人間の生活空間に住み着くと、フンによる衛生被害や騒音などの被害を受けるリスクもあります。これが、鳩が害鳥とされている理由です。今回は、鳩のかわいいポイントも紹介しつつ、鳩の持つ裏の顔、すなわちフン被害や病気の危険性など「害鳥」としての側面をつまびらかに明かしていきます。

鳩の繁殖から考える害鳥対策|交尾・産卵時期など詳しく解説

家の近くに鳩が巣を作ってしまい、卵やヒナまでいて困っている方も多いのではないでしょうか。鳩や巣を勝手に駆除することは鳥獣保護法で禁止されており、個人では対処しにくいのが実情です。自宅が鳩にとって子育てしやすい場所だと認識されてしまうと、自宅を拠点にして何度も産卵・子育てを繰り返すことも。糞や鳴き声の被害が拡大し、生活に支障が出ることにもなりかねません。今回は、鳩の繁殖から害鳥対策を考えます。鳩の生態や産卵・子育ての実態、鳩が住み着かないようにできる対策もまとめました。最近近所で鳩を見かけたという方は、今後の参考にしてみてください。

うるさい鳩の鳴き声にうんざり!種類別の鳴き声とその対策法を解説

公園や駅でも見かける鳥といえば「鳩」ですが、とくに自然の少ない都市部で暮らす鳩は住宅のベランダや軒下にも巣を作ります。毎日のように至近距離から聞こえる鳩の鳴き声に「うるさくて眠れない」「対策はないの?」と悩んでいる人も多いはず。そこで今回は鳩の種類別の特徴と鳴き声、効果的な対策について紹介していきます!