0円ソーラーとは?太陽光発電の初期費用0円の仕組みや事業者の選び方を解説

ソーラーパネルの設置を検討する際、懸念点となるのは、設備設置の相場が100万円前後だといわれている高額な初期費用ではないでしょうか。
その懸念点を払拭してくれるのが、太陽光初期費用0円の「0円ソーラー」というサービスです。
魅力が多そうな0円ソーラーですが、詳しい内容をきちんと理解していない人は多いです。そこで本記事では、0円ソーラーの仕組みやメリットとデメリット、3つのモデルについて解説します。「0円ソーラーって実際どうなんだろう」「初期費用無料ってうれしいけど仕組みがよくわからない」「自費設置とどっちがお得?」などとお悩みの方は、ぜひ本記事を参考にしていただき、0円ソーラーの仕組みを理解するのにお役立てください。

本ページではプロモーションが含まれます
当サイトでは商品やサービス(以下、商品等)の掲載にあたり、 ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

初期費用0円の「0円ソーラー」ってなに?

0円ソーラーとは、ソーラー事業者が住宅などの建物に無料で太陽光発電設備、つまりソーラーパネルを設置してくれるサービスのことです。これは、ソーラー事業者がソーラーパネル設置の初期費用を一時負担してくれる代わりに、住宅所有者は電気料金かリース料金を支払うことで「0円ソーラー」のサービスを利用できます。

0円ソーラーの仕組み

「0円ソーラー」という名前から、完全無料でソーラーパネルの設置ができると勘違いする人がいます。しかし、0円ソーラーは完全無料なわけではなく、ソーラー事業者と各家庭がWin-Winの関係となるサービスです。
契約後に「思っていたイメージと違った」などと後悔しないようしっかりとサービスの仕組みを理解しましょう。
太陽光発電の設置を設置しようとすると高額なコストがかかります。では、なぜソーラー事業者がこの高額な初期費用を負担してくれるのか。仕組みを解説します。
0円ソーラーでは、ソーラー事業者が発電した電力を住宅所有者や電力会社に販売することで初期費用を回収し、収益を得ます。つまり、住宅所有者は一定期間、電気料金かリース料金という形でソーラー事業者に費用を支払う必要があります。
そのため、契約の際は、契約条件や電力の価格などを確認し、今後見込まれる電気代の削減と比較検討することが重要です。

「0円ソーラー」のメリット

0円ソーラーを契約するメリットは大きく5つあります。
初期費用が0円で設備設置できる
一定期間が経つと、太陽光発電システムが無償譲渡される
災害などの停電時でも電気を確保できる
家の資産価値向上につながる
「環境にやさしい」などです。
これらについて1つずつ解説していきます。

初期費用が0円で設備設置できる

一番のメリットといってもいい0円ソーラーの魅力は、太陽光発電システムを初期費用が0円で設置できることです。設備設置の相場が100万円前後なので、初期費用を一時的とはいえ、負担してもらえるのは大きなメリットだといえます。そもそも太陽光発電を始めたいと思っている、興味があるという人は、0円ソーラーを検討する価値があるといえます。

一定期間が経つと、太陽光発電システムが無償譲渡される

ここまで、ソーラー事業者が初期費用を負担してくれるのは、一時的だと説明してきました。しかし、一定期間が経つと太陽光発電システムを無償譲渡される内容の契約が一般的です。0円ソーラーは、発電した電力を住宅所有者や電力会社に販売することで事業者は初期費用を回収します。そのため初期費用を回収し終える頃、約10年後に設備をそのまま所有できることになります。
譲渡された後は、発電した電気を生活に使用することも、売電することもできるようになります。

災害などの停電時でも電気を確保できる

日本は地震が多いので、災害時の停電を心配する人は多いです。そんなときでも電気を利用できます。昼間に発電できるのはもちろん、蓄電池も設備に含まれていれば、停電時の夜間でも電気が使えます。災害時に備えて、0円ソーラーを検討するのもおすすめです。

家の資産価値向上につながる

「太陽光発電システムが無償譲渡される」ことに繫がりますが、太陽光発電システムを住宅に付けることで、家の資産価値が上がる傾向にあります。
ちなみに新築で家を建てる際、資産価値向上を目的にソーラーパネルを付ける人が増えています。どちらにしても設備を付ける予定がある人は0円ソーラーのサービスを利用しない手はないといえます。

環境にやさしい

太陽光発電は再生可能エネルギーであり、従来の発電方法と異なり、二酸化炭素などを排出しません。結果的に二酸化炭素の排出を削減し、地球環境への悪影響を最小限に抑えられる発電方法として近年一層、注目を浴びています。

「0円ソーラー」のデメリット

0円ソーラーは完全無料なわけではなく、ソーラー事業者が初期費用を一時負担する代わりに、住宅所有者は一定期間、電気料金かリース料金という形でソーラー事業者に費用を支払う必要があります。
また、0円ソーラーを設置する際にはさまざまな利用条件があります。その条件が守られない場合、違約金が発生することもあります。
契約後に「思っていたイメージと違った」などと後悔しないよう、0円ソーラーのデメリットについても解説していきます。

利用条件が厳しい

0円ソーラーは、利用条件が厳しいといわれています。
利用条件には、利用者の年齢、設置住宅の築年数、建物の状況、屋根の形状、屋根の日照状態などが含まれます。そのため、誰でも利用できるサービスではないともいわれています。
なぜこれほど利用条件が厳しいかというと、太陽光発電は気候や日照条件などによって発電量が左右されます。そのため、設備設置の初期費用を回収できるよう、事業者が細かい利用条件を設けています。

売電収入が得られない

自費で太陽光発電システムを設置した場合、発電した電気を売電することもできます。しかし、0円ソーラーを利用すると、基本的には売電収入が得られません。設備設置の目的に「売電」を考えている場合、0円ソーラーは向いていないといえます。
しかし、一定期間が経つと、太陽光発電システムが無償譲渡される契約が一般的です。初期費用を負担してもらえるメリットや、譲渡後の家の資産価値が上がる可能性などのメリットと比較検討してみましょう。

メンテナンス費用などが自己負担になる可能性がある

ソーラーパネルは定期的なメンテナンスが必要です。パネルの汚れや損傷など、メンテナンスにはコストがかかります。一般的には、譲渡後の修理費が自己負担となります。譲渡後となると、設置してから約10年ほど経っているため、メーカー保証が切れていることもあります。耐久の点において費用の自己負担があることは、注意が必要だといえます。

基本的に途中解約ができない

基本的に0円ソーラーは、途中解約ができません。それでも契約を解除しようとする場合、違約金が発生するなど、追加費用が必要となります。
0円ソーラーの契約は10年契約が一般的です。この10年でソーラー事業者は初期費用を回収するため、契約満了を前提としてサービスを展開しています。
そのため利用者は、なんらかの理由でサービスを途中解約したくなっても解約しにくいようになっています。契約前に必ず解約条件や違約金の確認をしておきましょう。

0円ソーラーの3つのモデル

ここまで0円ソーラーの仕組みやメリットとデメリットについて解説してきました。実際に0円ソーラーを契約しようと思うと、屋根貸しモデル(第三者所有モデル)、PPAモデル、リースモデルという、3パターンの方法があります。契約する際はどのモデルで契約するか検討する必要があります。下記でそれぞれの特徴を解説します。

屋根貸しモデル(第三者所有モデル)

太陽光発電の屋根貸しモデルとは、住宅の屋根をソーラー事業者に貸し出すことで、事業者から売電収入の一部を屋根の使用料として住宅所有者に支払われるモデルです。
この場合、発電された電気はすべて事業者のものになりますが、屋根を貸すだけで副収入が得られるので、一時人気の設置モデルでした。しかし、政府の制度であるFIT制度の価格が下がったことで、近年人気がなくなり主流ではなくなっています。

PPAモデル

「Power Purchase Agreement」の略であるPPAモデルとは、発電した電気を住宅所有者がPPA事業者から一定の価格で購入する方法です。電力会社から電気を購入するより電気代が下がるため、電気代削減のために導入する人が増えています。また、PPAモデルも屋根貸しモデルと同様、発電された電気はすべて事業者のものになります。しかし、PPAモデルは設備の修理費用などのメンテナンス費が不要なこともメリットとされています。

リースモデル

リースモデルとは、住宅所有者が毎月リース料金を支払う代わり、発電された電気はすべて住宅所有者のものになります。そのため、生活に必要な電気は自家消費することも、売電に回すことも可能です。一般的に、屋根貸しモデルやPPAモデルと比べると設置条件が緩い傾向にあります。リースモデルは、幅広い人が利用しやすいモデルであり、設置コストを抑えつつ、発電した電気を手に入れたい人におすすめの方法だといえます。

「0円ソーラー」事業者の選び方

ここからは、契約する事業者の選び方についてまとめています。失敗しない事業者選びにお役立てください。

認証やライセンスを取得している事業者を選ぶ

業者を選ぶときは認証やライセンスを取得しているか確認するようにしましょう。選んだ事業者が適切なライセンスと認証を持っていることが確認できれば、一定のレベルが担保されているといえるので、安心して依頼できます。

契約条件やサービスが相場とかけ離れていないか確認する

数社から相見積もりを取ると、大体の相場がわかります。価格のほかに契約条件やサービス、今後発生する可能性のあるメンテナンスサービスなど詳細な内容を確認しておきます。数社から契約条件を比較して、相場から明らかにかけ離れている業者は避けた方が無難だといえます。0円ソーラーは10年ほどの長い契約となるので、後々後悔しないよう、サービスの内容を注意深く確認しておきましょう。

口コミを確認する

どの業者に依頼するか迷ったときは、業者のホームページや、インターネットで口コミを確認することをおすすめします。すでにその業者で作業を依頼した人の口コミをチェックすることで、業者の評判や技術を前もって知ることができます。良い口コミだけでなく、悪い口コミも確認しておくと、その事業者がどのような対応を行っているのか理解でき、トラブル回避に役立ちます。

トラベルブックがおすすめする太陽光設置業者はこちら!

株式会社ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズは、全国に600社以上の自社施工会社ネットワークを持つ、太陽光発電・蓄電池の施工会社の紹介業者です。電気代高騰の対策として、最近注目されているのが太陽光発電。「太陽光発電協会(JPEA)」に加盟するソーラーパートナーズには、NHKやフジテレビなどのメディアにも出演した専門のアドバイザーが在籍しており、太陽光発電や蓄電池の導入に関する相談に対応しています。こちらでは、厳しい審査基準を設けて登録業者を集めており「安く」「工事品質が高く」「お客様に寄り添った提案をしてくれる」をモットーに優良業者を紹介しています。同時に3社の相見積もりを可能としているので、よりコストを重視した見積もりを入手することができます。

株式会社ソーラーパートナーズ

〒160-0022 東京都新宿区新宿5-18-20 新宿オミビル4階
0120-87-0130
9:00~19:00

タイナビ

太陽光発電・ソーラーパネルなどの住宅用太陽光発電ポータルサイトのタイナビでは、全国にある350社以上の加盟業者と連携して業者の見積もりサービスを提供。過去に類を見ない電気料金の高騰のあおりを受け「太陽光発電システムを設置したいけれど、どうすればいいの?」と考えている人におすすめです。タイナビを利用すれば、厳しい審査基準をクリアした優良業者を紹介してもらえるほか、1社1社に問い合わせする手間も省けます。タイナビの利用方法については、公式サイト上の専用フォームに必要事項を入力(所要時間約1分)し、見積もり依頼を行うだけと簡単です。タイナビの業者見積もりサービスは完全無料で利用できます。

タイナビ

〒141-0031 東京都品川区西五反田7-13-5 DK五反田ビル8階
03-6420-0515

グリーンエネルギーナビ

グリーンエネルギーナビ(グリエネ)は、太陽光発電システム、蓄電池、オール電化システムなどの省エネ・電気設備の導入を検討している個人向けに、全国450の加盟業者と連携して導入のサポートを行っている一括見積もりサービスです。顧客の見積もり依頼に対しては厳格な審査を通過した業者のみを紹介しており「適正価格」「工事品質」を強みにサービスを提供しています。「一括見積もりを依頼したら、業者からの電話が殺到するのでは?」との心配は無用です。グリエネでは5社間の相見積もりを可能としていますが、カスタマーサポートが仲介してくれるので、業者から直接連絡が来ることはありません。

グリーンエネルギーナビ

0120-829-426
10:00〜21:00
https://griene.jp/regist_solar

ハチドリソーラー

「設置費用0円で太陽光パネルを導入できる」システムを提案するハチドリソーラー株式会社。こちらでは、太陽光パネルの販売事業のほか、リース事業を行っています。リースの場合でも、発電した電気は制限なく利用可能。さらに、発電して余った電気は売電することもできます。10年または15年の定額リース後には、太陽光パネル一式をリース契約者宛に無償で譲渡してくれます。契約者が多い「ソーラープラン」は、日中在宅していることが多い人、リモートワークが多い人、ペットを飼っている人などにおすすめ。「導入直後から電気代を削減」「昼に電気を貯めて夜まで使える」などをキーワードに、利用者のニーズに合わせていくつかのプランを用意しています。

ハチドリソーラー

0120-963-750
平日10:00-17:00

新日本エネックス

福岡市にある㈱新日本エネックスは、太陽光発電・蓄電池システムの販売・工事および保守、オール電化事業をはじめとする住宅のエネルギー関連の事業を行っている業者です。福岡県内やその他の九州地方、東京や名古屋などの主要都市に拠点を構え、全国にサービスを提供。幅広いメーカーの商品を扱っていますが、太陽光パネルや蓄電池については商品知識が豊富なアドバイザーが在籍しており、適切な商品を無料で選定してくれます(他社との相見積もりも歓迎)。全国の工務店向けに個人住宅用の太陽光パネル+蓄電池リース「エネリース」のサービスも行っており、初期費用0円での導入も可能としています。

新日本エネックス

まとめ

いかがでしたか。ここまで0円ソーラーの仕組みやメリットとデメリット、3つのモデルについて解説してきました。「0円ソーラーって実際どうなんだろう」「初期費用無料ってうれしいけど仕組みがよくわからない」「自費設置とどっちがお得?」などとお悩みの方は、ぜひ本記事を参考にしていただき、0円ソーラーの仕組みを理解するのにお役立てください。

太陽光に関連する記事

コスメ・スキンケア、健康食品・サプリメント、ヘアケア、ダイエット、脱毛など、あらゆる切り口から自分らしい便利な暮らしをサポートします。「めったに起こらない」が起きた時、解決のヒントがここにある。

運営会社