【最新】防犯カメラの設置場所で効果的なおすすめポイント|目的にあったものを選ぼう!

自宅や仕事場の防犯対策で、防犯カメラや監視カメラの設置を考えている方もいるでしょう。やはり設置するなら、効果的な場所に設置したいですよね。

そこで今回は、防犯カメラの効果的な設置場所や設置方法について解説します。目的や場所にあった防犯カメラを選択し、防犯対策が整った環境を手に入れてくださいね!

防犯カメラは犯罪を未然に防ぐだけでなく、犯罪が起きたときは警察に映像を提出することで、事件の早期解決にも効果的です。近年では業務用のみでなく、家庭用にもワイヤレス設置が可能で工事不要の防犯カメラが販売されており、幅広く設置されています。防犯カメラを選ぶときのポイントや注意点は設置目的や設置場所、費用面など、さまざまですが近年は、一部の諸費用を自治体が負担する補助金制度もあるので有効活用してください。

本ページではプロモーションが含まれます
当サイトでは商品やサービス(以下、商品等)の掲載にあたり、 ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

防犯カメラ導入のメリット

防犯カメラがあるというだけで、 犯罪やトラブルに対して絶大な抑止効果 があります。また犯罪を未然に防ぐだけでなく、いざという時には動かぬ証拠が残るため安心。あえて目立つところに防犯カメラを設置することで犯行をあきらめさせるということもできます。防犯カメラは犯罪を防ぐことに意味があるもの。そのため空き巣などの犯罪に合う前の設置をおすすめします。
また、事件が起きたときは証拠物として警察に映像を提出することで、早期解決にもつながるでしょう。他にも、スタッフや従業員による内部不正、違法駐車や違法ゴミ投棄などを抑制する効果もあります。

防犯カメラは設置場所や目的に合わせて選ぼう!

防犯カメラはさまざまな種類があり、形状や機能、スペックなどが多様なので、設置するときにどれを選ぶか迷いますよね。防犯カメラの一番の目的は、犯罪を未然に防ぎ、何かあったときは事件の早期解決につなげることです。安値な防犯カメラも多く出ていますが、目的を果たせる機能を搭載しているカメラを選びましょう。

防犯カメラの種類

防犯カメラの種類は、 ボックス型・ドーム型・小型カメラの3種類 が代表的です。ボックス型は、見た目に存在感があるので犯罪の抑止効果が高く、耐久力や防水性にも優れているため駐車場やエントランスなどの屋外で多く使用されています。ドーム型は、ボックス型よりも小さいため天井などに吊り下げて使う等、カラオケなどの商業施設でも多く使用されています。可動領域の広さが特徴で、侵入者の抑止にも効果的でしょう。小型カメラは、ドーム型よりもさらに小さく、店の雰囲気や景観を損ねたくないカフェや商業施設で使われています。近年はワイヤレスタイプのカメラが多く出ていて、設置工事が不要な商品もあります。

業務用か家庭用どちらで使うか

オフィスや店舗などで業務用として使用するときは、広いエリアをカバーできるものを選びましょう。1台でカバーできない場合には、複数台使用してもいいですね。複数のカメラを効率よく一元で管理できるシステムが搭載されているカメラがおすすめです。一方家庭で使用する方は、空き巣対策、近所や隣人とのトラブル防止、乳幼児や高齢者の見守りなどの目的で使用することが多いです。基本的な機能を有しているもので十分ならば、業務用と比べて安値で手に入れられるでしょう。設置は個人でできるものもあります。

カメラの設置場所で選ぼう

屋内に設置する場合はスペースが限られていることが多いので、コンパクトなドーム型や小型カメラがおすすめです。また、カフェや美容室などでお客様に威圧感を与えたくない場合も、小型のものが最適です。屋外で使用するときは、耐久性が求められ、犯罪の抑制効果を高めるためにもボックス型の監視カメラを使用するとよいでしょう。

! /t-607/topic-71590/

防犯カメラの効果的な設置場所!おすすめポイント

防犯カメラを設置する上で、適切な設置場所はどこにすればよいでしょうか。防犯カメラを家で使うのか、それとも会社や店舗、工場など、どの場所で使うかによって置くべき最適な場所が変わります。共通している注意点は、人の出入りが激しいところ、侵入経路となりやすい裏側、高価なものがある周辺などに置くことです。トラブルが起こりやすい場所を考えて設置しましょう。また、セキュリティ対策をしたいエリアを考え、撮影範囲が十分な商品を選び、カバーできる場所に設置してください。

戸建やマンションなら玄関・ベランダ・ポスト投函口

防犯カメラを戸建てやマンションの屋外に設置するなら、玄関に設置するのがおすすめです。人の出入りが多いところにおくことで、空き巣の抑制につながります。簡単に手が届かない3m前後の高さに設置するとよいでしょう。また、ベランダやポスト投函口に設置するのもよいでしょう。戸建の場合、ベランダが侵入口となる可能性があり、狙われやすいといわれています。ポスト投函口は、ポストへのいたずらや不要なチラシの投函、郵便物の盗難などを抑制し、不審者や侵入者を記録できます。何かあったときに、録画した映像を証拠として警察にもっていけば、事件の早期解決に役立つでしょう。マンションの場合、さまざまな人が出入りする共用部分に設置するのもおすすめです。

会社・店舗ならレジまわり・バックヤード・出入口・駐車場

会社や店舗であれば、レジまわりに防犯カメラを設置することで、万引きなどを抑制できます。客とのトラブルが生じたときも、事実確認や原因究明に証拠として使えます。店員の接客状況も経営者はチェックできるので、接客品質向上に役立つでしょう。他にも、バックヤードや出入り口、駐車場に設置するのも効果的です。バックヤードでは、裏口通路からの侵入者を防いだり、スタッフによる内引きなどの監視。人の行き来が多い出入り口では、来店者の顔や背格好を撮影でき、犯罪が起きたときには証拠物として活用できます。また、駐車場に設置することで、違法駐車や長時間駐車を防ぐ効果も高まるでしょう。

工場なら入出荷エリア・立ち入り禁止エリア・重要機器周辺

工場に防犯カメラを設置するなら、入出荷エリアは必須の場所です。一番人の出入りが多く、不特定多数の人が出入りするため、トラブルが起きやすいエリアです。また、夜間の侵入が考えられるので、夜間撮影機能がある防犯カメラを選びましょう。他にも、立ち入り禁止エリアや重要機器周辺にも設置することをおすすめします。立ち入り禁止エリアは、工場の危険な機材や薬剤が置かれていて、人が入ると重大な事故につながる恐れがあります。アラート機能がある防犯カメラを選ぶとよいでしょう。また、高価な重要機器の周辺に置くことで、機器のトラブルが抑制できるのでおすすめです。

防犯カメラの設置方法

防犯カメラの設置方法は、業者に依頼するものと自分で設置する方法の2種類あります。それぞれのメリット・デメリットや注意点を考え、防犯カメラを設置する目的が果たせる設置方法を選びましょう。業者に依頼するときは、ホームページを確認し、実際利用された方の口コミや評判をチェックするのがポイントです。

設置業者に依頼する

設置業者に依頼するメリットは、防犯カメラの専門家に設置をしてもらうので、壁面や天井などの自分では設置が難しい場所へも設置が行えることです。壁面や天井の材質により必要となる資材は変わり、設置する高さや角度で撮影範囲が変わります。業者に頼むことで、適切に設置できて防犯効果が高まるでしょう。デメリットは、設置費用がかかることです。最近はインターネットで見積もりが簡単にできるので、チェックしてみるのがよいでしょう。

【期間限定6/24まで】3,000円割引!街角防犯カメラ相談所

0120-64-3902
8:00〜20:00

個人で設置する

個人で設置するメリットは、費用がかからず、すぐに設置できることです。最近は、ワイヤレスで工事不要の防犯カメラも出ているので、簡単に設置できるのがポイント。但し屋外設置の際は専門知識が必要で、高さや角度が不十分になり防犯効果が弱まってしまう恐れもあります。例えばコンクリート柱やブロック塀など「設置が難しい場所」では、無理をせず専門業者に相談してみるとよいでしょう。

! /t-607/topic-71698/

【まとめ】目的や設置場所に最適な防犯カメラの活用で安全な生活を!

防犯カメラを選ぶときのポイントや注意点は、設置する目的を果たす機能がついているか、機能を活かせる設置方法を選んでいるかどうかです。さまざまな監視カメラがありますが、それぞれメリット・デメリットがあるので、カメラの特徴や設置時の注意点を理解して商品を選びましょう。自治体によっては防犯カメラ設置の補助金制度を設けている場合もあるので、お住まいの自治体で確認してみてください。また、防犯カメラ以外でもできる防犯対策は多々あります。生活の中で危険なポイントを洗い出し、 無理なくできる対策から始めてみましょう。

! /t-607/topic-72847/
! /t-607/topic-71590/
! /t-607/topic-71698/

防犯カメラ設置に関連する記事

【保存版】防犯カメラ大全|選び方や注意点を一挙公開!屋内外の設置から家庭用まで【徹底解説】

ライフスタイル

昨今、監視・防犯カメラの需要は大きく、多くの人が導入検討しているアイテムです。自宅やお店への不法侵入、いたずら対策、職場での不正防止などの犯罪抑止効果。また、子供やお年寄りの安全、ペットの監視などの見守り効果まで。監視・防犯カメラの用途は多岐に渡ります。 その需要は、今も止まることなく広がり続けており、「設置することが普通」といった時代も、そう遠くない未来かもしれません。まさに、これからの時代の監視・防犯カメラは、検討すべきアイテムから、導入すべきアイテムへと、変わりつつあるのではないでしょうか。 そんな防犯カメラですが、じつは導入ハードルが低いわけではありません。選択肢の多さ問題です。防犯カメラには、屋外用や屋内用だけでなく「形・大きさ・機能・値段」など、検討材料が溢れるほどあり、選ぶだけでも苦労するアイテムの一つです。 さらに、「ワイヤレス、Wi-Fi、ソーラー、トレイルカメラ」など、タイプまでもが膨大で、どれを選んで良いのか迷ってしまった結果、設置目的にそぐわないアイテムを手にしてしまうリスクも。そうなると、せっかくの防犯対策も水の泡になりかねません。 そこで今回は、屋内外から家庭用まで防犯カメラの選び方や注意点を徹底的に解説していきます。防犯対策の参考にしてみてくださいね。 ✔この記事では下記のことが分かります ・監視/防犯カメラの効果 ・監視/防犯カメラの選び方(ポイント) ・おすすめの監視/防犯カメラ ・監視/防犯カメラの設置と合わせて知っておくこと ・監視/防犯カメラの設置で困ったときの対処法

コスメ・スキンケア、健康食品・サプリメント、ヘアケア、ダイエット、脱毛など、あらゆる切り口から自分らしい便利な暮らしをサポートします。「めったに起こらない」が起きた時、解決のヒントがここにある。

運営会社