【2024年】屋外・屋内設置防犯カメラのおすすめ商品|人気15選

屋外・屋内用防犯カメラは、犯罪の未然防止にも効果を見込めます。あなたの見えないところも、防犯カメラが見張ってくれるからです。たとえば個人宅では玄関や軒先、商店やコンビニでは出入り口や駐車場に設置してあるのを見かけますよね。 防犯効果を上げるためにも、設置場所のイメージをしておくと良いでしょう。

とはいえ防犯カメラは、種類によって屋外に対応していない製品もあります。 機能性にも大きな違いがあるので、屋外・屋内監視にはそれぞれ屋外・屋内対応の防犯カメラを設置しなければなりません。ところが防犯カメラのニーズが高まった現在、さまざまなタイプの防犯カメラが発売されています。

そこで今回は、【2024年】屋外・屋内設置防犯カメラのおすすめ商品|人気15選をご紹介します。納得いくアイテムを、見つけてくださいね!設置場所をイメージしながら見ることで、よりアイテム選択がしやすくなりますよ。理想の屋外・屋内防犯カメラで、より一層の安心感を手に入れましょう。

本ページではプロモーションが含まれます
当サイトでは商品やサービス(以下、商品等)の掲載にあたり、 ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

防犯カメラを設置して効果はあるの?

「防犯カメラを設置すると、防犯効果はある」といってよいでしょう。人は何かを行おうとする場合、防犯カメラが設置されているとその心理として「監視されている」と認識し、その後の行動が変わるものです。たとえば空き巣の場合は犯行に及ぶ前に入念に下見をします。そこで防犯カメラが設置されていることを空き巣がわかれば、下見している場所が被害に遭う可能性は低減されます。

用途に合わせて選ぼう!屋外用防犯カメラと屋内用防犯カメラの違い

お店やネットで探してみるとさまざまなアイテムにあふれていて、どの防犯カメラを選んだらいいのか迷ってしまいます。防水・防水加工がほどこされていれば、基本的にはどんなタイプの防犯カメラでも屋外に設置できます。ただ、使用用途によっては向かないことも。屋外用防犯カメラを選ぶにはいくつかのポイントがありますので、「屋外用」と「屋内用」の違いに視点を置いて一つずつ見ていきましょう。

屋外用防犯カメラと屋内用防犯カメラの違いその1 「カメラレンズの仕様」

屋外用防犯カメラと屋内用防犯カメラの違いの1つ目は「カメラレンズの仕様」。屋外用防犯カメラを選ぶには、2.8~12mmのレンズが搭載されているものを選びましょう。数値が小さいほど、広範囲を網羅します。また6〜60mmの望遠対応であれば、被写体をピンポイントで監視できます。防犯カメラから被写体の距離が離れている場合には、望遠レンズが搭載された製品を選びましょう。

屋外用防犯カメラと屋内用防犯カメラの違いその2 「夜間暗視機能の有無」

屋外用防犯カメラと屋内用防犯カメラの違いの2つ目は「夜間暗視機能の有無」。夜間暗視機能とは、赤外線を搭載させることによって、夜間や暗い場所でも撮影できる機能です。この機能がついていれば自動で明るさを感知してモードが切り替わります。日中はカラーの撮影で夜間暗視機能が稼働すると白黒モードになりますが、夜間でもカラーのままの高性能な防犯カメラもあります。

屋外用防犯カメラと屋内用防犯カメラの違いその3 「遮光補正機能の有無」

屋外用防犯カメラと屋内用防犯カメラの違いの3つ目は「遮光補正機能の有無」。逆光補正機能とは、屋外にありがちな直射日光や照り返しなどの影響による逆光を補正する機能です。せっかく撮影したものが逆光だと白飛びしてしまいますが、逆光補正機能が搭載されていれば太陽光の影響がなく映像を残せます。そしてノイズデジタル処理機能が搭載されていれば、検出されたノイズがデジタル処理されることにより低減されます。

屋外用防犯カメラと屋内用防犯カメラの違いその4 「防水性の有無」

屋外用防犯カメラと屋内用防犯カメラの違いの4つ目は「防水性の有無」。屋外用防犯カメラ選びにおいては最も重要なポイントです。防水加工にあわせて防塵加工もなされている製品を選びましょう。水と同様にホコリも給電の妨げになってしまいます。実は市販されている防犯カメラは、カメラ部分は防水加工されていても、電源プラグはされていない製品がほとんど。給電には防水・防塵に配慮して行うことが肝心です。

【2024年】屋外設置防犯カメラのおすすめ商品|人気10選を紹介!

Hiseeu 屋外セキュリティカメラ

amazon

【2024年】屋外設置防犯カメラのおすすめ商品|人気10選の1番目は「Hiseeu 屋外セキュリティカメラ」です。
Hiseeu 屋外セキュリティカメラは300万画素防犯カメラ4台のセット。防水・防塵加工が施されていて、昼夜モード切り替え式。ワイヤレスなので設置が簡単で配線工事も不要。遠隔操作にはLANケーブルやシステムが必要ですが、用途に合わせた使い方が可能です。容量は1TBと大きく、家庭だけでなくオフィスや商業施設や飲食店など、さまざまな場所に最適な防犯カメラです。

ブランド Hiseeu 録画方法 内蔵HDD
電源方法 コンセント 接続方法 ワイヤレス/有線
屋外対応 検知センサー
有効画素数 300万画素 防塵/防水 IP66
マイク 内蔵 画角/撮影範囲 角度調整式
暗所対応 スマホ対応

Hiseeu 屋外セキュリティカメラ

SecuSTATION防犯カメラ

楽天市場

【2024年】屋外設置防犯カメラのおすすめ商品|人気10選の2番目は「SecuSTATION防犯カメラ」です。
SecuSTATION防犯カメラは、企画開発から製造販売までを一貫して行っている防犯カメラ専門メーカーであるSecuSTATIONの製品です。最新技術である明暗センサーが搭載されていて、モードが自動的に切り替わります。3.6mmの広角レンズは最大104度まで撮影できるので、お宅の玄関や庭、商店の出入り口や駐車場への設置に最適です。もちろんスマホでのリモート操作もOK。スマホ画面で拡大確認もできます。

ブランド SecuSTATION 録画方法 SDカード/クラウド
電源方法 コンセント 接続方法 Wi-Fi/有線
屋外対応 検知センサー
有効画素数 265万画素 防塵/防水 IP66
マイク 内蔵 画角/撮影範囲 約104°/水平:約360°/垂直:約89°
暗所対応 スマホ対応

OOSSXX防犯カメラ

楽天市場

【2024年】屋外設置防犯カメラのおすすめ商品|人気10選の3番目は「OOSSXX防犯カメラ」です。
OOSSXX防犯カメラは、300万画素カメラ4台と10インチの薄型モニターがセットになったタイプ。専用無料アプリを使えば、リモートアクセスが可能になり遠隔監視・ビデオ再生もできます。オーディオシステムが搭載されていて、双方向の通話が可能。たとえばカメラを玄関先に設置すれば、カメラ付きのインターホンとしても使えます。夜間モードはフルカラー。大雨などで視界が悪い状況でも、強力なLED発光ライトにより最大30メートルほど暗視範囲を広げます。お宅の玄関や庭、商業施設の地下駐車場など、さまざまな状況に適した防犯カメラです。

ブランド OOSSXX 録画方法 SDカード
電源方法 コンセント 接続方法 ワイヤレス
屋外対応 検知センサー
有効画素数 300万画素 防塵/防水 IP66
マイク 内蔵 画角/撮影範囲 約110°
暗所対応 スマホ対応

OOSSXX防犯カメラ

カメチョ丸 防犯カメラ

楽天市場

【2024年】屋外設置防犯カメラのおすすめ商品|人気10選の4番目は「カメチョ丸 防犯カメラ」です。
カメチョ丸防犯カメラは、企画開発から製造販売までを一貫して行っている防犯カメラ専門メーカー「塚本無線」の製品です。カメチョ丸はソーラーで給電するタイプなので、コンセントの必要がありません。Wi-Fiにも対応しているので、一切のコードが必要ないのが魅力でしょう。カメラ画素数は最大365万画素、屋外においても広角度を見渡せます。専用アプリを使えば遠隔操作もでき、節電・節約でしっかり防犯対策をしたい方に向いています。

ブランド WTW塚本無線 録画方法 SDカード
電源方法 コンセント/ソーラー 接続方法 無線/有線
屋外対応 検知センサー
有効画素数 265万画素 防塵/防水 IP66
マイク カメラ前面部 画角/撮影範囲 水平:約80°
暗所対応 スマホ対応

カメチョ丸 防犯カメラ

excuse 4ch録画装置

楽天市場

【2024年】屋外設置防犯カメラのおすすめ商品|人気10選の5番目は「excuse 4ch録画装置」です。
excuse 4ch録画装置は防犯カメラ専門店excuse社による製品。excuse社はサポートチームが充実しており、防犯カメラ初心者にも安心。excuse 4ch録画装置はカメラ4台と録画装置システムのセット。カメラは高画質CMOSセンサーが搭載され、カメラ画素数は200万。3.6mmの広角レンズで屋外の設置に最適です。届いたらすぐにかんたんに設置できます。excuse 4ch録画装置はカスタマーサポート体制が整っているので、もしものときのためにサポート体制がほしい方におすすめです。

ブランド excuse 録画方法 内蔵HDD/外付けHDD
電源方法 コンセント 接続方法 有線
屋外対応 検知センサー
有効画素数 200万画素 防塵/防水 IP66
マイク 画角/撮影範囲 水平:約72°/垂直:約54°
暗所対応 スマホ対応

excuse 4ch録画装置

Mass Pro Denko 屋外セキュリティカメラ

楽天市場

【2024年】屋外設置防犯カメラのおすすめ商品|人気10選の6番目は「Mass Pro Denko 屋外セキュリティカメラ」です。
MassProDenkoの屋外セキュリティカメラは、TVやセキュリティ機器を得意とするマスプロ電工の製品です。200万画素の高画質を筆頭に、内蔵マイクや防水・防塵加工を武器に雨の中でもしっかり監視します。モニターも自動表示対応なので、電源を入れるだけで簡単に使えるのが嬉しいポイント。難しい設定はしたくない、といった方に適した防犯カメラです。

ブランド マスプロ電工 録画方法 SDカード/外付けHDD
電源方法 コンセント 接続方法 ワイヤレス
屋外対応 検知センサー
有効画素数 200万画素 防塵/防水 IP66
マイク 内蔵 画角/撮影範囲 水平:約90°/垂直:約50°
暗所対応 スマホ対応

Mass Pro Denko 屋外セキュリティカメラ

I-O・Data Qwatch屋外防犯ネットワークカメラ

amazon

【2024年】屋外設置防犯カメラのおすすめ商品|人気10選の7番目は「I-O・Data Qwatch屋外防犯ネットワークカメラ」です。
I-O・Data Qwatch屋外防犯ネットワークカメラは、なんといっても専用スマホアプリの「QwatchView」が魅力。カメラ映像をリモート監視できるので、大切な空間を留守中も確認することができます。また、内蔵マイクとスピーカーでカメラ越しに話しかけられるなど、安心機能満載。さらにアプリや防犯カメラの設定に不安がある方でも、休日サポート対応なので安心して利用できるでしょう。

ブランド アイ・オー・データ機器 録画方法 SDカード/NAS
電源方法 コンセント 接続方法 Wi-Fi
屋外対応 検知センサー
有効画素数 200万画素 防塵/防水 IP65
マイク 内蔵 画角/撮影範囲 水平:約125°/垂直:約69°
暗所対応 スマホ対応

I-O・Data Qwatch屋外防犯ネットワークカメラ

GENBOLT 自動追跡型セキュリティ屋外カメラ

amazon

【2024年】屋外設置防犯カメラのおすすめ商品|人気10選の8番目は「GENBOLT 自動追跡型セキュリティ屋外カメラ」です。
GENBOLT自動追跡型セキュリティ屋外カメラは人の動きを検知し自動で追跡できる高性能防犯カメラです。追跡されたターゲットは、超高画質の500万画素で監視されることに。もちろん車や雨などに反応してしまう誤反応も99%カット。商業施設から個人宅まで幅広いニーズに対応する屋外防犯カメラです。

ブランド GENBOLT 録画方法 SDカード
電源方法 コンセント 接続方法 Wi-Fi/無線通信
屋外対応 検知センサー
有効画素数 500万画素 防塵/防水 IP66
マイク 内蔵 画角/撮影範囲 水平:約320°/垂直:約90°
暗所対応 スマホ対応

GENBOLT 自動追跡型セキュリティ屋外カメラ

ArloPro2 屋外セキュリティカメラ 2台セット

amazon

【2024年】屋外設置防犯カメラのおすすめ商品|人気10選の9番目は「ArloPro2 屋外セキュリティカメラ 2台セット」です。
ArloPro2 屋外セキュリティカメラは、200万画素の防犯カメラ2台セット。3秒前からの遡り録画機能で、一連の動きを漏れなく録画できます。捉えた映像は、Arloクラウドサービスに保存されるので安心です。また動作検知の範囲設定や、警報をリモート発報できるのもポイント。監視レベルに強弱を持たせたい方や、検知範囲を任意に変えたい方などに適した防犯カメラです。

ブランド Arlo 録画方法 クラウド
電源方法 コンセント 接続方法 ワイヤレス/コンセント
屋外対応 検知センサー
有効画素数 200万画素 防塵/防水 IP65
マイク 内蔵 画角/撮影範囲 約130°
暗所対応 スマホ対応

ArloPro2 屋外セキュリティカメラ 2台セット

JENNOV 屋外ネットワーク防犯カメラ

楽天市場

【2024年】屋外設置防犯カメラのおすすめ商品|人気10選の10番目は「JENNOV 屋外ネットワーク防犯カメラ」です。
JENNOV屋外ネットワーク防犯カメラは、有線接続とWi-Fi接続ともに対応しているのが魅力。余分な配線をカットできるので、設置周辺もすっきり。また高画質200万画素のカメラは任意の方向に調節可能で、設置場所に融通が利くところも嬉しいポイント。配線がしにくいお宅や、設置周辺をすっきりさせたい方に適した防犯カメラです。

ブランド JENNOV 録画方法 SDカード
電源方法 コンセント 接続方法 Wi-Fi
屋外対応 検知センサー
有効画素数 200万画素 防塵/防水 IP66
マイク 内蔵 画角/撮影範囲 角度調整式
暗所対応 スマホ対応

JENNOV 屋外ネットワーク防犯カメラ

屋外用防犯カメラの用途

防犯カメラは、アイデア次第ではさまざまなシーンにおいて使えるアイテムです。特に家庭用に絞ると、留守中における子どもや高齢者やペットなどの家族の見守り。玄関に設置するとインターホンとして使えます。また駐車場や庭に設置することによる威嚇効果が期待でき、そして不正疑惑などの証拠映像を残したい場合にも活躍します。

屋外用防犯カメラの効果的な設置場所と方法

マンションや一戸建てなどの家庭で屋外用カメラを設置する場合には、ベランダや勝手口・玄関・ポストの投函口・集合住宅のごみ集積所です。コンビニなどの小売店や事業所に設置する場合には、出入り口・レジ周り・バックヤード(倉庫)・駐車場です。それぞれの場所に設置するには、先に紹介した防犯カメラの選び方を参考に使用用途により見合ったカメラを選びます。「防犯カメラ作動中」などのメッセージステッカーを貼ると、防犯効果がアップする手助けになります。

屋外用防犯カメラは選び方・設置場所・設置方法次第で防犯効果が一層アップ

屋外用防犯カメラは、選び方・設置場所・設置方法次第でより一層防犯効果をアップできるアイテムです。画像を録画・保存できるだけでなく、屋外用防犯カメラを設置することにより威嚇作用が生じて防犯効果がアップします。大切な家族や従業員、周辺の治安を守るセキュリティ対策のひとつとして、屋外用防犯カメラの設置も検討してみてはいかがでしょうか?

屋内用の防犯カメラの用途

屋内に設置する防犯カメラは、防犯対策として大いに活躍するもので、一家に一台は設置しておきたいものです。ただ、人によっては防犯対策だけならほかの方法でもいいのでは…と思う場合もあるでしょう。ここでは、防犯カメラの用途について詳しく紹介するので参考にしてみてください

家族やペットの見守り

防犯カメラの中には、スマートフォンと連携できる種類があり、外出先で自宅の様子が確認できます。特に、1人で留守番させているお子さんがいる家庭や、介護が必要な祖父母がいる家庭ではとても役に立つ機能でしょう。そのほかにも、ペットを屋内で飼育している家庭では、どんな風に過ごしているのか様子が見られて安心できます。

セキュリティ対策

種類によっては、動作検知や人感、音、気温、湿度などのセンサーを検知する機能が搭載されています。それらのセンサーが反応すると、スマートフォンに通知され、怪しい人物を即確認できることも。また、双方向で通話できるタイプでは、カメラ越しの犯人に怒鳴りつけ威嚇することもできます。

浮気の監視

自宅の雰囲気に何か変化を感じる…誰か訪問したような形跡がある…などは、もしかすると配偶者・パートナーが浮気をしているかもしれません。そんなときは、自宅に防犯カメラを設置すると真相が掴めるでしょう。実際に配偶者・パートナーが浮気をしている際は、その映像が浮気証拠となるので離婚の際に役立ちます。

屋内用の防犯カメラの選び方

防犯カメラをいざ購入しようと思っても、詳しい人が周りにいなくて困る人もいるのではないでしょうか。そんな人たちに向けて、防犯カメラの選び方について紹介していきましょう。ここで紹介する選び方をすれば、満足するものが得られるはずです。また、防犯カメラは設置工事が必要になるものもあるので、取り付け方法も確認してから選ぶようにもしましょう。

種類で選ぶ

防犯カメラは大きく分けて2種類あります。それは、ネットがつながるタイプとつながらないタイプです。ネットがつながるタイプだと、スマートフォンからも確認ができて何かと便利です。ただし、ネット環境がない住宅では使用できない難点があります。ネットがつながらないタイプだと、ネット環境に左右されることなくつけれますが、外出先で確認できない難点があります。また、ほとんどのものが録画機能がないので、別売のハードディスクを買う必要があります。

デザインで選ぶ

防犯カメラのデザインには、ドーム型とボックス型があります。ドーム型は、照明器具のようなデザインで防犯カメラに見えない特徴があります。また、広角レンズを採用しているタイプがほとんどで、広範囲を確認できる良さがあります。ボックス型は、従来の防犯カメラのデザインで、箱型のよく防犯カメラのイメージ図として出てくるタイプです。どうしても威圧感が出てしまいますが、防犯として使うと威嚇効果が発揮できるので、防犯対策をメインにする人にはおすすめのデザインです。

機能で選ぶ

近年発売されている防犯カメラは、多機能化しており、便利になっています。たとえば、赤外線投光器内蔵しているものだと夜間でもはっきりと撮影することが可能で、マイクが内蔵しているものは室内の音も確認できます。そのほかにも、首振り機能があることで見たい方向を見れる機能も。ただ、いろいろな機能が搭載されていると、防犯カメラの金額もその分高額になってしまうので注意しなければなりません。金額を抑えたいのなら、自分にはどんな機能が必要か考えてから購入するといいでしょう。

屋内用の防犯カメラならこれがおすすめ!人気商品5選を紹介!

■Wansview ネットワークカメラ 1080P

amazon

最初に紹介する屋内用の防犯カメラならこれがおすすめ!人気商品5選はWansview ネットワークカメラ 1080Pです。
こちらの防犯カメラは、スピーカーとマイクが内蔵されているタイプで、赤ちゃんやペット、要介護者に自分の声が届けられます。また、カメラが設置している側の声も、見守っている側に聞こえるので、必要なときは会話もできて便利でしょう。ただ、Wi-Fi環境を必要とするので、ネットがない住宅では使えない難点も。映像の保存は、8GB〜128GB対応のSDカードか、クラウドストレージ(30日間試用)に保存することが可能なので、盗まれたとしても簡単にはアクセスできない仕組みになっています。

Wansview ネットワークカメラ 1080P

■ICAMI 防犯カメラ CA-715C-R

amazon

次に紹介する屋内用の防犯カメラならこれがおすすめ!人気商品5選はICAMI 防犯カメラ CA-715C-Rです。
ドーム型の防犯カメラを、設置したい人にはこちらの商品がおすすめです。広角撮影ができるタイプで、部屋中の様子を確認できる優れものです。防水、防塵機能も搭載されているので、屋外にも設置しようか検討している人にも一度は見てほしい防犯カメラです。また、こちらの防犯カメラには動体検知アラーム機能が搭載されており、システムが作動すると画像と共にスマートフォンにお知らせが通知されます。Wi-Fiを必要とするものなので、あらかじめ環境を整えておきましょう。

ICAMI 防犯カメラ CA-715C-R

■GOOSERA 監視カメラ EC-67

amazon

次に紹介する屋内用の防犯カメラならこれがおすすめ!人気商品5選はGOOSERA 監視カメラ EC-67です。
こちらの防犯カメラは、置くことも、天井に設置しておくことも可能な防犯カメラでおしゃれなデザインです。使い方によっては、目立たなくすることも可能なので、さまざまな場面で活躍するでしょう。また、電源コードが比較的長いため、設置場所にも困らないようです。首振り監視することが可能で、横は360度、縦は90度と広い範囲を確認できて安心です。正面部分にある呼び出しボタンは押すことで、双方向で会話ができ、自宅にいる家族とも会話できる良さがあります。

■Panasonic(パナソニック)屋内HDカメラ KX-HDN10

amazon

次に紹介する屋内用の防犯カメラならこれがおすすめ!人気商品5選はPanasonic(パナソニック)屋内HDカメラ KX-HDN10です。
ほかとはちょっと違う防犯カメラを求めているのなら、こちらの防犯カメラはいかがでしょうか。縦長タイプのデザインをしている防犯カメラで、自立することや壁に掛けることが可能です。見守ることをメインとしている場合には、見られる側のプライバシー配慮もできます。プライバシーシャッターを下ろしてカメラ映像をオフにすれば、お互い気持ち良く過ごせることでしょう。そのほかにも、動作、温度、音に変化があれば、自動的にスマートフォンにお知らせがくるので、暑い日に熱中症対策としての声かけができます。

Panasonic(パナソニック)屋内HDカメラ KX-HDN10

■Hiseeu ワイヤレス防犯カメラセット ZXL0002

amazon

最後に紹介する屋内用の防犯カメラならこれがおすすめ!人気商品5選はHiseeu ワイヤレス防犯カメラセット ZXL0002です。
屋内に防犯カメラを複数用意したい人には、こちらの防犯カメラがおすすめです。カメラ4台に10.1液晶モニター、HDD1TB内蔵のNVRがセットになっているので、すぐにでも使い始められるでしょう。また、こちらの防犯カメラは、Wi-Fiがあってもなくても使えるもので、環境に左右されない良さがあります。レンズは、広角レンズの採用しており、広い範囲の映像をチェックも可能。いつでも映像を確認して、セキュリティ対策ができます。そのほか、すべてのカメラに赤外線暗視装置が搭載されており、夜間の動きなどもしっかりと確認できて防犯対策に適しています。

Hiseeu ワイヤレス防犯カメラセット ZXL0002

用途に合った屋内用の防犯カメラを購入しよう

さまざまな屋内用防犯カメラが出ているので、どの種類にすれば迷う人もいることでしょう。そんなときは、防犯カメラを設置する理由を考え、それに見合った機能を搭載しているものを選ぶことをおすすめします。また、威圧感を出したくない場合は、デザインなどにも意識して選ぶと満足のできる屋内用防犯カメラが購入できるはずです。今回紹介した内容をぜひ参考にし、検討してみてください。

! /t-607/topic-76440/
! /t-607/topic-71590/
! /t-607/topic-71698/

防犯カメラ設置に関連する記事

【保存版】防犯カメラ大全|選び方や注意点を一挙公開!屋内外の設置から家庭用まで【徹底解説】

ライフスタイル

昨今、監視・防犯カメラの需要は大きく、多くの人が導入検討しているアイテムです。自宅やお店への不法侵入、いたずら対策、職場での不正防止などの犯罪抑止効果。また、子供やお年寄りの安全、ペットの監視などの見守り効果まで。監視・防犯カメラの用途は多岐に渡ります。 その需要は、今も止まることなく広がり続けており、「設置することが普通」といった時代も、そう遠くない未来かもしれません。まさに、これからの時代の監視・防犯カメラは、検討すべきアイテムから、導入すべきアイテムへと、変わりつつあるのではないでしょうか。 そんな防犯カメラですが、じつは導入ハードルが低いわけではありません。選択肢の多さ問題です。防犯カメラには、屋外用や屋内用だけでなく「形・大きさ・機能・値段」など、検討材料が溢れるほどあり、選ぶだけでも苦労するアイテムの一つです。 さらに、「ワイヤレス、Wi-Fi、ソーラー、トレイルカメラ」など、タイプまでもが膨大で、どれを選んで良いのか迷ってしまった結果、設置目的にそぐわないアイテムを手にしてしまうリスクも。そうなると、せっかくの防犯対策も水の泡になりかねません。 そこで今回は、屋内外から家庭用まで防犯カメラの選び方や注意点を徹底的に解説していきます。防犯対策の参考にしてみてくださいね。 ✔この記事では下記のことが分かります ・監視/防犯カメラの効果 ・監視/防犯カメラの選び方(ポイント) ・おすすめの監視/防犯カメラ ・監視/防犯カメラの設置と合わせて知っておくこと ・監視/防犯カメラの設置で困ったときの対処法

コスメ・スキンケア、健康食品・サプリメント、ヘアケア、ダイエット、脱毛など、あらゆる切り口から自分らしい便利な暮らしをサポートします。「めったに起こらない」が起きた時、解決のヒントがここにある。

運営会社