秋田 グルメ|秋田で一度は食べたい人気の郷土料理やグルメをご紹介!【2024最新】

秋田旅行を計画するなら、その土地のグルメや郷土料理について知っておくことが大切です。観光や自然、グルメまで魅力の詰まった秋田。そんな秋田には、きりたんぽや稲庭うどん、比内地鶏など秋田を代表するグルメが盛りだくさん。秋田のグルメを知って、次の旅の計画を立ててみてください。



秋田のおすすめグルメ

  • きりたんぽ秋田のご当地料理「きりたんぽ」。すりつぶしたご飯を木の棒に巻きつけて焼いたもののことを指し、もっちりとした食感が特徴です。比内地鶏で出汁をとった「きりたんぽ鍋」が有名で、比内地鶏・舞茸・ごぼう・長ネギ・セリと一緒に煮込んだり、味噌をつけて焼いて食べたりします。
  • だまっこ餅・だまこ鍋「だまっこ餅」は「だまこもち」との呼び方もある秋田の郷土料理の一つで、炊き立てのご飯をすりつぶして丸めたもののこと。そして「だまこ鍋」とは、比内地鶏の出汁スープのなかに比内地鶏・長ネギ・舞茸・ごぼう・セリと一緒に、だまこを煮込んだ鍋料理のことを言います。
  • 稲庭うどん日本三大うどんの一つに数えられている「稲庭うどん」。発祥の地は秋田県湯沢市で、江戸時代に誕生しました。今もなお手作業でうどんを作っており、定められた製法や産地を守っているもののみ稲庭うどんと名乗れます。平べったい細麺で、透き通った美しい見た目をしており、コシが強いのが特徴です。
  • 比内地鶏国の天然記念物に指定されている「比内地鶏」。日本三大美味鶏の一つに数えられており、赤身が多く弾力があり、脂にも甘みがあります。比内地鶏を使った料理も多く、親子丼・焼き鳥をはじめ、きりたんぽ鍋・だまこ鍋など秋田を代表する郷土料理にも欠かせません。
  • 大根のいぶり漬豪雪地帯の秋田県内陸部で昔から作られてきた「大根のいぶり漬」。独特の香りと味わいがあり、「いぶりがっこ」の名で親しまれています。生の大根を燻製し、米ぬか・塩・ザラメなどに漬け込んで作る一品。タルタルソースに入れたり、チーズと合わせて食べたりしても美味しいと評判です。
  • 横手やきそば日本三大焼きそばの一つである「横手やきそば」。まっすぐで太い麺とキャベツ・ひき肉が甘めのソースと絡められており、その上には半熟の目玉焼きをトッピング、お皿には福神漬けが添えられています。戦後に誕生した秋田県横手市のご当地グルメで、子供も大人も気軽に食べられる一品です。
  • ジュンサイ三種町が日本一の生産量を誇る「ジュンサイ」。ゼリー状のものに包まれており、独特のぬめりとプリプリとした食感が特徴的な水草の一種で、綺麗な淡水の沼で栽培されています。ジュンサイ自体には味がないため、わさび醤油やポン酢で味をつけたり、お吸い物や味噌汁に入れたりして食べるのが一般的です。
  • バター餅北秋田市の郷土銘菓「バター餅」。お餅にバター・砂糖・卵黄などを入れて作るお菓子で、優しい甘みが口のなかに広がります。バターを使っているので固くなることがなく、ふわふわとした食感が楽しめるのも特徴。冬に狩りをするマタギが保存食として愛用してきた歴史あるお菓子です。
  • ババヘラアイスまるでバラのような見た目をした「ババヘラアイス」は、秋田名物の一つ。秋田の方言で中高年の女性のことを「ババ」と呼ぶこと、そしてヘラを使って盛り付けることから、この名が付けられました。ピンクはイチゴ味で、黄色はバナナ味。どちらもどこか懐かしさを感じる、あっさりとした味わいです。

秋田のおすすめ観光スポット

秋田のお土産

秋田の気候

エリアからツアーを探す

秋田 グルメ 関連情報

旅のお役立ち情報

  • 旅行者の感染拡大防止ガイドライン
    国土交通省 観光庁は2022年6月19日に、旅行者視点の感染症防止のための留意点をまとめた「新しい旅のエチケット」を公表しました。今後は、旅行者同士が安心して旅行を楽しむために、場面別での感染症の予防対策が必要です。
    詳しいご案内はこちら「新しい旅のエチケット(PDF版)」
  • JAL 感染症予防対策の取り組み
    JALでは安心して飛行機に利用していただくために、「JAL FLY SAFE」に取り組んでいます。客室乗務員・地上係員は空港や機内でのマスク・手袋の着用を徹底しており、機内では定期的に消毒を実施。アルコールシートの提供や機内空気循環システムがあるため、安心して快適な空の旅へ出かけることができます。
    詳しいご案内はこちら「JAL FLY SAFE」
  • JAL あんしんPCRサポート
    JALは旅行や出張に行く方に安心して出発していただくため、自宅でできるPCR検査を提供しています。価格はJAL特別価格で、1,980円もしくは2,500マイルです。
    詳しいご案内はこちら「JAL あんしんPCRサポート」
  • ANA 感染症予防対策の取り組み
    ANAは新型コロナウイルス感染症予防対策として、「ANA Care Promise」に取り組んでいます。客室乗務員・地上係員は空港や機内でのマスク着用を徹底しており、機内では定期的な消毒を実施。搭乗者にアルコールシートの配布を行っており、快適に飛行機での旅を楽しめます。
    詳しいご案内はこちら「ANA Care Promise」
  • ANA国内線予約者限定!特別価格でPCR検査
    ANAは国内線予約者限定で、PCR検査を安全に受けられる検査キットを提供しています。価格は返送料込みで、2,360円です。
    詳しいご案内はこちら「ANA国内線予約者限定 PCR検査」
  • スカイマークのコロナウィルスに対する取り組み
    スカイマークではワクチン接種の有無に関わらず、搭乗時にマスクの着用が必要です。機内の空調は3分で新しい空気に入れ替わるため、安心して飛行機での旅を楽しめます。
    詳しいご案内はこちら「新型コロナウィルス感染拡大防止のために」
  • Peachの感染対策
    Peachは全ての人に安心して飛行機を利用してもらうため、空港職員や客室乗務員のマスクの着用・徹底した除菌、機内換気などの感染対策に努めています。利用者も搭乗する際は、マスクの着用やソーシャルディスタンスなどの最低限の感染予防を求められます。
    詳しいご案内はこちら「Peachの感染対策について」
  • ジェットスターの感染対策
    ジェットスターは感染症の拡大防止のため、地上係員及びキャビンクルーのマスクの着用・機内の除菌や換気などの対策を行なっております。利用者も搭乗する際は、検温の実施や健康状態の確認を求められます。
    詳しいご案内はこちら「ジェットスターの取り組み」
  • JR東日本グループのコロナ対応
    JR東日本グループは、駅係員や車掌のマスクの着用や定期的な消毒・除菌、車内換気などの感染症対策に努めています。新幹線・在来線特急車両においては、空調装置や換気装置により、6~8分程度で車内の空気を入れ替えています。利用者も乗車の際は、マスクの着用やソーシャルディスタンスなど個人単位の感染症対策が求められます。
    詳しいご案内はこちら「お客さまの安心のために」
  • JR西日本の感染予防の取り組み
    JR西日本は感染症の拡大防止のため、車内の換気や消毒・除菌、車内の抗菌加工に努めています。またスマートフォンのアプリやWEBサイトにて、駅や電車の利用状況の情報を発信しています。利用者も乗車する際は、マスクの着用や会話を控えめにするなどの最低限の感染予防を求められます。
    詳しいご案内はこちら「新型コロナウイルス感染予防の取組みについて」

旅のお得情報 Sale & Coupon

秋田旅行のよくある質問

  • Q秋田への交通手段・所要時間は?

    A東京から秋田県へ向かう場合は飛行機を使用するのがおすすめです。羽田空港から秋田空港まで約1時間5分で、秋田空港から秋田駅まではリムジンバスも運行しています。電車の場合は秋田駅まで秋田新幹線「こまち」を利用することが出来、最速3時間37分で到着します。東京以外のエリアからも各県の空港から飛行機を利用することでアクセスすることができます。

  • Q秋田旅行の費用はどのぐらいかかりますか?

    Aツアーを利用して秋田旅行をする場合、交通費と宿泊代金を合わせて30,000円から40,000円で出かけることが出来ます。現地のグルメやお土産、交通費などをプラスして50,000円前後を用意しておけば秋田旅行を楽しむことが可能です。滞在日数や旅行の目的によってはもう少し節約したり、逆にもう少しリッチにすることも出来ます。

  • Q秋田旅行は何泊何日が人気ですか?

    A秋田旅行は1泊2日のショートステイでも楽しむことが出来ます。1泊2日の場合は広範囲を巡るのではなく、決まった場所を楽しむ秋田旅行となります。じっくりと秋田県を満喫したい場合には2泊3日、4泊5日など滞在日数を増やすのがおすすめです。ゆとりをもってのんびり旅行をしたい人は2泊3日以上を計画してみてください。

  • Q秋田旅行のベストシーズン・おすすめの時期はいつですか?

    A秋田旅行は気候が安定している4月から5月にかけてがベストシーズンと言われています。「千秋公園」「真人公園」などさくら名所100選にも選定されている観光スポットでお花見を満喫することが出来るのが理由です。5月末頃の初夏にあたる季節も秋田の山々が新緑に覆われ、爽やかな光景が広がり魅力的です。暖かな空気と美しい景色を楽しむことができます。

  • Q秋田旅行で比較的空いている穴場の時期はありますか?

    Aベストシーズンである4月や5月を外した時期は比較的空いている穴場の時期と言えます。ただし、秋田県は日本海側気候に位置していることから冬になると日本海側から湿った冷たい風が吹き荒れます。1月2月は豪雪となることも少なくないので冬の時期は外して旅行の計画を立てることがおすすめです。3月や6月、9月などが狙い目となっています。

  • Q秋田のおすすめ観光スポットは?

    A秋田県は山側と海側にそれぞれ観光スポットが広がっています。また日本一深い湖である田沢湖や乳頭温泉もおすすめの観光スポットです。秋田県の中央には角館というエリアがあり、武家屋敷が立ち並ぶ小京都として人気を集めています。春や秋には美しい景色が広がり、街歩きを堪能することが可能です。全国の中でも有数の花火大会が開かれる大曲もおすすめのエリアとなっています。

  • Q秋田旅行はどのような服装で行けばいいですか?

    A秋田県は昼と夜の寒暖差が激しい地域なので、4月でも羽織るものを用意しておくことをおすすめします。肌寒いと感じた時にサッと羽織ることが出来る上着を用意したり、薄手のストールがあると安心です。交通手段にもよりますが、たくさんのエリアを巡るプランを組むのであれば歩きやすい靴や動きやすい服装を用意してください。

  • Q秋田旅行の持ち物で必要なものはありますか?

    A飛行機を利用してアクセスする場合は機内で時間を潰せる本やタブレットを用意しておくと安心です。服装の項目でも記載しましたが、羽織るものは機内でも使用することが出来るので準備をしておきましょう。その他には悪天候の際にサッと取り出せる折り畳み傘や、お土産を購入した際に入れておける手座下袋やエコバックを用意しておくのがおすすめです。

  • Q秋田で外せないグルメはありますか?

    A秋田県と言えばきりたんぽが有名ですが、県内にはきりたんぽ以外にもハタハタや角館ぞばといったご当地グルメがたくさんあります。地域によっても味わえるご当地グルメが違い、北部はきりたんぽとハタハタ、中部は赤い餃子、南部は稲庭うどん、横手やきそばが有名です。また、比内地鶏の名産地としても知られているので試してみてください。

  • Qコロナ対策など、秋田旅行で気を付けることは?

    A現在コロナウイルスの蔓延により、旅行の際には最新の注意が必要です。公共交通機関を利用する場合にはマスクを着用して、3密を避けて行動するようにしてください。秋田県内を移動する際はレンタカーなどを利用してなるべく人が密集する状況を避けるようにしましょう。観光スポットや飲食店に行く際にも地域の方々の指示に従って行動してください。

TravelBook編集部 トラベルチーム

旅行業界出身のメンバーで構成されたTravelBook編集部トラベルチーム。業界の知見と経験を活かし、エリアやテーマごとにおすすめの旅行商品をご紹介します。