鹿児島 グルメ|鹿児島で一度は食べたい人気の郷土料理やグルメをご紹介!【2024最新】

鹿児島旅行を計画するなら、その土地のグルメや郷土料理について知っておくことが大切です。観光や自然、グルメまで魅力の詰まった鹿児島。そんな鹿児島には、かんぱち漬け丼や黒豚とんかつ、しろくまなど鹿児島を代表するグルメが盛りだくさん。鹿児島のグルメを知って、次の旅の計画を立ててみてください。



鹿児島のおすすめグルメ

  • かんぱち漬け丼鹿児島県のブランド魚・カンパチをしょうゆベースのタレに漬け込み、ご飯の上にたっぷり乗せた海鮮丼。程よく脂が乗ったカンパチは弾力があり、噛むほどにうまみが口いっぱいに広がります。鹿児島ならではの甘い醤油と、ご飯の相性も抜群です。
  • 鹿児島ラーメン鹿児島ラーメンは豚骨と鶏ガラの半濁スープに、柔らかめに仕上げたストレート麵が特徴です。スープは濃厚ながらマイルドな味わいで、タレに鹿児島の甘い醤油を使っているので、スープに甘みが感じられるのも特色の一つ。九州で唯一、久留米をルーツとしていないこともあり、他県とは違うラーメン文化を築いています。
  • しろくま鹿児島名物のかき氷・しろくま。削った氷に練乳をかけて、チェリーやミカンなどのフルーツ、あずき、寒天などをトッピングしたカラフルな見た目が特徴です。近年ではプリンを乗せたものや抹茶シロップをかけたものなど、様々なアレンジをしたしろくまもあります。
  • 黒豚とんかつ西郷隆盛もこよなく愛したと言われる鹿児島のブランド豚・かごしま黒豚。柔らかくて甘みのある肉質で、脂身がさっぱりしているのでとんかつにしてもくどくありません。弾力のある赤身とジューシーな脂身の味わいが楽しめます。塩でいただくのもおすすめです。
  • 黒豚しゃぶしゃぶブランド豚・かごしま黒豚をスライスし、出汁にさっとくぐらせていただく鹿児島の郷土料理。やわらかくて脂肪の融点が高いかごしま黒豚はしゃぶしゃぶに最適で、シンプルな調理法だからこそ肉本来のうまみを堪能できます。出汁にくぐらせた後、薬味とポン酢をつけたり、生卵をつけたりと、お店によって違いがあります。
  • さつま揚げさつま揚げは、酒や調味料を加えた魚のすり身を油で揚げた、鹿児島の郷土料理です。島津斉彬公の時代に伝わった琉球料理の揚げかまぼこ「チキアギ(チキアーギ)」が元祖とされ、「チキアーギ」がなまった「つけあげ」の名で親しまれています。鹿児島では多くのさつま揚げ専門店があり、バラエティに富んだ味わいを楽しめます。
  • うな丼鰻の生産量日本一を誇る鹿児島県。気候が温暖で年間を通して水温が安定しているので、一年中いつでも良質のウナギを楽しめます。鹿児島のうな丼は、生のウナギを直火で焼く関西風のスタイルが主流。ふっくら焼きあがったコクのある身と、パリパリとした皮の香ばしさが魅力です。
  • かるかん鹿児島を代表する郷土菓子、かるかん。かるかん粉(米粉)にすりおろした山芋や水、砂糖を混ぜて蒸したお菓子です。本来は包丁で切り分けて食べる棹菓子ですが、近年では中に餡が入った「かるかんまんじゅう」が主流になりつつあります。現在でも贈答菓子として、冠婚葬祭によく使われています。
  • キビナゴの刺身鹿児島県はキビナゴの漁獲量が多く、新鮮なキビナゴの刺身は郷土料理の一つとして昔から食されています。一匹ずつ手開きしたキビナゴの身を半分にたたみ、菊の花のように並べた盛り付けは見た目の美しさも抜群。しょうが醤油で食べてもおいしいですが、酢味噌をつけるのが本場鹿児島流の食べ方です。

鹿児島のおすすめ観光スポット

鹿児島のお土産

鹿児島の気候

エリアからツアーを探す

鹿児島 グルメ 関連情報

【鹿児島】名物を堪能! 市内でおすすめのグルメのお店5選

新鮮な食材や美味しいグルメが盛りだくさんで、「食の宝庫」でもある”鹿児島”。畜産や農業、漁業が盛んなエリアで、食の魅力がいっぱいあり、郷土料理をはじめ、B級グルメ、ソウルフードなど、訪れた際に食べたいグルメが目白押し! 観光名所が多いエリアでもありますので、一緒にグルメも楽しみましょう! 名物の”黒豚”はもちろんのこと、このエリアでしか食べることができない鹿児島名物を楽しめるお店を集めました。旅行の際はもちろんのこと、地元の人々のランチやディナーの時のご参考にどうぞ♪ 鹿児島の味をとことん堪能してくださいね。

【鹿児島】サツマイモや黒豚の故郷・薩摩が誇る新旧名物グルメの店10選

サツマイモにさつま揚げと、現在全国的に食べられているもので薩摩(=鹿児島)に由来するものは少なくありません。お酒好きなら薩摩焼酎も思いつくのではないでしょうか? 九州最南端に位置する鹿児島県の大自然は桜島の噴火や台風による厳しい災害をもたらしつつ、大いなる恵みももたらしています。噴火による火山灰はサツマイモ栽培に適した水はけのよい土壌を作り、そのサツマイモを餌にして育つ黒豚も鹿児島の名物に。一方で、藩主の島津公が中心になって開発した古くからの特産品も薩摩の人々の知恵と努力の結晶といえます。 ここでは県内各地で出合える薩摩グルメの名店を厳選して10軒ご紹介します。史跡見物や温泉巡りの合間にぜひ味わってみてくださいね。

鹿児島でおすすめのグルメ・レストランまとめ:ランチやディナーで使えるお店をご紹介

観光客にも、地元の方にもおすすめする鹿児島のグルメレストランをご紹介します。東京から飛行機に乗って、約1時間半から2時間弱で到着する鹿児島県。錦江湾から眺める雄大な桜島は鹿児島のシンボルです。霧島温泉や指宿温泉の砂むし温泉など100もの温泉地と2700カ所以上もの源泉数を誇る温泉天国でもあります。美味しいものが勢ぞろいの鹿児島県。鹿児島黒豚や黒毛和牛などの他、豊富な種類の魚が獲れることでも知られています。真鯛や鰹、飛び魚、きびなご、ぶりなどの他、鹿児島県の離島、屋久島で獲れる首折れサバ、大隅産のうなぎなど数え上げたらキリがないほど。そんな食材の宝庫でもある鹿児島には、新鮮な食材を使ったグルメ・レストランが数多くあります。黒豚のとんかつやしゃぶしゃぶ、黒毛和牛も地元ならではのコストパフォーマンスで提供するお店。獲れたての魚を芋焼酎と楽しむ大人の隠れ家など15店をご紹介します。

旅のお役立ち情報

  • 旅行者の感染拡大防止ガイドライン
    国土交通省 観光庁は2022年6月19日に、旅行者視点の感染症防止のための留意点をまとめた「新しい旅のエチケット」を公表しました。今後は、旅行者同士が安心して旅行を楽しむために、場面別での感染症の予防対策が必要です。
    詳しいご案内はこちら「新しい旅のエチケット(PDF版)」
  • JAL 感染症予防対策の取り組み
    JALでは安心して飛行機に利用していただくために、「JAL FLY SAFE」に取り組んでいます。客室乗務員・地上係員は空港や機内でのマスク・手袋の着用を徹底しており、機内では定期的に消毒を実施。アルコールシートの提供や機内空気循環システムがあるため、安心して快適な空の旅へ出かけることができます。
    詳しいご案内はこちら「JAL FLY SAFE」
  • JAL あんしんPCRサポート
    JALは旅行や出張に行く方に安心して出発していただくため、自宅でできるPCR検査を提供しています。価格はJAL特別価格で、1,980円もしくは2,500マイルです。
    詳しいご案内はこちら「JAL あんしんPCRサポート」
  • ANA 感染症予防対策の取り組み
    ANAは新型コロナウイルス感染症予防対策として、「ANA Care Promise」に取り組んでいます。客室乗務員・地上係員は空港や機内でのマスク着用を徹底しており、機内では定期的な消毒を実施。搭乗者にアルコールシートの配布を行っており、快適に飛行機での旅を楽しめます。
    詳しいご案内はこちら「ANA Care Promise」
  • ANA国内線予約者限定!特別価格でPCR検査
    ANAは国内線予約者限定で、PCR検査を安全に受けられる検査キットを提供しています。価格は返送料込みで、2,360円です。
    詳しいご案内はこちら「ANA国内線予約者限定 PCR検査」
  • スカイマークのコロナウィルスに対する取り組み
    スカイマークではワクチン接種の有無に関わらず、搭乗時にマスクの着用が必要です。機内の空調は3分で新しい空気に入れ替わるため、安心して飛行機での旅を楽しめます。
    詳しいご案内はこちら「新型コロナウィルス感染拡大防止のために」
  • Peachの感染対策
    Peachは全ての人に安心して飛行機を利用してもらうため、空港職員や客室乗務員のマスクの着用・徹底した除菌、機内換気などの感染対策に努めています。利用者も搭乗する際は、マスクの着用やソーシャルディスタンスなどの最低限の感染予防を求められます。
    詳しいご案内はこちら「Peachの感染対策について」
  • ジェットスターの感染対策
    ジェットスターは感染症の拡大防止のため、地上係員及びキャビンクルーのマスクの着用・機内の除菌や換気などの対策を行なっております。利用者も搭乗する際は、検温の実施や健康状態の確認を求められます。
    詳しいご案内はこちら「ジェットスターの取り組み」
  • JR東日本グループのコロナ対応
    JR東日本グループは、駅係員や車掌のマスクの着用や定期的な消毒・除菌、車内換気などの感染症対策に努めています。新幹線・在来線特急車両においては、空調装置や換気装置により、6~8分程度で車内の空気を入れ替えています。利用者も乗車の際は、マスクの着用やソーシャルディスタンスなど個人単位の感染症対策が求められます。
    詳しいご案内はこちら「お客さまの安心のために」
  • JR西日本の感染予防の取り組み
    JR西日本は感染症の拡大防止のため、車内の換気や消毒・除菌、車内の抗菌加工に努めています。またスマートフォンのアプリやWEBサイトにて、駅や電車の利用状況の情報を発信しています。利用者も乗車する際は、マスクの着用や会話を控えめにするなどの最低限の感染予防を求められます。
    詳しいご案内はこちら「新型コロナウイルス感染予防の取組みについて」

旅のお得情報 Sale & Coupon

鹿児島旅行のよくある質問

  • Q鹿児島への交通手段・所要時間は?

    A鹿児島への交通手段は、飛行機やフェリー、鉄道、高速バスなどがあります。東京から鹿児島までは、飛行機を利用して約1時間40分のフライトでアクセスが可能です。大阪から鹿児島までは、飛行機を利用して約1時間10分のフライトでアクセスが可能になっています。福岡から鹿児島は、新幹線で約2時間45分でアクセスできます。

  • Q鹿児島旅行の費用はどのぐらいかかりますか?

    A鹿児島旅行の費用は、出発地や宿泊日数、交通手段、宿泊するホテル、どこへ行くのか、どのシーズンに訪れるのかなどによって大きく異なります。東京発の飛行機利用、鹿児島市内に1泊2日のプランの格安ツアーが、13,400円からになっています。これに、食事代や観光費用、お土産代が必要になるので、25,000円は用意しておくのがおすすめです。

  • Q鹿児島旅行は何泊何日が人気ですか?

    A鹿児島旅行は、どこへ行くのかや何がしたいのかによって最適な宿泊日数が異なります。鹿児島本土の旅行では、2泊3日が人気。鹿児島市内と桜島、霧島などの人気スポットをドライブなどでぐるっと巡るプランがおすすめです。また、世界遺産の屋久島を訪れるプランも人気になっており、その場合は、3泊4日プランがおすすめです。

  • Q鹿児島旅行のベストシーズン・おすすめの時期はいつですか?

    A鹿児島旅行のベストシーズンといわれているのは、新緑や花の見ごろで、気候もちょうどよい梅雨前の春や、紅葉や温泉を楽しむのに最適な10月や11月になっています。マリンスポーツを楽しみたいという人であれば、夏がベストシーズン。冬でも雪が降ることがめったになく温暖なので、1年を通じて楽しむことができますよ。

  • Q鹿児島旅行で比較的空いている穴場の時期はありますか?

    A鹿児島旅行で、比較的人が少ないシーズンといえば、6月や7月の梅雨のシーズンや、冬休み開けの1月から2月ごろです。冬でも本州に比べて温暖なので、観光がしやすくなっており、温泉を楽しむのにもピッタリ。1月には、池田湖の菜の花が満開を迎え、マラソンなどのイベントが行われるなどして盛り上がりを見せています。

  • Q鹿児島のおすすめ観光スポットは?

    A鹿児島の観光スポットは、桜島や霧島神宮、指宿の砂蒸し風呂、知覧特攻平和会館などたくさんあります。西郷隆盛ゆかりのスポットや島津家ゆかりのスポットなどの歴史スポットも盛りだくさん!また、本土だけでなく、世界遺産の屋久島や南国リゾートの奄美大島、宇宙センターで有名な種子島などの離島も魅力的で見どころが満載です。

  • Q鹿児島旅行はどのような服装で行けばいいですか?

    A鹿児島旅行は、行く場所によっても適切な服装が異なりますが、基本的には本州に比べて温暖で、薄着で過ごすことができます。6月から9月ごろは特に気温が高く、日差しも強いため、熱中症対策や日焼け対策をしっかりと行うのがおすすめです。奄美大島などは、沖縄に非常に近い気候なので、冬でも真冬の服装は必要ありません。

  • Q鹿児島旅行の持ち物で必要なものはありますか?

    A鹿児島旅行は、6月や7月梅雨のシーズンや、9月や10月の台風シーズンに訪れる場合は、必ず折り畳み傘などの雨具を用意しておきましょう。特に9月や10月の台風シーズンは、雨だけでなく風もともない傘がさせないこともあるため、レインコートや雨靴の用意があると便利です。霧島をはじめ山間部を訪れる場合は、寒暖差対策もしっかり行いましょう。

  • Q鹿児島で外せないグルメはありますか?

    A鹿児島といえば、黒豚や黒牛、地鶏、きびなご、たんかんなどの柑橘、さつまいもなどの農作物など、海の幸に山の幸、農作物と食材の宝庫です。豚骨ベースの鹿児島ラーメンに、さつま揚げ、かるかんなどのほか、特製のミルク密がたっぷりかかったかき氷に、さまざまな具材をトッピングした「白熊」も外すことができない鹿児島を代表するグルメになっています。

  • Qコロナ対策など、鹿児島旅行で気を付けることは?

    A鹿児島では、コロナウイルス感染症拡大防止対策を徹底しています。密を避けるために、観光スポットでの入場制限や、飲食店の営業時間短縮、イベント開催の中止などがおこなわれており、訪れる前にホームページなどで確認するのがおすすめです。マスク着用やアルコール消毒、会話を控えめにするなどして安全に旅行を楽しむようにしましょう。

TravelBook編集部 トラベルチーム

旅行業界出身のメンバーで構成されたTravelBook編集部トラベルチーム。業界の知見と経験を活かし、エリアやテーマごとにおすすめの旅行商品をご紹介します。