宮崎 グルメ|宮崎で一度は食べたい人気の郷土料理やグルメをご紹介!【2024最新】

宮崎旅行を計画するなら、その土地のグルメや郷土料理について知っておくことが大切です。観光や自然、グルメまで魅力の詰まった宮崎。そんな宮崎には、チキン南蛮やみやざき地鶏、宮崎マンゴーなど宮崎を代表するグルメが盛りだくさん。宮崎のグルメを知って、次の旅の計画を立ててみてください。



宮崎のおすすめグルメ

  • チキン南蛮延岡市発祥の「チキン南蛮」。一般的に知られているタルタルソースをかけたチキン南蛮だけでなく、鶏の唐揚げを甘酢に漬けただけのチキン南蛮もあります。使用する鶏肉の部位もむね肉だけでなくもも肉を使うこともあり、お店によってさまざまな味わい。甘酸っぱいタレとジューシーな鶏肉の組み合わせがたまらない一品です。
  • 冷や汁暑い夏にピッタリの「冷や汁」。タイやアジなど焼き魚の身をほぐしたもの・白ゴマ・焼き味噌をだし汁でのばし、きゅうり・豆腐・青じそ、そして冷ご飯を加えたら完成です。簡単に作れて栄養補給も手軽にできる、宮崎を代表する郷土料理の一つです。
  • みやざき地鶏みやざき地鶏を使った「地鶏の炭火焼き」は、宮崎のソウルフード。基本的に味付けは塩のみですが、炭火で焼くため香りが良く、噛めば噛むほど地鶏特有の旨みを感じられます。現地で食べるのはもちろんですが、保存も利くためお土産や常備食品にもおすすめです。
  • 宮崎牛宮崎県は国内有数の黒毛和牛の産地。「宮崎牛」は県内で生産されている黒毛和種のうち、日本食肉格付協会が定めた肉質等級4等級以上を得た高ランクの牛肉を指します。日本を代表するブランド牛の一つで、きめ細かなサシが入った牛肉は口どけが良く、ほのかな甘みと香りが感じられます。
  • 肉巻きおにぎり宮崎発祥のB級グルメ「肉巻きおにぎり」。おにぎりの周りに醤油ベースの甘辛いタレで味付けした豚の薄切り肉を巻いて焼いた、ボリューム満点の一品です。ごはんとお肉、そしてタレが絡み合った絶品で、今や日本各地で親しまれる料理となりました。
  • 辛麺「辛麺」は、宮崎のご当地ラーメンです。醤油ベースのスープにはにんにくと唐辛子が大量に入っており、トッピングは溶き卵・ニラ・ひき肉が定番。そば粉と小麦粉をブレンドして作った麺は、まるでこんにゃくのような弾力感があることから「こんにゃく麺」と呼ばれています。辛いもの好きにはたまらない一品です。
  • レタス巻き宮崎市にある老舗寿司屋「一平」で50年以上前に誕生した、「レタス巻き」。えび・レタス・マヨネーズが入った巻き寿司のことで、日本全国で親しまれているサラダ巻きの原点とも言える一品です。宮崎市内ではレタス巻きを提供しているお店も多く、地域の人々に親しまれています。
  • 宮崎マンゴー全国2位の生産量を誇る、「宮崎マンゴー」。宮崎はマンゴーの栽培に適した温暖な気候と、完熟した実が自然落下するのを待つ手間暇かけた生産方法をとっているため、美味しいマンゴーがそろっています。特に「太陽のタマゴ」という宮崎オリジナルのマンゴーは希少価値や糖度が高く、人気です。
  • くじら羊羹300年以上の歴史がある、宮崎・佐土原銘菓の「くじら羊羹」。米粉を練って伸ばしたものを、あんこで挟んで蒸した和菓子のことで、「くじらのように大きく、元気に、たくましく育つように」との願いが込められています。

宮崎のおすすめ観光スポット

宮崎のお土産

宮崎の気候

エリアからツアーを探す

宮崎 グルメ 関連情報

宮崎駅周辺のランチで行きたいおすすめのグルメスポット20選

温暖な気候で、プロ野球やJリーグのキャンプ地で有名な宮崎。特別なファンイベントも開催されるので、遠くから訪れるファンも多いようです。また、自然が織りなす絶景の観光スポットも多くあり、国の名勝、天然記念物に指定されている「高千穂峡」では断崖に囲まれた五ヶ瀬川や真名井の滝は神秘的な景観が人気の観光地です。他にも「鬼の洗濯板」と呼ばれる青島海岸の波打った岩も天然記念物に指定されています。 観光やビジネスなどで慣れない土地に訪れた際に、せっかくなら美味しい物を食べたいですよね。特にランチは気軽でお値打ちに地元の味を楽しめます。今回は、そんな時に参考にしていただきたい「宮崎駅周辺ランチで行きたいおすすめのグルメスポット20選」のご紹介です。

【宮崎】ほっとひとやすみ!高千穂でおすすめのグルメ5選

宮崎市から高速道路に乗って約2時間30分、『天孫降臨』伝説の地・高千穂には、日本古代神話にまつわるさまざまな見どころがあります。山を歩いて、ボートに乗って、神社にお参りして、、大自然の中をこれだけ歩き回ったら、そりゃ〜お腹だって空きますよね! 名物の高千穂牛を始め、豊かな自然に培われた魚や野菜や果物、そして名水。日本有数のパワースポットとしても知られている高千穂の食材には、古代からのエネルギーがぎっしりと凝縮している感じがします。神々も味わったかもしれない? 神秘の高千穂グルメ、厳選して5軒をご紹介します。

旅のお役立ち情報

  • 旅行者の感染拡大防止ガイドライン
    国土交通省 観光庁は2022年6月19日に、旅行者視点の感染症防止のための留意点をまとめた「新しい旅のエチケット」を公表しました。今後は、旅行者同士が安心して旅行を楽しむために、場面別での感染症の予防対策が必要です。
    詳しいご案内はこちら「新しい旅のエチケット(PDF版)」
  • JAL 感染症予防対策の取り組み
    JALでは安心して飛行機に利用していただくために、「JAL FLY SAFE」に取り組んでいます。客室乗務員・地上係員は空港や機内でのマスク・手袋の着用を徹底しており、機内では定期的に消毒を実施。アルコールシートの提供や機内空気循環システムがあるため、安心して快適な空の旅へ出かけることができます。
    詳しいご案内はこちら「JAL FLY SAFE」
  • JAL あんしんPCRサポート
    JALは旅行や出張に行く方に安心して出発していただくため、自宅でできるPCR検査を提供しています。価格はJAL特別価格で、1,980円もしくは2,500マイルです。
    詳しいご案内はこちら「JAL あんしんPCRサポート」
  • ANA 感染症予防対策の取り組み
    ANAは新型コロナウイルス感染症予防対策として、「ANA Care Promise」に取り組んでいます。客室乗務員・地上係員は空港や機内でのマスク着用を徹底しており、機内では定期的な消毒を実施。搭乗者にアルコールシートの配布を行っており、快適に飛行機での旅を楽しめます。
    詳しいご案内はこちら「ANA Care Promise」
  • ANA国内線予約者限定!特別価格でPCR検査
    ANAは国内線予約者限定で、PCR検査を安全に受けられる検査キットを提供しています。価格は返送料込みで、2,360円です。
    詳しいご案内はこちら「ANA国内線予約者限定 PCR検査」
  • スカイマークのコロナウィルスに対する取り組み
    スカイマークではワクチン接種の有無に関わらず、搭乗時にマスクの着用が必要です。機内の空調は3分で新しい空気に入れ替わるため、安心して飛行機での旅を楽しめます。
    詳しいご案内はこちら「新型コロナウィルス感染拡大防止のために」
  • Peachの感染対策
    Peachは全ての人に安心して飛行機を利用してもらうため、空港職員や客室乗務員のマスクの着用・徹底した除菌、機内換気などの感染対策に努めています。利用者も搭乗する際は、マスクの着用やソーシャルディスタンスなどの最低限の感染予防を求められます。
    詳しいご案内はこちら「Peachの感染対策について」
  • ジェットスターの感染対策
    ジェットスターは感染症の拡大防止のため、地上係員及びキャビンクルーのマスクの着用・機内の除菌や換気などの対策を行なっております。利用者も搭乗する際は、検温の実施や健康状態の確認を求められます。
    詳しいご案内はこちら「ジェットスターの取り組み」
  • JR東日本グループのコロナ対応
    JR東日本グループは、駅係員や車掌のマスクの着用や定期的な消毒・除菌、車内換気などの感染症対策に努めています。新幹線・在来線特急車両においては、空調装置や換気装置により、6~8分程度で車内の空気を入れ替えています。利用者も乗車の際は、マスクの着用やソーシャルディスタンスなど個人単位の感染症対策が求められます。
    詳しいご案内はこちら「お客さまの安心のために」
  • JR西日本の感染予防の取り組み
    JR西日本は感染症の拡大防止のため、車内の換気や消毒・除菌、車内の抗菌加工に努めています。またスマートフォンのアプリやWEBサイトにて、駅や電車の利用状況の情報を発信しています。利用者も乗車する際は、マスクの着用や会話を控えめにするなどの最低限の感染予防を求められます。
    詳しいご案内はこちら「新型コロナウイルス感染予防の取組みについて」

旅のお得情報 Sale & Coupon

宮崎旅行のよくある質問

  • Q宮崎への交通手段・所要時間は?

    A宮崎への交通手段は、飛行機や新幹線、高速バスなどが一般的です。東京から飛行機を利用する場合、羽田空港から宮崎空港までのフライト時間は、約1時間35分です。大阪から飛行機を利用する場合は、伊丹空港から宮崎空港までのフライト時間は、約1時間5分。博多駅から宮崎駅まで高速バスを利用すると約5時間になっています。

  • Q宮崎旅行の費用はどのぐらいかかりますか?

    A宮崎旅行の費用は、出発地や宿泊日数、宿泊するホテル、交通手段、訪れる時期などによって大きく異なります。東京発で飛行機利用、1泊2日で格安ツアーを利用した場合は、23,000円からになっています。これに、食事代や観光費用、お土産代などをプラスするので、最低でも35,000円ほどの予算は必要になっています。

  • Q宮崎旅行は何泊何日が人気ですか?

    A宮崎旅行は、2泊3日で訪れるの人が多くなっています。高千穂峡や日南海岸、青島などの人気スポットを効率よく回るのにちょうどよい日数です。ただし、シーガイヤなどでリゾートを楽しみたい人や、冬のスキーを楽しみたい人などならば、3泊や4泊で楽しむのもおすすめ。目的に合わせて日数を設定しましょう。

  • Q宮崎旅行のベストシーズン・おすすめの時期はいつですか?

    A宮崎旅行のベストシーズンは、春と秋から冬です。宮崎は温暖な気候で、冬の平均気温が13℃になっており、空気が乾燥して天気もよいため、観光しやすくなっています。一方、夏は暑さが厳しく、観光をするのには向いていません。ただし、マンゴーなどのフツールを楽しんだり、海水浴などを楽しむのであれば、夏場もおすすめになっています。

  • Q宮崎旅行で比較的空いている穴場の時期はありますか?

    A宮崎旅行で、人が少ない穴場のおすすめシーズンと言えば、6月です。雨が多くムシムシして暑いため、観光をするのには、あまり適していないこともあり訪れる人は少なめ。世界三大花木の1つ南米原産のジャガランダが咲き乱れた美しい景色を楽しむことができ、ライトアップもおこなわれるジャガランダまつりなどが開催されています。

  • Q宮崎のおすすめ観光スポットは?

    A宮崎の観光スポットと言えば、青島や日南海岸、高千穂峡、霧島などが有名です。美しい自然の景色や歴史ある寺社仏閣が多く、パワースポット巡りなども楽しむことができます。また、プロ野球チームのキャンプ場としても有名で、野球ファンにも人気。子どもから大人までみんなで楽しむことができるシーガイヤもおすすめです。

  • Q宮崎旅行はどのような服装で行けばいいですか?

    A宮崎は、1年を通じて温暖な気候になっており、東京や大阪に比べると薄着で過ごすことができます。冬でもマフラーや手袋などは必要なく、ジャケットなどで過ごせる日もあります。ただし、霧島などの山間部は気温が低く、夏でも薄手の羽織がひつよう。冬はしっかりとした防寒対策ができる服装を用意しておくのがおすすめです。

  • Q宮崎旅行の持ち物で必要なものはありますか?

    A宮崎旅行で、霧島などの山間部を訪れるのであれば、市内とは異なり、夏場でも薄手の羽織などを用意しておきましょう。冬ならば、きちんと防寒ができる服装の用意が必要です。また、山の天気は変わりやすいので、折り畳み傘やレインコートなどの雨具の用意をしておくのがおすすめです。歩きやすい靴、動きやすい服装を心がけましょう。

  • Q宮崎で外せないグルメはありますか?

    A宮崎のグルメと言えば、宮崎地鶏や宮崎牛、マンゴーなどの南国フルーツが有名。美味しい地鶏のお店や宮崎牛のステーキなどを食べさせてくれるお店がたくさんあります。また、マンゴーを使用したスイーツを楽しめるお洒落なカフェも豊富。そして、チキン南蛮や冷や汁、肉巻きおにぎり、飫肥天などのご当地グルメも見逃せません。

  • Qコロナ対策など、宮崎旅行で気を付けることは?

    A宮崎では、コロナウイルス感染症拡大防止対策を徹底しています。密を避けるため、観光スポットの入場制限やイベント開催の中止、飲食店の営業時間短縮などがおこなわれているため、事前にホームページなどで確認してから訪れるのがおすすめです。マスク着用、アルコール消毒の徹底、会話を控えめにして、安全に旅行を楽しみましょう。

TravelBook編集部 トラベルチーム

旅行業界出身のメンバーで構成されたTravelBook編集部トラベルチーム。業界の知見と経験を活かし、エリアやテーマごとにおすすめの旅行商品をご紹介します。