【2022最新】東北 観光
東北で一度は行きたい人気観光スポットをご紹介!

青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島の6県を総称する東北地方は、その多くが豪雪地方で夏は涼しく、冬は雪景色を楽しめることで知られています。都会的な楽しみよりも、自然や文化、歴史に触れることのできる場所が多く、特に日本海、太平洋に沿った地域では日本有数の景勝地も。また、国内でも温泉の湧出量が多いため、大小様々な温泉地があります。渓流沿いで緑を眺めながら入浴したり、雪見温泉をしたりと季節によって楽しめるのが魅力です。この記事では、そんな東北地方6県のおすすめ観光スポットを紹介しています。

青森のおすすめ観光スポットランキング

弘前城

現存する建造物が数多く残る貴重なお城

現存天守12のうち、最北部に位置している弘前城。津軽地方を統一した大浦為信が計画を立て、2代目藩主の信枚が1611年に築城し、その後260年もの間津軽藩の政治の中心となっていました。城内には国指定の重要文化財である天守や櫓、そして城門や橋など数多くの建造物が現存しており、国の史跡にも指定されています。東北を代表する桜の名所でもあります。

弘前城の基本情報

住所
青森県弘前市下白銀町1-1
アクセス
JR奥羽本線弘前駅から弘南バス土手町循環弘前バスターミナル行きで15分、市役所前下車、徒歩10分
駐車場
駐車場 なし

八甲田ロープウェー

季節問わず空中散歩と青森の景色が楽しめる

十和田・八幡平国立公園の北部に位置する八甲田ロープウェー。山麓駅と山頂公園駅を結び、定員100名の大型ゴンドラで約10分の空の旅が楽しめます。八甲田の自然豊かな四季折々の景色はもちろん、青森市街地や津軽半島、さらに遠くには北海道まで見渡せる日も。山頂には広場や展望台があり、360°見渡せる大パノラマ絶景も見られます。

八甲田ロープウェーの基本情報

住所
青森県青森市荒川寒水沢1−12
アクセス
JR青森駅からJRバス十和田湖行きで1時間20分、八甲田ロープウェー駅前下車すぐ
駐車場
駐車場 あり

奥入瀬渓流

自然が生みだした心奪われる絶景にたくさん出会える

奥入瀬渓流は、十和田湖の子ノ口から焼山までおよそ14kmの渓流のこと。十和田湖から流れ出る唯一の河川で、十数もの滝や四季折々の木々が織りなす景色と共に、奇岩や千変万化の水の流れが見られ、息を飲むほどの絶景自然美に出会える場所です。新緑や紅葉の時期が特に見もので、国指定の特別名勝かつ天然記念物でもあります。

奥入瀬渓流の基本情報

住所
青森県十和田市
アクセス
JR東北新幹線八戸駅からJRバスおいらせ号で1時間30分、焼山下車すぐ 東北自動車道小坂ICから県道2号を経由し、国道103号を奥入瀬方面へ車で50km
駐車場
無料駐車場あり、収容台数70台(石ヶ戸駐車場を利用※10月22日~25日はマイカー交通規制の場合あり)

弘前公園

広大な敷地に広がる四季折々の景観美

かつての弘前城が基となった、約49万2000㎡もの巨大な敷地を有する弘前公園。園内に弘前城があり、日本を代表する桜の名所としても知られています。春には約2600本の桜の木が咲き誇り、秋には約1000本の楓の紅葉が見事なスポット。冬はライトアップされた150基の雪灯籠や約300基のミニかまくらなど、四季に応じた様々な景観が楽しめます。

弘前公園の基本情報

住所
青森県弘前市下白銀町1
アクセス
JR奥羽本線弘前駅から弘南バス土手町循環100円バスで15分、市役所前下車すぐ 東北自動車道大鰐弘前ICから国道7号を弘前市内方面へ車で12km(30分)
駐車場
有料駐車場あり(周辺の駐車場を利用)

八甲田山

四季折々の自然の景色と、冬にはスキーが楽しめる山

標高1585mの大岳を主峰とし、高田大岳や井戸岳などの10山からなる北八甲田と櫛ヶ峰や乗鞍岳などの8山からなる南八甲田の合計18の火山から構成されている、八甲田山。大岳の山麓にある酸ヶ湯温泉の近くには、湧き出た温泉が爆裂火口跡にたまってできた地獄沼や噴気孔跡など、かつての活火山の面影が残るスポットが点在しています。

八甲田山の基本情報

住所
青森県青森市
アクセス
JR東北新幹線新青森駅からJRバスみずうみ号で1時間、八甲田ロープウェー駅前下車すぐ(ロープウェー山麓駅) 青森自動車道青森中央ICから国道103号を十和田湖方面へ車で25km(ロープウェー山麓駅)
駐車場
無料駐車場あり、収容台数350台

青森の人気アクティビティ

青森のおすすめホテル

青森へ行く人気ツアー

青森の観光 関連記事

青森県でおすすめの観光スポット15選:名所観光地一覧

日本の本州最北端に位置する青森県は、東に太平洋、西に日本海、北は津軽海峡や陸奥湾に面し、白神山地や八甲田山、十和田湖など美しい自然が豊富に存在する県です。県の面積は日本で8番目に広く、地域ごとに風土が異なります。各地域はそれぞれ独自の歴史や文化を持っているため、多彩に富んだ魅力を味わえるのが青森県の特徴です。2010年に東北新幹線が新青森駅まで全線開通した事に伴い、都心からのアクセスがグッと良くなりました。ここでは、青森に行ったら是非訪れたい、おすすめ定番観光地15選をご紹介します。是非、参考にしてみてください。

青森県で行きたいおすすめの名所スポットまとめ

青森は、本州の最北端、津軽海峡をはさんで北海道がすぐ目の前に見える地にあります。毎年200万人以上の観光客が訪れるねぶた祭や、十和田湖や奥入瀬渓流などの大自然が造り出した絶景スポットなど、自然や文化において青森らしさが感じられる数々の観光イベントや観光スポットがあります。また、江戸時代から湯治場として栄えている温泉など、心身ともに癒される温泉観光スポットも県内各所にあり、まさに大人の旅行にぴったりな観光地です。自然、歴史、文化やご当地グルメ、特産品のお土産など、青森は魅力がいっぱい詰まっています。そんな青森でおすすめの定番名所スポットを紹介します。

岩手のおすすめ観光スポットランキング

盛岡城跡公園(岩手公園)

文人たちにも愛された歴史深い都市公園

盛岡城主の居城があったエリアに広がる盛岡城跡公園は、盛岡の中心部に位置する緑豊かな都市公園です。かつては宮沢賢治や石川啄木もよく訪れていたとされており、敷地内には2人の詩碑も見られます。また「不来方(こずかた)城」という名で親しまれている盛岡城の石垣が残っていて、その上からは盛岡の市街地を一望することも可能です。桜の名所としても有名で、特に春には多くの人でにぎわいます。

盛岡城跡公園(岩手公園)の基本情報

住所
岩手県盛岡市内丸1-37
アクセス
JR盛岡駅から徒歩20分、またはJR盛岡駅から岩手県交通盛岡都心循環バス「でんでんむし」左回りで6分、盛岡城跡公園下車すぐ東北自動車道盛岡ICから国道46号を盛岡市役所方面へ車で5km
駐車場
有料駐車場あり、収容台数93台(30分150円、8:00~18:00)

盛岡八幡宮

山車行事や流鏑馬といった伝統を受け継ぐ神社

市街地から少し離れた八幡山のふもとに佇む盛岡八幡宮。1062年に源頼義が戦勝祈願のため石清水八幡を勧進したことにはじまり、1680年には南部重信が自身の氏神である櫛引八幡を勧進して新たにこの地に建立したという、歴史深い神社です。境内には風格ある本殿や笠森稲荷神社、神宝殿、句碑などが点在しており緑豊かな環境の中で散策が楽しめます。毎年の例大祭で、盛岡山車の巡行や勇壮な南部流鏑馬が奉納されることでも有名です。

盛岡八幡宮の基本情報

住所
岩手県盛岡市八幡町13-1
アクセス
JR盛岡駅から岩手県交通茶畑行きバスで15分、松尾前下車、徒歩5分
駐車場
駐車場 あり

北上川

盛岡市の景観に彩を添える大河

北上川は盛岡市の中心部を貫くように流れている一級河川です。岩手町にある弓弭の泉(ゆはずのいずみ)からはじまり宮城県石巻市の河口に注いでいる川で、全長249mという全国4位の長さを誇ります。北上川流域の地域出身である石川啄木や宮沢賢治などの作品にも登場しており、今でも岩手を代表する河川として近隣住民に親しまれています。

北上川の基本情報

住所
岩手県盛岡市(岩手町〜宮城県追波湾・石巻湾)
アクセス
JR盛岡駅から徒歩3分
駐車場
駐車場 なし

厳美渓

様々な渓谷の表情を楽しめる名勝

栗駒山から流れる磐井川の中流に位置する厳美渓は、国の名勝や天然記念物、日本百景などにも選ばれている風光明媚な渓谷です。約2㎞に渡って続くエメラルドグリーンの水流の中には、奇岩や滝、甌穴、深淵など見どころが点在。上流は荒々しく、下流は穏やかに流れる渓谷の多彩な表情も魅力です。渓流の対岸にある茶屋から団子やお茶を買える名物「かっこうだんご」もおすすめ。紅葉や桜並木も美しく、季節ごとの景色も楽しめます。

厳美渓の基本情報

住所
岩手県一関市厳美町
アクセス
JR東北新幹線一ノ関駅から岩手県交通渓泉閣前・瑞泉閣前・須川温泉行きバスで20分、厳美渓下車すぐ
駐車場
駐車場 あり

猊鼻渓

日本百景のひとつに数えられる名勝

一関市の山間部に位置する猊鼻(げいび)渓。砂鉄川の浸食によってできた高さ100mもの絶壁の間を、優雅に流れる美しい渓谷です。船頭が棹を操って進む舟下りが名物で、滝や奇岩といった自然の造形美を間近で堪能できます。藤の花や紅葉、雪景色といった季節ごとの景観を満喫できるのも魅力。周辺には天然鮎の塩焼きや十割蕎麦、鍾乳洞や願掛けの「運玉」など観光も楽しめます。

猊鼻渓の基本情報

住所
岩手県一関市東山町長坂字町375げいび観光センター
アクセス
JR大船渡線猊鼻渓駅から徒歩5分 東北自動車道一関ICから国道342号を経由し、県道19号を猊鼻方面へ車で18km
駐車場
有料駐車場あり、収容台数150台(500円、無料駐車場もあり)

岩手の人気アクティビティ

岩手のおすすめホテル

岩手へ行く人気ツアー

岩手の観光 関連記事

岩手でおすすめ観光スポット15選:名所観光地一覧

大自然が広がる岩手県。新緑の春から、ゲレンデが眩しい冬まで、年間を通して遊ぶことができる名所として年中観光客で賑わいをみせているエリアです。そんな、自然と融合した観光スポットには、歴史ファン必見の中尊寺金色堂や、ファミリーに大人気の小岩井農場まきば園、宮沢賢治ファン必須の宮沢賢治記念館・・・などなど、観光スポットが多く、岩手県は魅力いっぱいのエリアでもあります。今回はそんな隠れた魅力あふれる岩手でおすすめの観光スポットをご紹介します。ご家族や、お友達、カップルでの岩手旅行の際のご参考にどうぞ♪

岩手県で行きたいおすすめの観光地まとめ

岩手県は東北地方の北部にあり、青森県、秋田県、宮城県との県境に接していて、北海道に次いで日本第2位の広さを誇る大きな都道府県です。2011年6月に平泉が世界遺産に登録されたことで注目が集まり、世界中から観光客が訪れ、東北でも人気の観光名所になっています。かにも、宮沢賢治ゆかりの地、スキー場、温泉郷としても有名で、近年では盛岡冷麺、じゃじゃ麺、わんこそばなどのご当地グルメが楽しめる場所として若者に人気が集まっています。そんな岩手県のおすすめ観光地を紹介します。旅行を検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

秋田のおすすめ観光スポットランキング

乳頭温泉郷

雰囲気も泉質も違う7つの温泉を楽しめる

乳頭温泉郷は十和田・八幡平国立公園内の乳頭山麓に点在する7カ所の温泉です。温泉で一番古く湯治場の風情を残す「鶴の湯温泉」や乳白色の秘湯「黒湯温泉」などそれぞれに泉質も雰囲気も違い、全ての宿で日帰り入浴も可能。7湯の湯めぐりを楽しみたい方は宿泊者限定の湯めぐり帖を購入し、循環バス「湯めぐり号」を利用するのがお得で便利なのでおすすめです。

乳頭温泉郷の基本情報

住所
秋田県仙北市
アクセス
JR秋田新幹線田沢湖駅から羽後交通乳頭温泉行きバスで50分、各温泉で下車すぐ、ほか(鶴の湯温泉はアルパこまくさ下車、送迎で15分)
駐車場
駐車場 あり

大曲の花火

花火師の聖地・大曲で行われる花火競技大会

大曲の花火は毎年8月最終土曜日に開催され、全国の花火師が日本一を競う花火競技大会です。 1910年から続く歴史ある大会で、スケール、権威ともに国内最高峰と言われています。昼花火・芯入割物の部・自由玉の部・創造花火の4部門があり、その打ち上げ数は約18,000発。合間には前年度優勝者によるエキシビジョンなども楽しめます。

大曲の花火の基本情報

住所
秋田県大仙市大曲 雄物川河畔

田沢湖

時間や水深、見る場所で色が変わる美しい湖

田沢湖は秋田県の中東部に位置する日本一深い湖です。高い透明度を誇るコバルトブルーの湖が美しく、水深や見る場所により瑠璃・碧・藍と色を変える様子が楽しめます。遊覧船クルーズやカヤックでの湖上散歩、湖畔でのサイクリングやトレッキングなどアクテビティも豊富。キャンプで時間による湖面の色の変化を楽しむのもおすすめです。

田沢湖の基本情報

住所
秋田県仙北市田沢湖
アクセス
JR秋田新幹線田沢湖駅から羽後交通田沢湖一周バスで12分、田沢湖畔下車すぐ
駐車場
駐車場 なし

抱返り渓谷

渓流の青が息をのむほど美しい景勝地

抱返り渓谷は独特のエメラルドグリーンに輝く渓流が美しく、東北の耶馬渓と称される景勝地です。川沿いの遊歩道は片道約30分、1.5kmほどの高低差が少ないコースなので気軽に散策が楽しめます。奇岩や急流、真っ赤なつり橋「神の岩橋」からの眺め、折り返し地点にある優美な「回顧の滝」など多くの見どころがあり、紅葉の名所としても有名です。

抱返り渓谷の基本情報

住所
秋田県仙北市
アクセス
JR秋田新幹線角館駅からタクシーで15分、または田沢湖駅からタクシーで20分 秋田自動車道大曲ICから国道105号を経由し、県道257号をあきた芸術村方面へ車で32km
駐車場
有料駐車場あり、収容台数120台(1日300円、バス1000円※予定)

なまはげ館

全国的に有名な「男鹿のナマハゲ」を紹介

なまはげ館は民俗行事として全国的に有名な「男鹿のナマハゲ」について詳しく紹介する資料館です。150枚を超える男鹿各地のなまはげ面は千差万別で見ごたえ十分。映像やグラフィックパネル、大晦日のナマハゲ行事を紹介する映画など、様々な形でなまはげに詳しくなれます。本物の衣装でなまはげに変身できるコーナーは記念撮影スポットとしても人気です。

なまはげ館の基本情報

住所
秋田県男鹿市北浦真山
アクセス
JR男鹿線男鹿駅からタクシーで20分
駐車場
駐車場 あり

秋田の人気アクティビティ

秋田のおすすめホテル

秋田へ行く人気ツアー

秋田の観光 関連記事

山形のおすすめ観光スポットランキング

蔵王温泉

日帰りでも十分楽しめる国内有数の古湯

1900年に開湯した日本屈指の古湯。山形県内でも最も歴史のある温泉地で、泉質は「美人づくりの湯」とも呼ばれる強酸性の硫黄泉。温泉街には共同浴場や日帰り温泉施設、足湯もあるので宿泊せずとも温泉ごとに異なる名湯が楽しめます。周辺にはスキー場やロープウェイもあり、東北地方最大のリゾート地としても有名です。

蔵王温泉の基本情報

住所
山形県山形市
アクセス
JR山形駅から山交バス蔵王温泉行きで37分、終点下車すぐ
駐車場
駐車場 なし

山形美術館

知る人ぞ知る名コレクションぞろいの美術館

JR山形駅から徒歩15分、霞城公園東大手門の近くにある美術館。江戸時代以降の日本美術作品や山形ゆかりの作家による作品、ピカソやモネ、シャガールなどの名だたる作家によるフランス近代美術作品を収蔵・展示しています。その中には与謝蕪村が描いた国の重要文化財である「奥の細道図屏風」もあります。企画展も開催されており、様々な美術作品が楽しめます。

山形美術館の基本情報

住所
山形県山形市大手町1-63
アクセス
JR山形駅から徒歩15分
駐車場
駐車場 あり

蔵王ロープウェイ

四季折々の蔵王ならではの景色が楽しめる空の旅

蔵王ロープウェイは、蔵王温泉にある蔵王山麓駅と樹氷高原駅、そして地蔵山頂駅を結んでいます。合計17分の空中散歩が楽しめ、360°に広がる大自然のパノラマ景色が見られます。使用されているゴンドラはゆれや振れ幅が少なく、プラットホームや搬器の間には段差も隙間もないため、安心して乗車可能。春・夏は観光や登山に訪れた人、冬はスキーや樹氷を見に来た人で賑わいます。

蔵王ロープウェイの基本情報

住所
山形県山形市蔵王温泉229−3
アクセス
JR山形駅から山交バス蔵王温泉行きで37分、終点下車、徒歩5分
駐車場
駐車場 あり

山形市郷土館(旧済生館本館)

文明開化の象徴ともいえる擬洋風建築に目を奪われる

1878年に病院として建設された「旧済生館本館」。その後、1966年に国の重要文化財に指定され、霞城公園内へ移転・復元保存されました。その建物を活用し、現在は館内で郷土資料や医学関係資料を展示しています。日本の大工職人が欧米の建築を真似して作った擬洋風建築となっており、外観内装共に和洋折衷の美しい建築様式が見られます。

山形市郷土館(旧済生館本館)の基本情報

住所
山形県山形市霞城町1-1(霞城公園内)
アクセス
JR山形駅から徒歩15分
駐車場
駐車場 なし

霞城公園

現在もお城の復元工事が進む、山形市中心部にある公園

山形市の市街地にある霞城公園は、山形城跡を復元整備した公園です。現在も残る城郭は最上義光が原型を築いたとされる国内有数規模の平城で、復元工事が着々と進められています。1986年に国の指定史跡を受け、日本100名城にも選定されているお城。城内の敷地には1,500本の桜の木が植えられており、山形市を代表する桜の名所としても有名です。

霞城公園の基本情報

住所
山形県山形市霞城町3
アクセス
JR山形駅から徒歩10分山形自動車道山形蔵王ICから国道286号を経由し、県道16号を山形市街方面へ車で5km
駐車場
無料駐車場あり、収容台数220台(身体障がい者等用5台、バス5台)

山形の人気アクティビティ

山形のおすすめホテル

山形へ行く人気ツアー

山形の観光 関連記事

山形観光でおすすめのスポット:名所観光地一覧

今回は山形県へ旅行するなら行っておきたい、おすすめの観光地をまとめてみました。ぜひ次の旅行計画の参考にしてみてください。 東北地方の南西部・日本海側に位置する山形県は東京から新幹線で約3時間、蔵王山、月山、鳥海山などの日本百名山に囲まれた自然豊かな場所です。山形県全ての市町村に温泉が湧き出ており、夏場は日本を代表する東北五大夏祭りの一つ・山形花笠まつりが開催され、冬場はスキーやウィンタースポーツを楽しめる四季を通していつでもおすすめの人気観光地です。 有名な名産品も多く、さくらんぼやラフランスをはじめ、米沢牛、だだちゃ豆、日本酒、高級ブランド米・サトウニシキなどがよく知られています。

山形で行きたいおすすめの定番観光地15選

東北南部の日本海に面した、自然豊かな山形県。流れゆく時代とともに、自然が創り上げてきた奥深い風土です。全国生産量のうち7割をも占める「さくらんぼ」は有名ですが、それを支える豊で鮮やかな四季、そして忘れては行けない歴史建造物が、山形県の魅力といえるでしょう。 こちらではそんな山形で定番の観光スポットをご紹介します。はっきりとした季節の色があり、四季折々で魅せる雄大な風景のすばらしさを是非身近で味わってみて下さい。上杉氏を始めとする名高い戦国武将ゆかりの地や、温泉や樹氷の見られる山、城跡など、見所満載です。スキー場や水族館など、ご家族連れにも嬉しい情報もチェックして素敵な旅にしてください。

宮城のおすすめ観光スポットランキング

松島湾

伊達政宗や松尾芭蕉も愛した絶景スポット

松島湾は、宮城県中部の仙台湾中央にある支湾のことです。湾内には松などの植物が植生する島々が数多く点在し、その風情ある景観は日本三景のひとつにも数えられています。宮戸島の大高森や富春山大仰寺をはじめ、松島が特に美しく見えるとされる4か所の絶景スポットを「松島四大観」と総称します。また松島湾内の名所を巡る観光船もあり、あらゆるポイントから眺望を楽しむことが可能です。

松島湾の基本情報

住所
宮城県宮城郡松島町
アクセス
JR仙石線松島海岸駅から徒歩で5分

仙台うみの杜水族館

東北最大級のダイナミックなショーが魅力の水族館

仙台市の海沿いエリアに位置する仙台うみの杜水族館は、2015年にオープンした水族館です。三陸の海の様子を再現した大水槽や、世界中のユニークな生き物の展示、ペンギンやアシカといった人気物たちとのふれあいを通して、自然を身近に感じることができます。またイルカやアシカのショーを行う施設は東北最大級の観覧席を備えており、迫力あるパフォーマンスを快適に楽しむことが可能です。

仙台うみの杜水族館の基本情報

住所
宮城県仙台市宮城野区中野4-6
アクセス
JR仙石線中野栄駅から徒歩15分(中野栄駅からシャトルバスあり)
駐車場
駐車場 あり

蔵王山 御釜(五色湖)

悠久の時と自然が創った五色の湖

宮城県南西部に広がる蔵王連峰の一角に位置する「御釜」。今から約1,000~2,000年前におきた噴火によって窪地が生じ、そこに水が溜まってできたとされる湖です。季節や時間といった条件により湖の色が変わって見えることから「五色沼」とも呼ばれ、宮城を代表する観光名所のひとつとなっています。周辺には3か所のビューポイントや、食堂と売店があるレストハウスも設けられており、景観をゆっくり楽しむことが可能。御釜までは観光道路や公共交通機関も整備されいるので、アクセスも便利です。

蔵王山 御釜(五色湖)の基本情報

住所
宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉倉石岳国有地内国有林内
アクセス
東北自動車道村田ICまたは白石ICから車で60分

松島島巡り観光船

日本三景の「松島」を気軽に観光できる遊覧船

「松島島巡り観光船」は、宮城県の松島湾内を巡る大型遊覧船です。湾内一の見どころでもある「仁王島」を模して造られた船、仁王丸に乗って、約50分間の海の旅を満喫できます。船上では、日本三景のひとつでもある松島の風情ある島々を間近で鑑賞することが可能。2階は有料の展望デッキになっており、より開放感のある壮大な眺めを楽しめます。船内アナウンスのガイド付きなので知識がなくても安心です。

松島島巡り観光船の基本情報

住所
宮城県宮城郡松島町松島町内98−1
アクセス
JR仙石線松島海岸駅から徒歩7分
駐車場
駐車場 なし

秋保大滝

55mの高さをダイナミックに流れ落ちる名瀑

名取川の上流に位置する秋保大滝は、栃木の「華厳の滝」、和歌山の「那智の滝」とともに日本三名瀑のひとつに数えられている滝です。落差55m、幅6mの直瀑で、轟音とともに流れ落ちる様は壮観。周辺の滝見台からは、初夏の緑や秋の紅葉など、周辺の自然と合わせて迫力ある滝を楽しめます。また滝壺まで続く遊歩道も整えられており、水しぶきを浴びながら、滝の雄姿をダイレクトに感じられます。

秋保大滝の基本情報

住所
宮城県仙台市太白区秋保町馬場
アクセス
JR仙山線愛子駅から仙台市営バス二口峡谷方面行きで40分、秋保大滝下車すぐ、またはJR仙台駅から宮城交通バス秋保大滝行きで1時間20分、終点下車すぐ(JR仙台駅からは土日祝のみ運行・1日2便のみ) 東北自動車道仙台南ICから国道286号を経由し、県道62号を秋保大滝方面へ車で21km
駐車場
無料駐車場あり、収容台数220台

宮城の人気アクティビティ

宮城のおすすめホテル

宮城へ行く人気ツアー

宮城の観光 関連記事

宮城でおすすめ観光スポット:名所観光地一覧

宮城県内には多くの観光地があります。東北最大の“杜の都”仙台には、仙台藩初代藩主の伊達政宗ゆかりの神社や城跡などが数多くあります。ほかのエリアも日本三景の松島や世界三大漁場の石巻、牡鹿半島、秋保・鳴子温泉など見どころ満載です。 東京から新幹線で2時間あれば気軽に訪れることができるのも魅力です。 自然豊かな公園や家族で楽しめるミュージアムや資料館があるほか、七夕まつりなどさまざまなイベントも年間を通じて開催されています。観光と一緒にご当地グルメ「牛タン」や「カキ」「日本酒」なども堪能できます。そんな魅力いっぱいの宮城でぜひ一度は行っておきたいおすすめの観光地99選をご紹介します。

海も山もある宮城県は見せる景色も四季折々で多彩!おすすめ観光スポット13選

宮城県には、観光客を魅了する観光スポットが目白押しです。日本三景に数えられる松島に始まり、滝や火口湖・温泉街の峡谷など、大自然の織りなす絶景を堪能できる場所が多数。また、伊達政宗ゆかりの史跡や由緒ある寺院仏閣・昔から続く七夕祭りなど、古都の風情に触れることができるスポットや行事も大切に残されています。四季折々に違った表情を見せる数々のスポットには、一年を通じてたくさんの観光客が訪れています。また、海も山もあるこの県では、ここでしか味わえない絶品グルメも豊富。今回は、宮城県の人気観光スポットの情報をピックアップしてお届けします。

宮城のおすすめ水族館・動物園4施設!ショーが人気の水族館も

こちらでは宮城県内でぜひ足を運んで頂きたいおすすめの動物園と水族館を紹介します。 仙台を有する東北の中心都市の宮城県はには、「仙台城」があったり、日本三景にも選ばれている「松島」があったり、1400年以上も続くと言われている「秋保温泉」があったりなど歴史豊かなスポットが多いです。 そうした大人の楽しいスポットの多い宮城ですが、子連れでの旅行のときは子供も楽しみやすい、興味を持ちやすい場所も盛り込みたいですよね。水族館や動物園はハズレ無しのテッパンスポット。宮崎で子供をつれてのお出かけの際の参考にしてください。

福島のおすすめ観光スポットランキング

飯坂温泉

奥州三名湯に数えられる東北を代表する温泉地

縄文時代にまで遡るほどの長い歴史を持つ飯坂温泉は、奥の細道を旅する途中で俳人松尾芭蕉も立ち寄ったとされる古湯です。温泉郷には日帰り温泉から温泉宿、足湯まで温泉を楽しめる多彩な施設があります。特に昔ながらの湯小屋を再現した「鯖湖湯」は、趣ある雰囲気の中で名湯に浸かれるスポットして評判。近郊に足をのばすと果樹園も多数点在しており、世代を問わず旬の味覚を堪能できるのも魅力です。

飯坂温泉の基本情報

住所
福島県福島市飯坂町十綱町
アクセス
福島交通飯坂線飯坂温泉駅から徒歩10分
駐車場
駐車場 なし

四季の里

福島の伝統や原風景にふれるお出かけスポット

ゆったりと広い公園内に16世紀の西欧をイメージした美しい建物が点在する「四季の里」は、福島県の自然や文化を五感で楽しめるスポットです。巨大なアスレチックや、工場直送のビールを味わえるレストラン、こけしの絵付け体験など、思い思いのレジャーを満喫できます。周辺エリアのウォーキングや春祭りといったイベントも随時開催。自家製のジェラートの販売所も見られ、一日中でも楽しめます。

四季の里の基本情報

住所
福島県福島市荒井字上鷺西1-1
アクセス
JR福島駅から福島交通土湯温泉行きバスで30分、四季の里入口下車、徒歩8分
駐車場
駐車場 あり

信夫山公園

桜の名所として市民に親しまれている公園

福島市中心部の北側に位置する信夫山公園は、信夫山のふもとにある桜の名所です。いくつもの遊具が備わっており、一年を通して小さな子供連れに人気。かつては山岳信仰の場として篤い信仰を集めていた山中には、複数の神社や展望台も点在しており、夜景スポットとしても評判です。春には桜まつりも催され、数多くの露店やライトアップされた桜を楽しむことができます。

信夫山公園の基本情報

住所
福島県福島市信夫山
アクセス
JR福島駅から福島交通市内循環1コースバスで10分、福島テレビ前下車、徒歩10分
駐車場
駐車場 なし

スパリゾートハワイアンズ

子供から大人までリゾート気分を楽しめる楽園

映画『フラガール』の舞台として知られるスパリゾートハワイアンズ。常夏を思わせるドーム6個分もの広大な施設の中で、巨大スライダーのあるプールや情緒あふれる温泉などをたっぷり楽しめます。日本におけるフラダンス発祥の地でもあり、フラの歴史に触れたり、ダイナミックなショーやイベントを観賞したりできるのも魅力です。日帰りはもちろん、宿泊棟もあるので泊りがけで満喫することもできます。

スパリゾートハワイアンズの基本情報

住所
福島県いわき市常磐藤原町蕨平50
アクセス
JR常磐線湯本駅から新常磐交通ハワイアンズ行きバスで15分、終点下車すぐ
駐車場
駐車場 あり

いわき市石炭・化石館

いわき市の歴史に触れるミュージアム

古くから炭鉱の町として発展してきたいわき市にある「いわき市石炭・化石館」は、採炭の歴史や、数々の化石資料を展示している資料館です。エントランスロビーでは、市内で発掘されたフタバサウルス・スズキイの化石が出迎えてくれます。時代ごとに異なる石炭坑道の様子をリアルに再現した模擬坑道も見どころのひとつ。屋外には実際に使用されていた機器や、坑道への入り口、岩石園なども見られます。

いわき市石炭・化石館の基本情報

住所
福島県いわき市常磐湯本町向田3-1
アクセス
JR常磐線湯本駅から徒歩15分
駐車場
駐車場 あり

福島の人気アクティビティ

福島のおすすめホテル

福島へ行く人気ツアー

福島の観光 関連記事

東北観光のよくある質問

  • Q青森のおすすめ観光スポットは?

    A青森の観光スポットと言えば、弘前城やねぶた会館をはじめ、八甲田山、奥入瀬渓流、十和田湖、白神山地などの美しい自然、酸ヶ湯温泉をはじめとする温泉などが有名です。そのほかにも田んぼアートで有名な田舎館村、太宰治ゆかりのスポット、津軽三味線会館、リンゴのシーズンにはリンゴ農園でのリンゴ狩りもおすすめです。

  • Q岩手のおすすめ観光スポットは?

    A岩手県は豊かな自然と世界遺産が魅力的な観光スポットとして挙げられます。世界文化遺産に登録されている「平泉」や宮沢賢治ゆかりの「花巻」、レトロな街並みを楽しむことが出来る「岩手銀行赤レンガ館」「紺屋町」などがおすすめです。少し足を伸ばせば親子で楽しめる「小岩井農場」もあります。岩手県の玄関である盛岡ではグルメも歴史的建造物も楽しむことができます。

  • Q秋田のおすすめ観光スポットは?

    A秋田県は山側と海側にそれぞれ観光スポットが広がっています。また日本一深い湖である田沢湖や乳頭温泉もおすすめの観光スポットです。秋田県の中央には角館というエリアがあり、武家屋敷が立ち並ぶ小京都として人気を集めています。春や秋には美しい景色が広がり、街歩きを堪能することが可能です。全国の中でも有数の花火大会が開かれる大曲もおすすめのエリアとなっています。

  • Q山形のおすすめ観光スポットは?

    A山形の観光スポットと言えば蔵王温泉や羽黒山、上杉神社といった観光スポットが人気です。そのほかにも土門拳記念館、米沢市上杉博物館といった文化的な観光スポットも人気となっています。美しい情景を楽しみたい場合は.最上公園や最上峡芭蕉ライン観光もおすすめです。その他には鶴岡市立加茂水族館も魅力的な観光スポットです。

  • Q宮城のおすすめ観光スポットは?

    A宮城で外すことができない観光スポットといえば、日本三景のひとつにも数えられている松島。クルーズ船が運行しているので、島巡りを楽しむのが定番です。鳴子峡や宮城蔵王などの大自然も外せません。また、仙台市内にある伊達政宗ゆかりの地を巡るのもおすすめです。秋保温泉や鳴子温泉などの温泉も人気のスポットになっています。

  • Q福島のおすすめ観光スポットは?

    A福島のおすすめ観光スポットは会津エリア、中通り、浜通りに分けることが出来ます。会津エリアであれば上記した鶴ヶ城や七日町がおすすめです。会津芦ノ牧温泉や湯野上温泉にも立ち寄ることができます。中通りは果物狩りが出来るスポットが集まっていることが特徴です。浜通りにはアクアマリンふくしまやシーサイドエリアがおすすめスポットです。