おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

ヨルダン(アンマン)と日本(東京)の時差について

ヨルダン(アンマン)の現在時刻と時差

4月24日 9時19分08秒

ヨルダン(アンマン)と日本(東京)との時差は、6時間です。
日本の方が、6時間進んでいます。

タイムゾーン(アンマンの標準時)の名称
Eastern European Summer Time 東ヨーロッパ夏時間
協定世界時との時差
UTC+3
日本との時差
JST-6

ヨルダン(アンマン)の時差の簡単な計算方法

日本とヨルダンの首都であるアンマンの時差は7時間です。アンマンではサマータイムが実施されているため、毎年3月下旬から10月下旬までは6時間の時差になります。常に日本の方が先行しており、日本を出発後に時計を6または7時間戻すことで時差の調整ができます。

アンマンが17時のころ、日本時間では23時になるため、到着後しばらくは、夕方から時差の影響で眠くなる場合があります。時差ぼけ解消のために、昼や夕方は仮眠で済ませ、現地時間の夜にしっかりと睡眠をとりましょう。

ヨルダン(アンマン)のサマータイムで発生する時差の変更について

ヨルダン(アンマン)にはサマータイム(Daylight Saving Time / Summer Time)が以下の期間で実施されます。期間中は時差の変更があるため注意が必要です。

今回のサマータイムの開始日時
2018年3月30日 0時0分 EET
今回のサマータイムの終了日時
2018年10月26日 1時0分 EEST
次回のサマータイムの開始日時
2019年3月29日 0時0分 EET

ヨルダン(アンマン)の日の出、日の入り時刻

日の出の時間 (2018年4月24日)
5時57分
日の入りの時間 (2018年4月24日)
19時11分

ヨルダン(アンマン)への距離

羽田空港から ヨルダン(アンマン)までの距離(測地線長)は、約 9,107 Kmです。

ヨルダン(アンマン)への主要フライト・空港について

日本からアンマンへの直行便はないため、中東やヨーロッパの主要都市で乗り換える必要があります。一般的にはドバイ、アブダビ、イスタンブールなどを経由します。移動時間の目安は、ドバイやアブダビを利用する場合は約15時間程度、イスタンブール経由では約16時間以上かかります。

アンマンを含むヨルダン国内は、治安状況により外務省から危険勧告が発令されます。2017年現在はレベル1の「十分注意してください」が継続状態にあります。渡航を予定する場合は、外務省の安全情報ページを確認し、最新の治安情報や緊急連絡先などを調べたうえで検討して下さい。
アンマンの航空券を探す

現地の季節や気候の注意点

アンマンはヨルダンの北部、イスラエルとの国境近くに位置しており、夏と冬の気温差が大きく、夏は乾燥して暑く、冬は寒冷で雪がふることもあります。夏は乾燥し、35度以上の気温になりますが、冬は一桁台まで下がります。

3月から5月、10月から11月は短い春と秋が訪れます。気候が穏やかな春と秋は観光のベストシーズンですが、この時期は世界中から観光客が集まり、混雑する傾向があります。

現地の生活時間や旅行計画時の注意点

ヨルダンに入国するには原則ビザが必要ですが、アンマンの空港で取得可能です。ビザ取得については、頻繁にルールが変わりますので、渡航前にヨルダン大使館に確認しましょう。

アンマン空港から市街地までは約30キロほどの距離で、タクシーで3,000円程度です。ただし料金については交渉制です。エアポートバスと呼ばれる黄色のバスは30分に1本間隔で運行しています。アンマンでは暑くなる前の午前中から行動するのがおすすめです。移動にはタクシーが効率的で便利ですが、遺跡などは徒歩が中心のため、歩きやすい靴が必須です。

ヨルダン(アンマン)について調べる

広告