おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

オランダ(アムステルダム)と日本(東京)の時差について

オランダ(アムステルダム)の現在時刻と時差

7月23日 5時56分12秒

オランダ(アムステルダム)と日本(東京)との時差は、7時間です。
日本の方が、7時間進んでいます。

タイムゾーン(アムステルダムの標準時)の名称
Central European Summer Time 中央ヨーロッパ夏時間
協定世界時との時差
UTC+2
日本との時差
JST-7

オランダ(アムステルダム)の時差の簡単な計算方法

日本とオランダ アムステルダムの時差は約8時間です。日本の方が8時間早く、日本が16時だとアムステルダムは8時になります。オランダではサマータイムが実施されていますので、3月最終日曜日から10月最終日曜日の期間、アムステルダムと日本の時差は7時間となります。
サマータイムでは日本が16時だとアムステルダムは9時になります。サマータイム実施中に旅行に行く際は時差に気を付けましょう。

また時差が8時間ということで時差ボケを心配する人も多いと思いますが、フライト中に仮眠を取ったり、アムステルダム到着後は眠くても起きている、早めにホテルにチェックインして2~3時間仮眠を取る、などの対策をして時差ボケを予防し旅行を楽しみましょう。

オランダ(アムステルダム)のサマータイムで発生する時差の変更について

オランダ(アムステルダム)にはサマータイム(Daylight Saving Time / Summer Time)が以下の期間で実施されます。期間中は時差の変更があるため注意が必要です。

今回のサマータイムの開始日時
2018年3月25日 2時0分 CET
今回のサマータイムの終了日時
2018年10月28日 3時0分 CEST
次回のサマータイムの開始日時
2019年3月31日 2時0分 CET

オランダ(アムステルダム)の日の出、日の入り時刻

日の出の時間 (2018年7月23日)
5時47分
日の入りの時間 (2018年7月23日)
21時46分

オランダ(アムステルダム)への距離

羽田空港から オランダ(アムステルダム)までの距離(測地線長)は、約 9,317 Kmです。

オランダ(アムステルダム)への主要フライト・空港について

オランダ アムステルダムの玄関口であるスキポール空港へは成田、関空から毎日直行便が運航しています。行きの飛行時間は約11時間半で帰りは約11時間となります。以前は福岡からも直行便が運航していましたが、現在は運休していますのでご注意ください。スキポール空港へはソウルなどを経由していくこともできますので予算や出発地点に合わせてフライトスケジュールを立てましょう。およそ半日かかるフライトを快適に過ごすためにもアイマスクやネックピローがあると便利です。また、機内に乗り込んだらすくに時計を現地時刻に合わせ、アムステルダム時間に合わせて睡眠を取るなどして過ごせば時差ボケ対策になります。

スキポール空港からアムステルダム市内まではおよそ15㎞。タクシーやバス、鉄道ですぐアクセスできますので、なるべく早く時差ボケとはおさらばして観光を楽しみたいですね。
アムステルダムの航空券を探す

現地の季節や気候の注意点

オランダは北海道より北に位置しており寒いとイメージするかもしれませんが、暖流の影響でそれほど厳しい寒さはありません。夏はサラッとして過ごしやすく、冬でも東京より少し寒いくらいで氷点下になることはまれです。ただし、油断は禁物です。一日の寒暖差が激しいので、春でもジャケット、夏はカーディガンなど上着を用意する必要があります。なお、天気が変わりやすくよく小雨が降るため、折り畳み傘を携帯しておくと便利です。なお、オランダの道はでこぼこ道が多く、狭い道も多いため、観光の際はハイヒールを避けスニーカーなど歩きやすい靴を履くことをおすすめします。

また、時差や天候と同じくらい旅行時のポイントとなるのは日照時間です。夏は22時ころまで明るく、冬は16時ころになると暗くなり始めます。冬は日照時間が短いため、観光スポットへ行くのは早めの時間に計画し、暗くなり始めたらショッピングなど、旅行する際は太陽と相談し柔軟に対応しましょう。

現地の生活時間や旅行計画時の注意点

自宅で食事をとる人が多いオランダ アムステルダムの街。観光地以外のお店は18時くらいに閉店となるお店が多いです。夏になると夜まで明るいのでついつい遊びすぎてしまいそうですが、オランダはヨーロッパの中でも治安のいい国といっても外国です。日本とは違いますので、羽目を外しすぎないよう危機管理の意識を持って行動して、楽しい旅行にしましょう。

また、アムステルダムから各国へ列車が出ているので近隣諸国へのアクセスが便利です。ドイツやベルギーなどは日帰りで行けてしまいます。アムステルダム周辺の都市であれば時差は変わらないところが多いので、ぜひ周辺都市まで足をのばしてはいかがでしょうか。

オランダ(アムステルダム)について調べる

広告