おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

オーストラリア(ブリスベン)と日本(東京)の時差について

オーストラリア(ブリスベン)の現在時刻と時差

11月21日 23時32分57秒

オーストラリア(ブリスベン)と日本(東京)との時差は、1時間です。
日本の方が、1時間遅れています。

タイムゾーン(ブリスベンの標準時)の名称
Australian Eastern Standard Time オーストラリア東部標準時
協定世界時との時差
UTC+10
日本との時差
JST+1

オーストラリア(ブリスベン)の時差の簡単な計算方法

オーストラリア(ブリスベン)と日本の時差は1時間です。ブリスベンの方が時間が進んでいるので、日本の昼12時は、ブリスベンの午後1時ということになります。サマータイムは導入しておらず、この時差は年間を通じて一定です。

一方、日本の約20倍の国土を持つオーストラリアでは、州によって時差が異なります。旅行中に都市を大きく移動することがあるときには、改めて時差を確認してください。また、サマータイムを導入するかどうかも州によって異なっており、実際にシドニーやアデレードのある州では時間変更が行われています。

オーストラリア(ブリスベン)のサマータイムで発生する時差の変更について

オーストラリア(ブリスベン)にはサマータイム(Daylight Saving Time / Summer Time)はないので、一年を通じて時差は変わりません。

オーストラリア(ブリスベン)の日の出、日の入り時刻

日の出の時間 (2018年11月21日)
4時46分
日の入りの時間 (2018年11月21日)
18時21分

オーストラリア(ブリスベン)への距離

羽田空港から オーストラリア(ブリスベン)までの距離(測地線長)は、約 7,125 Kmです。

オーストラリア(ブリスベン)への主要フライト・空港について

ブリスベンへは成田空港からカンタス航空による直行便が就航しています。2017年現在のスケジュールでは成田空港を夜9時頃に出発、ブリスベンには朝7時頃の到着です。所要は約9時間と少し長いものの、たった1時間の時差であれば時差ボケの心配もなく旅を楽しむことができます。また、ケアンズやゴールドコーストなど他都市を経由する方法や、韓国、シンガポールで乗り継ぐ方法もあります。自分の希望の出発、到着時間にあわせて最適なルートを選ぶことができるのも、うれしい点の一つです。
ブリスベンの航空券を探す

現地の季節や気候の注意点

ブリスベンは亜熱帯性気候に属し、夏は高温多湿で、冬は温暖ながらも乾燥した気候であることが特徴です。南半球に位置していることから季節は日本と逆になり、ブリスベンでは1月が最高平均気温30度ほどと最も暑い時期になります。1月は雨も多く、雷雨や強風による被害が出ることも珍しくありません。反対に最も寒いのは7月で、平均最低気温は10度ほどになります。

現地の生活時間や旅行計画時の注意点

海に囲まれた自然豊かなオーストラリアですが、地形や天候の影響から、実は深刻な水不足問題を抱えています。国内では給水制限というシステムが定められ、各家庭や工場の水の使用量を規制しています。旅行中にこの問題に直面することはほぼありませんが、特に「乾期」である夏場は、水は貴重な資源と考えられていることを片隅に覚えておくと良いかもしれません。

オーストラリア(ブリスベン)について調べる

広告

運営会社