おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

カナダ(カルガリー)と日本(東京)の時差について

カナダ(カルガリー)の現在時刻と時差

4月22日 18時31分43秒

カナダ(カルガリー)と日本(東京)との時差は、15時間です。
日本の方が、15時間進んでいます。

タイムゾーン(カルガリーの標準時)の名称
Mountain Daylight Time アメリカ山地夏時間
協定世界時との時差
UTC-6
日本との時差
JST-15

カナダ(カルガリー)の時差の簡単な計算方法

日本とカナダのカルガリーの時差は16時間です。カルガリーではサマータイムを導入しているため、毎年3月中旬から11月初旬までは、15時間の時差になります。常に日本が先行しています。

カルガリーとの時差の計算方法は、日本時間から3時間引いてから昼夜逆転。サマータイムのときは4時間引いてから昼夜逆転すると、カルガリーの時刻がわかります。例えば、日本時間が午前7時の場合、3時間引いてから昼夜を逆転すると午後4時です。サマータイム実施時は午後3時となります。

カナダ(カルガリー)のサマータイムで発生する時差の変更について

カナダ(カルガリー)にはサマータイム(Daylight Saving Time / Summer Time)が以下の期間で実施されます。期間中は時差の変更があるため注意が必要です。

今回のサマータイムの開始日時
2018年3月11日 2時0分 MST
今回のサマータイムの終了日時
2018年11月4日 2時0分 MDT
次回のサマータイムの開始日時
2019年3月10日 2時0分 MST

カナダ(カルガリー)の日の出、日の入り時刻

日の出の時間 (2018年4月23日)
6時14分
日の入りの時間 (2018年4月23日)
20時49分

カナダ(カルガリー)への距離

羽田空港から カナダ(カルガリー)までの距離(測地線長)は、約 7,888 Kmです。

カナダ(カルガリー)への主要フライト・空港について

日本からカルガリーへは直行便で9時間程度で到着しますが、カルガリーから日本へは気流の影響で10時間以上かかります。カルガリーへの直行便は本数が多くないため、その際はアメリカ西海岸経由かバンクーバーを経由するといいでしょう。

アメリカを経由する際は、航空券代を節約できるメリットがありますが、アメリカの入国審査を受ける必要があります。一方、カナダの都市で乗り継ぐ場合は、煩わしい入国審査がないため楽というメリットがあります。
カルガリーの航空券を探す

現地の季節や気候の注意点

カナダのカルガリーは1年のうち半分は冬と考えるといいでしょう。10月から4月頃までは寒く、雪が降ります。12月から2月はもっとも厳しい寒さとなり、場所によってはマイナス30度になることもあるほどです。

しかし、カルガリー特有のチヌック風と呼ばれるロッキー山脈から吹き下ろすフェーン風が吹くと気温は急激に上昇します。カナダの冬は厳しいですが、毎日極寒が続くというわけではありません。7月から8月の夏は夜11時頃まで明るく、日中は乾燥して爽やかです。夏の時期は時差も解消しやすいですが、冬は陽が短いため時差に苦しむかもしれません。

現地の生活時間や旅行計画時の注意点

カルガリー空港からダウンタウン方面までは距離にしておおよそ15キロ。タクシーで20分でおおよそ30-40ドルなので、人数が多いときはタクシーが便利です。単身なら「Route 300 Airport」というシャトルバスが安くて便利です。(8ドル)

カルガリーの市内では「CTrain」と呼ばれる電車が運行しているので、移動に困ることはありません。カルガリーは、夏は陽が長くて観光しやすいのですが、冬はすぐに暗くなります。観光は日没時間に合わせるといいでしょう。

カナダ(カルガリー)について調べる

広告