おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

オーストラリア(キャンベラ)と日本(東京)の時差について

オーストラリア(キャンベラ)の現在時刻と時差

10月19日 21時03分48秒

オーストラリア(キャンベラ)と日本(東京)との時差は、2時間です。
日本の方が、2時間遅れています。

タイムゾーン(キャンベラの標準時)の名称
Australian Eastern Daylight Time オーストラリア東部夏時間
協定世界時との時差
UTC+11
日本との時差
JST+2

オーストラリア(キャンベラ)の時差の簡単な計算方法

オーストラリアのキャンベラと日本の時差は1時間で、キャンベラのほうが早く進んでいますす。キャンベラではサマータイムを実施しており、10月初旬~4月初旬は、日本との時差は2時間になります。オーストラリアは南半球に位置しているため、北半球にある欧米各国とはサマータイムの時期が異なります。

オーストラリアでは3つのタイムゾーンがあり、国内でも時差が存在します。例えば、キャンベラとパースでは3時間の時差があります。また、サマータイムの実施は州ごとが決めており、実施しない州もあるため、夏時間になると国内では5つのタイムゾーンが存在します。

オーストラリア(キャンベラ)のサマータイムで発生する時差の変更について

オーストラリア(キャンベラ)にはサマータイム(Daylight Saving Time / Summer Time)が以下の期間で実施されます。期間中は時差の変更があるため注意が必要です。

今回のサマータイムの開始日時
2018年10月7日 2時0分 AEST
今回のサマータイムの終了日時
2019年4月7日 3時0分 AEDT
次回のサマータイムの開始日時
2019年10月6日 2時0分 AEST

オーストラリア(キャンベラ)の日の出、日の入り時刻

日の出の時間 (2018年10月19日)
6時8分
日の入りの時間 (2018年10月19日)
19時11分

オーストラリア(キャンベラ)への距離

羽田空港から オーストラリア(キャンベラ)までの距離(測地線長)は、約 7,788 Kmです。

オーストラリア(キャンベラ)への主要フライト・空港について

日本からキャンベラへの直行便は就航していないため、シドニーやメルボルンから国内線に乗り換えて向かうのが一般的です。ただ、シドニーとメルボルンの空港は広く、国内線のゲートまでの距離が長いため、乗り継ぎに慣れていない場合は、ブリスベンなどコンパクトな空港を利用するのがおすすめです。

日本からキャンベラまでの総移動時間は、乗り継ぎの待ち時間なども含めて、約20時間前後です。キャンベラは時差が短いものの、移動は長時間になるため、体調管理に留意しましょう。
キャンベラの航空券を探す

現地の季節や気候の注意点

オーストラリアは南半球にあるため、日本とは季節が逆になります。春は9月~11月、夏は12月~2月、秋は3月~5月、冬は6月~8月になります。キャンベラの気候は一年を通して非常に温暖で、どの時期に訪れても過ごしやすい陽気が期待できます。夏は暑く乾燥しており、冬は濃霧が発生し、やや寒くなります。冬はたまに雪がちらつくことがありますが、積もるほど雪が降ることは稀です。

キャンベラは内陸に位置することから、1日の中での寒暖差があります。ジャケットなど、朝晩の冷えこみに備えた羽織りものを持参すると良いでしょう。また、1年を通して適度な降雨があるため、雨具があると便利です。

現地の生活時間や旅行計画時の注意点

オーストラリアの首都であるキャンベラは、シドニーやメルボルンと比べるとあまり知られていない都市です。そのぶん観光客の数も少ないので、人込みを避けたい時や2回目以上のオーストラリア旅行の場合におすすめです。

キャンベラの日照時間は季節によって異なり、夏の12月が最も昼が長く、冬の8月は夕方5時過ぎには暗くなり始めます。そのため、キャンベラ旅行を計画する際は、夏休みよりも冬休みや春休みの時期に出かけると、1日を長く使えます。

オーストラリア(キャンベラ)について調べる

広告