おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

中国(成都市)と日本(東京)の時差について

中国(成都市)の現在時刻と時差

4月22日 15時01分42秒

中国(成都市)と日本(東京)との時差は、1時間です。
日本の方が、1時間進んでいます。

タイムゾーン(成都市の標準時)の名称
China Standard Time 中国標準時
協定世界時との時差
UTC+8
日本との時差
JST-1

中国(成都市)の時差の簡単な計算方法

中国 成都と日本との時差は1時間で、日本時間のほうが早く進んでいます。中国ではサマータイムを実施しておらず、年間を通して日本との時差は一定です。出発後は、時計を1時間遅らせて時差の調整をしましょう。
中国は広大な国土を持つ国ですが、タイムゾーンが統一されているため、他の都市に移動しても時差が発生しません。また、どの地域でも日本との時差は1時間です。

中国(成都市)のサマータイムで発生する時差の変更について

中国(成都市)にはサマータイム(Daylight Saving Time / Summer Time)はないので、一年を通じて時差は変わりません。

中国(成都市)の日の出、日の入り時刻

日の出の時間 (2018年4月22日)
5時18分
日の入りの時間 (2018年4月22日)
18時26分

中国(成都市)への距離

羽田空港から 中国(成都市)までの距離(測地線長)は、約 1,766 Kmです。

中国(成都市)への主要フライト・空港について

日本から中国 成都へは、成田空港からの直行便が毎日運航しています。フライトの所要時間は、5時間半~6時間です。また、上海や北京から国内線に乗り換えて成都へ行くこともできます。日本から上海へは約3時間、そこから成都へは約3時間半です。

海外旅行は時差ぼけがつきものですが、中国は日本との時差やフライト時間が短く、気軽に出かけられる旅行先です。初日から時差の影響もなく観光を楽しめるでしょう。
成都市の航空券を探す

現地の季節や気候の注意点

中国 成都は亜熱帯気候に属しており、年間を通して温暖な気候です。成都は曇りの日が多く、1年のうちおよそ200日が曇りとも言われています。
成都は夏は暑すぎず、冬もそれほど気温が下がらないため、過ごしやすいエリアです。ただし天気が変わりやすいため、雨具や羽織りものを用意すると良いでしょう。夏は蒸し暑く、1年のうちで最も雨が多い時期です。冬は最も寒い月でも0~5度程度はあり、曇りや雨の日が続きます。春と秋は雨が少なく、気候も良いため観光向きのシーズンです。

現地の生活時間や旅行計画時の注意点

成都市内の移動は、天府通は地下鉄やバスで利用できる「天府通」という交通ICカードを作ると便利です。このカードは地下鉄駅やキオスク、一部のスーパーで作ることができます。中国 成都は、中国内陸部の中心的な都市です。街の中心部には高層ビルや有名ブランドのショップも立ち並び、都会の雰囲気があります。中心を少し離れると庶民的な町並みとなり、早い時間から朝市が開かれており、こちらでも活気溢れる中国を体験できます。

広告