おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

タンザニア(ドドマ)と日本(東京)の時差について

タンザニア(ドドマ)の現在時刻と時差

9月19日 3時00分27秒

タンザニア(ドドマ)と日本(東京)との時差は、6時間です。
日本の方が、6時間進んでいます。

タイムゾーン(ドドマの標準時)の名称
East Africa Time 東アフリカ時間
協定世界時との時差
UTC+3
日本との時差
JST-6

タンザニア(ドドマ)の時差の簡単な計算方法

タンザニア ドドマと日本の時差は6時間で、日本のほうが早く進んでいます。

タンザニアではサマータイムは導入しておらず、時差は通年で同じです。国内のタイムゾーンも共通のため、都市を移動する際にも時差の変更はありません。

タンザニア(ドドマ)のサマータイムで発生する時差の変更について

タンザニア(ドドマ)にはサマータイム(Daylight Saving Time / Summer Time)はないので、一年を通じて時差は変わりません。

タンザニア(ドドマ)の日の出、日の入り時刻

日の出の時間 (2018年9月19日)
6時13分
日の入りの時間 (2018年9月19日)
18時19分

タンザニア(ドドマ)への距離

羽田空港から タンザニア(ドドマ)までの距離(測地線長)は、約 11,396 Kmです。

タンザニア(ドドマ)への主要フライト・空港について

日本からタンザニアへの直行便はないため、中東やヨーロッパの主要都市で乗り換える必要があります。一般的なルートとしては、ドバイやドーハ、エチオピアのアディスアベバ経由でタンザニアのダル・エス・サラーム空港へ向かい、そこから航路か陸路でドドマへ向かいます。移動時間の目安は約20時間以上です。

ドドマと日本の時差はさほどではないものの、移動は長時間になり、かなりの疲労が予想されます。到着日は十分な休息をとりましょう。体力に不安がある場合は、経由地で一泊する方法もおすすめです。
ドドマの航空券を探す

現地の季節や気候の注意点

タンザニアの首都ドドマの気候は、乾燥帯に属するステップ気候の特徴を有しています。季節による気温の変化が少なく、年間を通して温暖な気候です。12月から3月が雨季、3月から11月は乾季で、1年の降水量のうちほとんどは雨季によるもので、乾季はめったに雨が降りません。 ドドマはどの季節でも平均最高気温が20度以上と温暖ですが、朝晩は冷えこむため、セーターや上着を持参しましょう。

現地の生活時間や旅行計画時の注意点

タンザニアの入国にはビザが必要です。現地空港での取得も可能ですが、空港は混雑しており、ビザ手続きから入国審査まで1時間以上かかることもあります。ドドマへの渡航を予定する場合は、あらかじめ国内でビザを取得しておくと良いでしょう。

日本からドドマへの旅行は長旅になり、疲れや慣れない気候たのめ、普段より体調を崩しやすい状態にあります。生水は飲まず、ミネラルウォーターを買いましょう。マラリアの感染源となる蚊もいるため、予防薬や防虫スプレーなどがあると便利です。

タンザニア(ドドマ)について調べる

広告