おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

ドイツ(デュッセルドルフ)と日本(東京)の時差について

ドイツ(デュッセルドルフ)の現在時刻と時差

7月21日 7時28分33秒

ドイツ(デュッセルドルフ)と日本(東京)との時差は、7時間です。
日本の方が、7時間進んでいます。

タイムゾーン(デュッセルドルフの標準時)の名称
Central European Summer Time 中央ヨーロッパ夏時間
協定世界時との時差
UTC+2
日本との時差
JST-7

ドイツ(デュッセルドルフ)の時差の簡単な計算方法

日本とドイツのデュッセルドルフの時差は8時間です。デュッセルドルフではサマータイムが導入されているため、毎年3月下旬から10月下旬までの期間は、7時間の時差になります。日本を出発したら、時計を7または8時間戻して時差の調整をするといいでしょう。

ドイツ(デュッセルドルフ)のサマータイムで発生する時差の変更について

ドイツ(デュッセルドルフ)にはサマータイム(Daylight Saving Time / Summer Time)が以下の期間で実施されます。期間中は時差の変更があるため注意が必要です。

今回のサマータイムの開始日時
2018年3月25日 2時0分 CET
今回のサマータイムの終了日時
2018年10月28日 3時0分 CEST
次回のサマータイムの開始日時
2019年3月31日 2時0分 CET

ドイツ(デュッセルドルフ)の日の出、日の入り時刻

日の出の時間 (2018年7月21日)
5時10分
日の入りの時間 (2018年7月21日)
21時15分

ドイツ(デュッセルドルフ)への距離

羽田空港から ドイツ(デュッセルドルフ)までの距離(測地線長)は、約 8,947 Kmです。

ドイツ(デュッセルドルフ)への主要フライト・空港について

日本からデュッセルドルフまでは日系の航空会社が直行便を就航しており、おおよそ12時間ほどで到着します。他にもドイツのフランクフルトやミュンヘン、オランダのアムステルダムなどを経由していくルートもあります。

デュッセルドルフへの直行便は本数が少なく、時期によっては混雑しますので、早めの予約をするのがいいでしょう。アムステルダムからデュッセルドルフまではICEと呼ばれる鉄道も運行しており、2時間程度で両都市を結んでいますので鉄道も選択肢になります。
デュッセルドルフの航空券を探す

現地の季節や気候の注意点

オランダとベルギーの国境にほど近いデュッセルドルフは、夏は20-25度まで気温が上がり爽やかな気候になりますが、10月から4月頃までは15度以下の日が続きます。特に冬の12月から2月は時折雪も降り、気温も一桁台で寒くなります。

冬の間や、夜間に風が吹くことが多く、風が吹くと体感温度は一層下がりますので、耳まで覆う帽子や風を通さないジャケットがあると重宝します。夏はヨーロッパらしく陽が長いので1日を長く使えます。観光や時差の解消にも有効でしょう。

現地の生活時間や旅行計画時の注意点

デュッセルドルフ空港は市街地からおおよそ8キロ北にあり、空港から市街地まではバスや電車で簡単に行くことができます。いずれも2.5ユーロです。バスはデュッセルドルフ中央駅まで約30分、電車だと12分ですが、バスは深夜0時以降は運行しないため、電車の方が安心です。

デュッセルドルフは500を越える日系企業があり、1万人近くの日本人が生活しています。ドイツの中でも治安が良く、日本人には生活しやすい街なので観光でも安心できるでしょう。日本の食材が恋しくなってもデュッセルドルフなら簡単に手に入ります。

ドイツ(デュッセルドルフ)について調べる

広告