おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

イタリア(フィレンツェ)と日本(東京)の時差について

イタリア(フィレンツェ)の現在時刻と時差

10月19日 6時38分11秒

イタリア(フィレンツェ)と日本(東京)との時差は、7時間です。
日本の方が、7時間進んでいます。

タイムゾーン(フィレンツェの標準時)の名称
Central European Summer Time 中央ヨーロッパ夏時間
協定世界時との時差
UTC+2
日本との時差
JST-7

イタリア(フィレンツェ)の時差の簡単な計算方法

日本とイタリアのフィレンツェの時差は8時間です。イタリアではサマータイムを導入しているため、毎年3月下旬から10月下旬までの時差は7時間になります。日本時間が先行しているため、現地到着後は時計を8または7時間戻すことで時差の調整ができます。

フィレンツェの夕方頃は日本時間では深夜のため、到着後しばらくは夕方ごろに眠たくなるかもしれません。時差ぼけを解消するには、現地時間に合わせて睡眠をとるのが重要です。途中で眠くなりそうな日は、軽い昼寝をして体内時計を合わせましょう。

イタリア(フィレンツェ)のサマータイムで発生する時差の変更について

イタリア(フィレンツェ)にはサマータイム(Daylight Saving Time / Summer Time)が以下の期間で実施されます。期間中は時差の変更があるため注意が必要です。

今回のサマータイムの開始日時
2018年3月25日 2時0分 CET
今回のサマータイムの終了日時
2018年10月28日 3時0分 CEST
次回のサマータイムの開始日時
2019年3月31日 2時0分 CET

イタリア(フィレンツェ)の日の出、日の入り時刻

日の出の時間 (2018年10月19日)
7時27分
日の入りの時間 (2018年10月19日)
18時22分

イタリア(フィレンツェ)への距離

羽田空港から イタリア(フィレンツェ)までの距離(測地線長)は、約 9,883 Kmです。

イタリア(フィレンツェ)への主要フライト・空港について

日本からフィレンツェへは直行便は就航していないため、イタリア国内のローマやミラノ、またはヨーロッパの主要空港で乗り換える必要があります。一般的なルートである、スイスのチューリッヒ、またはフランスのパリを経由すると、約15時間程度でフィレンツェに到着します。

フィレンツェへは、空路以外にもローマから電車で行くこともできます。所要時間は約1時間30分、30ユーロ程度です。他にも中距離バスの「メガバス」が4時間程度で15ユーロなので検討してもいいでしょう。
フィレンツェの航空券を探す

現地の季節や気候の注意点

イタリアの北部に位置するフィレンツェには四季があり、夏は蒸し暑く、冬は涼しく湿った気候になります。服装は日本同様で問題ありませんが、朝晩は気温が下がるので夏でも夜は長袖があると安心です。

観光のベストシーズンは5月から8月で、街全体が混雑します。レストランや観光名所は屋外で行列になることがあり、強い日差しに備えて日焼け対策が必要です。11月は雨が多く、11月から3月までは気温が一桁台にまで下がり寒くなります。

現地の生活時間や旅行計画時の注意点

フィレンツェのペレトラ空港から市内までの移動は、シャトルバスが便利です。早朝から夜まで30分間隔で運行しており、約30分程度で市街地に着きます。フィレンツェ市街地での移動は徒歩が中心です。ほとんどの観光名所は市街地から徒歩圏内ですが、行動範囲を広げたいときはATAFが運営するバスを利用しましょう。4回券が5ユーロ程度でお得なので、あらかじめキオスクや駅で購入しておくことをおすすめします。

イタリアの8月はバカンスシーズンです。フィレンツェも同様で、ショップやレストランが休みの場合があります。目当ての店がある場合は、事前に営業日を確認するか、渡航の時期をずらすのが良いでしょう。

イタリア(フィレンツェ)について調べる

広告