おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

ドイツ(フランクフルト)と日本(東京)の時差について

ドイツ(フランクフルト)の現在時刻と時差

1月22日 3時33分31秒

ドイツ(フランクフルト)と日本(東京)との時差は、8時間です。
日本の方が、8時間進んでいます。

タイムゾーン(フランクフルトの標準時)の名称
Central European Standard Time 中央ヨーロッパ標準時
協定世界時との時差
UTC+1
日本との時差
JST-8

ドイツ(フランクフルト)の時差の簡単な計算方法

日本とドイツのフランクフルトの時差は8時間で、日本のほうがフランクフルトよりも8時間先行しています。フランクフルトを含むドイツではサマータイムを実施しており、毎年3月の最終日曜日から10月の最終日曜までは、日本との時差が1時間短い7時間になります。したがって、時差の調整は機内で時計の針を8時間、夏場は7時間戻すことになります。

ドイツ(フランクフルト)のサマータイムで発生する時差の変更について

ドイツ(フランクフルト)にはサマータイム(Daylight Saving Time / Summer Time)はないので、一年を通じて時差は変わりません。

ドイツ(フランクフルト)の日の出、日の入り時刻

日の出の時間 (2018年1月22日)
8時2分
日の入りの時間 (2018年1月22日)
16時34分

ドイツ(フランクフルト)への距離

羽田空港から ドイツ(フランクフルト)までの距離(測地線長)は、約 8,947 Kmです。

ドイツ(フランクフルト)への主要フライト・空港について

ドイツのフランクフルト空港は、イギリスのヒースロー空港同様にヨーロッパの玄関口として知られており、日系、ドイツ系などの直行便が充実しています。日本とは往路も復路もおおよそ12時間の飛行時間で、ビジネスや旅行を目的とした多くの日本人が利用しています。

近年では羽田空港からの直行便も加わり、羽田空港を深夜1時頃に出発し、ドイツのフランクフルトに早朝6時に到着する便もあります。こちらは利用者が多く混雑するため、早期予約がおすすめです。
フランクフルトの航空券を探す

現地の季節や気候の注意点

フランクフルトはドイツのなかでも比較的穏やかな気候で、夏場を中心に多くの観光客が訪れます。夏は日中でも25度程度で、湿気もなく爽やかな気候です。日が長く、夜は21時頃まで明るいため、街の散策が十分に楽しめます。

冬場の降雪量は多くありませんが、曇りがちで寒い日が続きます。日が短いため、1日を有効活用するには明るい時間から行動を始めるのが肝心です。冬のフランクフルトではクリスマスの寒い時期に、クリスマスマーケットに出かけるのが一番の楽しみ方です。

現地の生活時間や旅行計画時の注意点

フランクフルトにはSバーンと呼ばれる電車が走っており、移動に困ることはありません。主な観光地や空港を結んでおり、観光客は1日乗車券(7ユーロ)を使うと便利です。

フランクフルトはヨーロッパのハブ空港として利用する人が多いため、旅程によっては時間を持て余してしまうこともあります。その場合、空港から市内に行くことも可能です。空港から市内までは20-30分です。ショッピングストリート「ツァイル」や「ザクセンハウゼン」というエリアで有名なアップルワインを飲むのもおすすめです。乗り換え時間が5時間以上ある場合は、思い切ってフランクフルト市内に出かけるのもいいでしょう。

ドイツ(フランクフルト)について調べる

広告