おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

香港(香港)と日本(東京)の時差について

香港(香港)の現在時刻と時差

10月18日 13時19分07秒

香港(香港)と日本(東京)との時差は、1時間です。
日本の方が、1時間進んでいます。

タイムゾーン(香港の標準時)の名称
Hong Kong Standard Time 香港標準時
協定世界時との時差
UTC+8
日本との時差
JST-1

香港(香港)の時差の簡単な計算方法

日本と香港の時差は1時間で、日本のほうが早く進んでいます。香港はサマータイムを実施しておらず、年間を通じて時差は同じです。1時間と短い差のため、到着後は疲れや時差ぼけの影響も少なく、観光を楽しめるでしょう。

香港(香港)のサマータイムで発生する時差の変更について

香港(香港)にはサマータイム(Daylight Saving Time / Summer Time)はないので、一年を通じて時差は変わりません。

香港(香港)の日の出、日の入り時刻

日の出の時間 (2018年10月18日)
6時20分
日の入りの時間 (2018年10月18日)
17時56分

香港(香港)への距離

羽田空港から 香港(香港)までの距離(測地線長)は、約 2,888 Kmです。

香港(香港)への主要フライト・空港について

日本から香港国際空港へは、直行便が毎日運航しています。フライト所要時間は、日本発の直行便で約5時間程度です。羽田・成田空港と香港の間は複数の航空会社が就航しており、自分のスケジュールに合わせた時間帯で出発できます。また、成田空港からはジェットスターやバニラエアなどの格安航空会社も利用できるため、飛行機代を安く抑えたい時におすすめです。

福岡や札幌、名古屋、広島など各都市の空港からも直行便が出ており、香港は日本からはとても気軽に行くことができる近距離国際都市のひとつです。フライト時間と時差が短いことから、週末旅行にも向いています。
香港の航空券を探す

現地の季節や気候の注意点

亜熱帯気候に属する香港は、夏の期間が長く、年間を通して温暖で湿度の高い日が多い都市です。春から夏は特に高温多湿になり、秋から冬は温暖で乾燥した気候になります。冬でも最低気温は15度以上と過ごしやすいですが、夏は30度以上の気温と、90%を越える湿度のためとても蒸し暑くなります。こまめな水分補給と、クーラーの効きすぎに備えた羽織りものの用意が必要です。雨季が終わる9月頃は空が澄んで、快晴の日が続きます。

香港では夕立が降ることが多く、ひとたび夕立がくると、街のいたるところで冠水が発生します。中心街では滑りやすい大理石も多く、雨の時は転倒に注意しましょう。

現地の生活時間や旅行計画時の注意点

香港は交通網が発達しており、MTRと呼ばれる地下鉄やバス、トラム、そして街中を数多く走っているタクシーを使えば、香港全域を自由に移動できます。とくに地下鉄は深夜から早朝まで運行しているため、とても便利な存在です。タクシーも良心的な値段で、荷物が多い時や夜間の外出時には重宝するでしょう。
香港ならではの乗り物としてぜひ利用したいのが、2階建てバス(ダブルデッカーバス)とスターフェリーです。イギリス統治地時代の名残である2階建てバスは、香港島から九龍、新界など香港全域をほぼ網羅しており、車窓観光が楽しめます。スターフェリーは香港島から九龍へ8分間程度で行くことができ、香港の町並みを眺めながらショートクルーズを体験できます。

香港は治安が良く、香港名物の夜景を見るための夜間外出も比較的安全です。暗い路地には入らず、混雑したMTRや観光地では財布や携帯電話のスリに気を配りましょう。

広告