おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

インドネシア(ジャカルタ)と日本(東京)の時差について

インドネシア(ジャカルタ)の現在時刻と時差

4月22日 6時43分37秒

インドネシア(ジャカルタ)と日本(東京)との時差は、2時間です。
日本の方が、2時間進んでいます。

タイムゾーン(ジャカルタの標準時)の名称
Western Indonesia Time インドネシア西部時間
協定世界時との時差
UTC+7
日本との時差
JST-2

インドネシア(ジャカルタ)の時差の簡単な計算方法

アジアで3番目に面積が大きいインドネシアでは、ジャワ島やスマトラ島などの西部、バリ島などの中央部、パプアがある東部と3つの時間帯が存在しています。インドネシアの首都であるジャカルタはジャワ島に位置しており、日本との時差は2時間です。ジャカルタの方が2時間遅れています。このぐらいの時差であれば、時差ボケをあまり気にすることなく旅行を楽しめそうです。

インドネシア(ジャカルタ)のサマータイムで発生する時差の変更について

インドネシア(ジャカルタ)にはサマータイム(Daylight Saving Time / Summer Time)はないので、一年を通じて時差は変わりません。

インドネシア(ジャカルタ)の日の出、日の入り時刻

日の出の時間 (2018年4月22日)
5時53分
日の入りの時間 (2018年4月22日)
17時49分

インドネシア(ジャカルタ)への距離

羽田空港から インドネシア(ジャカルタ)までの距離(測地線長)は、約 5,771 Kmです。

インドネシア(ジャカルタ)への主要フライト・空港について

ジャカルタへは日本から直行便が成田、羽田、関空から運航しており、飛行時間はおよそ7時間半です。なお、直行便を利用せずとも香港、ソウル、バンコクやシンガポールなどを乗り継いで行くことができますので、比較的アクセスしやすい都市と言えます。

インドネシア最大でジャカルタの玄関口であるスカルノ・ハッタ国際空港からジャカルタ市内まではタクシーやバスでの移動となり、通常30分~60分ほどの距離なのですが、渋滞に巻き込まれると2時間以上かかることもありますので、空港への行き帰りの際は時間に余裕をもって出かけましょう。
ジャカルタの航空券を探す

現地の季節や気候の注意点

ジャカルタの気温はおおむね30℃前後で高温多湿、年間を通して気温変化はあまりありません。モンスーンの影響で、雨季と乾季の2つの季節があります。5月~10月が乾季となり、からっとした晴れの日が続きます。スコールが降ることもありますが、1時間ほどで止むことが多く、午後に降ることが多いので、外出するならなるべく午前中に済ませておくといいでしょう。11月~4月は雨期となります。日本の梅雨のように雨の日が多く、1月~2月になるとバンジールと呼ばれる洪水が発生することがあります。

いずれの季節でも日本の夏服のような格好で過ごすことができますが、ショッピングモールなどの室内に入ると冷房が効いていて肌寒く感じる事がありますので、カーディガンやパーカーなどの羽織物を用意しておくといいでしょう。また、強い直射日光を浴びることになるので帽子や日傘などの日焼け止め対策、水分補給はこまめにしてください。

現地の生活時間や旅行計画時の注意点

観光の見どころが多いジャカルタ北部~中央部、ビジネス街やショッピングモールが多い南部。どこを観光するにも渋滞の多いジャカルタでは移動に時間がかかります。旅行の際は時間に余裕を持った計画を立てましょう。夜が早いといわれるジャカルタですが、多くのお店は10時~22時の営業となっています。中心部のナイトスポットでは深夜営業や24時間営業のお店もありますので、夜遅くまでジャカルタを満喫することができます。

インドネシアにはジャカルタの他にも、有名なバリ島がありますね。ジャカルタ観光の際、足を延ばしてみようと考える人も多いでしょう。しかし、日本との時差は1時間で、ジャカルタより1時間進んでいますので、時差に気を付けて旅行計画を立てましょう。                    

インドネシア(ジャカルタ)について調べる

広告