おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

ネパール(カトマンズ)と日本(東京)の時差について

ネパール(カトマンズ)の現在時刻と時差

1月24日 13時12分34秒

ネパール(カトマンズ)と日本(東京)との時差は、3時間15分です。
日本の方が、3時間15分進んでいます。

タイムゾーン(カトマンズの標準時)の名称
Nepal Time ネパール時間
協定世界時との時差
UTC+5.75
日本との時差
JST-3.25

ネパール(カトマンズ)の時差の簡単な計算方法

ネパール(カトマンズ)と日本の時差は、3時間15分です。カトマンズの方が時間が遅れているので、日本の昼12時は、カトマンズの午前8時45分にあたります。サマータイムは実施しておらず、年間を通してこの時差は一定です。アジア諸国の中では時差が大きい方ですが、国内のタイムゾーンは共通のため、都市を移動した場合にも時差の変更はありません。

ネパール(カトマンズ)のサマータイムで発生する時差の変更について

ネパール(カトマンズ)にはサマータイム(Daylight Saving Time / Summer Time)はないので、一年を通じて時差は変わりません。

ネパール(カトマンズ)の日の出、日の入り時刻

日の出の時間 (2018年1月24日)
6時53分
日の入りの時間 (2018年1月24日)
17時37分

ネパール(カトマンズ)への距離

羽田空港から ネパール(カトマンズ)までの距離(測地線長)は、約 5,170 Kmです。

ネパール(カトマンズ)への主要フライト・空港について

日本からカトマンズへは直行便は就航しておらず、アジア諸国での乗り継ぎとなります。一般的には、マレーシア航空でクアラルンプール経由や、タイ国際航空でバンコク経由などが便利です。所要時間はルートによって異なりますが、乗り継ぎ時間を含め約15時間半~です。現地はトリブバン国際空港に到着します。市内まではタクシーで約40分ほどで移動できます。
カトマンズの航空券を探す

現地の季節や気候の注意点

ネパールの首都のカトマンズは、亜熱帯気候に属しています。標高1300mに位置することもあり、冬は東京より暖かく、夏は涼しく過ごしやすい気候が特徴です。2月頃から春らしい陽気が続き、5月が一年で最も暑い時期となります。日中は30度を越えますが、湿度が低いため蒸し暑さを感じることはほとんどありません。一方、日差しは大変強いので、帽子やサングラスなどは必ず持参してください。6月から9月はモンスーン期となり、ほぼ毎日のように雨が降ります。日中のゲリラ豪雨は短時間で止むことがほとんどですが、雨具や薄手の上着などがあると便利です。

9月頃から次第に秋らしい季節となり、一年のうち最も過ごしやすい天気が続きます。冬は氷点下になることは少ないものの、朝晩は気温が一桁になります。またこの時期は濃霧の発生率が高く、フライトに影響が出ることが多々あります。冬に旅行を考えている場合には、万が一の遅延や欠航の可能性も頭に入れ、余裕をもったスケジュールを立てることをおすすめします。

現地の生活時間や旅行計画時の注意点

9月末から10月にかけて、ネパールでは「ダサイン祭り」や「ティハール」といった最大級の祭りが続き、大型連休となります。この期間は多くの店やレストランが閉店となりますので気をつけてください。また、人混みではスリや置き引きにも注意が必要です。

ネパール(カトマンズ)について調べる

広告