おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

ドイツ(ケルン)と日本(東京)の時差について

ドイツ(ケルン)の現在時刻と時差

1月23日 10時04分08秒

ドイツ(ケルン)と日本(東京)との時差は、8時間です。
日本の方が、8時間進んでいます。

タイムゾーン(ケルンの標準時)の名称
Central European Standard Time 中央ヨーロッパ標準時
協定世界時との時差
UTC+1
日本との時差
JST-8

ドイツ(ケルン)の時差の簡単な計算方法

ドイツ ケルンと日本の時差は、8時間で、ケルンのほうが時間が遅れています。ドイツではサマータイムを導入しており、3月の最終日曜から10月の最終日曜までは、日本との時差は7時間に縮まります。
ケルンで夕方16時のとき、日本は夜0時という時差のため、到着後しばらくは夕方に眠くなる可能性があります。時差ぼけ解消のため、早い時間の眠気は仮眠で済ませ、夜にまとまった睡眠をとるのがおすすめです。なおドイツ国内のタイムゾーンは共通のため、都市を大きく移動した場合にもこの時差は一定です。

ドイツ(ケルン)のサマータイムで発生する時差の変更について

ドイツ(ケルン)にはサマータイム(Daylight Saving Time / Summer Time)はないので、一年を通じて時差は変わりません。

ドイツ(ケルン)の日の出、日の入り時刻

日の出の時間 (2018年1月23日)
8時0分
日の入りの時間 (2018年1月23日)
16時35分

ドイツ(ケルン)への距離

羽田空港から ドイツ(ケルン)までの距離(測地線長)は、約 8,947 Kmです。

ドイツ(ケルン)への主要フライト・空港について

日本からドイツ ケルンへの直行便は就航していません。そのため、同国のミュンヘンを経由するか、フランクフルトまたはデュッセルドルフから鉄道で移動するのが一般的です。

成田空港からフランクフルトまでは、直行便で約12時間のフライトです。鉄道を使うと、フランクフルトからは約1時間、デュッセルドルフからは約30分でケルンに到着します。 日本からケルンまでは、長時間のフライトと時差があるため、到着後はよく休んで体調を整えましょう。
ケルンの航空券を探す

現地の季節や気候の注意点

ドイツ西部に位置するケルンは、国内の中では比較的温暖な気候です。夏は平均気温が約20度と涼しく、湿度も少ないため過ごしやすいシーズンです。ただし、朝晩は冷えこむため、薄手の羽織りものを持参しましょう。

冬は寒さが厳しく、最も寒い1月の平均気温は約1度前後です。冬場の滞在は、厚手のコートやダウン、耳を覆うニット帽などでの防寒対策が必須です。建物内はどこも暖房設備が整っており快適ですが、外と中の気温差が大きいため体調管理に注意しましょう。また、空気が乾燥しているので、保湿クリームなどで乾燥対策を行うのがおすすめです。

現地の生活時間や旅行計画時の注意点

ドイツ第4の都市、ケルンは世界各地から観光客が訪れる場所です。散策の際に気をつけたいのは、ドイツは日本の街中と比べてトイレの数が少なく、有料の場所も多いことです。また、入口のマークも異なり、女性用はDamenまたはFrauen、男性用はHerrenまたはMännerと書かれています。それぞれの頭文字の「D」(女性用)と「H」(男性用)だけの表示のところもあるので、注意しましょう。

広告