おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

マレーシア(コタキナバル)と日本(東京)の時差について

マレーシア(コタキナバル)の現在時刻と時差

7月22日 3時31分55秒

マレーシア(コタキナバル)と日本(東京)との時差は、1時間です。
日本の方が、1時間進んでいます。

タイムゾーン(コタキナバルの標準時)の名称
Malaysia Time マレーシア時間
協定世界時との時差
UTC+8
日本との時差
JST-1

マレーシア(コタキナバル)の時差の簡単な計算方法

マレーシア(コタキナバル)の現在時間と時差を掲載しています。マレーシア(コタキナバル)と日本の時差は1時間です。マレーシア(コタキナバル)との時差の計算は、JSTのあとに続く符号と数字を確認することで簡単に確認できます。符号がプラスであれば現地時間の方が進んでおり、マイナスであれば現地時間の方が遅れています。サマータイムを採用している地域では季節によって時間が異なるため、確認しておきましょう。 時差ボケは時差が5時間以上ある地域へ移動すると発生しやすいとされています。時差ボケの症状としては、日中の眠気のほか、睡眠障害や疲労感、頭重感などがあります。機内では現地時刻に合わせて食事や睡眠をとることで、時差ボケの緩和を心がけましょう。

マレーシア(コタキナバル)のサマータイムで発生する時差の変更について

マレーシア(コタキナバル)にはサマータイム(Daylight Saving Time / Summer Time)はないので、一年を通じて時差は変わりません。

マレーシア(コタキナバル)の日の出、日の入り時刻

日の出の時間 (2018年7月22日)
6時39分
日の入りの時間 (2018年7月22日)
18時51分

マレーシア(コタキナバル)への距離

羽田空港から マレーシア(コタキナバル)までの距離(測地線長)は、約 4,846 Kmです。

マレーシア(コタキナバル)への主要フライト・空港について

日本からマレーシアのコタキナバルへは、マレーシア航空による直行便が運航しています。2017年現在は週2回の運航で、成田空港を午前に出発し、約6時間のフライトの後、コタキナバルに午後到着となります。

乗り継ぎ便では、中国の広州や上海、またはシンガポール、クアラルンプールなどを経由するルートがあります。この場合のフライト時間は約10時間以上を要します。日本からコタキナバルへは、直行便を利用すればフライト時間・時差ともに短く、体力的な負担も少ない旅行先です。
コタキナバルの航空券を探す

現地の季節や気候の注意点

マレーシア サバ州 ボルネオ島にあるコタキナバルは、赤道付近に位置しているため、非常に暑い気候が一年中続きます。日中の平均気温は摂氏30度前後です。一年のうちに気温が最も高い月は4、5月、そして最も低い月は1~12月となっています。

また、コタキナバルは熱帯モンスーン気候に属しており、季節は4月~9月の乾季と10月~3月の雨季に分けられます。雨季は降雨量が多いものの、一日中雨が降ることは稀で、スコールのような短時間に大雨になることがほとんどです。乾季は雨が少なく気温が上がり、日ざしも強いため、体感温度が高くなります。この時期の旅行は、日焼けどめや帽子、サングラスがあると便利です。

現地の生活時間や旅行計画時の注意点

マレーシア コタキナバルは治安の比較的安定したエリアですが、2016年以降は、サバ州東側の海岸地域で海賊事件や過激派組織による外国人誘拐が発生しています。2017年現在、外務省は、コタキナバルを含むサバ州東側の海岸一帯に対して、危険レベル2と3を指定し、「不要不急の渡航は控えてください」「渡航中止勧告」を呼びかけています。治安状況が安定した場合も、渡航の際は不測の事態に巻き込まれることのないよう、最新の情報を確認してください。

コタキナバルは人気のリゾート地のため、旅行客がレストラン探しに困ることはまずありません。中華料理をルーツとしたマレー料理は日本人の口に合うものが多く、滞在中は地元のグルメを楽しむのもおすすめです。また、コタキナバルは観光地なので影響は少ないものの、マレーシアはイスラム教徒が多いことから、イスラム教の祝日などは店が閉まったり、豚肉を提供しない飲食店もあることを念頭に置いておきましょう。

マレーシア(コタキナバル)について調べる

広告