おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

アメリカ合衆国(ロサンゼルス)と日本(東京)の時差について

アメリカ合衆国(ロサンゼルス)の現在時刻と時差

10月19日 11時38分26秒

アメリカ合衆国(ロサンゼルス)と日本(東京)との時差は、16時間です。
日本の方が、16時間進んでいます。

タイムゾーン(ロサンゼルスの標準時)の名称
Pacific Daylight Time アメリカ太平洋夏時間
協定世界時との時差
UTC-7
日本との時差
JST-16

アメリカ合衆国(ロサンゼルス)の時差の簡単な計算方法

アメリカ ロサンゼルスと日本の時差は17時間で、日本のほうが早く進んでいます。サマータイムが実施されているときは16時間の時差が生じます。時差の計算方法として、通常は「日本時間からマイナス5時間して昼夜を逆転」、サマータイムの場合は「日本時間からマイナス4時間して昼夜を逆転」させることで、ロサンゼルスの時間がわかります。

アメリカ合衆国(ロサンゼルス)のサマータイムで発生する時差の変更について

アメリカ合衆国(ロサンゼルス)にはサマータイム(Daylight Saving Time / Summer Time)が以下の期間で実施されます。期間中は時差の変更があるため注意が必要です。

今回のサマータイムの開始日時
2018年3月11日 2時0分 PST
今回のサマータイムの終了日時
2018年11月4日 2時0分 PDT
次回のサマータイムの開始日時
2019年3月10日 2時0分 PST

アメリカ合衆国(ロサンゼルス)の日の出、日の入り時刻

日の出の時間 (2018年10月20日)
7時2分
日の入りの時間 (2018年10月20日)
18時12分

アメリカ合衆国(ロサンゼルス)への距離

羽田空港から アメリカ合衆国(ロサンゼルス)までの距離(測地線長)は、約 8,833 Kmです。

アメリカ合衆国(ロサンゼルス)への主要フライト・空港について

日本とアメリカ ロサンゼルス間は、羽田・成田空港から毎日直行便が運航しています。日系、アメリカ系、アジア系と様々な航空会社があり、豊富な選択肢の中から旅のスケジュールに合わせたフライトが選べます。直行便でロサンゼルス国際空港へ向かう場合、日本からはおおよそ10時間のフライトで、ロサンゼルスから日本へは11時間程度のフライトになります。時差を入れて到着時間を計算すると、日本を夕方17時に出発する便は、アメリカ ロサンゼルスに同日の昼12時に、サマータイム期間は同日の午前11時過ぎに到着します。

近年では羽田空港を深夜に出発する便もあり、ビジネスマンを中心に利用されています。人気便のため混雑する傾向にあり、この便でロサンゼルスへ向かう際には早期予約が無難です。
ロサンゼルスの航空券を探す

現地の季節や気候の注意点

アメリカ西海岸の都市・ロサンゼルスは、ダウンタウンや沿岸部は地中海性気候、郊外は砂漠気候に属しており、年間を通して温暖で過ごしやすい気候です。雨がほとんど降らず、夏は湿気のないカラッとした暑さで、冬も極端に寒くなることはありません。安定した気候のため、ロサンゼルスはアメリカの中でも訪れやすいエリアとして人気です。

真夏のロサンゼルスは30℃を超える日もありますが、乾燥しているため温度のわりには暑苦しさを感じずにすみます。夜になると夏でも温度が下がり、日中との気温差が大きくなるため、年間を通して長袖の上着があると安心です。温度以上に注意すべきなのは、日本にはない強烈な日差しです。日焼け止めや帽子を用意し、まめな水分補給を意識しましょう。日本では一般的な日傘は、アメリカではあまり使われていません。人が多い場所では、日傘が周囲への邪魔にならないよう、日本とは異なる配慮が必要です。

現地の生活時間や旅行計画時の注意点

アメリカ ロサンゼルスは世界有数の自動車網を有しており、ロサンゼルス市民の主な移動手段は車です。車を持たない観光客はバスやメトロ、レンタカーを利用するのが一般的です。近年整備されたメトロはダウンタウンはもちろん、ロングビーチやユニバーサルスタジオなどの主要観光スポットへ行く際にも便利です。レンタカーは自分のスケジュールに合わせて移動できる反面、通勤時間に大渋滞が発生したり、駐車場が少ない、猛スピードで運転する人が多いといった難点もあり、ロサンゼルス初心者はツアーやUberなどの配車サービスを活用するほうが無難です。

アメリカ合衆国(ロサンゼルス)について調べる

広告