おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

バハマ(ナッソー)と日本(東京)の時差について

バハマ(ナッソー)の現在時刻と時差

1月22日 20時58分43秒

バハマ(ナッソー)と日本(東京)との時差は、14時間です。
日本の方が、14時間進んでいます。

タイムゾーン(ナッソーの標準時)の名称
Eastern Standard Time アメリカ東部標準時
協定世界時との時差
UTC-5
日本との時差
JST-14

バハマ(ナッソー)の時差の簡単な計算方法

日本とバハマの首都であるナッソーの時差は14時間で、日本のほうが早く進んでいます。バハマではサマータイムを実施しており、毎年3月中旬から11月初旬まで、日本との時差は13時間となります。

日本とバハマは昼夜逆転するほど時差が長く、ナッソーが昼前のとき日本では深夜です。到着後しばらくは昼間に眠くなることがありますが、時差ぼけを解消するには、現地時間の夜に合わせて睡眠をとるのが重要です。途中で眠くなりそうな日は、軽い昼寝をして体内時計を合わせましょう。

バハマ(ナッソー)のサマータイムで発生する時差の変更について

バハマ(ナッソー)にはサマータイム(Daylight Saving Time / Summer Time)はないので、一年を通じて時差は変わりません。

バハマ(ナッソー)の日の出、日の入り時刻

日の出の時間 (2018年1月23日)
6時55分
日の入りの時間 (2018年1月23日)
17時47分

バハマ(ナッソー)への距離

羽田空港から バハマ(ナッソー)までの距離(測地線長)は、約 12,238 Kmです。

バハマ(ナッソー)への主要フライト・空港について

日本からバハマへの直行便は就航していないため、アメリカのアトランタやマイアミを経由して行くことになります。成田、羽田空港からはアトランタ経由の1回乗り継ぎ、またはマイアミ経由の2回乗り継ぎで、ナッソーに同日到着できます。

フライト時間は乗り継ぎ便にもよりますが、約18~20時間程度かかるため、経由地で1泊して時差や疲労を和らげるのもおすすめです。
ナッソーの航空券を探す

現地の季節や気候の注意点

バハマ ナッソーは熱帯気候のため年間を通して温暖で、12月から3月の平均気温が20度程度、4月から11月頃までは27度程度です。

ナッソーはリゾート地として人気ですが、4月から6月中旬にかけては水温が高く気候も安定しており、ビーチを楽しむのにちょうどよい時期です。6、7月は雨が多く、7月から10月頃にかけてはハリケーンシーズンのため、気象情報に注意する必要があります。冬も雨が少なく、欧米の観光客が多い人気のシーズンです。冬は朝晩に冷えることがあるので、薄手のジャケットがあると重宝します。

現地の生活時間や旅行計画時の注意点

ナッソーの空港から市街地まではタクシーかバスで移動します。バスは短い間隔で運行しているため、移動コストを抑えたい時や、大荷物でない時に便利です。

バハマは3ヶ月以内の観光目的の場合はビザは不要ですが、アメリカを経由して行くのが一般的なため、アメリカへ入国するためのESTAの取得などを忘れないようにしましょう。ナッソーでは観光客を狙った置き引きが発生しているため、貴重品や荷物から目を離さないことが大事です。

バハマ(ナッソー)について調べる

広告