おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

日本(沖縄)と日本(東京)の時差について

日本(沖縄)の現在時刻と時差

4月24日 7時12分01秒

日本(沖縄)と日本(東京)との時差は、0時間です。
日本の方が、0時間進んでいます。

タイムゾーン(沖縄の標準時)の名称
Japan Standard Time 日本標準時
協定世界時との時差
UTC+9
日本との時差
JST-0

日本(沖縄)の時差の簡単な計算方法

沖縄と東京には時差が存在しませんが、日の出と日の入りの時間はやや違います。ひとつの目安として、東京と比較すると、沖縄は日の出・日の入りが30分~1時間ほど遅れると覚えておくといいでしょう。例えば、夏に東京が午前5時頃に日の出のとき、沖縄は午前6時頃になります。冬はやや短くなり、30分程度の差です。

日本の場合、国内で共通のタイムゾーンを採用していますが、中国やオーストラリアなど国土の大きな国や、インドネシアなどの東西に長い国では、国内に複数のタイムゾーンがあり、地域間で時差が発生します。

日本(沖縄)のサマータイムで発生する時差の変更について

日本(沖縄)にはサマータイム(Daylight Saving Time / Summer Time)はないので、一年を通じて時差は変わりません。

日本(沖縄)の日の出、日の入り時刻

日の出の時間 (2018年4月24日)
4時57分
日の入りの時間 (2018年4月24日)
18時21分

日本(沖縄)への距離

羽田空港から 日本(沖縄)までの距離(測地線長)は、約 0 Kmです。

日本(沖縄)への主要フライト・空港について

東京から沖縄の那覇空港まではおおよそ2時間30分です。一般的に、夏よりも冬のほうがジェット気流の影響を受けるため時間がかかるとされています。12月頃はプラス30分かかると考えておくといいでしょう。那覇から東京方面へは、行きよりも飛行時間は短くなる傾向があります。

近年、成田空港から沖縄まで格安航空会社(LCC)が就航するようになり、選択肢が増えて、安価で行けるようになりました。関東圏から出かける際は、羽田空港と成田空港のどちらへのアクセスが安く、早いかで出発地を変えるといいでしょう。
沖縄の航空券を探す

現地の季節や気候の注意点

沖縄は年間を通して暖かく、高温多湿な気候です。年間平均気温は約22度と温暖ですが、海風が吹き込むため、気温が35度を超える猛暑日は少ないとされています。また、強烈な紫外線が降り注ぐため、帽子や日焼け止めなどで徹底した紫外線対策を心がけましょう。

7月から9月頃にかけては台風のシーズンで、飛行機の欠航や観光地の閉鎖などの影響を受けやすくなります。本州と比較すると、台風が強い勢力のまま近づくため、不用意な外出などは控えるようにしましょう。

現地の生活時間や旅行計画時の注意点

沖縄の那覇空港から那覇の中心街までは、「ゆいレール」と呼ばれるモノレールが便利です。空港直結で、那覇を観光する人向けのフリー乗車券を使うとお得です。1日券、2日券があり、那覇市内だけの観光ならゆいレールで問題なく移動できるでしょう。運行時間は、午前6時から午後11時30分までです。

沖縄ではレンタカーを利用すると、行動範囲が広がります。高速道路も整備されているため、那覇から1時間ほどの「美ら海水族館」や「古宇利島」などの観光名所にも、気軽にアクセスできます。レンタカーは空港到着後に、各社レンタカー会社までシャトルバスで移動してから申しこみます。

広告