おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

タイ(プーケット)と日本(東京)の時差について

タイ(プーケット)の現在時刻と時差

7月21日 22時21分13秒

タイ(プーケット)と日本(東京)との時差は、2時間です。
日本の方が、2時間進んでいます。

タイムゾーン(プーケットの標準時)の名称
Indochina Time インドシナ時間
協定世界時との時差
UTC+7
日本との時差
JST-2

タイ(プーケット)の時差の簡単な計算方法

日本とタイのプーケットの時差は2時間です。プーケットではサマータイムは実施されていないため、年間を通して日本が2時間先行している時差となります。時差の調整は、出発したら時計の針を2時間戻すだけです。プーケットとは時差も少ないため、到着後すぐに行動できるでしょう。

タイ(プーケット)のサマータイムで発生する時差の変更について

タイ(プーケット)にはサマータイム(Daylight Saving Time / Summer Time)はないので、一年を通じて時差は変わりません。

タイ(プーケット)の日の出、日の入り時刻

日の出の時間 (2018年7月22日)
5時59分
日の入りの時間 (2018年7月22日)
18時48分

タイ(プーケット)への距離

羽田空港から タイ(プーケット)までの距離(測地線長)は、約 4,606 Kmです。

タイ(プーケット)への主要フライト・空港について

日本からプーケットに行くには直行便がないため、アジアの主要空港で乗り換える必要があります。プーケットへ行く際にもっとも便利なのは、タイのバンコク、マレーシアのクアラルンプール、シンガポールのチャンギです。いずれのルートを使ってもプーケットまでは合計で7-8時間ほどかかります。

格安航空会社も多く運行しており、アジア主要空港から時期によっては5,000円から10,000円ほどで行くことが可能です。日本からプーケットまで合計して30,000円程度で行くこともできます。
プーケットの航空券を探す

現地の季節や気候の注意点

タイのプーケットは明確に雨季と乾季に分かれます。5月から10月は雨季、11月から4月は乾季です。雨季でも雨が降り続くことはなく、ごく短時間に強烈な雨が降る程度です。乾季の時期は快晴で暑い日が続きます。特に日差しが強く、少しでも屋外にいると肌が赤くなるほどです。サングラス、帽子、日焼けどめは常に用意しておきましょう。

現地の生活時間や旅行計画時の注意点

プーケットの空港に到着したら、街の中心まではバスかミニバス(乗り合いワゴン)が便利です。バスは値段が安いものの、本数が少ないのが難点です。ミニバスは目的地まで直接送り届けてくれますが、乗り合いのため寄り道が多く、時間がかかります。それぞれのメリット、デメリットに合わせて利用するといでしょう。時間もなく、スムーズに移動したい場合は、割高なもののタクシーがおすすめです。

プーケットの島内では「トゥクトゥク」と呼ばれる4輪の簡易タクシーも便利です。観光客の利用が多いため、値段を吊り上げてきますので、事前の値段交渉を忘れずに。プーケットではタイらしい文化が味わえますので、移動も含めて楽しむといいでしょう。

タイ(プーケット)について調べる

広告