おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

パプアニューギニア(ポートモレスビー)と日本(東京)の時差について

パプアニューギニア(ポートモレスビー)の現在時刻と時差

4月22日 4時18分30秒

パプアニューギニア(ポートモレスビー)と日本(東京)との時差は、1時間です。
日本の方が、1時間遅れています。

タイムゾーン(ポートモレスビーの標準時)の名称
Papua New Guinea Time パプアニューギニア時間
協定世界時との時差
UTC+10
日本との時差
JST+1

パプアニューギニア(ポートモレスビー)の時差の簡単な計算方法

パプアニューギニアの首都ポートモレスビーと日本の時差は1時間で、ポートモレスビーの方が早く進んでいます。パプアニューギニアはサマータイムを実施しておらず、年間を通して日本との時差は一定です。

海外旅行に時差ぼけはつきものですが、日本とポートモレスビーは時差が小さいため、体調への影響もほぼ心配ありません。

パプアニューギニア(ポートモレスビー)のサマータイムで発生する時差の変更について

パプアニューギニア(ポートモレスビー)にはサマータイム(Daylight Saving Time / Summer Time)はないので、一年を通じて時差は変わりません。

パプアニューギニア(ポートモレスビー)の日の出、日の入り時刻

日の出の時間 (2018年4月22日)
6時14分
日の入りの時間 (2018年4月22日)
18時5分

パプアニューギニア(ポートモレスビー)への距離

羽田空港から パプアニューギニア(ポートモレスビー)までの距離(測地線長)は、約 5,052 Kmです。

パプアニューギニア(ポートモレスビー)への主要フライト・空港について

ポートモレスビーへは、ニューギニア航空による直行便が運航しています。2017年現在は週2便の運航で、成田空港を夜9時頃に出発し、現地のポートモレスビー・ジャクソン国際空港には早朝に到着するスケジュールです。フライト所要時間は約6時間50分です。

ポートモレスビーは時差やフライト時間が短いため、体力的にはさほど負担のかからない渡航先です。機内でしっかりと睡眠をとれば、到着日から時差の影響もなく観光を楽しめるでしょう。
ポートモレスビーの航空券を探す

現地の季節や気候の注意点

ポートモレスビーは雨季と乾季がはっきり分かれており、1年を通じて温暖な気候です。11月から4月頃までが雨季、5月から10月頃までが乾季とされています。年間平均気温は27度前後で、蒸し暑さは比較的少ない地域です。

昼間は気温が上がり、日差しも強いため、日焼け止めや帽子、サングラスの用意とまめな水分補給が必須です。また、川沿いや草むらに行く場合は、マラリア予防のため、長袖長ズボン、歩きやすいスニーカーを基本として、蚊除けスプレーを携帯するのがおすすめです。

現地の生活時間や旅行計画時の注意点

自然豊かなパプアニューギニアは「南太平洋最後の楽園」と呼ばれ、ダイビングやトレッキングなどのアクティビティが楽しめる場所です。しかし失業率・貧困率の高さから、治安に問題を抱えており、強盗や性犯罪、スリなどに観光客が巻き込まれる事件も発生しています。

2017年現在のところ 、外務省はポートモレスビーを含むパプアニューギニア全域に対して、警戒レベル1と指定しています。渡航を予定する際は、外務省の安全情報ページなどで最新の治安状況を確認し、安全な計画を立てて下さい。

パプアニューギニア(ポートモレスビー)について調べる

広告