おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

アメリカ合衆国(サンアントニオ)と日本(東京)の時差について

アメリカ合衆国(サンアントニオ)の現在時刻と時差

1月21日 8時19分07秒

アメリカ合衆国(サンアントニオ)と日本(東京)との時差は、15時間です。
日本の方が、15時間進んでいます。

タイムゾーン(サンアントニオの標準時)の名称
Central Standard Time アメリカ中部標準時
協定世界時との時差
UTC-6
日本との時差
JST-15

アメリカ合衆国(サンアントニオ)の時差の簡単な計算方法

日本とアメリカのテキサス州にあるサンアントニオの時差は15時間で、日本のほうが早く進んでいます。サンアントニオでは毎年3月中旬から11月上旬までサマータイムを実施しており、日本との時差は14時間になります。

サンアントニオが朝9時の頃、日本時間では深夜0時という時差のため、到着後しばらくは睡眠のリズムが崩れることがあります。昼や夕方に眠たくなった時は仮眠をとり、夜に眠れるよう調整すると、時差ぼけ解消されやすくなります。

アメリカ合衆国(サンアントニオ)のサマータイムで発生する時差の変更について

アメリカ合衆国(サンアントニオ)にはサマータイム(Daylight Saving Time / Summer Time)はないので、一年を通じて時差は変わりません。

アメリカ合衆国(サンアントニオ)の日の出、日の入り時刻

日の出の時間 (2018年1月21日)
7時11分
日の入りの時間 (2018年1月21日)
16時52分

アメリカ合衆国(サンアントニオ)への距離

羽田空港から アメリカ合衆国(サンアントニオ)までの距離(測地線長)は、約 10,163 Kmです。

アメリカ合衆国(サンアントニオ)への主要フライト・空港について

日本からサンアントニオへの直行便はないため、アメリカの主要空港を経由して行くことになります。同じくテキサス州のダラス、ヒューストンで乗り換えるのが一般的です。他にも西海岸のロサンゼルスやサンフランシスコを経由するルートもあります。移動時間は、いずれも約15時間ほどです。

陸路を使うルートとしては、ヒューストンから車でサンアントニオへ行くことも可能です。ヒューストンからサンアントニオまでは3時間弱の距離で、時差に慣れるにも適度な移動時間です。
サンアントニオの航空券を探す

現地の季節や気候の注意点

サンアントニオは夏が非常に長く続き、春、秋、冬は短いという特徴があります。毎年3月頃から10月頃まで30度を超える気温が続き、最も暑い6月から9月までは最高気温が40度まで上がることもあります。冬も朝晩以外は半袖で過ごせるほど温暖です。

サンアントニオの強烈な日差しと熱波は、アメリカのなかでも最も厳しいとされています。特に夏の旅行では、まめに水分を補給して熱中症を予防しましょう。また、冬でも日差しが強いため、日焼けどめは通年欠かせません。

現地の生活時間や旅行計画時の注意点

サンアントニオ空港から市街地までは約8マイルで、車だと15分程度で到着します。サンアントニオではレンタカー移動が主流ですが、タクシーだと25ドルくらいが相場です。15分間隔で運行するシャトルバスだと片道18ドルです。

テキサス州のサンアントニオは、アラモ砦やリバー・ウォークなど歴史がある観光スポットが多くありますが、いずれも徒歩が中心です。夏の時期の徒歩移動は、日除けグッズと水分補給は必須です。

アメリカ合衆国(サンアントニオ)について調べる

広告