おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

中国(深セン市)と日本(東京)の時差について

中国(深セン市)の現在時刻と時差

1月22日 5時06分17秒

中国(深セン市)と日本(東京)との時差は、1時間です。
日本の方が、1時間進んでいます。

タイムゾーン(深セン市の標準時)の名称
China Standard Time 中国標準時
協定世界時との時差
UTC+8
日本との時差
JST-1

中国(深セン市)の時差の簡単な計算方法

日本と中国の深センの時差は1時間で、日本のほうが早く進んでいます。中国ではサマータイムを導入していないため、日本との時差は常に同じです。出発後は、時計を1時間戻して時差の調整をしましょう。

中国は世界3位の国土面積を持つ国ですが、タイムゾーンは1つです。そのため日本との時差は、深センに限らずすべての都市で1時間です。深センは日本から近く、時差も小さいため、気軽に出かけられる渡航先です。

中国(深セン市)のサマータイムで発生する時差の変更について

中国(深セン市)にはサマータイム(Daylight Saving Time / Summer Time)はないので、一年を通じて時差は変わりません。

中国(深セン市)の日の出、日の入り時刻

日の出の時間 (2018年1月22日)
6時51分
日の入りの時間 (2018年1月22日)
17時19分

中国(深セン市)への距離

羽田空港から 中国(深セン市)までの距離(測地線長)は、約 1,766 Kmです。

中国(深セン市)への主要フライト・空港について

日本から深センまでは、毎日運航している直行便を利用するのが最も便利です。深センへのフライト時間は約4時間40分です。または、香港か広州まで飛行機で向かい、それぞれの都市から電車で深センへ行くこともできます。香港と広州からは、電車で約1時間程度で深センへ到着します。香港と広州へは日本国内から複数の便が就航しており、時間帯によっては深センへの直行便よりも便利なことがあります。
深セン市の航空券を探す

現地の季節や気候の注意点

中国の四大都市の1つとされる深センは、中国大陸の南方に位置しています。亜熱帯海洋性気候に属しており、年間平均気温は約22度と温暖です。深センは4月から10月にかけてが長い夏で、高温多湿になります。

冬は短く、最低気温でも10度程度で、寒波がこない限りは温暖です。ただし、レストランやショッピングモールは暖房がないこともあるため、適度な防寒が必要です。深センは雨が降ることが多いので、どの季節でも雨具は必須です。

現地の生活時間や旅行計画時の注意点

中国 深センの交通機関は、地下鉄やタクシー、バスなどがあります。地下鉄は最低料金が安く、深センの主要箇所を網羅しており、旅行者にとっても便利です。「深圳通」と呼ばれるICカードは、バスや地下鉄、市内のタクシーをはじめ、スーパーやコンビニでの買い物にも利用できます。深セン到着後はまずこのカードを購入するのがおすすめです。

広告