おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

シンガポール(シンガポール)と日本(東京)の時差について

シンガポール(シンガポール)の現在時刻と時差

4月23日 2時27分03秒

シンガポール(シンガポール)と日本(東京)との時差は、1時間です。
日本の方が、1時間進んでいます。

タイムゾーン(シンガポールの標準時)の名称
Singapore Standard Time シンガポール標準時
協定世界時との時差
UTC+8
日本との時差
JST-1

シンガポール(シンガポール)の時差の簡単な計算方法

日本とシンガポール共和国の時差は1時間で、日本の方が早く進んでいます。空港に到着後は、時計を1時間戻せば現地時間に調整できます。シンガポールはサマータイムを実施しておらず、時差は年間を通して同じです。時差ぼけの心配もないので、一晩寝て移動の疲れを癒せば、翌日からは快適な旅行が楽しめるでしょう。

シンガポール(シンガポール)のサマータイムで発生する時差の変更について

シンガポール(シンガポール)にはサマータイム(Daylight Saving Time / Summer Time)はないので、一年を通じて時差は変わりません。

シンガポール(シンガポール)の日の出、日の入り時刻

日の出の時間 (2018年4月23日)
6時58分
日の入りの時間 (2018年4月23日)
19時7分

シンガポール(シンガポール)への距離

羽田空港から シンガポール(シンガポール)までの距離(測地線長)は、約 5,312 Kmです。

シンガポール(シンガポール)への主要フライト・空港について

日本からシンガポール チャンギ国際空港へは、羽田・成田空港の両方から数多くの便が運行しています。フライト時間は日本からの直行便で7-8時間程度、帰りのシンガポール発は7時間程度です。中距離飛行で時差も少ないため、初めての海外旅行にもおすすめです。シンガポール チャンギ国際空港から市内へのアクセスは、MRTやタクシー、シャトルバスなどがあり、いずれも約30分程度で到着します。

シンガポール チャンギ国際空港は東南アジア有数のハブ空港で、世界の空港ランキングなどで多くの賞を受賞しています。グルメやショッピングが楽しめる観光スポットとしての機能も備えており、フライト前の空き時間も退屈せずに過ごせるでしょう。
シンガポールの航空券を探す

現地の季節や気候の注意点

赤道直下に位置するシンガポールは、四季のない熱帯性モンスーン気候に属しています。一年を通じて高温多湿で、年間の平均最高気温は30度前後です。10月~3月の雨季は雨が多く、気温もやや下がります。4月~9月は乾季となり天気のよい日が続きます。しかし乾季でもスコールは頻繁にあるため、雨具は必携です。

シンガポールの施設内は冷房が強く効いているので、長袖のはおりものを忘れずに用意しましょう。また、乾季は特に日差しが強く、日焼け止めや帽子が必要です。暑さや屋内外の極端な温度差で体調を崩さないよう、観光の際は休憩をとることも忘れずに。

現地の生活時間や旅行計画時の注意点

シンガポールの公共交通手段は、MRTと呼ばれる地下鉄かタクシーが主流です。シンガポールは観光都市のため、点在する観光名所からアクセスのよい位置にMRTの駅が作られています。単純な路線図なので迷うことも少なく、旅行者も安心して利用できます。
また、タクシーは低料金で、地元の人々も気軽に利用する交通手段です。初乗り3ドル、1キロ0.5ドルと、日本よりもはるかに安く乗ることができます。メーター式のため、運転手との料金交渉も必要ありません。駅から遠い場所への移動やスコールの時、女性だけでの夜の外出などに便利です。

シンガポール(シンガポール)について調べる

広告