おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

オーストラリア(シドニー)と日本(東京)の時差について

オーストラリア(シドニー)の現在時刻と時差

10月20日 18時11分26秒

オーストラリア(シドニー)と日本(東京)との時差は、2時間です。
日本の方が、2時間遅れています。

タイムゾーン(シドニーの標準時)の名称
Australian Eastern Daylight Time オーストラリア東部夏時間
協定世界時との時差
UTC+11
日本との時差
JST+2

オーストラリア(シドニー)の時差の簡単な計算方法

日本とオーストラリア シドニーの時差は1時間で、シドニーが早く進んでいます。シドニーはサマータイムを実施しており、期間中の10月~4月の間、日本との時差は2時間になります。日本とシドニーは季節が逆のため、旅行の際は時差以上に、現地の季節に体を慣らすことが必要です。

広大な国土を持つオーストラリアでは、地域によって東部、中央部、西部の3つの時間帯に分かれており、シドニーがあるニューサウスウェールズ州は東部の時間に属しています。時間帯によって日本との時差も変わり、東部は日本より1時間早く、中央部は30分早く、逆に西部は1時間遅くなっています。サマータイムを採用するかどうかは州が決めているため、パースやケアンズなどの一部地域では、日本との時差は年中同じです。

オーストラリア(シドニー)のサマータイムで発生する時差の変更について

オーストラリア(シドニー)にはサマータイム(Daylight Saving Time / Summer Time)が以下の期間で実施されます。期間中は時差の変更があるため注意が必要です。

今回のサマータイムの開始日時
2018年10月7日 2時0分 AEST
今回のサマータイムの終了日時
2019年4月7日 3時0分 AEDT
次回のサマータイムの開始日時
2019年10月6日 2時0分 AEST

オーストラリア(シドニー)の日の出、日の入り時刻

日の出の時間 (2018年10月20日)
6時7分
日の入りの時間 (2018年10月20日)
19時12分

オーストラリア(シドニー)への距離

羽田空港から オーストラリア(シドニー)までの距離(測地線長)は、約 7,788 Kmです。

オーストラリア(シドニー)への主要フライト・空港について

オーストラリア シドニーへの空の玄関口となるのは、南部近郊にあるシドニー(キングスフォード・スミス)国際空港です。日本からは日系やアジア系、オーストラリア系の直行便が毎日運行しており、フライト時間は約10時間程度です。
シドニー国際空港は市内の中心部から約10kmと近く、市内へは「エアポートリンク」と呼ばれる電車やシャトルバス、タクシーなどを利用して、約30分程度で到着します。
シドニーの航空券を探す

現地の季節や気候の注意点

オーストラリアの南西、ニューサウスウェールズ州に位置するシドニーは、1年を通して温暖で過ごしやすい地域です。四季がありますが、日本とは逆の季節になり、9月~11月が春、12月~2月が夏、3月~5月が秋、6月~8月が冬になります。
オーストラリア シドニーは1年じゅう日差しや紫外線が強く、サングラスや帽子、日焼け止めクリームは必携です。夏は昼夜の気温差に備えて、羽織りものを持参すると良いでしょう。冬は日中15℃前後になり温暖ですが、冷たい風が吹くため、ジャケットやコートがあると便利です。

現地の生活時間や旅行計画時の注意点

シドニーは公共交通機関が発達しており、市内の移動は朝6時前から稼動している電車やバスが便利です。これらを利用して早朝からの観光も可能で、シドニー市内の主要エリアのみの利用であればライトレールと呼ばれる路面電車も活用しましょう。
シドニーは比較的治安が良い街ですが、スリや置き引き、詐欺など観光客目当ての軽犯罪には注意が必要です。夜の電車では、警備員が見回りをしている「Nightsafe Area」と書かれた車両を利用するのが安心です。

オーストラリア(シドニー)について調べる

広告