おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

カナダ(トロント)と日本(東京)の時差について

カナダ(トロント)の現在時刻と時差

1月21日 15時23分28秒

カナダ(トロント)と日本(東京)との時差は、14時間です。
日本の方が、14時間進んでいます。

タイムゾーン(トロントの標準時)の名称
Eastern Standard Time アメリカ東部標準時
協定世界時との時差
UTC-5
日本との時差
JST-14

カナダ(トロント)の時差の簡単な計算方法

カナダ トロントと日本の時差は14時間で、日本のほうが早く進んでいます。カナダではサマータイムを導入しており、3月の第二日曜から11月の第一日曜までは、時差は13時間に縮まります。日本とカナダは時差が大きく、時間帯がほぼ真逆になるので、旅行中に家族や友人へ連絡をとる際は注意しましょう。

長時間の移動と時差のため、到着後はしばらく時差ぼけに悩まされる場合があります。時差ぼけ予防のためにも、トロントへ向かう機内では現地時刻に合わせて睡眠や食事をとるのがおすすめです。到着後はできるだけ太陽の光を浴びて、新しい時間のリズムに体を慣れさせることで、時差ぼけが解消されやすくなります。

カナダ(トロント)のサマータイムで発生する時差の変更について

カナダ(トロント)にはサマータイム(Daylight Saving Time / Summer Time)はないので、一年を通じて時差は変わりません。

カナダ(トロント)の日の出、日の入り時刻

日の出の時間 (2018年1月22日)
7時43分
日の入りの時間 (2018年1月22日)
17時15分

カナダ(トロント)への距離

羽田空港から カナダ(トロント)までの距離(測地線長)は、約 10,374 Kmです。

カナダ(トロント)への主要フライト・空港について

日本からトロントへは、成田・羽田空港からトロント・ピアソン国際空港への直行便が毎日就航しています。フライトの所要時間は日本発の直行便が約12時間で、復路のカナダ発は約13時間です。

空港からトロントのダウンタウンへは、地下鉄やバス、タクシーを利用できます。2015年に開通した「UP Express(Union Pearson Express、ユニオン・ピアソン・エクスプレス)」は、空港からダウンタウンの地下鉄駅へ約25分程度で到着できる鉄道で、市内へのアクセス方法として最短です。UP Expressを利用すれば、夕方のラッシュアワーに巻きこまれず、スムーズに移動できます。
トロントの航空券を探す

現地の季節や気候の注意点

トロントは四季があり、南部に位置するためカナダの中では温暖な気候です。5月頃から暖かく穏やかな気候が始まり、9月中旬頃までは夏らしい天気を楽しむことができます。夏は暑く湿度があり、紫外線も強いので帽子や日焼け止め、サングラスがあると便利です。

秋はメープルリーフの紅葉が美しい人気の季節ですが、同時に寒さも厳しくなります。早い年では10月中に積雪がみられることもあります。冬はカナダ国内では温暖なものの、しっかりした防寒が必須です。市内中心は地下通路も暖房が完備されており、外を歩かなくても移動できる構造になっています。

現地の生活時間や旅行計画時の注意点

カナダ トロントは日照時間の年間差が大きい地域です。夏は日没時間が遅く、夜9時過ぎまで明るい一方で、冬は17時頃には暗くなり始めます。観光の際は、日没の時間を意識して予定を立てましょう。

カナダ トロントは移民が多い街で、世界各地から来た多様な人種の人々が生活しています。そのため、街中では各国のレストランが立ち並ぶエリアが点在しています。チャイナタウンをはじめ、ギリシャ料理、イタリアン、韓国料理やメキシカン料理など、世界中の料理を楽しむことができるのもトロントの魅力です。

カナダ(トロント)について調べる

広告