おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

カナダ(ビクトリア)と日本(東京)の時差について

カナダ(ビクトリア)の現在時刻と時差

1月22日 13時50分46秒

カナダ(ビクトリア)と日本(東京)との時差は、17時間です。
日本の方が、17時間進んでいます。

タイムゾーン(ビクトリアの標準時)の名称
Pacific Standard Time アメリカ太平洋標準時
協定世界時との時差
UTC-8
日本との時差
JST-17

カナダ(ビクトリア)の時差の簡単な計算方法

日本とカナダのビクトリアの時差は17時間で、日本のほうが早く進んでいます。カナダではサマータイムが実施されており、毎年3月中旬から11月上旬まで、日本との時差は16時間となります。

カナダ ビクトリアと日本は時差が大きく、ビクトリアが朝のとき日本は深夜になることから、到着後しばらくは睡眠のリズムが崩れるかもしれません。時差ぼけ軽減のため、眠くなりそうな日は途中で仮眠をとり、現地時間の夜にしっかり睡眠をとって体を慣らしましょう。

カナダ(ビクトリア)のサマータイムで発生する時差の変更について

カナダ(ビクトリア)にはサマータイム(Daylight Saving Time / Summer Time)はないので、一年を通じて時差は変わりません。

カナダ(ビクトリア)の日の出、日の入り時刻

日の出の時間 (2018年1月23日)
7時54分
日の入りの時間 (2018年1月23日)
16時54分

カナダ(ビクトリア)への距離

羽田空港から カナダ(ビクトリア)までの距離(測地線長)は、約 7,572 Kmです。

カナダ(ビクトリア)への主要フライト・空港について

日本からビクトリアまでの直行便は就航していないため、バンクーバーやアメリカのシアトルを経由して行くことになります。いずれの経由地からも、飛行機なら最短25分程度でビクトリアに到着します。時間に余裕がある場合は、より安価に行けるバスやフェリーもおすすめです。

バスやフェリーを使う場合は、バンクーバー空港・シアトル空港からシャトルバスで各市街地へ向かい、そこからバスまたはフェリーでビクトリアへ向かいます。それぞれの所要時間や料金は、バンクーバーから「パシフィック・コーチライン」というバスに乗り、バスごとフェリーに乗船するルートが約3時間で42ドル、シアトルから「ビクトリアクリッパー」という船で向かうと約2時間30分、料金は変動制で150-200ドルです。
ビクトリアの航空券を探す

現地の季節や気候の注意点

カナダ ビクトリアはのバンクーバー島の最南端にあり、カナダでは最も温暖なエリアとされています。特に夏は気温が20度台で湿度も低く、爽やかな季節です。夜は肌寒い日もあるので、長袖があると良いでしょう。

冬は市街地での積雪こそないものの、曇りや冷たい雨が降る日が多くなります。冬は日照時間も短く、午後4時には暗くなり始めます。この時期にビクトリアを訪れる場合は、防寒具と雨具は必携です。

現地の生活時間や旅行計画時の注意点

カナダ ビクトリアは、英国統治時代の影響を色濃く残す歴史的建造物と、美しい庭園で知られる街です。街中には観光名所の庭園や公園が多くあり、その美しさからガーデンシティとも呼ばれています。観光のベストシーズンは、庭園の花が見ごろとなる春から夏にかけてですが、この時期は世界各地から観光客が多く訪れ、ホテル料金も上がります。冬は花の種類が限られますが、観光名所のブッチャートガーデンではイルミネーションを見ることができ、ホテル料金も割安です。

ビクトリア市内では「グレイライン」と呼ばれる2階建てバスや、「ミニフェリー」などを活用すれば主要観光名所は回れるでしょう。ビクトリアは様々なアクセス方法がありますので、予算や時間を考慮してルートを考えるようにしてください。

カナダ(ビクトリア)について調べる

広告