おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

オーストリア(ウィーン)と日本(東京)の時差について

オーストリア(ウィーン)の現在時刻と時差

7月23日 13時28分08秒

オーストリア(ウィーン)と日本(東京)との時差は、7時間です。
日本の方が、7時間進んでいます。

タイムゾーン(ウィーンの標準時)の名称
Central European Summer Time 中央ヨーロッパ夏時間
協定世界時との時差
UTC+2
日本との時差
JST-7

オーストリア(ウィーン)の時差の簡単な計算方法

日本とオーストリアのウィーンの時差は8時間で、日本のほうが早く進んでいます。オーストリアではサマータイムが導入されており、毎年3月下旬から10月下旬までの間、日本との時差は7時間となります。飛行機のなかで時計の針を戻して時差を調整しましょう。

オーストリア(ウィーン)のサマータイムで発生する時差の変更について

オーストリア(ウィーン)にはサマータイム(Daylight Saving Time / Summer Time)が以下の期間で実施されます。期間中は時差の変更があるため注意が必要です。

今回のサマータイムの開始日時
2018年3月25日 2時0分 CET
今回のサマータイムの終了日時
2018年10月28日 3時0分 CEST
次回のサマータイムの開始日時
2019年3月31日 2時0分 CET

オーストリア(ウィーン)の日の出、日の入り時刻

日の出の時間 (2018年7月23日)
5時19分
日の入りの時間 (2018年7月23日)
20時43分

オーストリア(ウィーン)への距離

羽田空港から オーストリア(ウィーン)までの距離(測地線長)は、約 9,157 Kmです。

オーストリア(ウィーン)への主要フライト・空港について

日本からウィーンへは、オーストリアの航空会社が直行便を運行させていましたが、2016年に撤退し、現在は直行便の就航はありません。そのため、ドイツのフランクフルトかミュンヘンを経由してウィーンまで行くのが一般的です。日本から到着までの移動時間は、約14時間以上です。

オーストリア ウィーンと日本の間は、時差は少ないものの、長時間の移動が必要になります。機内では疲れを溜めないよう、適度な休息をとりましょう。現地時間に合わせて睡眠や食事をとれば、時差ぼけも解消されやすくなります。
ウィーンの航空券を探す

現地の季節や気候の注意点

オーストリア ウィーンは海から離れた場所に位置しており、年間を通して乾燥した地域です。夏は平均気温が22~26度で湿度もないため、過ごしやすい季節です。日によっては夏でも急激に冷えこむため、1枚は長袖や厚手のジャケットがあると安心です。

冬は比較的寒い日が多く、氷点下までの冷え込みや、雪が積もることもあります。ウィーンはどの季節も日本と比較すると寒く感じるので、防寒のできる重ね着がおすすめです。冬に渡航する際は、雪でも歩ける靴が重宝します。

現地の生活時間や旅行計画時の注意点

オーストリアの首都であるウィーンは、地下鉄や路面電車、鉄道など、公共交通機関が発達しています。「U Bahn」と呼ばれる地下鉄や、「Strassenbahn」という路面電車を活用すれば、ウィーンの主要エリアは問題なく回れます。観光の際は、「ヴィエナ・シティ・カード」と呼ばれる市内交通乗り放題のカードを買うと便利です。このカードは、ウィーン市交通局のチケット売り場や街のキオスクで購入できます。

ウィーンの冬は寒く、積雪もあるため、屋外の観光は現地の天気予報を見て、無理のない予定を組むのがおすすめです。また治安に関しては、ウィーンはヨーロッパの主要都市においては良好ですが、スリや置き引きなどの軽犯罪に注意しましょう。

オーストリア(ウィーン)について調べる

広告