おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

ラオス人民民主共和国(ビエンチャン)と日本(東京)の時差について

ラオス人民民主共和国(ビエンチャン)の現在時刻と時差

10月19日 17時14分14秒

ラオス人民民主共和国(ビエンチャン)と日本(東京)との時差は、2時間です。
日本の方が、2時間進んでいます。

タイムゾーン(ビエンチャンの標準時)の名称
Indochina Time インドシナ時間
協定世界時との時差
UTC+7
日本との時差
JST-2

ラオス人民民主共和国(ビエンチャン)の時差の簡単な計算方法

日本とラオスの首都であるビエンチャンの時差は2時間です。ビエンチャンではサマータイムは導入されていないため、年間を通して日本が2時間先行した時差になります。出発後は、時計を2時間戻すことで時差の調整ができます。

日本とビエンチャンは時差が短いため、時差ぼけの心配はほぼないでしょう。しかし、飛行機の乗り換えや、高温多湿の気候、不十分なインフラなどで疲労が重なりやすいので、事前に体調はしっかり整えておきましょう。

ラオス人民民主共和国(ビエンチャン)のサマータイムで発生する時差の変更について

ラオス人民民主共和国(ビエンチャン)にはサマータイム(Daylight Saving Time / Summer Time)はないので、一年を通じて時差は変わりません。

ラオス人民民主共和国(ビエンチャン)の日の出、日の入り時刻

日の出の時間 (2018年10月19日)
6時4分
日の入りの時間 (2018年10月19日)
17時45分

ラオス人民民主共和国(ビエンチャン)への距離

羽田空港から ラオス人民民主共和国(ビエンチャン)までの距離(測地線長)は、約 4,146 Kmです。

ラオス人民民主共和国(ビエンチャン)への主要フライト・空港について

日本からラオスのビエンチャンまでは直行便は就航していないため、タイのバンコクかベトナムのハノイを経由して行くのが一般的です。共に大手航空会社とLCCが就航しており、観光客はLCCを選択する割合が高いです。

バンコクからビエンチャンまでは陸路の選択肢もあります。鉄道かバスになりますが、鉄道は本数が少なく、時間もかかるため、夕方以降に出発するバスがおすすめです。料金はおおよそ3,000円で、ビエンチャンまでは10時間ほどかかります。
ビエンチャンの航空券を探す

現地の季節や気候の注意点

ラオスのビエンチャンは雨季と乾季に分かれており、5月から10月が雨季、11月から4月が乾季とされています。雨は雨季に集中して降り、ごく短時間に激しく降るスコールが中心です。

ラオスは冬の間も湿気を含んだ暑さが続き、冬の平均気温が20度程度あるため、寒さを感じることはないでしょう。ビエンチャンは日差しが強く、高温多湿のため、体力を消耗しやすい気候です。観光は体に無理のないスケジュールを心がけましょう。

現地の生活時間や旅行計画時の注意点

ビエンチャンのワットタイ国際空港から市街地までは、タクシーかトゥクトゥク(三輪タクシー)が便利です。タクシーの場合はビエンチャンの市街地まで15分程度、おおよそ800円です。トゥクトゥクはより低料金で移動できます。

ビエンチャン市内は、トゥクトゥクが最も利便性が高い交通手段です。値段は交渉制ですが、料金も安く抑えられます。ビエンチャンは中心部を外れるとインフラが整っておらず、砂埃が舞うような道路が続きます。歩きやすい靴、日焼け対策の帽子とサングラスは必須です。

ラオス人民民主共和国(ビエンチャン)について調べる

広告