おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

ミャンマー(ヤンゴン)と日本(東京)の時差について

ミャンマー(ヤンゴン)の現在時刻と時差

4月22日 11時04分39秒

ミャンマー(ヤンゴン)と日本(東京)との時差は、2時間30分です。
日本の方が、2時間30分進んでいます。

タイムゾーン(ヤンゴンの標準時)の名称
Myanmar Time ミャンマー時間
協定世界時との時差
UTC+6.5
日本との時差
JST-2.5

ミャンマー(ヤンゴン)の時差の簡単な計算方法

ミャンマーのヤンゴンと日本の時差は2時間30分です。ミャンマーはサマータイムを実施しておらず、時差は年間を通して同じです。時間は日本のほうが早く進んでいますが、短い時間差のため、時差ぼけの心配はほとんどありません。
ミャンマーと日本は時差が短く、中距離飛行のため、短期間の休みでも出かけやすい渡航先です。

ミャンマー(ヤンゴン)のサマータイムで発生する時差の変更について

ミャンマー(ヤンゴン)にはサマータイム(Daylight Saving Time / Summer Time)はないので、一年を通じて時差は変わりません。

ミャンマー(ヤンゴン)の日の出、日の入り時刻

日の出の時間 (2018年4月22日)
5時45分
日の入りの時間 (2018年4月22日)
18時22分

ミャンマー(ヤンゴン)への距離

羽田空港から ミャンマー(ヤンゴン)までの距離(測地線長)は、約 4,780 Kmです。

ミャンマー(ヤンゴン)への主要フライト・空港について

日本からミャンマー ヤンゴンへは直行便が毎日運行しています。フライト所要時間は、日本発の直行便で約8時間、復路のヤンゴン発はやや短くなり、約6時間程度です。

2017年現在のところ、日本からヤンゴンへの直行便は、成田空港とヤンゴン国際空港を結ぶ1日1便のみです。一方、乗り継ぎ便は選択肢が多く、タイや香港、シンガポールなど、アジアの主要都市を経由してヤンゴンへ行くことができます。
ヤンゴンの航空券を探す

現地の季節や気候の注意点

ミャンマー ヤンゴンは熱帯モンスーン気候に属しており、年間を通じて降水量が多く、湿度も80%以上と非常に高い場所です。雨季の4月~10月は特に降水量が増え、道路の水没や停電が起こるほど雨が降ることもあります。この時期にヤンゴンに行く際は傘やレインコートなどの雨具は必須です。

乾季の11月~2月は晴れの日が多く、比較的涼しいため観光のベストシーズンです。3月から5月上旬は1年の中で最も暑くなり、最高気温が40度ほどになることがあります。こまめに水分をとり、熱中症対策を心がけましょう。

現地の生活時間や旅行計画時の注意点

ミャンマーの旧首都・ヤンゴンの観光名所といえば、シュエダゴン・パゴダやスレー・パゴダといった仏教寺院です。ヤンゴンは気候の面では1年中夏服で過ごせませすが、寺院見学の際は、男女ともに肌を露出した格好では入場禁止のことがほとんどです。羽織りものや大盤ストールなど、肌を隠すことができるものを携帯するとよいでしょう。

また、履物を脱ぎ裸足で見学することも多く、サンダルなど脱ぎやすい靴が便利です。ヤンゴンの道路は整備されていないところも少なくないので、靴は歩きやすいものがおすすめです。

ミャンマー(ヤンゴン)について調べる

広告