おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

春の気配を感じにいこう。梅がきれいな東京都内でおすすめの名所10選

年が明け、まだまだ肌寒い日が続いていますが暦の上ではもう春です。なかなか実感しづらいものの、自然の中では着々と春の準備が進んでいます。そんな様子を垣間見ることができるのが、毎年この時期になると咲き始める“梅”。早いものは年末から咲き始め、2月や3月には見ごろを迎えます。 梅は、桜のように大々的に取り上げられる機会は少ないものの、“松竹梅”といった言葉からもわかるように、古くから春の訪れの象徴として親しまれてきました。 今回は東京東京都内の梅の名所から、特におすすめの10か所をご紹介します。週末のお出かけや街歩きの参考にどうぞ。

続きを読む

広告

■六義園 (文京区)

GFX01791

7番目に紹介する東京都内の梅の名所は、桜や紅葉スポットとしても知られる六義園です。5代将軍、徳川綱吉の側用人だった柳沢吉保が作った大名庭園で、東京の観光名所としても知られています。

園内には、渡月橋周辺を中心に約20本の梅があり、辺りには梅の香りが漂います。また、梅だけでなく桜や紅葉の名所としても有名で、夕方になると荘厳な日本庭園がライトアップされた美しい姿を見られます。

【例年の見頃】2月上旬~2月下旬
【本数】約20本

六義園

東京都 京区本駒込6丁目
03-3941-2222
9:00~17:00
年末年始
https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index031.html

■隅田公園 梅めぐり散歩道 (台東区)

8番目に紹介する東京都内の梅の名所は、隅田公園の梅めぐり散歩道です。隅田公園は台東区と墨田区にまたがる隅田川沿いの公園で、春には桜が咲き、夏には隅田川花火大会が行われます。

台東区が2003~2004年度に梅めぐり散歩道(台東区側)を整備し、様々な種類の梅の木が植えられています。現在は梅園と散歩道合わせて160本程ですが、梅園が拡張整備されていて、さらに梅の木が増える予定です。

【例年の見頃】1月下旬~2月下旬
【本数】約160本

隅田公園 梅めぐり散歩道

東京都台東区浅草7-1
03-5246-1321
なし
http://visit-sumida.jp/spot/6133

広告

■郷土の森博物館 (府中市)

9番目に紹介する東京都内の梅の名所は、府中市にある郷土の森博物館です。郷土の森博物館は、建築物や市内の遺跡からの出土品を展示している野外博物館です。

梅園が併設されており、広大な敷地内には約60種、計1100本もの梅の木が植えられています。2月から開催される梅まつりでは琴・尺八の演奏会や、梅にちなんだ飾りを作るワークショップなどが開催されています。

【例年の見頃】2月中旬~3月上旬
【本数】約1100本

郷土の森博物館

東京都府中市南町6-32
042-368-7921
9:00~17:00
月曜(梅まつり期間は無休)、臨時休館あり
http://www.fuchu-cpf.or.jp/museum/

■羽根木公園 (世田谷区)

最後に紹介するおすすめの東京都内にある梅の名所は、世田谷区の羽根木公園です。全体が小高い丘になっている公園で、園内の南側の斜面に梅園があります。約60種類、紅梅230本ほど、白梅420本ほどの合わせて650本ほどの梅が植えられています。

見頃となる2月中旬から3月上旬には“せたがや梅まつり”が開催され、週末には模擬店なども出て、梅見客で賑わいます。

【例年の見頃】2月中旬~3月上旬
【本数】約650本

羽根木公園

東京都世田谷区代田4-38-52
03-5431-1822
http://www.city.setagaya.lg.jp/shisetsu/1217/1271/d00004240.html

桜の花見スポットはこちらから!

広告

更新日: 2022年6月30日

広告

広告

のおすすめホテル

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

運営会社