おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

マドリードのオプショナルツアー | スペイン・現地ツアーを徹底比較

スペインの首都マドリードには、王宮や美術館、博物館、教会、公園、劇場など歴史的観光名所がいくつもあります。スペイン王家の文化遺産もたくさんあり、世界中の観光客が訪れる人気の観光地になっています。マドリードには、プラド美術館や王宮、マヨール広場、レアル・マドリードの本拠地「サンディエゴ・ベルナベウ」などたくさんの観光名所があり、一日ではとても周り切れません。 そこで今回は、マドリード周辺の主要観光スポットを巡るおすすめのオプショナルツアーを紹介します。

続きを読む

更新日: 2024年4月22日

広告

本ページではプロモーションが含まれます
当サイトでは施設やサービス(以下、サービス等)の掲載にあたり、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任においてサービス等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、オンライン旅行代理店やレストラン予約サイトが提供するアフィリエイト・プログラムに参加し、サービス等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番はサービス等の提供会社により支払われる報酬も考慮されている場合があります。

スペイン全体

スペイン格安wi-fi

マドリード格安ツアー

マドリードのアクティビティランキング

マドリードでおすすめの体験ランキング

あなたにおすすめのアクティビティ特集

周遊パッケージツアー

マドリード市内観光

バル巡り・グルメ

フラメンコ体験

マドリードから行く近郊ツアー

リーガ・エスパニョーラ サッカー観戦チケット

マドリード発 トレド

空港送迎

スペイン格安wi-fi

テーマからアクティビティを探す

マドリードで人気のオプショナル・現地ツアーはこちら!

マドリードの市内観光を楽しむにはこちら

スペインの首都マドリードには、様々な様式の建築物が立ち並び、お城のような美しい建物が数多く存在します。また緑の多い広場もたくさんあり、憩いの場となっています。教会や美術館、博物館など歴史に触れることのできる観光スポットも多数あります。有名ブランドが立ち並ぶショッピング街、おいしいタパスの食べられるバルやレストランなどショッピングやグルメも豊富。また、忘れてはならないのが、スペインの伝統芸能であるフラメンコで、情熱的なダンスを見ることもできます。そんなマドリードの定番現地ツアーをご紹介します。

マドリードの市内観光ツアー

かつてスペインの中心都市として繁栄したトレドを味わおう!

スペインでの観光に迷ったらトレドの街を、候補に上げてみてはいかがでしょうか?「一日しかスペインにいられないのなら、迷わずトレドへ行け!」と言われるぐらい歴史ある有名な観光地でもあるのです。そんなトレドのおすすめは、夜景!近代化されていないトレドの街並みが夕日に包まれ、その後夜景へと移り行く様には、感動のため息がでるばかりです。トレドはイスラム教、ユダヤ教、キリスト教の文化が融合した街、美しい建築や街並みは他では見られない独特の趣を醸し出しています。

トレドの街並みを見学出来るオプショナルツアー

世界三大絵画館とも呼ばれるプラド美術館を堪能しよう!

プラド美術館はマドリードでもメインとなる観光地です。
美術に疎い方でも一度は目にしたことがあるような超有名な作品が多く展示されているので、十分に楽しむことができます。そして絵画などがお好きな方は何時間でも滞在したくなるような美術館です。
プラド美術館の展示作品数は3000点ほどあり、全部しっかり見ていたらどれだけ時間があっても足りません。そのため見学はターゲットを絞っていくのがコツです。事前に必ず見たい絵画などをチェックしておきましょう。事前予約しておけば当日列に並ばずとも入場できるので、時間を有効に使えるよう下準備も欠かせません。

プラド美術館を見学するオプショナルツアー

迫力満点のショーを楽しもう!

情熱の国として知られるスペインで、一度は生で観てみたいと人気のエンターテインメントがフラメンコです。マドリード市内では、本場のフラメンコが鑑賞できる場所がたくさんありますが、おすすめなのが毎晩ショーが行われている酒場タブラオです。酒や食事を楽しみながら、目の前で繰り広げられる迫力満点のショーを堪能できます。初めての人も安心の、本場のフラメンコを楽しめる、人気のオプショナルナイトツアーを紹介します。

フラメンコ鑑賞が出来るオプショナルツアー

白雪姫のモデルにもなった観光地へ

旧市街が世界遺産に登録されたセゴビアへ足を運ぼう!

スペイン中部に位置しているセゴビアは、ディズニーの人気映画「白雪姫」のモデルとなったアルカサル城やスペイン最大規模の水道橋などがある旧市街がユネスコの世界遺産に登録されていることで知られる人気観光地です。ローマ時代、イスラム時代、中世の雰囲気を感じることができる歴史的なスポットに博物館など見どころが多く、1年を通じてたくさんのフェスティバルが開催されています。生後3週間以内の子豚3を丸焼きにした「コチニージョ」は、セゴビアの郷土料理として有名で、街の中のレストランなどで味わうことができおすすめです。
今回は、そんなセゴビアへ行けるおすすめの現地ツアーを紹介します。

マドリード発 セゴビアへ行くオプショナルツアー

旅行直前にチェックしておきたい人気オプショナルツアー!

マドリードの即予約確定の現地ツアー

空港送迎のオプショナルツアー

広告

マドリードの基本情報

スペインの首都であるマドリードは、人口は約325万人を誇る大都市です。
イベリア半島の中心にあり古くから栄えてきたマドリードには、ハプスブルグ朝時代に反映した名残りが見られる旧市街や手入れの行き届いた美しいレティーロ公園など見どころが豊富にあります。1819年に開館したプラド美術館は、マドリードの外せない観光スポット。3万点ものコレクションを所蔵していて、ゴヤの『裸のマハ』など世界中の有名画家の作品が鑑賞できます。優美なマドリード王宮やマドリード中心の広場であるプエルタ・デル・ソル、荘厳なサン・イシドロ教会など、まるでおとぎ話のような世界が広がっているマドリード。
チェスカ地区などナイトスポットもあります。

マドリードでオススメの観光情報特集

マドリードでオススメのグルメ情報特集

マドリードでオススメのホテル情報特集

地元民が絶賛!マドリードでおすすめの郷土料理レストラン5選

スペインにはおいしい料理が目白押し!ここマドリードでは、特に家庭料理や地中海料理までと、幅広い分野のレストランが溢れています。その中でおいしいお店を見つけたいのなら、まずは地元の人達をチェックしてみませんか?
こちらでは、地元民も絶賛するレストランをご紹介します。
マドリードの魅惑の味を体験して見て下さい。まずは、スペインといったらパエリアではないでしょうか。「ラ・バラッカ」はバエジェーラと言う専門の鍋でパエリアを焼くお店。店内の品のある作りにもご注目を!その他には、行列のできる地中海料理店や、斬新なアレンジ料理のお店、レトロな雰囲気で家庭料理が味わえるお店などがいっぱい!お店によっては料理の量が多いので、みんなでシェアするのも楽しいですよ!

もっと詳しく見る

フラメンコ鑑賞しながらのディナー!マドリードの人気タブラオ5選

https://www.taquilla.com

スペインを代表する踊りと言えば、世界的に有名なのがフラメンコ。「タブラオ」と呼ばれるステージの上で情感たっぷりに歌いあげる歌い手とギターの音色に加え、踊り手が華麗にステップを刻んで舞い踊る様は迫力満点で、見る者をあっという間に虜にしてしまうほど感動的です。
そんな情熱の踊りフラメンコは、スペインを訪れたら必ず一度は生で観たいものですよね!
そこで今回は、世界的にも有名な「コラール・デ・ラ・モレリア」をはじめとする、スペインでも一流のダンサーたちが集まる首都マドリードならではの人気のタブラオをご紹介します!

もっと詳しく見る

【スペイン】ヘミングウェイが通った名店も! マドリードのクラシックカフェ5選

https://commons.wikimedia.org

スペインの憩いの場所として上げられるカフェ。こちらマドリードの人々が集まる人気のカフェは、観光ルートにも入れたいほどの絶対に外せないスポット。その理由として上げられるのが、日本では見られないチョコレートドリンクや、スペイン独特のスウィーツが味わえるからです。
ではさっそくマドリードにあるカフェをご紹介致しますね。まずは濃厚なチョコラテのお店「チョコラテリア・サン・ヒネス」、その濃さは凄い! チェロストと一緒にお召し上がり下さい。
また、映画の舞台にもなったという老舗のカフェや、ヘミングウェイが通ったと言われる歴史あるカフェ、さらには王室御用達のケーキが頂ける由緒正しきカフェなどを楽しむ事ができるのです。もう、観光の合間にカフェがあたり前になってしまいそうです。

もっと詳しく見る

日本とスペインの時差

04月21日 11時13分36秒

スペイン/マドリードと日本/東京との時差は、7時間です。
日本の方が、7時間進んでいます。

マドリードの時差を詳しく見る

スペインの週間天気

スペインの為替

1ユーロは 164.97円

※2024年4月22日の為替価格です

スペイン観光の移動手段は目的別で使い分けよう!

日本の国土の3倍の面積があるスペイン。スペイン国内は交通網も発達していますが、都市間を移動するのはかなり長距離になる場合も多いので、どの移動手段を選ぶのかはよく考えましょう。最もメジャーな移動手段といえば、電車。スペインは古くからマドリード・バルセロナ・バレンシアなどの大都市かんを結ぶ電車網が発達してきました。大都市中心部に駅があるのも便利です。小さな都市や村々まで網羅しているのがバス。バレアレス諸島やカナリヤ諸島へ向かうには、フェリーが運行しています。マドリードやバルセロナからカナリヤ諸島へは、同じスペイン国内間ではありますが航空機がメジャーな移動手段です。

圧巻!スペインのド迫力世界遺産に行こう!

観光コースを決める際に、ぜひ参考にしてほしいのが世界遺産!スペインは、一生のうちに一度は見ておきたい世界遺産をたくさん擁しています。何とスペインは、世界遺産保有数が世界第3位なのです。特に有名なのが、バルセロナにあるアントニオ・ガウディの作品群。曲線を多用した独自の建築物は、現代でもひときわ異彩を放つ存在です。特に未完の作品であるサクラダファミリアは必見。「西方の宝石」と称される美しい町並みが残るコルドバ歴史地区や、グラナダのアルハンブラ・ヘネラリーフェ・アルバイシン地区もみごたえ抜群の世界遺産なのでおすすめです。

はじめてのスペインにオススメの街をご紹介!

見どころたっぷりのスペインですが、国土も広く観光スポットは点在しています。効率的に廻らないと移動にばかり時間を取られてしまうことにもなりかねません。おすすめは、滞在都市を絞ること!移動を少なくして1つの都市の滞在時間を長くすれば、その分魅力をたっぷり味わうことが可能になります。例えば首都のマドリードを中心にすれば、三大美術館巡りや王立修道院、田舎町チンチョンなどがじっくり観光できます。マドリードからスペイン版新幹線AVEに乗り3時間ほどでバルセロナ、AVEとバスを使って約4時間でグラナダにも移動が可能。マドリードにバルセロナまたはグラナダをプラスしたコースがおすすめです。

マドリードでおすすめの観光地

■プラド美術館 (Museo Nacional del Prado)

https://en.wikipedia.org

最初におすすめするマドリードの観光スポットは「プラド美術館 (Museo Nacional del Prado)」。11世紀から18世紀にかけてのスペイン王家のコレクションを展示している美術館。フェリペ2世とフェリペ4世がコレクションの基礎を築き、1819年に王立美術館として開館しました。ベラスケスの『ラス・メニーナス』、ゴヤの『裸のマハ』や『着衣のマハ』等を始めとするスペイン絵画の傑作が集結している他に、フランスやイタリアの名画等、諸外国の作品も収蔵されています。

この他にも、スペイン広場などのマドリード市内観光が半日で周れるツアーが大人気。午前中に効率よく観光できるので、マドリード旅行の初日におすすめです。

プラド美術館

スペイン / マドリード

C/ Ruiz De Alarcon 23, 28014 Madrid, Spain
+34 913 30 28 00
10:00-20:00 ※日は10:00-19:00
https://www.museodelprado.es/

■ソフィア王妃芸術センター (Centro de Arte Reina Sofia)

https://ja.wikipedia.org

次に紹介するマドリードの観光スポットは「ソフィア王妃芸術センター (Centro de Arte Reina Sofia)」。20世紀の近代美術作品を中心にした美術館。建物は、18世紀に病院を改築して建てられたサバティーニ館と、2005年にフランスの建築家ジャン・ヌーベルが設計した新館からなります。パブロ・ピカソ、サルバドール・ダリやジョアン・ミロなどの作品が多く所蔵されており、中でもピカソの代表作『ゲルニカ』が見られることで人気のスポットです。

そんなソフィア王妃芸術センターをゆっくりと観て周れるプライベートツアーもあります。さらにベテラン日本語ガイドの解説付きなので、アート好きにおすすめのツアーとなっています。

ソフィア王妃芸術センター

スペイン / マドリード

Calle de Santa Isabel, 52, 28012 Madrid, Spain
+34 917 74 10 00
10:00-21:00 ※日は10:00-19:00
https://www.museoreinasofia.es/

■アルムデナ大聖堂 (Santa María la Real de la Almudena Cathedral)

3番目におすすめするマドリードの観光スポットは「アルムデナ大聖堂 (Santa María la Real de la Almudena Cathedral)」。カトリックの大聖堂。計画は16世紀に始まったものの、19世紀の後半にようやく着工しました。しかし、スペイン内戦で計画が頓挫し、1993年にようやく完成。着工時はゴシック・リヴァイヴァル建築の予定であった為、内装はユニークな現代風で、外観は大聖堂の対面に建つマドリード王宮のファサードと合うようにネオクラシカル様式になりました。

大聖堂に興味がある方なら、こちらのツアーもおすすめです。マドリード発の世界遺産の古都「トレド」を巡るプランで、「トレド大聖堂」や「サント・トメ教会」へ案内してくれます。中世が息づく古都でスペインの歴史に触れてみてはいかがでしょうか?

アルムデナ大聖堂

スペイン / マドリード

Calle Mayor 90 28013 Madrid
+34 915 42 22 00
9:00-20:30
http://www.catedraldelaalmudena.es/

■マドリード王宮 (Royal Palace of Madrid)

https://en.wikipedia.org

次に紹介するマドリードの観光スポットは「マドリード王宮 (Royal Palace of Madrid)」。オリエンテ宮とも呼ばれるスペインの王宮。マドリード王宮には王族は実際には住んでおらず、サルスエラ宮殿という郊外の宮殿に住んでいます。普段は一般公開され、国の行事に使用されることもあります。美しい白亜の王宮の西側には広大な庭園が広がり、内部は豪華な装飾や家具で埋め尽くされ、スペインを代表する芸術家達の作品が飾られています。

王宮やお城などのロマンチックな建物に興味のある方には、こちらのツアーがおすすめです。「白雪姫」のお城のモデルとなったことで有名な「アルカサル」を訪れる、マドリード発のセゴビア日帰りツアー。それだけでなく、世界遺産の「ローマ水道橋」や「カテドラル大聖堂」、「マヨール広場」なども見学できます。

マドリード王宮(オリエンテ宮)

スペイン / マドリード

Calle de Bailen s/n, 28071 Madrid, Spain
+34 91 454 87 00
10:00-20:00
https://www.patrimonionacional.es/

■ラス ベンタス (Las Ventas)

広告

5番目におすすめするマドリードの観光スポットは「ラス ベンタス (Las Ventas)」。スペイン最大級の闘牛場。収容人数は23,798人と世界第3位の規模を誇ります。3月から10月までの闘牛のシーズンは、毎週日曜日と祝日に、5月から6月までのサン・イシドロ祭の期間は毎日闘牛が行われています。チケットは席により手頃な値段からあり、日本では見ることのできない本場の闘牛観戦を楽しめます。マタドールと牛の真剣勝負、最後はかなり衝撃的です。

ツアーに参加すると、日本語アシスタント付きなので、闘牛場までの行き帰りは安心です。始めてマドリードを訪れるという方には、おすすめのツアーとなっています。

ラス・ベンタス闘牛場

スペイン / マドリード

Calle de Alcalá, 237, 28028 Madrid, Spain
+34 913 56 22 00
10:00-18:00 ※日は10:00-15:00
https://www.las-ventas.com/

■マヨール広場 (Plaza Mayor)

https://en.wikipedia.org

次に紹介するマドリードの観光スポットは「マヨール広場 (Plaza Mayor)」。広場に面して237のバルコニーを持つ3階建ての建物に囲まれた長方形の広場。元々はアラバル広場と呼ばれる、トレドやアトーチャへ向かう道路の交差する場所でした。そこに市場が開かれるようになり、やがて商業の中心となっていきました。広場には9つのアーチがあり、その内最も有名な「クチェルリロスのアーチ」には、世界最古のレストランがあることで知られています。

そんなみどころがたくさんあるマドリード。事前に行きたい観光スポットをリクエストしておくと、効率よく案内してくれるフリープランのプライベートツアーがおすすめです。

マヨール広場

スペイン / マドリード

Plaza Mayor, 30, 28013 Madrid

■ティッセン ボルネミッサ美術館 (Museo Thyssen-Bornemisza)

https://en.wikipedia.org

7番目におすすめするマドリードの観光スポットは「ティッセン ボルネミッサ美術館 (Museo Thyssen-Bornemisza)」。プラド美術館の近くにある個人のコレクション美術館。個人コレクションとしては、英国のエリザベス女王のコレクションに次いで世界で2番目に多いと言われています。コレクションの元となっているのは、ティッセン=ボルミネッサ男爵とその息子の収集したもので、古典絵画からフランドル絵画、印象派、20世紀の現代画まで多岐にわたり、8世紀に渡るヨーロッパ美術の流れを見られます。

ティッセン ボルネミッサ美術館

スペイン / マドリード

Paseo del Prado 8, Madrid
+34 917 91 13 70
https://www.museothyssen.org/

■サン・イシドロ教会 (Santa Iglesia de San Isidro)

https://es.wikipedia.org

8番目におすすめするマドリードの観光スポットは「サン・イシドロ教会 (Santa Iglesia de San Isidro)」。マヨール広場の程近くにある2本の塔を持つ大きな教会。マドリードの守護聖人サン・イシドロを祀った教会です。彼は1082年に質素な農家に生まれた実在の人物。とても真面目で思慮深い人柄で、幾つもの伝説を残したと言われています。1993年にアルムデナ大聖堂が完成するまでこの教会は、マドリード州におけるカトリックの大聖堂(カテドラル)でした。

サン・イシドロ教会

スペイン / マドリード

Iglesia de San Isidro Calle de Toledo, 37 28005 Madrid スペイン
+34 913 69 20 37
月~金 7:30-13:00 / 18:00-21:00 / 土・日 8:30-13:00 / 18:00-21:00

■プエルタ・デル・ソル (Puerta del Sol)

https://en.wikipedia.org

続いておすすめのマドリードの観光スポットは「プエルタ・デル・ソル (Puerta del Sol)」。「太陽の門」を意味する、15世紀城壁の門の一つ。17世紀以降には市民の待ち合わせ場所となり、荷物の最終目的地となる郵便局が建設されたり、最新のニュースが集まる重要な場所となりました。スペイン国道の起点となっている場所で、地面には0kmを示すプラークが印されています。大晦日にはカウントダウンがTVE(スペインの国営放送局)でテレビ中継されることで知られています。

プエルタ・デル・ソル(太陽の門)

スペイン / マドリード

Administracion De Loteria Numero 10 Sol‎Avon‎

■スペイン広場 (Plaza de Espana)

10番目におすすめするマドリードの観光スポットは「スペイン広場 (Plaza de Espana)」。マドリードの目抜き通りであるグラン・ビアの西に位置する広場。『ドン・キホーテ』の作者で有名なミゲル・デ・セルバンテスを記念したモニュメントや像が造られており、セルバンテスの巨大なモニュメントや「ドン・キホーテとサンチョ・パンサの像」などが置かれています。モニュメントの背後にはスペイン・ビルやマドリードタワーといった20世紀中頃に建てられた高層ビルが建っています。

スペイン広場

スペイン / マドリード

Plaza de España, 28008 Madrid, Spain

■レティーロ公園 (Buen Retiro Park)

次に紹介するマドリードの観光スポットは「レティーロ公園 (Buen Retiro Park)」。マドリードの中心部にある広大な緑のオアシス。125ヘクタールの敷地には15,000本以上の樹木や幾つもの庭園、ボートの浮かぶ大きな池などがあり、市民の憩いの場となっています。また、多くの彫像、記念碑や噴水、19世紀に展示会を催す為に建てられた建物(ベラスケス宮殿とクリスタル宮殿)などがあり、園内は野外美術館のよう。イベントも多く行われ、文化、レジャー、スポーツの場所となっています。

エル・レティーロ公園

スペイン / マドリード

Plaza de la Independencia, 7, 28001 Madrid, Spain
+34 914 00 87 40
https://www.esmadrid.com/informacion-turistica/parque-del-retiro?utm_referrer=https%3A%2F%2Fwww.google.com%2F

■サン ヘロニモ エル レアル教会 (San Jerónimo el Real Church)

次に紹介するマドリードの観光スポットは「サン ヘロニモ エル レアル教会 (San Jerónimo el Real Church)」。プラド美術館の隣にある教会。1501年に建てられ、マドリードで唯一残っているゴシック様式の教会です。歴代のスペイン国王の載冠式など、王室の大事な儀式が執り行われた教会として知られています。また、1582年に派遣された日本の天正遣欧少年使節団が当時のスペイン国王フェリペ2世に謁見したのもこの教会だと言われています。

サン ヘロニモ エル レアル教会

スペイン / マドリード

Calle Moreto 4 28014 Madrid
+34 914 20 30 78
10:00-13:00 / 18:00-20:30
https://www.parroquiasanjeronimoelreal.es/

■トーレス ベルメハス (Torres Bermejas)

続いておすすめのマドリードの観光スポットは「トーレス ベルメハス (Torres Bermejas)」。スペインで本場のフラメンコショーを楽しむのにおすすめなのが、老舗のタブラオ「トーレス ベルメハス」。店内に入ると、アルハンブラ宮殿を模した内装が一気に気分を盛り上げてくれます。毎晩21時からベテランの歌手とダンサーによるフラメンコショーが行われています。席は100席程あり、食事やお酒を楽しみながらショーを見られます。

トーレス ベルメハス

スペイン / マドリード

Calle de Mesonero Romanos, 11, 28013 Madrid

■サンティアゴ ベルナベウ スタジアム (Bernabeu Stadium)

続いておすすめのマドリードの観光スポットは「サンティアゴ ベルナベウ スタジアム (Bernabeu Stadium)」。サンティアゴ ベルナウ スタジアムは、収容人数80,000人を超えるサッカー専用スタジアム。多くのスター選手を抱えるレアル・マドリードのホームスタジアムです。1982年スペインワールドカプの決勝戦やUEFAチャンピオンズリーグの決勝戦等が行われています。スタジアムツアーは、ピッチに降り立てたり、選手のロッカールームを見学できたり、豪華な内容で人気です。

サンティアゴ ベルナベウ スタジアム

スペイン / マドリード

Avenida Concha Espina 1, 28036 Madrid

■シベーレス広場 (La Cibeles)

マドリードの観光スポットの最後におすすめしたいのは「シベーレス広場 (La Cibeles)」。シベーレス広場は、アルカラ通り、レコレートス通り、プラド通りが交差するマドリードの交通の要所となっている広場。周囲にはコムニカシオネス宮殿、ブエナビスタ宮殿、リナーレス宮殿、スペイン銀行本店等が建ち、中央にはシベーレスの噴水があります。シベーレスは、ギリシャ神話の大地母神キュベレのスペイン語名。レアル・マドリードが試合に勝った時は、この噴水の周りにファンが集まって勝利を祝います。

シベーレス広場

スペイン / マドリード

Calle Alcala | and Paseo de Recoletos, 28014 Madrid, Spain

エンターテインメント・遊ぶのおすすめ記事