おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

【上海】上海博物館見どころガイド:貴重でユニークな文物が多数

1952年にオープンした上海博物館(シャンハイボーウワングワン)は、上海で最大の博物館です。古代中国の世界観を表現した円形の4階建ての館内には、11のテーマ別の展示室があり、総展示物数は13万点以上ともいわれています。紀元前18世紀以前の貴重な青銅器や、唐代から清代までの書・絵画、3000年前の貨幣など、希少価値の高い収蔵品の数々が鑑賞できます。これだけの施設にもかかわらず、入場が無料なので、上海観光ツアーでは、はずせないおすすめ観光スポットです。そこで、貴重でユニークな文物が多数ある上海博物館の見どころを紹介します。館内のお土産物ショップでは、ここでしか入手できない手頃なオリジナルグッズもあるので、ぜひ参考にしてみてください。

続きを読む

更新日: 2024年2月22日

広告

本ページではプロモーションが含まれます
当サイトでは施設やサービス(以下、サービス等)の掲載にあたり、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任においてサービス等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、オンライン旅行代理店やレストラン予約サイトが提供するアフィリエイト・プログラムに参加し、サービス等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番はサービス等の提供会社により支払われる報酬も考慮されている場合があります。

■上海博物館の見どころ

1階「中国古代青銅館」

最初に紹介する上海博物館の見どころは「1階「中国古代青銅館」」。紀元前18~3世紀に造られた、世界的にも評価の高い青銅器が展示されています。動物の形をした酒器、食器などが多く、日用品や美術品としてではなく、宗教的儀礼のための祭器として、利用されていたと考えられています。音色が聞ける楽器エリアなどもあります。精巧で繊細な装飾が、古代中国の歴史の奥深さを感じさせてくれるコーナーです。

上海半日観光<上海博物館+新天地/日本語>

毎日開催 所要時間(送迎あり)4時間
料金:CNY 340.00〜/5232円〜(2016年10月26日算出)

広告

2階「中国古代陶瓷館」

次に紹介する上海博物館の見どころは「2階「中国古代陶瓷館」」。館内最大の1300平方メートルのエリアに、約500点の土器や陶磁器が展示されています。年代順に並んでいるので、時代ごとの作品の変遷がよく分かります。作品の下に鏡が置いてあり、裏印や細かな細工まで見えるよう、工夫された展示も見どころです。窯や工房を再現したコーナーもあり、貴重な作品が作られた様子も鑑賞できます。

上海市内1日観光

毎日開催 所要時間(送迎あり)8.5時間
料金:CNY 600.00/9233円(2016年10月26日算出)

3階「中国歴代書法館」

3番目に紹介する上海博物館の見どころは「3階「中国歴代書法館」」。宋から清時代の書が、時代別に100点以上展示されています。甲骨文字から楷書まで変化した、中国の文字の歴史を追うことができる貴重な展示として、世界的にも注目されています。書聖とも称される「王羲之」をはじめ、晋代から清代にかけての著名な書家による作品も展示されており、書道学に興味がなくとも、ぜひ訪れたいエリアです。

オープントップバスで上海市内1日観光

毎日開催 所要時間(送迎あり)8.5時間
料金:CNY 550.00/8464円(2016年10月26日算出) 昼食付き

広告

広告

のおすすめホテル

中国への旅行も
航空券とホテルをセットでお安く予約!

中国の 航空券+ホテルを探す

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

運営会社