おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

初めての東京スカイツリー観光で見ておきたいおすすめポイントまとめ

今やすっかり東京を代表する観光名所になったのが、浅草にある東京スカイツリーです。下町風情あふれる浅草エリアにそびえ立つ世界一高い電波塔で、高さは634メートル。2012年の開業以来、大勢の観光客でにぎわっています。スカイツリーを中心に、周辺には東京スカイツリータウンが広がり、水族館やプラネタリウム、東京ソラマチなどさまざまな施設が入っています。予約なしで遊べるスポットが多いので、デートにも家族旅行にも友達同士のお出かけにもうってつけ。東京メトロ・押上駅に直結しており、お年寄りや子連れでも簡単にアクセスできます。初めてスカイツリーを訪れるなら、あらかじめ押さえておくべきおすすめの観光スポットを紹介します。

続きを読む

広告

■展望デッキ・展望回廊

最初に紹介するスカイツリー観光情報は「展望デッキ・展望回廊」。冬のクリスマスデートに外せないのが、上空から望む東京の夜景です。天望デッキ(地上350メートル)と天望回廊(同450メートル)からはきらびやかな大都会の様子を見渡すことができ、カップルでロマンチックな空間を共有できます。
どちらも当日券があり、天望デッキは4階チケットカウンター、天望回廊は天望回廊チケットカウンターで購入できます。混雑を避けたい人は、インターネットで予約するか、セブン-イレブンのマルチコピー機を使って予約しましょう。「チケット」から「チケットぴあ」に進み、キーワード検索で「ジャンル・地域」を「イベント・関東甲信越」とし、「スカイツリー」とキーワードを入力すると、予約画面に入れます。

もうひとつ、絶対に忘れたくないのが、冬の時期にカップル向けに販売される「東京スカイツリー ナイトビュー ペアチケット」です。「SKYTREE CAFE」での窓際席の確保やスパークリングワイン付きの特製オードブルなど、デートで彼や彼女に喜ばれること間違いなしの特典が付いてきます。「ナイトビュー ペアチケット・プレミアム」もあり、天望シャトル(エレベーター)の貸切サービスや天望デッキ・天望回廊入場券などがもらえます。

東京スカイツリー天望デッキ・天望回廊

日本 / 東京 / スカイツリー・両国・亀戸

東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリー
0570-55-0634
8:00~22:00(21:00最終入場)
なし
当日券あり。予約はインターネットまたはセブン-イレブンのマルチコピー機から可。
http://www.tokyo-skytree.jp/reservation/

広告

■すみだ水族館

次に紹介するスカイツリー観光情報は「すみだ水族館」。コニカミノルタプラネタリウム “天空” と並び、雨の日でも楽しめる人気の施設です。小笠原諸島周辺の海を再現した東京大水槽や、開放型のペンギン水槽、約20種類もの金魚の展示などを見られます。

2017年3月14日までは、写真家で映画監督の蜷川実花さんとのコラボレーション企画「蜷川実花×クラゲ」を開催しており、色とりどりの光と映像が、館内のクラゲを幻想的に浮かび上がらせます。注目は約5千枚の鏡に囲まれたトンネル「クラゲ万華鏡トンネル」。光と映像が鏡に反射し、クラゲ展示水槽が華やかに彩られて異空間を演出しています。

すみだ水族館

日本 / 東京 / スカイツリー・両国・亀戸

東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ5、6F
03-5619-1821
9:00〜21:00(20:00最終入場)
なし(臨時休業あり)
http://www.sumida-aquarium.com/

すみだ水族館特集ページを見る

■ソラマチ商店街

3番目に紹介するスカイツリー観光情報は「ソラマチ商店街」。東京スカイツリーを中心に広がる東京スカイツリータウン1階部分にある商店街。ソラマチひろばから押上駅前広場まで約120メートルにわたり、伝統工芸品店や酒屋、箸(はし)の専門店、アクセサリーショップ、餅の専門店などが並んでいます。まるで街歩きをしているような気分に浸ることができますし、お土産探しにもぴったり。外国からの友人を連れて行っても喜ばれるでしょう。

2階より上には、さらに多くの飲食店やショッピングエリアが広がっています。気をつけないと道に迷ってしまうほどの広さです。

ソラマチ商店街

日本 / 東京 / スカイツリー・両国・亀戸

東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン イーストヤード1F
0570-55-0102
10:00~21:00
不定休
http://www.tokyo-solamachi.jp/floor/1f/

広告

広告

広告

のおすすめホテル

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

運営会社