おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

夜市にハイキング、フェリー観光。オークランドの穴場旅行ガイド

ニュージーランドの最大都市オークランド。北島北部に位置し、自然アクティビティも都会的生活も楽しめる人気の観光都市です。日本からのアクセスは良く、成田空港と関西国際空港からはニュージーランド航空の直行便があります。ハイキングやホエールウォッチングなどのツアー旅行も、バスやフェリーを使った個人旅行もどちらも楽しむことができ、中長期滞在の観光客にも人気です。オークランドはさまざまな国からの移民で成り立っており、まさに人種のサラダボウル。多様な文化が入り混じるだけに、街には、旅行雑誌の基本情報には出てこないような、穴場的観光スポットがたくさんあります。ニュージーランド旅行が初めての人にも経験者にもおすすめの、オークランドの穴場的見どころを紹介します。

続きを読む

更新日: 2024年2月22日

本ページではプロモーションが含まれます
当サイトでは施設やサービス(以下、サービス等)の掲載にあたり、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任においてサービス等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、オンライン旅行代理店やレストラン予約サイトが提供するアフィリエイト・プログラムに参加し、サービス等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番はサービス等の提供会社により支払われる報酬も考慮されている場合があります。

■パクランガのナイトマーケット(夜市)

野外アクティビティツアーやショッピング、レストラン巡りなど雑誌の基本情報として載っているものがだけがオークランド観光の目玉ではありません。行けば間違いなく思い出になるおすすめイベントのひとつが、郊外のパクランガ地区で毎週土曜に開催されているナイトマーケット(夜市)です。オークランドでは毎週6か所で夜市がありますが、パクランガが最大規模で、なんと200店舗以上が軒を連ねます。お好み焼きや焼肉、小籠包、クレープなどのグルメ屋台や、おもちゃ、メガネ、帽子、洋服、マッサージ店、射的ゲームコーナーなどまであり、凄まじい熱気に包まれています。

夜市は「ザ ウェアハウス(The Warehouse)」という大型ショッピングセンターの地下で開催されています。そのため見つけるのに少し苦労するかもしれません。まずは人がたくさんいる方を目指してください。

すると.......

地下駐車場からぞろぞろと人が出てきます。のぞいてみましょう。
すると......

静かな郊外の街からは想像もつかない熱気あふれる光景が。

ドーナツの販売。

香ばしい香りの焼肉も。

手作りのクレープ。

なんとたい焼きまであります。しかも完成度が高いですね。

大量のアクセサリーまで。

洋服関係の品も多くあります。

多彩な野菜も。

化粧品はお土産にもおすすめ。

アクセス

バスかタクシー、レンタカーでしかアクセスすることはできません。
バスは、オークランドの交通の中心「ブリトマート駅(Britomart Transport Center)」の南側「ギャルウェイ ストリート(Galway St)」から発車しているものに乗りましょう。パクランガ方面に向かうバスの前面には、「500」「501」「550」「551」「552」と書かれているのでチェックしてください。だいたい1時間はかかるので、のんびりと車窓の景色を楽しみながら行きましょう。

http://busglobe.com

上のように、行き先の横に番号が書かれています。

ニュージーランドでは、バスが停留所をそのまま通り過ぎてしまうこともあるので、必ず手を挙げて運転手に知らせるよう、気をつけてください。バスの乗り方の詳細は、「必見。ニュージーランド旅行で知らないと困る現地の交通事情まとめ」に書いてあるので、併せてチェックしておきましょう。

必見。ニュージーランド旅行で知らないと困る現地の交通事情まとめ

ニュージーランド - 交通

豊かな自然に囲まれたニュージーランド。ラム肉やワインなどのグルメも多く、日本での人気の高い国のひとつです。国内最大の都市オークランドや、南島の保養地クイーンズタウン、"世界一の星空"が見える町テカポ、ニュージーランド最古の国立公園トンガリロなど、観光客にとって死ぬまでに一度は旅行しておきたいスポットが各地にあります。 ニュージーランドで大勢の旅行者を悩ますのが、交通手段です。国が北島と南島に分かれているだけに、電車はあるのか、バスと車のどちらがいいのか、飛行機での所要時間はどれくらいかなど、イメージしづらいですよね。日本の約4分の3という広い国土を効率良く観光するにはどうすればいいのか。長距離バスの乗り方や車の借り方、空港から市街地へのアクセス方法など、スムーズな旅行のために知っておくべき交通事情を解説します。 ※2016年11月14日未明に南島で発生した地震の影響は、同年11月18日現在、限定的です。北島オークランドから首都ウェリントンを結ぶ観光列車「ノーザン エクスプローラー(Northern Explorer)号」や、クライストチャーチとクイーンズタウンを結ぶ「インターシティ(InterCity)」のバスは、平常通り運行しています。クライストチャーチからネルソンに向かう便のいくつかは、運行不可であったり、数を減らしての運行が続いています。

帰りは、ザ ウェアハウス西側のティラカウ通り(Ti Rakau Dr)のバス停からブリトマート駅行きのバスが出ています。23時台までバスはあるので、のんびり遊ぶことができますよ。

レンタカーで行く場合は、パクランガ通り(Pakuranga Rd)を、マクドナルドの看板(写真下)が出てくるまで東進します。会場は看板のある交差点を右折したらすぐです。

■フェリー観光 デボンポート

オークランド中心部の商業地区「CBD(Central Business District)」を散策したり、カフェ巡りをするのもいいですが、せっかく「シティ オブ セイルス(City of Sails / 帆の街)」と呼ばれるオークランドに来たのですから、海の雄大さや潮風の気持ち良さを味わっておかなければいけません。デボンポートは、オークランド中心部の対岸にある小さなエリア。潮の香りが漂う海辺をサイクリングしたり、ビクトリア調の建造物が残る街並みを散策したりしながら、ちょっとしたリゾート気分を味わえます。写真上の奥に見えているのがデボンポートです。

街には新鮮な魚介類を扱うレストランや、地元アーティストの絵画が展示されているギャラリーなどが多くあり、お土産店も、CBDにあるお土産店とは違う品ぞろえで、のんびりと見て回れます。

おすすめはマウント ビクトリア。標高100メートル弱の小高い丘で、頂上からは海に囲まれるオークランドの高層ビル群や、悠々と海に浮かぶヨットの群れ、サンゴ礁が透けて見える美しい海を見渡すことができます。頂上には芝生やベンチがあり、観光客や地元の人々が寝っ転がって昼寝をしたり、景色をぼーっと眺めたりしています。

ランギトト島(写真上)もはっきり見えます。

夜景も写真に収めたくなるような美しさです。

登山道入り口には「Mount Victoria」と書かれた看板(写真上)が立っています。

山道を登り始めると、さまざまな鳥のさえずりが聞こえ、心が落ち着いてきます。お年寄りも登れるほどの坂なので安心してください。頂上までは約15分。車でも行くことができます。

デボンポートへのアクセス

デボンポートにはフラー社のフェリーに乗って行きます。ツアーに参加しても行くことは可能ですが、個人旅行でも全く難しいことはありません。まずはスカイタワーを背に、クイーンストリートをひたすら、海にぶつかるまで北上します。するとフェリー乗り場に着くので、チケットカウンターでデボンポート行きのチケットを買いましょう。「Oneway(片道)」か「Return(往復)」か聞かれますので好きな方を答えてください。

あとは乗るだけです。おすすめはフェリーの外の席。気持ちのいい潮風を浴びながらのクルーズを楽しめます。ただし、水しぶきで予想以上に濡れることもあるのでカメラや携帯電話などがある人は気をつけてください。約15分でデボンポートに到着してしまうので、疲れることもありません。

デボンポートに到着すると、美しい砂浜が出迎えてくれます。

爽やかな潮風を浴びに行こう

ニュージーランド航空の直行便で日本から10時間半
http://v6.advg.jp/adpv6/r/tW_4Bgj

■マウント イーデン

先住民族マオリ族の聖地の丘マウント イーデンは、標高196メートルの死火山。オークランド中心部から比較的近いにも関わらず、圧倒的な自然の壮大さを実感できる観光スポットです。

地図で調べてみると、市内からバスで約10分、歩いても1時間ほどで到着するようです。オークランドの街並みやクイーンストリート、Kロード、ローカルエリアなどの探索も兼ね歩いて行ったので、体験談を紹介します。旅行でマウント イーデンまでのアクセスを考える際の参考にしてみてください。

スタートは、CBDの中心にあるブリトマート駅。

駅から目抜通りのクイーンストリートに出て、南に進みます。

ストリートの中間辺りにあるシビック(Civic)とアオテアスクエア(Aotea Square)を過ぎ約25分歩きます。

すると、街並みは一気に穏やかになり、ローカルな商店街やレストランが現れます。

計45分ほど歩いたでしょうか、また標識が現れたので、標識通りに進みます。

徐々にサブウェイやピタピットなどのチェーン店が現れ始め、ウォーキングやジョギングに取り組む地元の人たちの姿が増えてきました。

登山口は3か所にあるようですが、目の前の小高い山をひたすら登っていくことにしました。

登るにつれ、自然や景観も変化していくので、疲れもさほど感じません。

富士山でいう五合目でしょうか。以前は頂上まで車で行けましたが、マオリ族の神聖な地を汚してはならないということで、2016年1月から車の乗り入れが原則禁止になりました。

徒歩専用の道を登ること10分。火山口がどかっと現れます。

写真では伝わりきらない急な勾配は、一瞬息を飲む光景です。

頂上付近は360度の眺望が広がり、スカイタワーがある市街地はもちろん、南島まで一望でき、まさに絶景です。

普段パワースポット巡りが好きな人なら、この圧倒的な自然の創造物と展望に、パワーを感じずにはいられないと思います。

頂上付近は10〜15分あれば一周できます。所どころ撮影ポイントもあり、観光客の人たちが南島の景色や、スカイタワーを中心に広がる高層ビル群の絶景を撮影をしていました。

市街地を主発して約1時間、ほど良い疲れを感じながら下山します。マウント イーデンを下山したところには、バス停が数か所ありました。

帰りはバスに乗ることにします。乗るバスはアウターリンク(OuterLink)。

バス停は、ほぼブリトマート駅が終点のものばかりです。2015年に運行が始まった2階建てバスに乗れたのはラッキーでした。

逆にブリトマート駅からマウントイーデンまでバスで行く場合は、ブリトマート駅出入口のちょうど裏側(東側)にある「7026」のバス停から乗りましょう。バスの番号は「274」「277」で、約15分で着きます。「マウント イーデン(Mt Eden)」や「ボストン通り(Boston Rd)」で降りれば、登山口はすぐです。

下山後は適度にお腹もすくので、ラム肉やワインなども普段以上においしく感じられますよ。

いつもと違う穴場観光を楽しむ

ニュージーランド航空の直行便で日本から10時間半
http://v6.advg.jp/adpv6/r/tW_4Bgj

ニュージーランド特集ページに戻る

■見どころがありすぎるニュージーランド

クイーンズタウンでおすすめの観光地14選:国内最長であるワカティプ湖畔の街

クイーンズタウン - 観光名所

ニュージーランド南部の都市クイーンズタウンは、のどかな山々と湖に囲まれた世界屈指の保養リゾート地です。コンパクトな街は素朴な雰囲気に包まれており、郊外にはワイン畑が広がります。ニュージーランド南島の北岸に連なる世界遺産のフィヨルド「ミルフォード サウンド」旅行への拠点となる街としても知られています。街と自然の美しさから、旧宗主国イギリスのエリザベス女王(Queen)にふさわしい街として、クイーンズタウンという名が付けられました。 街は大きくはないものの、ショッピングスポットやサイクリングロード、歴史的建造物など、さまざまな表情を併せ持ち、毎年多くの観光客を魅了しています。野外に出向けば、スキー、パラグライディング、バンジージャンプ、釣り、ラフティング、ボートなど、季節を問わず楽しめるアクティビティが盛りだくさん。 クイーンズタウン空港から市中心部まではバスで約30分、シャトルバスで約20分で行けます。オークランドとクライストチャーチからは毎日定期便も出ていますし、長距離バスを使って訪れることも可能です。市内の移動手段はバスのみですが、コンパクトな街なので、それで十分。家族連れで行っても、友人同士で行っても間違いなく損はしない街と言えます。市内で行ってほしいおすすめの観光スポットを紹介します。

オークランドのおすすめ人気ホテル20選:空港近くの便利宿もご紹介

オークランド - ホテル

ニュージーランド北島に位置する最大都市オークランドは、大都会と大自然という対照的な2つの要素を兼ね備えるユニークな街です。高層ビルやショッピングストリートなどの華やかで洗練された都市部から少し離れると、美しい海や、迫力ある死火山などが広がる豊かな自然風景へと変わります。グルメ、買い物、野外アクティビティなどあらゆるものが楽しめることから、観光地としては世界トップクラスの人気を誇ります。ニュージーランド航空の直行便が日本とオークランドをつないでいるので、日本人にとっても興味をそそられる街のひとつですよね。 観光地で慎重に見極めたいのが、宿泊施設です。オークランドは観光都市なだけに、宿の数は豊富。立地や価格もさまざまで、選ぶのが難しいかもしれません。効率良く多くのものを見たいなら、何をするにも便利な、街のど真ん中に泊まってしまうのをおすすめします。さまざまな店が近くにあり、観光名所への交通手段にも恵まれているようなオークランド中心部のホテルをランキング形式でご紹介します。

のおすすめホテル

ニュージーランドへの旅行も
航空券とホテルをセットでお安く予約!

ニュージーランドの 航空券+ホテルを探す

トラベルブックの今週のおすすめ

運営会社