おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

【世界遺産】マンモス・ケーヴ国立公園にみる、世界最大級の鍾乳洞群

マンモス・ケーヴ(マンモス・ケーブ)国立公園はアメリカ南部、ケンタッキー州の美しい森の地下に広がる、世界最長といわれる鍾乳洞です。古生代、海底だったという地下空間には、総延長約652kmにもなる洞窟が四方八方に延び、まさに地下の迷宮の様相を呈しています。不思議な造形の鍾乳石と地底に棲む生物、川や湖もあり、地上とは違った神秘的な空間が広がっています。ナッシュビルから車で約1時間の距離にあり、洞窟内部は見学ツアーで楽しむことができます。1941年に国立公園となり、保護と整備が進められ、1981年に自然遺産に登録されました。

続きを読む

広告

■太古の石灰岩層の洞窟

マンモス・ケーヴが白人に発見されたのは、18世紀末といわれていますが、洞窟からは先史時代まで遡る先住民の遺物が発見されています。洞窟内部は古生代ミシシッピ紀の石灰岩層や砂岩層で形成され、深さは地下約100mにもなります。今も毎年のように新しい洞窟が発見され、総延長が延び続けているというから驚きです。

広告

■マンモス・ケーヴの見どころ

©NPS

天井から垂れ下がった巨大な鍾乳石が、凍ったナイアガラの滝を連想させるフローズン・ナイアガラ、60mという洞窟内で最大の高さを誇るマンモスドームなど、壮大な地下風景を楽しめます。さらに地下を流れるエコー川に生息するのは、無色透明で目が退化したケンタッキー・ケーヴシュリンプ(ドウクツコエビ)、コウモリや昆虫など、稀少な生物が約130種も確認されています。

©NPS

■内部の見学はツアーで

©NPS

環境保護のため、洞窟内はパークレンジャーの案内によるツアーでの見学となります。ツアーは所要時間や内容によって16のコースがあり、ビジター・センターで予約できます。混雑する4~10月のオンシーズンは、人気のツアーはすぐにいっぱいになってしまうので、電話かインターネットで事前予約するのがおすすめです。

■ナッシュビルからマンモス・ケーヴ国立公園へのアクセス

難易度:★★★☆☆(町まで行けば何とかなります)


所要時間:約1時間30分

ナッシュビル(Nashville)からマンモス・ケーヴ国立公園まで車で約1時間30分です。

マンモス・ケーヴ国立公園の情報をGET!

マンモス・ケーヴ国立公園の情報は下記でチェックしましょう。

ビジター・センター/Visitor Center

Mammoth Cave National Park
270-758-2180

マンモス・ケーヴ国立公園/Mammoth Cave National Park

Mammoth Cave KY USA
270-758-2180
料金:公園内は無料で見学できますが、鍾乳洞内はツアーへの参加が必要です/※名称は、データ部分のみユネスコ日本サイトの表記に合わせています
http://www.recreation.gov/

広告

観光のおすすめ記事

詳しく

【チンリー】キャニオンデシェイ国定公園周辺の観光スポットおすすめ8選!充実した旅行を

その他の観光地 - 山・渓谷,砂漠・荒野,史跡・遺跡,洞穴・鍾乳洞

キャニオンデシェイ国定公園は、アリゾナ州の東北の端の町・チンリーの近くに位置している国立公園です。 ナバホ族の聖地とされていた場所になっており、現在はナバホ族の保護区としてアメリカ合衆国政府から認められています。赤茶けた大地とそこに切り立つ巨大な岩や300mにも及ぶ断崖絶壁、先住民族の遺跡などの不思議な光景が40㎞ほどにもわたって続いており、スピリチュアルな雰囲気が漂っています。見どころが非常に多く、ツアーなども多数開催されている人気の観光スポットになっています。 今回は、そんなキャニオン・デ・シェイ国定公園周辺の見どころについて紹介します。

詳しく

【カラバセット】シュガーローフ山周辺の観光スポットおすすめ4選!楽しい旅の計画を

その他の観光地 - 山・渓谷,滝・河川・湖

シュガーローフ山は、アメリカのメイン州の カラバセットバレーにある山です。 クラシックなニュー・イングランド・スキーが楽しめるスポットとして知られており、地元の人たちも良く訪れている山です。リフトで山の頂上まで訪れることができるので楽々。山頂からは素晴らしい景色を眺めることができ、絶景スポットとしても人気があります。夏はハイキングを楽しむのにピッタリで、すがすがしい空気の中、美しい花々の景色などを楽しみながらリフレッシュすることができます。 今回は、そんなシュガーローフ山周辺の見どころについて紹介します。

詳しく

スミソニアン博物館:一生に一度は訪れたい!1億4000点を収蔵するアメリカ屈指の博物館群

ホワイトハウス周辺 - 博物館

「スミソニアン博物館」は、アメリカワシントンD.Cとその周辺にある博物館群の名称です。 科学、産業、技術、芸術、自然史など19の博物館、教育研究機関の集合体で、スミソニアン学術協会が運営しています。スミソニアン学術協会が収蔵しているコレクションは1億4000点にものぼると言われており、モネやフェルメールなど有名画家が手がけた絵画はもちろん、月の石やアポロ月着陸船、世界初の飛行機、恐竜の骨格模型、世界最大のブルーダイヤモンド、動物のはく製など様々なジャンルの展示が楽しめるのが魅力です。 一部の特別展示会場を除く、全ての施設が無料で利用できるのもスミソニアン博物館の大きな魅力で、常にアメリカ国内だけでなく、全世界から訪れる観光客で賑わっています。 ここでは、そんな「スミソニアン博物館」について詳しく紹介します。

詳しく

ここが違うよ!日本とアメリカの文化|意外と知らないアメリカの食生活や学校、習慣、マナー

アメリカ - 雑学

日本と、もっとも交流のある国の1つがアメリカです。政治・経済はもちろん、ミュージックシーンやファッション、食文化など、さまざまなところで日本は、アメリカの文化の影響を受けています。しかしながら、日本とアメリカの文化の違いを、はっきりと理解している人は少ないかもしれません。今回は、そのアメリカ文化の、さまざまな特徴と日本との違いを紹介します。日本とは違う、意外と知らないアメリカ文化を理解して、アメリカ旅行やアメリカ人との会話の際に、ぜひ役立ててくださいね。

詳しく

【アメリカ】世界遺産「イエローストーン国立公園」の観光ガイド:絶対に見たい自然の絶景

イエローストーン国立公園周辺 - 自然遺産

アメリカで最も人気の観光地である「イエローストーン国立公園(Yellowstone National Park)」は、自然が溢れる巨大な国立公園です。広さは8984平方kmにもおよぶので、そこには語りつくせないほど観光の見どころがあり、自然と動物が一体となったバラエティに富んだ景観を私たちに見せてくれます。1万ケ所以上ある蒸気を激しく噴出する間欠泉や温泉、100を超える滝や美しい渓谷、そして野生の状態で存在するオオカミやバファローなど、とにかく大スケールの世界がそこにはあります。一目見ただけで、これまで見たことのない“真の自然の美しさ”に心が吸い寄せられるでしょう。 今回は、そんな「イエローストーン国立公園」観光の見どころをエリアごとでまとめてみました。かなり広い公園なので、ポイントを絞って確実に見たいものを見るように回りましょう。

詳しく

オレゴンの渦は摩訶不思議な異空間!トリックやネタバレを検証!

アメリカ - 観光名所

アメリカ・オレゴン州から50kmほど離れた森の中に、 オレゴンの渦(オレゴン・ヴォーテックス Oregon Vortex)と呼ばれる場所があります。ネイティブアメリカンの時代から禁断の大地と呼ばれ恐れられていた場所。 人の身長が変化したり、斜めの家の中でほうきが自立したり、コンパスがくるくるまわったままだったり、重力や磁力の異常で不思議な現象が起こるオレゴンの渦について今回は紹介していきます。どうしてこのような現象が起きるのかは現在でも未解決のまま。そんな謎に包まれた不思議現象の地にぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

詳しく

自由の女神像の観光ガイド:アメリカの世界遺産の歴史や行き方を詳細解説

マンハッタン - 文化遺産,モニュメント・記念碑

“自由の女神”といえばやはりアメリカ合衆国のシンボル。数々の映画のシーンでもアメリカを表す時、必ず登場するモニュメントです。アメリカ合衆国といえば「自由の女神像」といえるくらいイメージが浸透していユネスコの世界文化遺産に選ばれた彫像です。 「自由の女神像」が作られた19世紀はヨーロッパではパリ万博があり、エッフェル塔の建設、蒸気機関車が発明され、産業革命で世界が大きく変わっている時代でした。一方、アメリカ合衆国は独立した後、南北戦争が勃発し、大きな転換を迎える時でした。そのような時代に作られた「自由の女神像」は今も私たちに多くの夢や希望を語りかけてくれます。せっかくニューヨークに行くのならしっかり「自由の女神像」を堪能したいもの。ここでは「自由の女神像」の知られざる秘密とリバティ・アイランドに行く方法を紹介します。

詳しく

【世界遺産】グランド・キャニオン国立公園は、世界最大の規模を誇る大峡谷

グランドキャニオン周辺 - 自然遺産

グランド・キャニオン(Grand Canyon)は、20億年間の大地の隆起・堆積と、コロラド川の浸食作用によって生み出された、世界で最も雄大な峡谷です。総面積は東京都の2倍以上の約4900㎢、長さは東京から盛岡に相当する450kmという驚きのスケールで、思わず言葉を失うような絶景が広がっています。 崖の上から谷底までの最大の深さは1600mもあり、まさに地球の裂け目という言葉がぴったりです。グランド・キャニオンの名前は、1540年にスペインの探検隊がこの場所を訪れて名付けたもので、“魔の谷”と恐れられたといわれています。1979年に自然遺産に登録されました。

更新日: 2021年12月6日

広告

のおすすめホテル

アメリカへの旅行も
航空券とホテルをセットでお安く予約!

アメリカの 航空券+ホテルを探す

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

運営会社