おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

【東京ディズニーランド】シンデレラのガラスの靴を作ろう!値段や大きさは?

10,533 views

広告

【東京ディズニーランド】シンデレラのガラスの靴を作ろう!値段や大きさは?

有名なディズニーの童話のひとつが「シンデレラ」です。意地悪な義姉にいじめられていたシンデレラが、仙女の魔法によって、華やかなドレスとガラスの靴を手に入れて舞踏会に参加し、王子様と恋に落ちてしまった物語です。魔法が12時までしか効かないことをすっかり忘れたシンデレラは急いで城を後にしましたが、ガラスの靴の片方を落としてしまいました。王子はガラスの靴の持ち主を探し、足のサイズがぴったりだったシンデレラと再会、結婚するという話です。

明るさと誠実さを失わず、最後は幸せを手に入れたシンデレラの姿に憧れた女性も多いのではないでしょうか。東京ディズニーランドのファンタジーランド エリアにあるショップ「ガラスの靴」では、実際にシンデレラのガラスの靴が手に入るのを知っていましたか。東京ディズニーランドのシンデレラ城に併設された同ショップを紹介します。(記事中の商品の値段などは2017年2月現在のものです)

■シンデレラ城にあるショップ「ガラスの靴」

【東京ディズニーランド】シンデレラのガラスの靴を作ろう!値段や大きさは?

シンデレラ城に併設されている店舗

シンデレラ城に併設されているショップ「ガラスの靴」は、さまざまなガラス製品を扱っています。店内には、童話「シンデレラ」に登場するガラスの靴や、繊細なグラス、透明感あふれるガラスの置物、フォトフレームなどがそろっています。

【東京ディズニーランド】シンデレラのガラスの靴を作ろう!値段や大きさは?

ガラスの靴以外にも幅広い品がそろっている

店内では、ガラス製品を作り上げるまでの工程が実演されており、丁寧に炎でガラスを変形させていく職人の姿を見られます。

【東京ディズニーランド】シンデレラのガラスの靴を作ろう!値段や大きさは?

職人がガラス作品を作り上げる様子

広告

■オリジナルのガラスの靴を手に入れよう

ガラスの靴は、 約10〜20cmの6種類の大きさ と、 青やピンクなど数種類の色 から選ぶことができます。値段は、 1650〜1万4400円 。大きさに比例して高くなります。

名前と日付、メッセージを彫刻してもらうこともできます。名前の場合は、 1ネーム380円 で、苗字と名前を両方入れると760円。メッセージの場合は、 1単語で380円 で、例えば「Happy Birthday」なら760円です。約10cmの最小サイズの靴の場合、8文字まで彫刻できます。

またガラスの部分が通常よりもきらきらと輝く靴もあり、大きさは14cm、値段は1万8550円です。 クリスタルの靴 もあり、 4万6800円 で買うことができます。大きさは14cmです。

恋人や家族へのプレゼントにぴったりですが、 ギフト包装はしてもらえない ので注意してください。別売りの巾着型の袋を買うなどしましょう。

【東京ディズニーランド】シンデレラのガラスの靴を作ろう!値段や大きさは?

大きさや色はさまざま

■シンデレラ城に入ってみよう「シンデレラのフェアリーテイル・ホール」

【東京ディズニーランド】シンデレラのガラスの靴を作ろう!値段や大きさは?

シンデレラの童話の世界を体感できるフェアリーテイル・ホール

シンデレラのフェアリーテイル・ホールでは、童話の世界に登場するシンデレラ城の内部を見て回れます。シンデレラの物語を描いた絵画やジオラマ、ガラスの靴、豪華なシャンデリアなどを見て回ることができます。

親子連れの人は、子どもに童話を読み聞かせてから、一緒に訪れてみましょう。家族で興奮の体験を味わえますよ。

■【参考】そもそも「ガラスの靴」とは。童話シンデレラをおさらい

【東京ディズニーランド】シンデレラのガラスの靴を作ろう!値段や大きさは?

ディズニー映画にもなった童話シンデレラは、美しい貴族の娘が主人公です。作者によって話の細部は異なりますが、大部分はどれも同じです。

心優しいシンデレラは、早くに母親を亡くして以来、意地悪な義姉2人にいじめられ、召使のように扱われていました。
ある日、王子が舞踏会を城で開くことになりました。シンデレラも参加したかったのですが、義姉たちに邪魔をされてついていくことができず、1人取り残され、泣き出してしまいました。
失意の中にあったシンデレラのもとに、一人の仙女がやってきました。仙女が、魔法の杖を振ると、シンデレラのボロボロの衣装がたちまち、きらびやかなドレスに変わり、豪華な馬車が現れ、靴は、美しいガラスの靴になりました。かわいそうなシンデレラを思い、仙女が舞踏会への準備をしてくれたのです。ただし、魔法は深夜0時までしか効きません。仙女は「必ずそれまでには城を出るように」とだけ忠告しました。

【東京ディズニーランド】シンデレラのガラスの靴を作ろう!値段や大きさは?

舞踏会に着いたシンデレラは、王子とすぐに恋に落ちました。一緒にダンスをしたりしながら、幸せな時を満喫していたシンデレラ。しかしこれまでに味わったことのないような楽しい時間に夢中になっている間に時間は進み、いつの間にか12時の鐘が鳴り響きました。仙女の忠告を思い出したシンデレラは、王子の制止を振り切り、大急ぎで城を後にします。その際にガラスの靴を一足落としてしまいましたが、構うことなくそのまま帰りました。

名前を聞くことを忘れていた王子は、ガラスの靴を使い、シンデレラを探し始めます。ガラスの靴にぴったりの足の女性こそが自分の結婚相手だとして、町中の女性にガラスの靴を試させます。王子と結婚したい意地悪な義姉たちは、必死に足を靴に入れ込もうとしますが、どうしても合いません。そこでシンデレラがガラスの靴を試してみると、ぴったりのサイズだったので、王子はシンデレラこそ自分が探していた女性だと確信しました。そうして王子とシンデレラは結婚し、幸せに結ばれました。

広告

東京ディズニーリゾートのテーマパークでおすすめの記事

詳しく

【東京ディズニーシー】人気アトラクション完全制覇!おすすめモデルコースを紹介

東京ディズニーリゾート - テーマパーク

2001年の開園以来、全国から大勢の観光客が足を運ぶ東京ディズニーシー。大人向けの絶叫系アトラクションも充実しており、子供から大人まで幅広い世代に人気のテーマパークです。人気は衰えることを知らず、比較的空いていると言われる2月でも、待ち時間が2時間を超えるようなアトラクションがたくさんあります。東京ディズニーシーの近くに住んでいれば、何度でも気軽に来園することができますが、関東圏以外の人々にとっては、なかなかそうはいきません。いかに1日でたくさんの人気アトラクションに乗ることができるか、気になる人も多いのではないでしょうか。混雑必至の東京ディズニーシーで、1日で人気アトラクションを効率良く回りたい人に参考にしてほしいモデルコースを紹介します。休憩を挟みながらでも足はクタクタになるので、若いカップルや友人らにおすすめの回り方です。(モデルコースは、8時開園の2月の平日を想定しています)

詳しく

ここでインスタ映え!?現役女子大生おすすめ!ディズニーフォトスポット

東京ディズニーリゾート - テーマパーク

女子大生といえばメイクやおしゃれが大好き。お出かけしてフォトジェニックな写真を沢山SNSにあげるのは遊びの基本。ちょうどアルバイトを始める人もいて自由に使えるお金が増えるので、"かわいい"に妥協したくないお年頃ですよね? かわいいを追求するうえで、夢の国「東京ディズニーランド」は外せない大人気スポットのひとつです。 今回は「女子大生にしかできないこと」をコンセプトに、イベント企画や商品プロモーションなど多方面に渡って活躍している女子大生サークル「COVERGIRLC.C」の2人に、おすすめのフォトスポットを教えてもらいました。ディズニーランドにある沢山のフォトスポットはどこで撮っても絵になりますが、写真を撮るのが得意ではない人でも簡単にかわいい写真が撮れるスポットを紹介します。

詳しく

【東京ディズニーランド】TDL内でいきたいおすすめレストラン14選

東京ディズニーリゾート - テーマパーク

食事も楽しめれば、東京ディズニーランドでの思い出がさらに特別なものになるはずです。こちらではパーク内のおすすめレストランを紹介しています。 足を踏み入れた瞬間から誰もが心を躍らせる場所が東京ディズニーランドです。愛らしいキャラクターの待つ園内はまさに夢の世界で、数々のアトラクションやパレード・ショーを楽しむことができ、あっという間に時が過ぎていきます。グルメも充実しており、広いパーク内には、ショーを見ながら食事が楽しめるレストランや、アットホームで静かに寛げる店、テイクアウト可能で手軽に利用できるワゴンなどがあります。

詳しく

【東京ディズニーシー】トイ・ストーリー・マニア!の待ち時間や高得点のコツを解説

東京ディズニーリゾート - テーマパーク

東京ディズニーシーで一番と言っていいほどの人気を誇るアトラクションが、トイ・ストーリー・マニア!です。午前中には必ずファストパスの発券が終了してしまうため、ファストパスを取れなければ、スタンバイの列で2、3時間待ち続けるしかありません。アトラクションの内容は、子供も大人も夢中になり楽しめるシューティングゲームです。一度アトラクションを体験してみれば、待ち時間の苦労を忘れ、きっと再び乗りたくなるでしょう。東京ディズニーシー旅行で絶対に行っておくべきトイ・ストーリー・マニア!の魅力や見どころ、攻略法を紹介します。

詳しく

【東京ディズニーランド・シー攻略】待ち時間を大幅に短縮できるファストパスの賢い使い方とは?

東京ディズニーリゾート - テーマパーク

東京ディズニーランド・東京ディズニーシーで人気アトラクションを攻略するために不可欠なものが、ファストパスです。予約乗車券のようなもので、混雑や待ち時間を大幅に短縮してアトラクションを楽しむことができます。ファストパスを効率的に使うには、豆知識やコツをいくつか知っておく準備や対策を練っていきましょう。人気アトラクションのファストパスはすぐに発券が終了してしまったり、一定の時間を空けなければ次のファストパスを発券することができなかったりするため、ファストパスの使い方、攻略次第で、一日に乗れるアトラクションの数も大きく変わってきます。東京ディズニーランド・東京ディズニーシーで絶対に覚えておきたいファストパスの魅力や使い方、攻略法を紹介します。

詳しく

現役女子大生に聞いた、ディズニーランドを120%満喫できる遊び方

東京ディズニーリゾート - テーマパーク

女子大生になると自由に使える時間やお金が増えて、いろいろなことに楽しみを広げたい時期ですよね。大学生になって上京してきた人にとっては、ディズニーランドが近くなったということで、ワクワクしている人も多いのではないでしょうか? 「女子大生にしかできないこと」をコンセプトに、イベント企画や商品プロモーションなど多方面に渡って活躍している女子大生サークル「COVERGIRLC.C」の2人に、おすすめの遊び方やスポットを教えてもらいました。「ちょっぴりわがままな女子大生が120%楽しめる、満足できるような東京ディズニーランドの楽しみ方」を基本にプランを練り、実際に体験してわかったことも併せて紹介します。 ディズニーランドに行ったことがない人はもちろん、ディズニーデートに女子大生を誘おうと考えている男子諸君も必見ですよ。

詳しく

【東京ディズニーランド・シー】グッズがパーク限定商品かどうかを見分ける方法

東京ディズニーリゾート - テーマパーク

東京ディズニーランド・東京ディズニーシーは、日本を代表するテーマパークです。一年中たくさんの人が訪れますが、関東圏外の人たちにとっては、交通費や移動時間などを考えると気軽には旅行できません。行きたくても行けない人もいるからこそ、パーク限定のグッズはお土産として喜ばれますし、自分への来園記念としても買いたくなります。しかし今では、インターネットや街のディズニーストアで簡単にディズニーグッズを購入することができるため、どれがパーク限定商品か分からない人も多いでしょう。東京ディズニーランド・東京ディズニーシー限定のグッズと、そうでないものを見分ける方法を紹介します。

詳しく

人気ママモデルも魅力を堪能! 親子で楽しめる東京ディズニーリゾート®・バケーションパッケージの魅力

東京ディズニーリゾート - テーマパーク

パークに足を踏み入れる前から、ワクワクやドキドキのとまらない東京ディズニーリゾート®。世界中の人に愛されており、毎日多くの人が夢のひとときを過ごしています。たくさんの思い出が残る時間を過ごせる素晴らしい場所ですが、大人になって結婚し、子供ができると、アトラクションでもレストランでも子供のペースにうまくあわせられるかが心配なところ。大人だけならあまり気にならないことも、小さい子供がいると、そうはいきません。 子供ができてしばらく来園していない人に朗報なのが、入場前からのファストパス・チケットやレストラン予約、ホテルへの宿泊などがセットになったパッケージプランの「東京ディズニーリゾート・バケーションパッケージ」です。魅力的なコンテンツがたくさんの「東京ディズニーリゾート・バケーションパッケージ」を、人気インスタグラマーであり、ママモデルとして活躍する「金子麻貴さん(以後、麻貴さん)」に体験いただき、その魅力を聞きました!

広告

【東京ディズニーランド】シンデレラのガラスの靴を作ろう!値段や大きさは?に関連するタグ

千葉 エンターテインメント・遊ぶ 千葉 テーマパーク 東京ディズニーリゾート エンターテインメント・遊ぶ 東京ディズニーリゾート テーマパーク 日本 エンターテインメント・遊ぶ 日本 テーマパーク

広告

のおすすめホテル

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

トラベルブックで人気のまとめ

  1. 横浜中華街でおすすめの食べ放題21軒:人気ランキング上位のお店一覧

    横浜 - バイキング・食べ放題・ビュッフェ,中華・中華料理

じゃらんからのおすすめホテル

主要トラベルサイトから最安値のホテルプランを取得

ホテルの料金プランを検索する

運営会社