おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

【京都】紅葉の名所おすすめ60選:見頃も合わせてチェック!

広告

■二尊院

【京都】紅葉の名所おすすめ60選:見頃も合わせてチェック!

http://photo53.com

京都市右京区の嵯峨野にある天台宗の寺院です。藤原定家が百人一首を選定した場所の1つ「時雨亭」の跡があります。現世から来世へ送り出す釈迦と、極楽浄土に迎え入れる釈迦の、2如来を本尊としているのが寺名の由来です。JR東海のCMに使われた「紅葉の馬場」という参道は、総門からまっすぐに紅葉のトンネルができ、夜にはライトアップも行われます。背後にそびえる小倉山が赤く染まった様子も、一緒に見られます。

例年の見頃:10月下旬~12月上旬

二尊院

京都市右京区嵯峨二尊院門前長神町27
075-861-0687
9:00~16:30
拝観料:500円、紅葉の見頃:11月中旬~12月上旬

■北野天満宮

A photo posted by mame_yacco (@mame_yacco) on

京都市上京区にある神社です。学問の神様・菅原道真(845-903)を祀っている、全国1万2000社ある天神社・天満宮の総本山です。受験シーズンには、多くの学生が参拝に訪れます。道真公に縁が深い梅の名所として有名ですが、実は紅葉の美しさを謳った歌もあることから、境内の西側に250本の楓があるため、秋には〝もみじ苑″と呼ばれる、紅葉スポットになります。〝立ちウシ″や〝星欠けの三光門″など七不思議もあるので、併せて見学する人が多いです。

例年の見頃:11月中旬~12月上旬

北野天満宮(天神さん)

京都府京都市上京区北野馬喰町
075-461-0005
[夏]5:00~18:00 夏[冬]5:30~17:30 冬9:00~17:00
定休日
アクセス:JR京都駅から市バスで30分、料金:大人 300円 宝物殿(毎月25日に開館)9:00~16:00(備考 境内は自由参拝)
http://www.kitanotenmangu.or.jp/

■嵐山・渡月橋

【京都】紅葉の名所おすすめ60選:見頃も合わせてチェック!

http://photo53.com

渡月橋は、京都市の桂川に架かる橋です。平安時代に貴族の別荘地だった嵐山への観光のスタート地点でもある橋です。「日本のさくら名所100選」「紅葉の名所100選」にも選ばれ、春も秋も美しい景色を楽しめる観光スポットです。標高381.5mもの嵐山が赤や黄色に彩られた姿は、息を飲む美しさです。毎年11月の第2日曜には「嵐山もみじ祭」が開催され、平安管絃という伝統芸能や、島原太夫の道中や嵯峨大念仏狂言が行われ、京都府の内外から観光客が訪れます。

例年の見頃:11月下旬~12月上旬

嵐山

京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町

渡月橋

京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町
アクセス:嵐電嵐山本線嵐山駅から約3分

■龍安寺

【京都】紅葉の名所おすすめ60選:見頃も合わせてチェック!

http://photo53.com

1975年に訪れたエリザベス2世が絶賛したことから、世界的に有名になった方丈庭園があります。250㎡内に白砂が敷き詰められ、石が15個配置されています。しかし、どこから見ても14個しか見えないことから、京都七不思議に数えられています。方丈庭園を包み込むような紅葉と、山門へ続く階段の両端側に植えられた楓の2か所が見どころです。特に外国人観光客から人気の京都の観光スポットです。

例年の見頃:11月下旬~12月上旬

龍安寺

京都府京都市右京区竜安寺御陵下町13
075-463-2216
8:00~17:00 [12月~2月] 8:30~16:30
アクセス:JR京都駅から市バスで40分、料金:大人 500円
http://www.ryoanji.jp/

京都エリア別の紅葉名所

洛東(永観堂/清水寺/他)

■永観堂

【京都】紅葉の名所おすすめ60選:見頃も合わせてチェック!

http://photo53.com

京都市左京区永観堂町にあり、正式名称を「禅林寺」といいます。古今和歌集にも詠まれた、浄土宗西山禅林寺派総本山です。本尊の阿弥陀如来像は、左側に少し振り返っていることから「見返り阿弥陀」と呼ばれ、重要文化財にもなっています。境内にある多宝塔は高台にあり、市街を一望できるほか、参道から続く石畳の両側の紅葉が海原のように見えます。夜にはライトアップ、11月には寺所蔵の宝物が一般公開されます。

例年の見頃:11月中旬~11月下旬

永観堂

京都府京都市左京区永観堂町48
075-761-0007
拝観9:00~17:00(受付終了16:00)
拝観料600円、高校生以下400円
http://www.eikando.or.jp/

■金戒光明寺

【京都】紅葉の名所おすすめ60選:見頃も合わせてチェック!

http://photo53.com

京都市左京区黒谷町にある浄土宗の寺院です。法然上人(1133-1212)が庵を結んだ地で、浄土宗大本山です。幕末には会津藩主・松平容保(1836-1893)が本陣を構え、新選組が誕生した地でもあります。地元の人からは「くろ谷さん」と呼ばれ親しまれ、境内は無料で参拝できるので、回廊式庭園の紫雲の庭、2012年完成のご縁の道を散策する人も多くいます。2013年からは紅葉の時期にライトアップも開始され、夕日に照らされる紅葉とともに人気が高まっています。

例年の見頃:11月中旬~12月上旬

金戒光明寺

京都市左京区黒谷町121
075-771-2204
9:00~16:00
不定休
拝観料:境内無料、紅葉の見頃:11月中旬~12月上旬
http://www.kurodani.jp/

■建仁寺

京都初の禅寺です。橋本関雪(1883-1945)の『生生流転』など計60面の襖絵や、俵谷宗達(?-1643)の『風神雷神図屏風』などの国宝や重要文化財を多数所持しています。本坊の中庭にある潮音庭では、中央に三尊石、その横に座禅石、それらを取り囲むように楓が植えられていて、四方から眺めることができます。杉苔と紅葉の調和は、見る角度によって違う印象です。紅葉の時期はすべての向きから撮影する人が多いです。

例年の見頃:11月中旬~12月上旬

建仁寺

京都府京都市東山区大和大路四条下ル小松町584
075-561-0190
10:00~16:00
http://www.kenninji.jp/

■真如堂

A photo posted by satoshi (@c_white_l) on

正式名称を「真正極楽寺」といい、三井財閥当主一族の菩提寺です。984年に比叡山の僧が夢のお告げに従って、阿弥陀如来を安置したのが始まりで、庶民、特に女性から厚く信仰されています。紅葉の時期には、石畳の参道や山門、重要文化財に指定されている本堂を囲むように木々が赤く染まり、常緑の針葉樹林との対比が楽しめます。境内は拝観料が不要なので、京都の人も撮影によく訪れます。

例年の見頃:11月下旬~12月上旬

真如堂

京都市左京区浄土寺真如町82
075-771-0915
9:00~16:00(受付終了15:45)
本堂・境内無料、宝物・庭園500円

■清水寺

【京都】紅葉の名所おすすめ60選:見頃も合わせてチェック!

http://photo53.com

京都の代表的観光スポットです。釘を一本も使っていない「懸造り」の清水の舞台から、崖下までは18mあり、音羽山が一望できます。紅葉の時期には赤い楓を見下ろせるほか、下から見上げれば、寺全体が朱色に包まれた様子も見られます。春から秋にかけて、年3回ライトアップも行われ、昼と夜では違った風景が楽しめます。境内には、長寿・学問・健康にご利益があるといわれる音羽の滝もあります。

例年の見頃:11月下旬~12月上旬

清水寺

京都府京都市東山区清水一丁目294
6:00~18:00(閉門時間は季節などにより変更有)
料金:大人 300円 こども(小・中学生)200円、アクセス:①JR「京都」駅からバスで約15分、「五条坂」下車約10分②阪急電鉄「河原町」駅(四条河原町)、京阪電鉄「祇園四条」駅からバス、「清水道」下車約10分
http://www.kiyomizudera.or.jp/

■哲学の道

A photo posted by @dejavee on

熊野若王子神社前にある若王子橋と、銀閣寺の西側にある銀閣寺橋を結ぶ、1.5kmの京都疎水に沿って伸びる散策路です。哲学者・西田幾太郎(1870-1945)が思索の時に散歩していたために、名づけられました。「日本の道100選」にも選ばれ、両側に植えられた桜は春にはピンク、紅葉の時期には赤や黄色のトンネルを作り出します。水路に映る逆さモミジも合わせて撮影するのが、京都市民のおすすめです。

例年の見頃:11月中旬~11月下旬

哲学の道

京都府京都市左京区

■南禅寺

A photo posted by Makoto-O (@makotawa) on

日本の禅寺の最高峰で、京都五山のさらに上の格式の寺です。歌舞伎で石川五右衛門が「絶景かな」というシーンに出てくる山門があります。池泉回遊式庭園の書院南庭と、枯山水庭園の方丈前庭(東庭)の2つの庭があり、JR東海のポスターにも使われました。東庭は縁側に座りながら、南庭は散策しながら、紅葉が見られ、ライトアップの時間帯と日中は拝観ルートが異なるので、できたら2回訪れましょう。

例年の見頃:11月中旬~11月下旬

南禅寺

京都府京都市左京区南禅寺福地町
075-771-0365
8:40~17:00 [12月~2月] 8:40~16:30
12月28日~12月31日
アクセス:①JR京都駅から市バスで30分②地下鉄東西線蹴上駅から徒歩で10分料金:大人 500円
http://nanzen.net/

■毘沙門堂

七福神の1人である毘沙門天を本尊とし、703年に行基によって開かれた天台宗の寺です。京都御所から移築された宸殿には、狩野益信(1625-1694)の描いた動いて見えるトリックアートのような襖絵があることで有名です。境内のあちこちには、樹齢150年の木をはじめ、桜の木が多数植えられ、紅葉時期には真っ赤な絨毯が出現します。その美しさは、過去に何度もキャンペーンポスターに使われたほどです。

例年の見頃:11月下旬~12月上旬

毘沙門堂

京都府京都市山科区安朱稲荷山町18
075-581-0328
8:30~17:00
料金 大人500円
http://bishamon.or.jp

■法然院

【京都】紅葉の名所おすすめ60選:見頃も合わせてチェック!

http://photo.sanographix.net

浄土宗の開祖・法然(1133-1212)が弟子たちと、念仏三昧の修業を行うために開いた庵が元とされる寺です。京都の寺院の中でも、一際落ち着いた雰囲気です。茅葺屋根の山門に、木々が生い茂る境内にはひなびた趣きがあり、秋には黄や赤に変化した紅葉が自然の神秘を感じさせます。境内には、名水として有名な「善気水」が湧き出ているほか、横を通ることで心身を清められるとする「白砂壇(びゃくさだん)」があります。

例年の見頃:11月中旬~12月上旬

法然院(ほうねんいん)

京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ段町30番地
075-771-2420
6:00〜16:00
http://www.honen-in.jp/

洛北(金福寺/源光庵/他)

■金福寺

【京都】紅葉の名所おすすめ60選:見頃も合わせてチェック!

http://photo53.com

京都市左京区一乗寺にある臨済宗南禅寺派の寺です。与謝蕪村(1716-1784)にゆかりの寺で、彼が慕った松尾芭蕉(1644-1694)が宿泊した茶室を再建した庵があります。舟橋聖一(1904-1976)の『花の生涯』のヒロイン・村山たかが、尼として過ごしました。境内には多くの歌人・俳人の碑や墓があるほか、皐月の築山と白砂の簡素な枯山水の庭園もあります。3月にはあけびや紅梅、11月は紅葉や山茶花が見ごろを迎え、3段の生垣越しに芭蕉庵の茅葺屋根を眺めることもできます。

例年の見頃:11月中旬~12月上旬

金福寺

京都府京都市左京区一乗寺才形町20
075-791-1666
9:00~17:00
12/30~12/31、1/16~1/31、8/5~8/20

■源光庵

【京都】紅葉の名所おすすめ60選:見頃も合わせてチェック!

http://photo.sanographix.net

京都市北区鷹峯にある曹洞宗の寺院です。1694年築の本堂には伏見城から移築され、徳川家臣の鳥居元忠(1539-1600)達が石田三成に敗れて自害した際に跡の残った血天井があることで有名です。その脇には、仏教の心理が込められた丸い「悟りの窓」と四角い「迷いの窓」があります。JRのポスターにも使用され、窓と北山を借景とした枯山水庭園は心が洗われる美しさと定評で、また各窓からは同じ庭園が違った雰囲気で見られます。

例年の見頃:11月中旬~11月下旬

源光庵

京都府京都市北区鷹峯北鷹峯町47
075-492-1858
9:00~17:00
市バス 鷹峰源光庵前下車徒歩約1分

■高桐院

京都市北区紫野にある寺院です。千利休の高弟7人である七哲の1人、細川忠興(1563-1646)が父親のために建てた臨済宗の寺です。忠興や妻・ガラシャ(1563-1600)、出雲阿国の墓もあります。楓が両側に植えられた参道は、紅葉の時期には真っ赤なトンネルをつくるほか、見ごろを過ぎても緋色の絨毯ができます。南側の庭園は「楓の庭」と呼ばれるほど多く植えられていて、赤や黄色のモミジと苔のコントラストが見どころです。

例年の見頃:11月中旬~下旬

高桐院

京都府京都市北区紫野大徳寺町73-1
075-492-0068
9:00~16:30(受付終了16:00)
拝観料:400円

■鷺森神社

京都市左京区にある神社です。素盞嗚尊(スサノオノミコト)が詠んだ和歌にちなんだ「八重垣」という石があり、悪縁を断ち切ったり、家内安全・夫婦和合のご利益があるとして、京都でも人気のパワースポットの1つです。境内には楓やイチョウが多くあり、きれいに色づきますが、観光客は少ないので、ゆっくり紅葉狩りしたい人におすすめです。春にはヤマザクラも咲き誇り、春から秋にかけて彩にあふれます。

例年の見頃:11月下旬~12月上旬

鷺森神社

京都府京都市左京区修学院宮ノ脇町16
075-781-6391
自由
市バス「修学院道」・叡山電鉄叡山本線「修学院駅」下車徒歩約10分

■詩仙堂

【京都】紅葉の名所おすすめ60選:見頃も合わせてチェック!

http://photo.sanographix.net

徳川家の家臣・石川丈山(1583-1672)が、隠居後のために作った山荘跡です。現在は曹洞宗寺院で、国の史跡の1つです。庭園作りが得意だった丈山自ら手がけた庭園は、京都では珍しい白砂の唐様庭園で、小川も流れています。中国の詩人36人の肖像画がかけられた「詩仙の間」からは、鹿威しの音を聞きながら紅葉が楽しめるほか、春にはサツキ、冬には白山茶花を眺められます。

例年の見頃:10月上旬~12月上旬

詩仙堂

京都府京都市左京区一乗寺門口町27
075-781-2954
9:00~17:00(受付終了16:45)
拝観料:500円/市バス「一乗寺下り松町」下車徒歩約7分

広告

■実相院

【京都】紅葉の名所おすすめ60選:見頃も合わせてチェック!

http://photo53.com

京都市左京区岩倉上蔵町にある寺院です。皇族の子弟が代々住職を務める門跡寺院の1つです。幕末には岩倉具視(1825-1883)も一時期住んでいたため、当時の記録が多数残っています。境内には、枯山水と池泉回遊式の2つの庭園があり、まったく違う雰囲気を楽しめます。2つを結ぶ回廊の床は黒いため、木が反射して「床緑」「床紅葉」と呼ばれる風景が見られ、寺院が多い京都でも珍しい紅葉の楽しみ方です。なお、建物内は撮影できないので注意しましょう。

例年の見頃:11月中旬~12月上旬

実光院(じっこういん)

京都府京都市左京区大原勝林院町187
075-744-2537
料金:大人700円、大学生700円、高校生700円、中学生700円、小人300円 アクセス:京都府「大原バス停」から約10分

■寂光院

京都市左京区大原にある天台宗の寺院です。清流沿いにお土産物屋や茶屋が並ぶ参道が伸びる、のどかな風景の中にあるこぢんまりとした寺です。50段ほどの石畳の山門への道のりは、紅葉の時期には赤いトンネルを作ります。四方正面の庭園は、池を覆うように紅葉が彩り、見ごろを過ぎても苔とのコラボレーションが見られます。聖徳太子が父・用明天皇(?-587)を弔うために建てたとされていて、平家にもゆかりがあります。

例年の見頃:11月中旬~12月上旬

寂光院(じゃっこういん)

京都府京都市左京区大原草生町676
075-744-3341
9:00~17:00
なし
拝観時間:12~2月は16:30まで アクセス:京都府「大原」下車 約15分
http://www.jakkoin.jp

■勝林院

【京都】紅葉の名所おすすめ60選:見頃も合わせてチェック!

http://photo53.com

京都市左京区大原三千院の北にある天台宗の寺院です。仏教音楽の1つである声明(しょうみょう)の根本道場の1つです。法然(1133-1212)と顕真(1131-1192)の宗議「大原問答」が繰り広げられた寺です。「美男の阿弥陀様」といわれる本尊のある本堂は、境内のほぼ真ん中にあり、秋には紅葉が堂を囲む様子が見られ、青々とした苔の芝生と上下2色に分かれた風景が見どころです。京都の紅葉スポットでも珍しい、黄色いモミジをメインとしているので、通常の紅葉に見飽きた人におすすめです。

例年の見頃:11月中旬~12月上旬

勝林院

京都府京都市左京区大原勝林院町187
075-744-2409(宝泉院)
9:00~17:00(受付終了16:30)
拝観料:300円/京都バス「大原」下車徒歩約12分

■常照寺

A photo posted by Asuka (@assukyuma) on

京都市北区にある日蓮宗の寺院です。2代目吉野太夫(1606-1643)が帰依し、現在は吉野門と呼ばれる赤門を寄進したほか、彼女の墓もある縁深い寺です。毎年4月の第2日曜日には供養祭も開かれています。境内には、枝垂桜・ヤマザクラ・ウコン桜など約100本の桜が植えられていて、春には花見の名所として有名です。秋には赤く色づき、吉野門とのコラボレーションが楽しめます。毎月第1日曜には茶会も開かれます。

例年の見頃:11月中旬~11月下旬

常照寺

京都府京都市北区鷹峰北鷹峰町1
075-492-6775
8:30~17:00
市バス 源光庵前下車 徒歩約2分
http://tsakae.justhpbs.jp/joshoji/toppage.html

■赤山禅院

A photo posted by y.yamashita (@yy_jagaimo) on

都七福神の1柱・福禄寿が境内にあり、天台宗でも1、2を争う荒行「赤山苦行」の場です。敷地内の各所に楓が生えているので、秋には参道のトンネルをはじめ、境内のあちこちが赤や黄に染まります。毎年11月23日の数珠供養は、紅葉の時期で最も多くの人出となります。京都御所の表鬼門に当たることから、拝殿の上には、御所の東北角にある猿が辻に対応した猿が置かれ、方除けとして信仰されています。

例年の見頃:11月中旬

赤山禅院

京都府京都市左京区修学院開根坊町18
075-701-5181
開門:6:00~18:00、拝観時間:9:00~16:30
なし
http://www.sekizanzenin.com/index.html

■宝泉院

【京都】紅葉の名所おすすめ60選:見頃も合わせてチェック!

http://photo53.com

京都市左京区大原勝林院町にある天台宗の寺院です。勝林院の僧坊の1つで、建物内から格子越しに鑑賞する鶴亀庭園と、樹齢300年の沙羅双樹のある盤桓園の、2つの庭園があります。「盤桓」とは立ち去りがたいという意味で、柱を額に見立てて眺める庭は、名前通りいつまでもいたくなる美しさです。紅葉の時期にはライトアップが行われるうえ、拝観料に抹茶と茶菓子が含まれるので、一服しながら秋を満喫できます。

例年の見頃:11月中旬~下旬

宝泉院(ほうせんいん)

京都府京都市左京区大原勝林院町187
075-744-2409
9:00~17:00
なし(1/3のみ要問合せ)
料金:大人800円、大学生800円、中高生700円、小学生600円 アクセス:京都府 京都駅 烏丸中央口から徒歩5分程度で、「京都駅前」停留所にて17系統・18系統に乗車し、「大原」停留所まで約65分
http://www.hosenin.net

■蓮華寺

A photo posted by MNarita (@naritam1220) on

京都市左京区にある天台宗の寺院です。勝林院の僧坊の1つで、建物内から格子越しに観賞する鶴亀庭園と、樹齢300年の沙羅双樹がある盤桓園の2つの庭園があります。〝盤桓″とは立ち去りがたいという意味で、柱を額に見立てて眺める庭は、名前通りいつまでもいたくなる美しさです。紅葉の時期にはライトアップが行われるうえ、拝観料に抹茶と茶菓子が含まれるので、一服しながら秋を満喫できます。

例年の見頃:11月中旬~12月上旬

蓮華寺

京都府京都市左京区上高野八幡町1
075-781-3494
9:00~17:00
アクセス:叡山電車 三宅八幡下車 徒歩約10分 京都バス 上橋下車 徒歩約1分

■圓光寺

【京都】紅葉の名所おすすめ60選:見頃も合わせてチェック!

http://photo.sanographix.net

徳川家康(1543-1616)が日本の数学の発展のために作った学校を前身とする寺で、国内初期の活字本『伏見版』の印刷も行われていました。洛北最古の池・栖龍池や水琴窟がある十牛の庭があり、澄んだ水面に紅葉が映る姿は秋の醍醐味です。12月初旬まで、紅葉の絨毯も楽しめます。毎年秋には予約制の早朝特別拝観が行われるので、京都のほかの紅葉スポットより落ち着いて見られます。

例年の見頃:11月上旬~12月上旬

圓光寺

京都府京都市左京区一乗寺小谷町13
075-781-8025
9:00~17:00
なし
http://www.enkouji.jp/

洛南(勧修寺/平等院/他)

■勧修寺(かじゅうじ)

A photo posted by ariko (@arinkonokimochi) on

京都市山科区にある門跡寺院です。醍醐天皇(885-930)の祖母・列子(たまこ)による 「玉の輿」伝説に通じる寺で、皇室と藤原氏と縁があります。東山連峰を背景とし、庭園の中央には氷室池が作られ、境内のモミジのほか、背後の山々の紅葉が映りこみます。本堂の前にも楓があり、落葉しても苔上に緋色の絨毯として集められるので、初冬は2度目の見どころです。書院前には、徳川光圀(1628-1701)が寄進したと伝わる石灯籠があります。

例年の見頃:11月中旬~下旬

勧修寺

京都府京都市山科区勧修寺仁王堂町27-6
075-571-0048
9:00~16:00
料金 大人400円

■平等院

A photo posted by Wicked Ricky (@wicked.ricky) on

藤原頼通(992-1047)が、父・藤原道長(966-1028)の別荘を改築した寺です。『源氏物語』の宇治十帖の舞台であり、10円玉の裏にも描かれている、京都の代表的な観光スポットの1つです。敷地内に、樹木はあまり多く生えているわけではありませんが、左右平等の鳳凰堂と周りを囲む紅葉、さらにそれらが池に映った様子は、まさに極楽を彷彿とさせます。夜間の公開は稀に行われるので、ホームページをチェックしてみてください。

例年の見頃:11月中旬~12月上旬

平等院

京都府宇治市宇治蓮華116
0774-21-2861
庭園開門8:30~17:30(受付終了17:15)、平等院ミュージアム鳳翔館9:00~17:00(受付終了16:45)、鳳凰堂内部受付9:10~16:10(9:30より拝観開始、以後20分毎に1回50名)
拝観料:庭園+平等院ミュージアム鳳翔館大人600円、中高生400円、小学生300円
http://www.byodoin.or.jp/ja/index.html

■今熊野観音寺

【京都】紅葉の名所おすすめ60選:見頃も合わせてチェック!

http://photo53.com

京都市東山区泉涌寺山内にある寺院です。修業中の弘法大師が、この地で熊野権現と遭遇したことから建立された寺です。本尊は秘仏である十一面観音菩薩、泉山七福神めぐりの恵比寿神も祀るほか、ボケ封じ観音は頭痛など身体面のご利益もあるされています。秋には紅葉祭が行われ、「五色紅葉」ともいわれる下から上に約1か月かけて色づく樹齢3350年の大楓をはじめ、鳥居橋や本堂など多くの撮影スポットがあります。

例年の見頃:11月中旬~下旬

! /inline/ [今熊野観音寺|京都府京都市東山区泉涌寺山内町32 | 075-561-5511|||市バス「泉涌寺道」下車徒歩約10分
||](33724)

■城南宮

京都御所の裏鬼門を守る神として、貴族の方違えの宿として使われていたことから、旅行・引越・建築などの不安を取り除く、方除けとして信仰されています。境内では、『源氏物語』に出てくる植物100種類が見られます。また、桜と紅葉の時期には平安文化を伝える「曲水の宴」が行われ、小袿や狩衣など平安貴族の衣装を着た歌人が一堂に会した様子は、タイムスリップしたような感覚に陥ります。

例年の見頃:11月中旬~下旬

城南宮

京都府京都市伏見区中島鳥羽離宮町7
075-623-0846
9:00~16:30
神苑拝観料 大人600円
http://www.jonangu.com/

■泉涌寺

【京都】紅葉の名所おすすめ60選:見頃も合わせてチェック!

http://photo53.com

鎌倉時代や幕末の歴代天皇や皇后の陵墓が39基あり、皇室縁の菩提寺として「御寺(みてら)」とも呼ばれます。かつて京都御所の中にあった御里御殿が移され、その前にある御所御庭は赤・黄・オレンジとそれぞれの木が鮮やかに色づく、隠れた紅葉の名所です。常緑の木も合わせて、1か所で様々な色が楽しめます。境内には、中国に渡った僧が持ち帰ったとされる楊貴妃の木像が安置されています。

例年の見頃:11月中旬~下旬

! /inline/ [泉涌寺|京都府京都市東山区泉涌寺山内町27 |075-561-1551|9:00~16:30(12~2月は16:00)||拝観料:500円(宝物館含む)、御殿庭園300円/500円(宝物館含む)、御殿庭園300円
||](33725)

■醍醐寺

200万坪の広大な敷地を持つ、京都随一の寺院です。醍醐山全域が「上醍醐」と「下醍醐」の2つのエリアに分かれます。かつて女人禁制だった山の中の仏を拝むために建てられた女人堂や、国宝・清滝宮拝殿を囲む荘厳な紅葉を楽しめる上醍醐、朱色の弁天堂と黄色のコントラストが絵のように美しい下醍醐と、まったく異なる雰囲気が楽しめます。事前申込で、ライトアップされた様子を見ることも可能です。

例年の見頃:11月中旬~12月上旬

醍醐寺

京都府京都市伏見区醍醐東大路町22
アクセス:地下鉄醍醐駅から約10分
https://www.daigoji.or.jp/

■東寺

【京都】紅葉の名所おすすめ60選:見頃も合わせてチェック!

http://photo53.com

京都市南区九条町にある仏教寺院です。正式名称を「教王護国寺」といい、羅生門の東西に建てられた2つの寺のうち、東側の寺院です。境内の五重塔は、木造塔としては今なお日本一の高さを誇る54.8mあります。塔の北側にはひょうたん池があり、その周辺の木々が塔をバックに色づき、池にも逆さ五重塔と一緒に映ります。例年紅葉の時期にはライトアップが行われ、暗闇に浮かび上がる伽藍とともに、違った雰囲気が楽しめます。

例年の見頃:11月中旬~12月上旬

東寺(教王護国寺)

京都府京都市南区九条町1
075-691-3325
8:30~17:30(3月20日~9月19日)、8:30~16:30(9月20日~3月19日)
アクセス:JR京都駅から約15分、料金:500円 (金堂・講堂拝観)
http://www.toji.or.jp/

■隨心院

A photo posted by Zuishinin (@zuishinin) on

京都市山科区にある仏教寺院です。小野小町にゆたりの寺で、実際に使っていたとされる化粧の井戸や歌碑が残っています。「はねず」と呼ばれる薄紅色の梅の名所で、春には1973年創設の「はねず踊り」と観梅の行事が開かれます。能の間の前には庭園があり、深緑の大杉苔越しに赤い紅葉した木々を眺められるほか、本堂や書院からも違った角度で楽しめます。「美心お守り」など、女性の美しさに特化したアイテムが観光客から人気です。

例年の見頃:11月中旬~11月下旬

! /inline/ [隨心院|京都府京都市山科区小野御霊町35 |075-571-0025|9:00~17:00(受付終了16:30)||拝観料:500円/地下鉄東西線「小野駅」下車徒歩約5分
||](33727)

洛西(天龍寺/長岡天満宮/他)

■天龍寺

京都市で一番西側にある、臨済宗の寺です。加山又造(1927-2004)による法堂の天井画「雲竜図」が有名です。初代住職・夢窓疎石(1275-1351)によって作られた方丈庭園の中心には池があり、借景とする嵐山の紅葉を合わせて眺められるうえ、水面に映る情緒豊かな景色を堪能できます。毎年11月には早朝拝観も行われ、澄んだ空気の中で紅葉を見ることも可能です。精進料理も、事前予約で食べられます。

例年の見頃:11月中旬~12月上旬

天龍寺

京都府京都市右京区嵯峨天竜寺芒ノ馬場町68
075-881-1235
[3月21日~10月20日] 8:30~17:30 [10月21日~3月20日] 8:30~17:00
アクセス:①JR京都駅から市バスで40分②JR嵯峨野線嵯峨嵐山駅から約13分料金:大人 500円 庭園参拝料(諸堂参拝は100円追加)
http://www.tenryuji.com/

■長岡天満宮

A photo posted by yuuki (@hataboo16) on

広告

京都府長岡京市にある神社です。桓武天皇(737-806)が、784年に遷都した長岡京を造営した場所です。もとは10万坪ありましたが、明治維新の際に2万坪に縮小しました。菅原道真が大宰府に向かう途中に、仲間と詩歌管弦を楽しんだ地で、名残を惜しんだことから「見返り天神」とも呼ばれています。絵馬殿や八条池といった紅葉スポットに加え、2003年には「錦景苑」が完成し、東屋からは滝を覆うような大小のモミジを見下ろせます。

例年の見頃:11月下旬~12月上旬

長岡天満宮

京都府長岡京市天神二丁目15-13長岡天満宮
075-951-1025
9:00~18:00 (10〜3月 9:00〜17:00)
http://nagaokatenmangu.or.jp/

■乙訓寺(おとくにでら)

京都府長岡京市にある真言宗の寺です。長岡京の造京史・藤原種継(737-785)の暗殺の疑いをかけられた、桓武天皇の弟・早良親王(750-785)が幽閉されていた場所であったといわれています。本山である長谷寺から2株のボタンが贈られたことをきっかけに、年々増え続け、今では牡丹寺と親しまれています。ほかの京都市内の紅葉スポットと比べると落ち着いた雰囲気で、参道脇や境内で赤いモミジが見られるので、混雑を避けたい人に向けです。

例年の見頃:11月中旬~12月上旬

乙訓寺

京都府長岡京市今里三丁目14-7乙訓寺
075-951-5759
8:00~17:00
入山料 大人500円、小人無料
http://www.eonet.ne.jp/~otokunidera/

■祇王寺

【京都】紅葉の名所おすすめ60選:見頃も合わせてチェック!

http://photo53.com

京都市右京区にある仏教寺院です。平清盛(1118-1181)に愛された祇王と仏御前が出家した寺です。もともとは浄土宗でしたが、一度荒廃したのち、再建の際に真言宗に改宗しました。境内は青紅葉に覆われているので日差しが柔らかく、苔むしている部分が多いです。紅葉の時期には緑の地面と木々の赤い紅葉が楽しめるうえ、散った後に庭一面に積もった、どこか寂しげな雰囲気が人々を引き付けます。こぢんまりしているので散策しやすいです。

例年の見頃:11月下旬~12月上旬

祇王寺(ぎおうじ)

京都府京都市右京区嵯蛾鳥居本小坂町32
075-861-3574
9:00〜16:30
元日
料金:大人300円、大学生300円、高校生300円、中学生300円、小学生100円

■光明寺

A photo posted by mihorila (@mihorila) on

法然(1133-1212)が初めて念仏の教えを説いた地で、京都の人からは「もみじ寺」と呼ばれる、長岡京市1の紅葉スポットです。境内までの200mの通りは「もみじ参道」と呼ばれ、真っ赤なトンネルと絨毯と、上から下まで紅葉に囲まれます。紅葉シーズン中は、通常と参詣ルートが異なるうえ、駐車場が用意されていないので注意が必要です。また、毎月第2日曜には、一般の人を対象とした茶会も催されます。

例年の見頃:11月下旬~12月上旬

光明寺

神奈川県鎌倉市材木座6-17-19
0467-22-0603
[夏]【4月~10月】6:00~17:00 【11月~3月】7:00~16:00
アクセス:鎌倉駅からバスで10分光明寺下車

■高山寺

A photo posted by @tabokin on

京都市右京区梅ヶ畑栂尾町にあり、古代から山岳修業の場として使われてきた寺院です。日本最古の漫画といわれる『鳥獣人物戯画』をはじめとした絵画・文書・典籍など、多数の文化財を所蔵しています。楓の寺として有名で、国宝「石水院」から眺める紅葉は、日本画のように美しいと評判で、表参道では紅葉のトンネルを楽しめます。境内が広いため、場所によって黄色や赤と違った雰囲気です。なお、紅葉の時期だけ入山料が必要になります。

例年の見頃:11月上旬~下旬

高山寺

京都府京都市右京区梅ケ畑栂尾町8
075-861-4204
8:30~17:00
拝観料:800円(紅葉時期のみ別途入山料500円が必要)/JRバス「栂ノ尾」下車徒歩約3分

■鹿王院

A photo posted by ❃yuri (@yuri_930) on

日本初の平庭式枯山水庭園を持つ、京都の名勝にも指定されている寺院です。嵐山の紅葉名所として名高い場所です。舎利殿前にある1本の楓が真っ赤に色づく様子は、凛とした美しさをかもし出しています。山門からは長い石畳の上に緋色のトンネルが続き、さらに奥に伸びた参道では苔の緑と紅葉の赤のコントラストが見られます。本尊・釈迦如来像と十弟子像は、運慶(1151-1223)の作といわれています。

例年の見頃:11月下旬~12月上旬

鹿王院

京都府京都市右京区嵯峨北堀町24
075-861-1645
例年の見頃:11月下旬~12月上旬

■十輪寺

A photo posted by Brocco (@broccoliberty) on

京都市西京区大原野小塩町にある寺院です。在原業平(825-880)が晩年を過ごしたといわれていることから、「なりひら寺」とも呼ばれています。文徳天皇(827-858)の皇后・藤原明子(ふじわらのあきらけいこ : 829-900)が安産祈願をした寺として、現在でも子授けや安産祈願に訪れる人が多いです。「三方普感の庭」にある境内でもひと際大きな「なりひら桜」は、茶室から現実世界、高廊下から天上界、業平御殿から極楽浄土の3つの世界感で見られ、秋には赤く紅葉し、見る人の心に仏教心理を訴えかけてきます。

例年の見頃:11月中旬~下旬

! /inline/ [十輪寺|京都府 京都市西京区大原野小塩町481 |075-331-0154|9:00~17:00||拝観料:400円/阪急バス「小塩」下車すぐ
||](33729)

■常寂光寺(じょうじゃっこうじ)

京都市の嵯峨野にある仏教寺院です。小倉山の中腹にあり、周りに塀がないため開放的な雰囲気の中で散策を楽しめます。山門の先に続く石段の両側をはじめ、境内や多宝塔など、あちこちで様々な色合いの紅葉が楽しめます。境内からは嵯峨野を一望できるうえ、遠方からは小倉山全体が赤や黄に染まった様子が見られます。1642年建立の鐘楼や1973年鋳造の梵鐘と、紅葉とのコントラストは観光ポスターにも使われています。

例年の見頃:11月中旬~11月下旬

常寂光寺

京都府京都市右京区嵯峨小倉山小倉町3
075-861-0435
9:00~17:00
アクセス:JR京都駅から市・京都バスで45、料金:大人 400円
http://www.jojakko-ji.or.jp/

■神護寺

A photo posted by 小百合 ❁ (@sayupiiinatsu) on

京都で一番早く紅葉が始まる高雄エリアにあり、空海(774-835)が一時期住んでいたり、最澄(767-822)が法華経の講義を行うなど、仏教史上で重要な寺院でした。多くの伽藍が点在する境内には、樹齢500年以上の古木が多く現存し、壮大な紅葉を楽しめるほか、錦雲渓とも呼ばれる清滝の渓谷も一望できます。また、皿を投げて厄除け祈願をする瓦投げも人気です。夜間には、金堂の特別拝観やライトアップも行われます。

例年の見頃:11月上旬~11月下旬

神護寺

京都府京都市右京区梅ヶ畑高雄町5
075-861-1769
例年の見頃:11月10日~11月23日

■仁和寺(にんなじ)

【京都】紅葉の名所おすすめ60選:見頃も合わせてチェック!

http://photo53.com

京都市右京区御室にある寺院です。門跡寺院の筆頭格で、江戸時代まで御室御所(おむろごしょ)と呼ばれていました。境内には、八重咲の「御室桜(おむろざくら)」が約200本あり、JR東海のCMにたびたび使われるように、五重塔をバックに真っ赤な紅葉が和の美しさを感じさせます。仁王門と中門をくぐり、直線に伸びる紅葉が金堂に続く様子も、優美さが漂います。春には桜祭りも行われ、通年で多くの観光客や地元の人の散策でにぎわっています。

例年の見頃:11月中旬~12月中旬

仁和寺

京都府京都市右京区御室大内33
075-461-1155
3〜11月9:00〜17:00(12〜2月は〜16:30)
http://www.ninnaji.or.jp/

■清凉寺

A photo posted by たく (@yt.t2.2016) on

京都市右京区嵯峨にある寺院です。インド・中国を経て日本にもたらされ、現存する世界最古の絹製内蔵模型が納入された「三国伝来釈迦像」のある寺です。融通念仏道場の1つです。小堀遠州(1579-1647)作の庭園には、弁天堂を取り囲むように楓が配置され、渡り廊下からの眺めが美しいと定評があります。聖徳太子堂は、茂った葉に隠れるようにたたずんでいるので、紅葉の時期は神秘さが増します。境内の茶屋で売られている、炙り餅も人気です。

例年の見頃:11月下旬~12月上旬

清凉寺

京都府京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46
075-861-0343
9:00~16:00(10・11月は17:00)
拝観料:境内無料、本堂400円/市バス「嵯峨釈迦堂前」下車徒歩約3分、JR山陰本線(嵯峨野線)「嵯峨嵐山駅」下車徒歩約10分

■西明寺(さいみょうじ)

A photo posted by SOMEI (@kuno_tsuki) on

京都市右京区にある寺院です。神護寺・高山寺とともに「三尾の名刹」として知られています。本尊は、わずか51cmの釈迦如来像で、その小ぶりさと端正な顔立ちから、見入る人が多くいます。こぢんまりとした境内は、紅葉の時期には全体が赤に染まり、朱色の金堂と紅葉との2色の赤の競演や、客殿そばではわびさびを感じられます。境内の西側にある地蔵院からは、瓦投げで有名な清滝川を眺められ、水のせせらぎも聞こえます。

例年の見頃:11月上旬~中旬

西明寺

京都市右京区梅ケ畑槙尾町1
075-861-1770
9:00~17:00
拝観料:500円/JRバス「槙ノ尾」下車徒歩約5分

■善峯寺

A photo posted by 真樹 (@usako0225) on

山の中腹にあり、京都市街を一望できるスポットです。約3万坪の回遊式庭園には堂や伽藍が点在し、1周30〜40分で散策できます。多種多様な植物が植えられていて、なかでも天然記念物に指定されている「遊龍の松」は高さは2mながら、横に37mも伸びていて、まさに龍のようです。山全体が燃えるように色づく紅葉の時期には、観音浄土をほうふつとさせる幽玄さがあり、常緑の松とのコントラストも楽しめます。

例年の見頃:11月中旬~12月上旬

善峯寺(善峰寺)

京都市西京区大原野小塩町1372
075-331-0020
8:00~17:00
JR向日町駅または阪急電鉄・東向日駅下車、バス
http://www.yoshiminedera.com

■大覚寺・大沢池

京都市右京区嵯峨にある寺院です。嵯峨天皇(786-842)が自らの離宮を改めて開いた寺で、後宇田法皇(1267-1324)も院政を行い、皇室との縁が深い寺です。太秦にも近いので、時代劇をはじめ多くの映像作品のロケ地としても使われています。境内には日本最古の人口池といわれる大沢池があり、周囲に松・楓・桜が植えられています。紅葉の時期には、史跡をバッグに赤く色づき、水面に映る様子は心が洗われる美しさで、国の名勝にも指定されています。

例年の見頃:11月中旬~12月上旬

大覚寺

京都市右京区嵯峨大沢町4
075-871-0071
9:00~17:00(受付終了16:30)
拝観料:500円(大沢池は別途志納)、紅葉の見頃:11月中旬~下旬
http://www.daikakuji.or.jp/

■妙心寺

全国に3400ある臨済宗妙心寺派の総本山で、修行を重んじる禅風を特徴としています。平安京の範囲内では、12町と広大な敷地を持ち、自然も多いことから、京都市民からは「西の御所」とも呼ばれています。46もの塔頭が点在し、特に退蔵院の回遊式庭園「余香苑」は、抹茶を飲みながら紅葉を眺められるので、散策に疲れた時の休憩にもぴったりです。大法院の庭は、11月に一般公開されます。

例年の見頃:11月下旬~12月上旬

妙心寺

京都府京都市右京区花園妙心寺町1
075-461-5226
9:10~16:40(11〜2月 9:10〜15:40)
料金 大人500円
http://www.myoshinji.or.jp/

■等持院

A post shared by スミノフ (@sminorff_) on

京都市北区にある寺院です。足利尊氏(1305-1358)が夢窓疎石(1275-1351)に依頼して開山した臨済宗の寺で、尊氏自身の墓所にして足利氏の菩提寺です。夢窓三代名園の1つといわれる庭園は、「心」の草書体を模った池がある北庭と、芙蓉の花の形をした池と衣笠山を借景とした西庭があり、どちらも池の周りが赤く色づく様子が美しく、それぞれ違った雰囲気が楽しめます。人が少ないので、落ち着いて散策したい人向けです。

例年の見頃:11月中旬~12月上旬

臨済宗天龍寺派等持院

京都市北区等持院北町63
075-461-5786
9:00~17:00
京都駅からバスで40分

■宝厳院(ほうごんいん)

A photo posted by T.Hachi (@t.hachi) on

京都市右京区にある寺院で、天龍寺の塔頭です。ライオンの頭の形をした獅子岩や、岩から生えた破岩の松がある「獅子吼の庭」があります。「獅子吼え」とは仏が説法することで、庭園の自然を見て聞くことで仏教の教えに近づけることを表しています。春と秋に一般公開が行われ、特に紅葉の時期はライトアップされ、足元も照らされた参道は別世界のような美しさです。本堂には、洋画家・田村能里子(1944-)による襖絵もあります。

例年の見頃:11月下旬~12月上旬

大亀山 宝厳院

京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町36
075-861-0091
9:00〜17:00(夜の特別拝観 17:30〜20:30)
料金:大人500円、小学生300円 アクセス:【電車】JR「嵯峨嵐山駅」下車約10分、嵐電「嵐山駅」下車約3分、京阪「三条」下車(地下鉄、嵐電乗り換え)嵐電「嵐山駅」下車、阪急「嵐山駅」下車約10分 【バス】JR京都駅前より京都市バス 28番にご乗車、「嵐山天龍寺前駅」で下車、そこから徒歩約5分、JR京都駅前より京都バス72番、もしくは73番にご乗車、「京福嵐山駅前」で下車、そこから徒歩約5分
http://www.hogonin.jp/index.html

■宝筐院

白河天皇(1053-1129)によって建てられ、足利義詮(1330-1367)の希望で、南北朝時代に戦った楠木正行(1326-1348)の墓の隣に眠っています。山門からまっすぐのびる石畳の道の両側には紅葉のトンネルができ、本堂からは白砂と苔が配された庭園を眺めることができ、秋には紅葉の美しさも加わります。京都でもトップクラスと称される景色ですが、三脚や大型カメラを使用しての撮影は禁止されています。

例年の見頃:11月下旬~12月上旬

宝筐院

京都府京都市右京区嵯峨釈迦堂門前南中院町9-1
075-861-0610
例年の見頃:11月下旬~12月上旬

洛中(下鴨神社)

■下鴨神社・糺の森

A photo posted by KOI (@kyoto_k_2) on

京都市左京区にあり、世界遺産にも「古都京都の文化財」の1つとして登録されている神社です。平安京時代に鬼門の守り神としての役割をはたし、紀元前90年前には瑞端の補修記録が残るほど歴史の長い神社です。境内には縄文時代から存在していたといわれる3万6千坪の森林が広がり、樹齢200〜600年の樹木600本が、紅葉の時期には赤や黄に色づきます。小川付近や、その名も「紅葉橋」付近が特にきれいと評判で、別世界のような神秘な景気です。秋には本殿のライトアップも行われます。

例年の見頃:12月上旬~12月中旬

下鴨神社(賀茂御祖神社)

京都府京都市左京区下鴨泉川町5
075-781-0010
10:00~16:00
アクセス:JR京都駅から市バスで30分、料金:境内は自由参拝(その他 500円 大炊殿・御車舎の拝観)
http://www.shimogamo-jinja.or.jp/

広告

【京都】紅葉の名所おすすめ60選:見頃も合わせてチェック!に関連するタグ

京都 観光 京都 自然・景勝地 京都 散歩・街歩き 日本 観光 日本 自然・景勝地 日本 散歩・街歩き

広告

Agodaからのおすすめホテル

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

トラベルブックで人気のまとめ

  1. 横浜中華街でおすすめの食べ放題21軒:人気ランキング上位のお店一覧

    横浜 - バイキング・食べ放題・ビュッフェ,中華・中華料理

広告

主要トラベルサイトから最安値のホテルプランを取得

ホテルの料金プランを検索する