おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

アウトドア用のコーヒーグッズ:キャンプの一息に使えるいろいろ30選

広告

アウトドア用のコーヒーグッズ:キャンプの一息に使えるいろいろ30選

アウトドアの代表的なアクティビティのキャンプでの食事と言えば飯盒で炊いたご飯やカレー、バーベキューというのは一昔前の話です。最近はホットサンドやパエリア、チーズフォンデュやワッフルなど、おしゃれな「キャンプ飯」が流行しています。そして、忘れてはいけないのが「山コーヒー」。カフェで飲むような本格コーヒーを、大自然に囲まれた中で自分で淹れて飲む、至福の時を過ごしてみてはいかがでしょうか。そこで今回は、アウトドアでコーヒーを淹れるのに必要なおすすめの道具を紹介します。かさばらない、軽量、洗いやすいなどアウトドアならではの工夫がいっぱいの道具がそろっています。※料金は2017年4月に算出したものですので、ご注意ください。

今人気のアウトドアを紹介

流行りのアウトドア①「デイキャンプ」

アウトドアの代表と言えるキャンプ。テントを用意して寝袋で眠ると言うオーソドックスなキャンプももちろん良いですが、最近はやりなのが「デイキャンプ」。日帰りスタイルのキャンプのことを指しており、荷物も少なく、気軽にバーベキューなどを楽しんで、アウトドアを満喫するスタイルになっており、近場でふらっとアウトドアを楽しめると人気です。

流行りのアウトドア②「トレッキング」

最近よく耳にするトレッキング。登山に比べて気軽に山歩きを楽しむと言うもので、初心者などでも参加しやすく人気があります。ハイキングに比べると山の中にはいるため、トレッキング用のシューズやウェアなどを用意して行います。目的地に到着したら、「山コーヒー」などを楽しむのも醍醐味です。

広告

アウトドアで準備したいグッズ

食事や休憩にぴったりのチェア

キャンプなどのアウトドアであると便利なのが、折り畳み式のチェア。食事をしたり、ちょっと休憩をしたい時にもあると便利です。最近は、座り心地も抜群の軽量タイプのチェアがたくさんでています。通気性の良いタイプのものは、夏場などにおすすめで、保温性が抜群のフカフカタイプは、冷え込む季節にぴったりです。

焚き火をサポートしてくれるグッズ

キャンプと言えば、バーベキューをはじめ、火を使って料理を行います。また、寒い時には、暖をとるのにも焚火などはマスト。そんな焚火をサポートしてくれる便利グッズはあると大変便利です。ピンポイントで空気を送って弱くなった火も復活させてくれる火吹き筒や、簡単に火をおこすことができる小型ガストーチなどがおすすめです。

持ち運び用の高性能浄水器

いざと言う時にも役立ってくれるのが持ち運び用の高性能の浄水器。水を入れて数分待つだけで有害な微生物を限りなく100%に近く除去してくれる優れものが販売されています。川の水などでも飲み水に変えてくれるので、水をたくさん運ぶことができないときにも便利です。災害時にも役立ってくれるので一つ揃えておくのがおすすめです。

コーヒーミル

■【ユニフレーム】UFコーヒーミル

アウトドア用のコーヒーグッズ:キャンプの一息に使えるいろいろ30選

コーヒーグッズの材質:ステンレス鋼・ABS樹脂

楽天市場

最初におすすめしたいアウトドア用のコーヒーグッズは「【ユニフレーム】UFコーヒーミル 」。アウトドアでも、コーヒーの味にこだわりたいならミルで豆から挽きたいものです。この手動ミルの魅力は、ステンレス製で耐久性が抜群なこと。ハンドルを取り付けるだけの簡単な設計もうれしいです。細挽から粗挽まで調節可能なので、自分好みの挽き具合が調節できる本格派。一度に2杯分の豆がたっぷり挽けます。通気性抜群のメッシュ袋が付属していて、収納もばっちりです。

【ユニフレーム】UFコーヒーミル

4800円

■【カリタ】Kalita セラミックスリムミル

アウトドア用のコーヒーグッズ:キャンプの一息に使えるいろいろ30選

コーヒーグッズの材質:底・ツマミ・シャフトホルダー/ポリプロピレン、フタ・ホッパー・シャフト・粉受け・ハンドル/ステンレススチール、カッター/セラミック、カッター受け・メッシュ調節ダイヤル/ポリアセタール

楽天市場

次に紹介するアウトドア用のコーヒーグッズは「【カリタ】Kalita セラミックスリムミル」。スリムなボディがアウトドアにもってこいの、キャンプ用コーヒーミルです。すっきりしたデザインがスタイリッシュです。セラミック製の刃は、金属臭が豆に付かずコーヒー本来の風味を損ないません。サビの心配も不要です。重さ350gと軽量なのも魅力です。ハンドルを外したら、本体に収納できてコンパクトにリュックの中にしまえます。挽きの粗さももちろん調節可能。

【カリタ】Kalita セラミックスリムミル

5940円

■【GSI】ジャバミル

アウトドア用のコーヒーグッズ:キャンプの一息に使えるいろいろ30選

コーヒーグッズの材質:BPAフリーコポリエステル、セラミック

楽天市場

3番目におすすめしたいアウトドア用のコーヒーグッズは「【GSI】ジャバミル」。スタイリッシュなデザインのキャンプ用品を提供する海外メーカーのキャンプ用コーヒーミルです。細いハンドルを差し込むだけで、簡単に使用できます。豆を入れる部分がスケルトンなので、豆の様子を見ながら挽くことができます。セラミック製の円錐形グラインド構造で、豆の挽き具合が調節できます。269gという軽量デザインでアウトドアのお供に気軽に持って行けます。

【GSI】ジャバミル

5054円

■【Kalita】手挽きコーヒーミル

アウトドア用のコーヒーグッズ:キャンプの一息に使えるいろいろ30選

コーヒーグッズのサイズ:高さ175mm、化粧箱97×97×165mm

楽天市場

続いてのアウトドア用のコーヒーグッズは「【Kalita】手挽きコーヒーミル」。木製の樽を模したアンティークな雰囲気で、家のインテリアにもなりそうなキャンプ用コーヒーミルです。もちろん実用性も抜群です。豆を入れる部分の蓋は取り外さずスライドさせれば簡単に開閉するので、アウトドアシーンにぴったりです。刃は硬質鋳鉄製で、長期間使用しても切れ味が衰えません。ハンドルを回した時の豆を挽くゴリゴリとした感触が、コーヒー好きにはたまりません。

【Kalita】手挽きコーヒーミル

3036円

ドリッパー

■【Coleman】コーヒーハンドドリップセット

アウトドア用のコーヒーグッズ:キャンプの一息に使えるいろいろ30選

コーヒーグッズの材質:ステンレス、トライタン(コポリエステル樹脂)、AS樹脂、他

amazon

アウトドア用のコーヒーグッズの5番目は「【Coleman】コーヒーハンドドリップセット 」。挽いた豆に湯を掛けろ過してコーヒーを抽出するドリッパーです。ペーパーフィルターを使ってろ過するのがポピュラーですが、このドリッパーはペーパーレスなのでまさにキャンプ向け。高性能ステンレスフィルターはコーヒーの成分がダイレクトに注がれるので、コーヒーオイル感もしっかり味わいたいこだわりたい人におすすめです。抽出したコーヒーを受けるカラフェは落としても割れない素材なので、アウトドアに最適です。

【Coleman】コーヒーハンドドリップセット

4119円

広告

広告

アウトドア用のコーヒーグッズ:キャンプの一息に使えるいろいろ30選に関連するタグ

日本 エンターテインメント・遊ぶ 日本 アウトドア 日本 キャンプ・キャンプ用品

広告

のおすすめホテル

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

トラベルブックで人気のまとめ

  1. 横浜中華街でおすすめの食べ放題21軒:人気ランキング上位のお店一覧

    横浜 - バイキング・食べ放題・ビュッフェ,中華・中華料理

じゃらんからのおすすめホテル

主要トラベルサイトから最安値のホテルプランを取得

ホテルの料金プランを検索する